HerzlichDesign(ヘルツリッヒ)林秀彦一級建築士事務所

林様写真

家を建てる前は「こんな空間にしたい」「子供と楽しく過ごせる家にしたい」など、いろいろなイメージが膨らみますよね。

しかしそれらをいざ言葉にして伝えようとすると、ズレが生じてしまったり何となく伝わらなかったりと苦い思いをした方も多いかもしれません。

Herzlich Design(ヘルツリッヒ)林秀彦一級建築士事務所は、このようなお客様の想いを形にするために、びっくりするくらい細かなところまで打ち合わせを重ね、イメージ通りの家づくりを心がけています。

この記事では、Herzlich Design(ヘルツリッヒ)林秀彦一級建築士事務所の林 秀彦代表に、建築士に至るまでの経緯や家づくりへの想いについてお話を伺いました。

色々な経験を経て、建築の道に

林様手書きの絵と共に

スタッフ

建築士という仕事を意識したのはいつ頃でしたか?

林様

小さいころから間取りを描くのが好きで。絵を描く仕事をしたいなという気持ちが漠然とあったのですが、実力的に「画家にはなれないな」とも思っていて…。建築士は自分が好きな「絵を描く」ことを活かせて、ある意味人助けになる仕事なんですよね。自分が勉強したことや経験したことがノウハウになって、人の役に立てる仕事だから、将来的に子供ができても自信をもって「こういう仕事をしている」って言えるな、って漠然と高校生くらいの時に考えていました。

スタッフ

なるほど。大学卒業後はそのまま建築の道に進まれたのですか?

林様

社会に出てからはとりあえず経験しなきゃいけないな、って思ったので、まずハウスメーカーに就職して、木造建築の軸組を学びました。ゆくゆく設計はやりたかったのですが、まずは現場のことを知らないとなと思って、現場の仕事も経験しました。

スタッフ

当時のお仕事が今に生かされているなと思うところはありますか?

林様

職人さんとのコミュニケーションの取り方とか、学んだことはたくさんありました。周りや先輩たちは皆、個性的で実力者ばかりでしたし、マニュアルとかはなくて、昔ながらの「目で見て覚えろ」という感じだったので、当時は毎日のように同期と飲みながら相談しあったりしていて…。今は私を含めてみんな辞職して、別々の道を進んでいますけど、ちょこちょこ連絡は取り合っています。

スタッフ

大変だったんですね…

林様

大変なことも多かったけれど、結構恵まれていたのかもしれないな、って今は思います。怖い職人さんもいたけれど、コミュニケーションの取り方は今も活かされていますし。学生時代には経験したことが無かった現場のリアルな声を聞けたし、木造建築のノウハウもしっかりと学べましたしね。

スタッフ

その後はどういった経験をされたんですか?

林様

別会社で戸建てやビル等のリフォーム工事を経験して、その2年後に管理建築士として3年間アミューズメント施設などで使用する金物などの造形も携わりました。いろいろ経験したうえで、やっぱり建築に戻ろうと思って、13年前に独立しました。

コミュニケーションが基本 楽しさを共感できる家づくりを

ヘルツリッヒデザイン打ち合わせ用資料

スタッフ

設計・建築をするうえでこだわりなどはありますか?

林様

お客様とのコミュニケーションはとても大事にしています。とりあえず最初の打ち合わせではお客様が笑顔になるように心がけていますよ。

スタッフ

打ち合わせでお客様を笑顔にですか?

林様

そうです。ギャグを言ったりもしますが…(笑)ひとりひとり家に求めるものは違いますし、家庭の中でも例えば奥さんと旦那さんで意見が割れることは珍しくありません。だからこそ、細かなことまでしっかりとディスカッションして、最適な提案ができるように心がけています。

スタッフ

お客様に細かな部分までイメージしてもらうために何か使用しているものはありますか?バーチャル技術とか…

林様

VRなどの技術はとても素晴らしいと思っていますが、個人的に建築には向かないかなと考えています。

スタッフ

なぜでしょうか?

林様

VRはあくまでも疑似体験なので、画面上でどれだけ見てもお客様の想像力を掻き立てることはできないと思うんです。結局、資材の色ひとつとっても、本物と全く同じに見えるわけではないので、イメージ通りにはならない。そもそも打ち合わせ時点でお客様にとって大切なのは、「ここの棚は何段入る」とか、そういうイメージを持つことだと思うので、私はスケッチであらかた済むと考えています。

スタッフ

打ち合わせ中にスケッチなさるんですか?

林様

そうです。10~15分お時間をいただければ、その場で部屋のイメージをスケッチさせていただいています。スケッチを見ながら、お客様の希望を聞いていくと、また違った答えが見えてくることもあるんです。その甲斐あってか、家の仕上がりがイメージと違うと言われたことはほとんどないですね。

スタッフ

打ち合わせはどのくらい時間をかけられるんですか?

林様

私の打ち合わせはすごく長いですよ。一部屋ずつ話し合っていくので、図面ができた状態で、6、7回は丸一日打ち合わせをすることもあります。

スタッフ

それは大変ですね!

林様

そうですね。疲れますけど、でも楽しいです。たくさん話すことで、例えば「ここに収納が欲しい」「棚は何段あると良い」など、お客様の希望をどんどん引き出せるようになっていきます。一番大事なのはお客様の希望に合った家をつくること。私はいろいろな提案をさせていただきながら、お客様がこれから長く暮らしていく家と向き合うためのお手伝いができれば良いなと思っています。

すべてはお客様の希望通りの家のために

林様手振りつき

スタッフ

家とはどうあるべきだとお考えですか?

林様

例えば何十年経った後、子供や孫が遊びに来て、一緒に楽しさを共有できる家が理想ですね。「家はこうあるべき」という共通解はないと思います。お客様によって予算も、土地も、好みも、置きたい家具も全く違いますから。だからこそ、私自身もお客様ひとりひとりの希望にこたえるために、日々勉強し、広くアンテナを張れるよう精進しています。

スタッフ

ステキですね。実際に新築を手掛けるときにこだわっている点はありますか?

林様

今まではなるべくシンプルな建物を提案してきたのですが、最近は再生可能エネルギーをどのように生かすかという点を重視しています。家ができるだけ長期間、お客様にとって快適な空間になるように、例えば建物の温熱環境をライフスタイルに合わせてまとめたり、省エネにも力を入れています。

スタッフ

これから新築をお考えのお客様に何かアドバイスはありますか?

林様

姿格好も大切ですが、家を長持ちさせるためにはまず設備関係をシンプルにすること、あと省エネで屋根と壁をしっかり包んであげることが大事だと思います。
それでもどうしても経年劣化は避けられません。私は既存住宅状況調査技術者の資格も所持していますので、何か困ったことがあれば相談も乗れます。例えば防蟻の良い業者を紹介することもできますので、家が完成した後もお手伝いできることは多いと思います。家が完成したから終わりではなく、困ったことがあればぜひ気軽に相談してほしいですね。

まとめ

林所長はお客様の対話から、家に対するイメージや希望をしっかりと聞き出す作業を大切にされていました。インタビューの中では、「自分の利益は二の次。建築士として自分の個性を出すのではなく、あくまでお客様の希望に沿った提案をする」と力強く語ってくれています。家族みんなが居心地の良い家で生活したい、数十年後も笑顔が集まる家にしたいという方は、ぜひHerzlich Design(ヘルツリッヒデザイン)林秀彦一級建築士事務所に相談してみてくださいね。

会社名 HerzlichDesign林秀彦一級建築士事務所
代表者名 林秀彦
住所 〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮﨑85-1バームステージ宮﨑台310
電話番号 044-852-6848
公式HP https://herzlichdesignhayashi.wordpress.com/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 戸建て住宅(木造軸組工法)の耐震・省エネリフォーム
増改築の設計監理等
戸建て住宅の新築設計業務(主に木造軸組工法)
マンションの省エネスケルトンリフォーム等
既存住宅(木造軸組工法)の耐震診断・省エネシミュレーション
造作家具等の設計など
対応エリア 神奈川県・東京・千葉・埼玉・山梨(遠方の方は応相談)