朝日設計工房

人と人とのコミュニケーション不足が嘆かれる現代社会。
家族や近隣の方との交流さえ希薄になりがちで、家族との団欒やご近所付き合いは年々軽視されているそうです。

しかし、「ひとつの建物から地域社会に良い変化をもたらしたい」と語る朝日設計工房さんは、コミュニケーションを重要視した設計で家づくりをされています。

本記事では、そんな朝日設計工房さんの保田代表のインタビューをもとに、建物や住まいをつくる上で大切にされていることをご紹介します。

新築の建設をご検討されている方は、ぜひご覧ください。

めざすのは「本物」の建築

模型

スタッフ

保田さんが、建築家を目指されたきっかけはなんですか?

保田代表取締役

高校で美術の先生から影響を受けたのがきっかけですね。
当時から美術が好きで、成績もそれなりに良かったので、先生とは親しかったんです。
その先生に芸術の道を勧められた影響で、ずっと形として残る「建築」を学ぼうと考えて進路を決めました。

スタッフ

そうなんですね。進学されてからはいかがですか?

保田代表取締役

大学では建築設備工学科という学科に進んだため、空調や電気などの設備をメインに学んでいました。
将来的には意匠(デザイン)をやりたいと思っていましたが、ゼミの先生の進言もあり、まずは設備として就職しました。
そこからは10年間、ゼネコンや内装会社で働いていました。

スタッフ

設備や内装の経験も豊富なのですね。独立前のお仕事で大変だったことはありますか?

保田代表取締役

たとえば、内装工事では「墨出し」という作業があるのですが、線が1㎜でもズレると家具屋の職人さんに怒られるんです。
そういう経験は勉強になりましたし、現在も活きていると思います。
墨出しとは
建物内に、原寸大の図面や線を引く作業。
その引いた線をもとにして内装工事を行います。

スタッフ

1㎜でもアウトなんですか!それはなかなか刺激的なお仕事ですね。

スタッフ

では、現在はどんなことを意識して建築に携われていますか?

保田代表取締役

独立してからは、「Make Smile」を合言葉に、住まう人や職人さんや近隣の方に笑顔が生まれるような、本物の建築を目標にやってきました。

保田代表取締役

コストなどで妥協しても、造り手が真剣に向き合って造った建物は、ずばらしく綺麗な物になるんです。
僕はこれを「本物」と呼んでいます。そんな家に住めたら嬉しくなりませんか?

ひとつの建物から、地域と社会を変えたい

スタッフ

「Make Smile」以外では、どのような点を意識されていますか?

保田代表取締役

笑顔と繋がることですけど、住宅に限らず建物づくりで大切にしているのはコミュニケーションです。
設計の際には、あわよくばコミュニケーションが生まれるように工夫しています。
本物とともにコミュニケーションが生まれる建物を造りたいです。

スタッフ

なるほど。保田さんがコミュニケーションにこだわるのはどうしてですか?

保田代表取締役

コミュニケーションにこだわるのは、社会や地域全体の意識を変えたいからですね。
例えば今、高齢者の方がどんどん増えているじゃないですか。
でも、介護が必要になった時に面倒を見てくれる子供って、そう多く無いんですよ。

保田代表取締役

だからこそ、これからの日本では普段のコミュニケーションが大切になると思うんです。
住宅にしても、しっかりとコミュニケーションが生まれる場所や気持ちが広がってくれば、おのずと気にかけてくれる人も増えると考えています。
なので、自分ができるのは、コミュニケーションが生まれる建物を造ること。これは独立したときから変わりません。

スタッフ

素晴らしい理念ですね。では、朝日設計工房さんの強みはどんな部分にありますか?

保田代表取締役

自分は、オールマイティさが強みだと思っています。
設備や内装をずっとやっていましたし、業者さんとの繋がりも広いので、特注品も受注できます。
自分で原寸の設計図を描くこともできますし、難しい物件にも対応できる自信はあります。

保田代表取締役

建物の対応範囲に関しても、木造だけでなく鉄骨造やRC造も設計しています。あとは、アパートやマンションなどの収益物件の依頼が多く、事業計画のお手伝いもしています。

スタッフ

この幅の広さは頼もしいですね。一般住宅以外にもこれだけ対応できるのは驚きです。

保田代表取締役

現在は、住宅以外のお仕事もかなり多いです。
そして、実を言うと過去に手掛けてきた住宅は、施工業者さんが紹介してくれたお客さんが多いんです。
つまり、私が手掛ける前にある程度プランが決まってしまっているんですね。それが少しだけ複雑で。

保田代表取締役

だからこそ、私のホームページなどを見て「こういう家を造ってほしい!」と依頼してくださる方には、120%、150%の力でお返しできる自信があります。
過去にもそういった施主さんは大満足してくれました。
また、本物でコミュニケーションの生まれる住まいを提供したいですね。

まとめ

保田さん

とある調査によると、「ご近所付き合いをしていない」という若者は、近年6割を超えるそうです。

とはいえその反面、回答者の半数以上が「ご近所付き合いは必要」と捉えていると言います。
つまり、「交流をしたくてもできない」というのが実情ということです。

しかし、家族や地域の繋がりができることで、いざという時に助け合えるような関係性が生まれ、社会全体が過ごしやすくなるはずです。

これからの社会を豊かに暮らしてきたい方は、ぜひ朝日設計工房さんへご相談ください。

会社名 株式会社 朝日設計工房
代表者名 保田 将臣
住所 〒277-0812
千葉県 柏市 花野井1859-5
電話番号 04-7132-5996
公式HP http://www.asahi-sekkei-koubou.com/
営業時間 10:00~17:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 柏市近辺(他要相談)