ハウスメーカーの正しい選び方とは|3つのステップで候補を絞ろう

ハウスメーカーの正しい選び方とは?

「有名なハウスメーカーに理想の家を建ててもらいたい!」

どなたも最初はワクワクしながら、ハウスメーカーの店舗や住宅展示場に足を運びます。

しかし、そこでは一方的な営業トークが待ち受けている場合が少なくありません。
せっかく休日を割いたにもかかわらず得られるものが少なければ、ハウスメーカー選びに疲れてしまうでしょう。

ですから、ハウスメーカーを選び始めたばかりのころは、まだ店舗や住宅展示場には行かないことをお勧めします。

この記事では、ハウスメーカーの正しい選び方について、3つのステップに分けてご紹介いたします。

1.情報収集-カタログ請求一括サイトを利用する

1社ずつハウスメーカーの店舗や住宅展示場をめぐっていると、いくら時間があっても足りません。
すると、どうしても有名なハウスメーカーだけに候補が限られてしまいます。

そこで役立つのが、各社が自社のサイトで紹介しているカタログです。
まずは、情報収集のためにカタログを集めてみるとよいでしょう。

ただ、各ハウスメーカーのサイトから取り寄せるとなると、1社ずつ個人情報を入力する手間が生じます。
なので、カタログ請求一括サイトを利用して、手間を省くのがお勧めです。

なお、カタログ一括請求サイトを使っても、各ハウスメーカーからカタログが届くタイミングは異なります。

予算帯やテーマを絞って探せる「LIFULL HOME’S」

LIFULL HOME'S

引用:LIFULL HOME’S

LIFULL HOME’Sのサイトは、大まかな予算帯や狭小住宅などのテーマを選択できるのが特徴です。
条件に当てはまるハウスメーカーを絞り込んで検索できます。

ちなみに、1,000社超の会社が登録しているため、他のカタログ請求一括サイトでは出てこない会社が見つかる可能性があります。
そのため、条件に合いそうな会社を幅広く探したい方には、LIFULL HOME’Sがお勧めです。

間取りと資金の計画書がもらえる「タウンライフ家づくり」

タウンライフ家づくり

引用:タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりの特徴は、カタログと併せて間取りプランと資金計画書も一緒に作ってもらえる点です。
間取りプランと資金計画書があれば、どのような家が建てられそうなのか具体的に想像しやすくなるでしょう。

ちなみに、タウンライフ家づくりの登録社数は600社以上です。独自の審査をクリアした会社のみ、サイトに掲載しています。
ある程度の信頼性が担保された会社に絞って候補を探したい方には、タウンライフ家づくりが向いているでしょう。

カタログ一括請求サイトでも営業電話が鳴る場合はある
カタログ一括請求サイトの役目は、各社に個人情報を伝え、各社から顧客に直接カタログを発送するようお願いするというものです。
そのため、カタログ一括請求サイトを使っても、営業電話が来ることはあります。
そこで、資料請求するときは、必ず要望欄に「営業電話等は一切お断りします。営業行為を受けた場合は依頼しません」と記入しておきましょう。
参考 体験談つき!ハウスメーカーのカタログ一括請求サイト比較とおすすめ理由貧乏主婦、家を買う

2.候補選定-カタログを見てハウスメーカーを絞り込む

カタログがそろったら、次は各ハウスメーカーを比較して候補を絞り込みましょう。
明らかに自分の好みと合わない会社は、カタログを少しのぞいただけで分かるものです。

なお、カタログで候補を絞り込む際は、デザイン・保証・価格の3点が重要なポイントになります。

デザインから好みのハウスメーカーを見つける

カタログを開いたら、まずは自分の好みに合うデザインを探してみましょう。
せっかくの注文住宅なのですから、デザインを重視するのは当然です。

デザインの種類は、大まかに和風・和風モダン・洋風・洋風モダン・シンプルテイスト・海外スタイルなどに分けられます。
そのハウスメーカーさんが得意とするデザインの種類は、カタログ全体を見渡すと大体分かるはずです。

デザインがおおむね好みに合っているハウスメーカーさんは、とりあえず候補として残しておくとよいでしょう。
カタログに載せていないデザインがあるかもしれないからです。

安全性・耐久性に対する意識は保証で見極める

デザインの種類を選ぶ際は、おそらく建物の構造についても一緒に考えることになるでしょう。
建物の構造とは、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造といった骨組みの種類のことです。

以前は、建物の構造が安全性・耐久性を大きく左右していました。
ですが、現在は技術が向上し、さらには法律によって最低限の住宅性能が保証されています。
そのため、安全性・耐久性を過度に心配する必要性は低くなりつつあります。

とはいえ、安全性・耐久性に対する意識の高さはハウスメーカーごとに異なります。
なので、耐震性をはじめとする住宅性能は、本来であればカタログで確認するべき項目に挙がります。
ただ、住宅性能のページには専門用語が多いので、見ていて面白いものではありません。

そこで、代わりに保証についてチェックしておくのがお勧めです。
「より安心な住宅を造ろう」という意識の高さは、保証の厚さとなって表れやすいからです。

保証については、以下の4点をチェックしてみてください。

  • 何が保証対象となるのか?
  • 保証期間は何年なのか?
  • 保証される範囲や金額はどの程度なのか?
  • 保証を受けるための条件はあるのか?

上記の4点をカタログで比較すると、各ハウスメーカーの安全性・耐久性への態度が見えてきます。

最終的には住宅性能を細かく見るべきですが、カタログを見ている段階では保証の比較だけで十分でしょう。

参考 各ハウスメーカーの保証とアフターサービスの比較ハウスメーカー比較マイスター

価格を比較するときは条件の違いを考慮する

価格帯はハウスメーカーを比較するときに欠かせないポイントです。
カタログに載っている標準価格を見ない方は、ほぼいらっしゃらないでしょう。

ところが、各社の標準価格を表記通りに比較することはできません。
計算の単位となる坪単価に含まれるものが、ハウスメーカーごとに異なるからです。

たとえば、以下のような点が異なります。

  • 床面積にポーチや吹き抜けを含んでいるか
  • 建築費用に付帯工事費や諸費用を含んでいるか
  • 標準仕様にどのような設備が含まれているか

このように、坪単価に含むべきものは住宅業界のなかで統一されていません。
ですから、意図的に価格を安く見せようと思えば、できてしまうのです。

そのため、各ハウスメーカーの標準価格を比較するときは、必ず坪単価に含まれるものの違いを考慮する必要があります。

詳細な条件の分からない標準価格は、ざっくりとした価格帯を知る手がかりにしかなりません。注意してください。

3.最終決定-ハウスメーカーの実態を見て判断する

カタログはハウスメーカーが自社をアピールするために作るものです。
そのため、内容が誇張されていることも考えられます。

なので、候補に残したハウスメーカーさんの店舗や工事現場には、実際に足を運んでみましょう。
従業員さんなどの様子を確認すれば、会社の実態がある程度分かるからです。

営業担当者が顧客を大事にしているか?

営業担当者さんの人柄に惹かれて契約した、といった方は少なくありません。
依頼者にとっては、営業担当者さんこそが会社の顔であり、信頼に値するかどうかを判断する材料となるからです。

営業担当者さんとの付き合いは、新築が完成したあとも続きます。
なので、営業担当者さんも、ハウスメーカーを選ぶうえで重要なポイントとなります。

ちなみに、営業担当者さんの良し悪しを見極めるコツは、主に以下の4点です。

  • 話に耳を傾けてもらえる
  • 必要以上に専門用語を用いない
  • プランの欠点などを隠さず話してもらえる
  • 契約を急かさない

上記のなかでも最も重要なポイントは、最後の「契約を急かさない」です。
契約を急ぐハウスメーカーは、絶対に選んではいけません。

契約を焦るのは、おそらく会社から課せられたノルマを達成するためでしょう。
従業員に焦りの見られるような会社が、利益の出にくい保証やアフターサービスに力を入れるはずがありません。

さらには、経営状態の悪いことも疑われます。
会社が倒産してしまうと、ほとんどの保証は受けられなくなってしまいます。

なので、契約を急かすようなハウスメーカーなら、迷わず候補から外してしまいましょう。

なお、離職率の高い会社であれば、営業担当者さんの対応が良くてもあまり意味がありません。
きちんと引き継ぎされずに営業担当者さんが辞めてしまうと、気軽に相談できなくなってしまうからです。

なので、以下のサイトに載っている手順で、事前に離職率を調べておくのもよいでしょう。

参考 離職率の調べ方。企業HPを遡って分析する裏ワザで定着率の低い会社を見分けよう!フク業!転職・副業へ一歩踏み出せる気になるブログ

大工が守るべきことを守っているか?

工事現場を見ると、大工さんの意識の高さがよく分かります。
普段は他人の目に触れることの少ない場所だからです。

ですから、ハウスメーカーさんに頼んで工事現場を見せてもらってください。
工事現場を見せようとしない場合は、候補から外してもよいでしょう。

なお、工事現場でチェックするべきポイントは以下の4点です。

  • 大工さんに挨拶してもらえる
  • 道具を大事に取り扱っている
  • 現場内でタバコを吸った形跡がない
  • 整理整頓や清掃が行き届いている

上記の4点についてまったく問題のないハウスメーカーさんなら、工事品質も期待できます。
工事品質を左右するのは、つまるところ現場にいる大工さんだからです。

まとめ

この記事では、ハウスメーカーの正しい選び方について、3つのステップに分けてご紹介いたしました。

ハウスメーカーの選び方としては、以下に挙げる3つのステップで進めるのがお勧めです。

  1. 情報収集-カタログ請求一括サイトを利用する
  2. 候補選定-カタログを見てハウスメーカーを絞り込む
  3. 最終決定-ハウスメーカーの実態を見て判断する

ハウスメーカーを探すうえで大事なのは、最初から選択肢を狭めないことです。
全国的には名を知られていないハウスメーカーさんのなかにも、素晴らしい会社はたくさんあるはずです。
いろいろな会社をチェックしていると、理想のハウスメーカーさんと出会える確率が高まります。

まずは、カタログ請求一括サイトを利用して、幅広く情報を集めるところから始めてみてください。

ポイントを押さえれば失敗しない!! 新築における業者の選び方とは