株式会社壱岐工務店

アイキャッチ

1967年創業の株式会社壱岐(いき)工務店さんは、埼玉県川口市にある工務店です。

代表取締役の壱岐さんは、先代であるお父様から受け継いだ「お施主様のために」という信念を大切に家づくりをされています

また、勉強熱心な壱岐さんは、日々進化し良質になっていく建材に対し「新しいものを取り入れたい」とお考えです

そんな壱岐さんの家づくりへの想いやこだわりを、インタビューにてお伺いしてきました。

建材は日々進化するから、新しいものを取り入れたい

スタッフ

壱岐さんが建築の道に進もうと思ったきっかけは、何でしょうか?

壱岐さん

親父の仕事姿を見ているうちに建築の道に進もうと決意しました
もともとこの壱岐工務店は、現在の会長である親父が大工の叩き上げで設立した会社なんです。
私は小さい頃からよく現場に連れて行ってもらっていて、そこで掃除などの簡単な仕事を手伝っていた記憶があります。

スタッフ

お父様の影響で建築の道に進まれることにしたのですね。
すぐに壱岐工務店さんに入って、お父様のもとで修行を積まれたのでしょうか?

壱岐さん

まずは高校の工業科を卒業して、製図会社に就職しました。
そこで3年ほど働きましたが、だんだんと現場での仕事に興味が出てきたので、製図会社を辞めて壱岐工務店に入ったんです。
ですが建築のことを全然知らなかったので、現場に出ても何がなんだか分かりませんでした。
それでちゃんと勉強しようと思い、働きながら建築の専門学校の夜学に2年間通ったんです

スタッフ

働きながら学校に通われるなんて偉いですね。
そういえば壱岐さんは一級建築士の資格をお持ちですが、専門学校をご卒業された時に取得されたのでしょうか?

壱岐さん

一級建築士を取得したのは、もう少し後の話です。
専門学校を卒業した1年後くらいに二級建築士を取得して、まずはそれを活かして仕事をするようになりました
親父が社長だった当時は、設計事務所さんと何社かお付き合いがあったので確認申請や図面をそちらにお願いしていたのですが、その合間を縫って私が確認申請や図面を描くようになったんです。
壱岐さん

インタビュー中の壱岐さん。
これまで壱岐工務店さんが手掛けた施工実績を拝見しました。

壱岐さん

その後、もっと設計の勉強をするために壱岐工務店を一度辞めて、ハウスメーカーに3年ほど勤めました
一級建築士の資格は、また壱岐工務店に戻ってきてから取得したんです。

スタッフ

すごく勉強熱心ですね。
ハウスメーカーで働いた3年間で、何が一番勉強になりましたか?

壱岐さん

確認申請の業務が勉強になりました。
ハウスメーカーの仕事は都内の案件が多かったのですが、都内は区によって条例が全然違いました。
あとは共同住宅の取り扱いも多くて、世帯数によってゴミ捨て場の決まりごとが変わるとか。
そういったことを覚えるのがすごく大変でしたね。

スタッフ

覚えなければいけないことが山程ありそうですね。
ハウスメーカーでの修行を終えて壱岐工務店に戻られた時、3年前と何か変化を感じたことはありましたか?

壱岐さん

ハウスメーカーに入る前とは、建材が変わったなと思いました。
構造材には杉やヒノキといった昔からある材料を使いますが、仕上材は工場でつくられるものなので日々進化して良質になっていくんです。
当時からそういう新しいものを取り入れたいと思っていて、今でも変わらずそう思っています

自分の家の屋根にガイナを塗ったら夏の暑さが軽減された

スタッフ

ホームページを拝見して、壱岐工務店さんが取り扱っているガイナという塗料が気になりました。
いつ頃から取り入れたのでしょうか?
ガイナ
「ガイナ」の開発元である「JAXA COSMODE PROJECT」では、日本の宇宙技術から生まれた最先端のアイディアを、より多くの人の日常に届けるための開発プロジェクトで、この軽量で優れた熱制御性と施工性を活かし、より幅広い温度帯に対応できるよう開発された断熱セラミック塗料が「 ガイナ」です。

引用:株式会社壱岐工務店|ガイナの家

壱岐さん

7年ほど前ですね。
その頃から分譲住宅をつくり始めたのですが、その第一棟目に使った塗料がガイナです。

スタッフ

壱岐工務店さんで家づくりをされるお施主様は、みなさんガイナを取り入れているんですか?

壱岐さん

興味を持たれるお施主様は多いのですが、なかなか決心するのは難しいようです
というのも、ガイナは単価が高いのでお見積りを出した時に「こんなに違うの?」となってしまうんです。

スタッフ

家は高い買い物ですから、踏ん切りがつかない気持ちもわかります。
でも、断熱や防音に効果がある塗料というのは魅力的ですよね。

壱岐さん

そうですね。
でも、家を守っているのは塗装だけではありません。
窓や外壁の質とか、壁の中に断熱材が入っているかどうかも影響します。
なので塗料だけで完璧に断熱や防音をしようと思ったり、ガイナだけでどれだけの差が出るものかを体でハッキリと感じ取ったりするのは、正直言って難しいと思います。

壱岐さん

ただ、それはガイナに限らず他のメーカーから出てる遮熱や遮光の塗料も同じです。
私は自分の家の屋根に2回くらい自分でガイナを塗ったら夏の暑さは軽減されました
塗ればそれだけの効果は出るんだと思います。
ガイナの家

ガイナの家の施工事例を拝見しました。
外壁と屋根にガイナが塗装されているそうです。

スタッフ

確かに、断熱や防音に関しては家づくりの色々な要素が関係してきますもんね。
ところで、コロナ禍で「新しい生活様式」ということが言われていますが、建築のお仕事に何か影響はありそうですか?

壱岐さん

新しい生活様式に対応するように、建材メーカーも色々な新しいものを出してきていますよね。
その新しいものの中に良いと思えるものがあれば、お施主様にお勧めして活かしていきたいと思っています

創業から変わらない信念「お施主様のために」

スタッフ

お父様から壱岐さんに代変わりしたのは、いつ頃なのでしょうか?

壱岐さん

去年の2月です。
代変わりして間もないのですが、創業から変わらない信念として「お施主様のために」ということを大切にしています
当社のお施主様は親父の代からの方が多いのですが、ずっと長く付き合って頂いてますよ。
家に伺うと「お茶1杯飲んでいきなさいよ」と言って頂くこともあります。

スタッフ

そうやってお施主様と交流があるのはすごく素敵なことですよね。
壱岐工務店さんの信頼が長く続いている証拠ですから。

スタッフ

ところで、先ほど「お施主様のために」とおっしゃっていましたが、具体的にはどのようなことを大切にされていますか?

壱岐さん

とにかく「お施主様のご要望を叶えてあげたい」ということです
あとは、お施主様が分からないことに関しては丁寧に教えてあげるようにしています
今までも、ずっとそうやってきました。
作業場

壱岐工務店さんには材木を加工するための「作業場」があります。
最近はプレカットの建材が主流となっているため、作業場のある工務店はとても珍しいそうです。
長い歴史を持つ壱岐工務店さんならではの光景ですね。

スタッフ

とても頼りになる工務店さんですね。
壱岐さんがお施主様のご要望を叶える上で心掛けていることは何でしょうか?

壱岐さん

お施主様は家づくりの素人なので、プロに頼めば何でも叶うと思ってる部分があります。
そういう部分に関して「やらない方いい」ということがあれば、ハッキリお伝えするようにしています。
そのかわり、代替案やアドバイスをこちらからご提案しますよ
お施主様のことを一番に考えて家づくりをしますので、お気軽にご相談に来てくださいね。

口コミ、評判

壱岐工務店さんの口コミを拝見すると、提案力の高さや丁寧な説明、印象の良い対応にお施主様はご満足されていることが分かります。

難しい話でも明るい対応をしてくれた

県内で50年間住宅に関する業務に取り組んでいた工務店という事もあって、限られた土地の中で狭さを感じさせないプランや提案をしてくれました。
素材加工や塗装で生活後に掛かる費用も計算に組み込んで説明してくれましたし、難しい話でも明るい対応をしてくれたのが印象的でした。

引用:みんなのマイホーム|壱岐工務店

値段感と坪単価

坪単価:60万円~

まとめ

壱岐工務店

壱岐さんは、日々進化し良質になっていく建材に対し「新しいものを取り入れたい」とお考えの社長さんです。

その向上心の高さは、働きながら専門学校に通ったり勉強のためにハウスメーカーに勤めたりといった、過去のエピソードからも垣間見えました。

壱岐さんに家づくりをお願いしたい方は、株式会社壱岐工務店さんにお問い合わせください。

会社名 株式会社壱岐工務店
代表者名 壱岐雄三
住所 〒333-0801
埼玉県川口市東川口4-30-8
電話番号 048-295-9122
公式HP http://iki-koumuten.la.coocan.jp/
営業時間 9:00~17:00
主な業務 注文住宅の設計・施工監理、リフォーム
対応エリア 埼玉県内(都内一部)