いのはな設計一級建築士事務所

いのはな設計一級建築士事務所さんは、目の前の依頼にまずはしっかり取り組むという姿勢で、一つひとつの設計に全力投球されている設計事務所。

代表の鈴木宏昌さんは、個人住宅だけでなく保育所を多く手がけられた経験から、制約がある中でも工夫して造作を施せるのが魅力です。

本記事では、そんな鈴木さんのインタビューをもとに、設計への情熱や家づくりのこだわりをご紹介します。
家づくりのパートナーをお探しの方は、ぜひご相談ください。

設計と建築へのたゆまぬ愛情

鈴木さん

スタッフ

まず初めに、鈴木さんが思う設計のやりがいを教えてください。

鈴木さん

何もないまっさらな土地からプランやデザインを考え、それが現実にカタチになっていくところですかね。
色んなことを考えながら設計していく瞬間や、竣工して引き渡す瞬間はやりがいを感じます。
設計は基本的に大変なことばかりなのですが、一瞬の達成感がすべてを凌駕するくらいですよ。

スタッフ

数々の苦労が報われる瞬間ですもんね。では、鈴木さんはどんなお家を設計したいとお考えですか?

鈴木さん

住んでいる方が満足して気に入っていただける家ですね。それに尽きると思います。
お施主さんに家を気に入ってもらうには、お施主さんが持っているイメージを引き出していくことが大切です。それが実現できた家が良い家だと、私は思っています。

スタッフ

お施主さんが家を気に入ってくれれば、自然と家を大切にしようと思いますからね。
やはり建築家さんとしては、設計した家を大切にしてほしいですか?

鈴木さん

そうですね。たとえば竣工後にお伺いした時、室内がきれいに整頓されていたらとても嬉しいです。
もちろんお家はお施主さんのモノなので、どう住んでいただいても構いません。
でも、設計した家は私の人生の一部でもあるので「家を大切にしてくれたら嬉しい」という感覚は強いですよ。

施工事例

スタッフ

設計した家は人生の一部」ですか。そこまで真剣に設計をしてもらったらお客様も嬉しいでしょうね。設計した建物への愛情が伝わります。

依頼されたものに全力投球し、幅広い経験値を積んできた

保育所

スタッフ

鈴木さんは現在、住宅設計をメインに手掛けているのですか?

鈴木さん

いえ、今は依頼としては保育所の設計の方が多いですね。そもそも私は、ひとつのことだけを専門的にやろうとは思わないんですよ。
「自分はこれが得意です!」という売りがあった方が経営としては良いのですが、住宅であってもその他の用途の建物であっても私は依頼されたものに全力を注ぎたいんです。
何でも引き受けるのが、私のスタイルで、一つの設計で得た知見を次の設計に活かしながら様々な仕事に取り組んでます。

スタッフ

その分幅広い経験を積まれているのですね。保育所の設計ではどんなことを意識されますか?

鈴木さん

まずは、子どもたちにとって安全な設計になっているか。これを第一に考えます。たとえば角張った部分を極力減らしたり、保育士さんからの視線が遮られないような造りにしたりしています。

鈴木さん

次に、安価な工事費の中で子どもたちの感性をより育めるような工夫をしています。保育所は住宅に比べ設備に費用がかかり、コスト配分がなかなか大変なのですが、その限られた中でどれだけ子どもたちの感性を育てられる造作を施せられるかが勝負だと思っています。

スタッフ

そういった制約の中で設計を工夫する経験は、住宅の設計にも活きていますか?

鈴木さん

そうですね、お互いの経験が双方に活きていると思います。
保育所は規模やスケール感が住宅に似ていますし、使い手のふるまいに配慮した造作家具も多いです。
また、住宅でも狭小地という狭い土地の中で工夫して設計することがありますから、考え方はよく似ていると言えますね。

自分の生活、ライフスタイルを大切に

事例

スタッフ

では最後に、これから家づくりをされる方へ向けて何かメッセージをいただけますか?

鈴木さん

住宅というのは、洋服の次に自分を包んでくれるものなので、自分の生活やライフスタイルに合ったものを造ってもらいたいですね。
特にこれからは働き方や生活の様式が変わり、住宅で過ごす時間が長くなる方も増えると思います。多様な需要に対して、私が経験したことを活かしてお力添えできればと思います。

鈴木さん

あと、私は自分で構造計算ができるので、設計に関して一切外注を行っていないんですよ。
その分設計料を抑えられていますので、他の会社さんとも比較していただけたら嬉しいです。

スタッフ

費用面も技術的な面も、ぜひ鈴木さんに相談してほしいと思います。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

まとめ

パソコン

鈴木宏昌さんは、お施主さんが本当に気に入ってくれるものを造るために、建物の種類に関係なく全力で工夫を施されていました。

設計とお施主さんへの愛情を忘れない建築家さんは、家づくりにおける最高のパートナーです。

新築を建てたいとお考えの方は、ぜひいのはな設計一級建築士事務所さんへご相談ください。

会社名 いのはな設計一級建築士事務所
代表者名 鈴木 宏昌
住所 〒179-0073
東京都練馬区田柄4-16-16A-6
電話番号 03-6750-6047
公式HP http://www.enoughana.com/
営業時間 9:00~17:00
日曜・祝日定休
主な業務 住宅及び児童福祉施設の設計・施工監理
対応エリア 全国