株式会社クリエすずき建設

スーさん

いざ、生活しずらい状況になってみないと「ご家族になにかあったとき」や「高齢になったとき」のことを予測しながら、家を建てる人は少ないと思います。

もし、車イスで生活しなければならなくなったとき…どうしますか?
家は一生に何度もない買い物なのに、健康だったときと比べて住みにくい家になってしまったら楽しい人生を送れませんよね。
株式会社クリエすずき建設さんは、家を建てる人の人生を見据え、どんな状況でも”その人らしさ”を尊重してくれる建設会社さんです。

この記事では、スーさんこと鈴木社長の建築へのこだわりと、仕事をするうえで、とくに人とのつながりを大切にしている想いをお伺いしました。

人の人生を変えられる建築にやりがいを感じた

住宅事例

手掛けられた物件『なし園と緑と仲間が集う家』

スタッフ

まず、建築の道に進まられたきっかけを教えて下さい。

スーさん

クリエすずき建設を設立したのは父だったのですが、父から仕事を手伝って欲しいと頼まれたのがきっかけでした。
最初は、建築に対して全く興味なかったです。イヤイヤ手伝っていましたね。

スタッフ

会社はお父様が設立されていたのですね。お父様の仕事ぶりを見られて、興味が湧いたこともなかったのですか?

スーさん

当時は、大手ハウスメーカーの下請けの仕事が8割だったんです。取引先に文句を言われているのを見ていたのがあって「大変な世界だなぁ」と感じていました。

スタッフ

そうだったのですね。よくないイメージから、本気で建築をやろうと思ったのはなぜでしょうか。

スーさん

直接お客さまから家のリノベーションの仕事を依頼されたときに、ビフォーアフターで家がガラッと変わったのをみて、すごく感動したんです。
「建築の仕事ってすごい。人の人生変えられるんだな。」と思いました。

スタッフ

見違えるように家が生まれ変わるのは感動しますよね。
仕事をするうえで、心境の変化はありましたか?

スーさん

辛いことや大変なことも多いですが、家ができたころには、お客さまが「一緒に仕事ができて楽しかったよ」と言ってくれて、うるっとしたんですよね。仕事のやりがいを感じた瞬間でした。

スタッフ

外側でしか見えてなかったお父様の働きぶりを、直に感じた瞬間だったのですね。

スタッフ

その経験から、会社を継ごうと決意されたのですか?

スーさん

私たちの仕事で「人の人生を変えることができる」と自信がついていたこともあり、柏の営業所を建てたときに、エンドユーザーの仕事をもっとやろうと決意しました。軌道に乗ってきたときに継ごうと決意しました。

スタッフ

どういうことがお客さまの人生を変えられると思いますか?

スーさん

空間や雰囲気が違うだけで、喜びや楽しさも変わってきたり、家族のコミュニケーションの仕方も変わってくると思うんです。
1番人間がいる場所は、家という空間なので、居住環境が良くなることはいい方向へ人生が変えられるということに繋がると思っています。

スタッフ

おっしゃる通りだと思います。空間が明るいだけで、心が前向きになりますものね。

スタッフ

柏の営業所でエンドユーザーのお仕事は増えたのですか?

スーさん

いまは9割がエンドユーザ―のお客さまです。

スタッフ

9割ですか!すごいですね。
どうやってエンドユーザ―のお客さまを増やすことができたのですか?

スーさん

地元にエリアを限定したからだと思います。
以前は、千葉県全体で遠方まで対応していました。
お客さまとの長い付き合いを築いていく中で、5年後10年後になにかあったときに、すぐ駆けつけてくれなかったら、お客さまは寂しく感じるじゃないですか。
満足度が高いままでいてもらいたいので、アフターフォローの際はすぐ飛んでいけるようなエリアに限定するようになりましたね。

”その人らしさ”を大切にするスタイルへのこだわり

住宅事例

手掛けられた物件『車イスの僕と妻が楽しいガレージハウス』

スタッフ

お仕事をされるうえで、大切にしていることはありますか?

スーさん

設計をするにしろ、お客さまと打ち合わせするにしろ、「なんのためにするのか」を考えています。
例えば、「キッチンを変えたい」と言われても、なぜそうしたいのかを聞くようにします。お話をしていくと、キッチンを変えることよりも、動線や収納を変えたほうがいいときがあるんです。
「なんのために家を建てるのか」を、お客さまはもちろん、現場の職人さんとも共有することは欠かさないですね。

スタッフ

本質が違ったら意味がないですからね。職人さんとも共有されているのなら、工事中も安心ですね。

スタッフ

バリアフリーやユニバーサルデザインが多いと伺いましたが、なぜですか?
ユニバーサルデザインとは
文化・言語・国籍や年齢・性別・能力などの違いにかかわらず、出来るだけ多くの人が利用できることを目指した建築・製品・情報などの設計のこと

参照元:ユニバーサルデザイン|ウィキペディア

スーさん

先代(父)が亡くなったあと、先代のご友人やお仲間がすごく支えてくれたんです。支えてくれた方たちは、もうすぐ70代の高齢者になります。その方たちの今後の住まいを想像したときに、ご高齢になって仮にハンディキャップのある生活になっても、過ごしやすい居住環境を提供できるような会社でありたいなと思いました。

スタッフ

支えてくれた方たちの恩返しを考えたからこそ、気づけたことなのですね。

スーさん

もし車椅子になったら、建て替えしなきゃいけない提案はしたくないんですよ。

スタッフ

ほとんどの戸建ては道路から玄関へ車椅子で入れる家って少ないですよね。
もしものことを考えて、最初からバリアフリーやユニバーサルデザインを取り入れたほうがお得かもしれません。

スーさん

ただ言葉だけ聞くと、病院とか公共施設のイメージが強いので、木のぬくもりや、遊び心があるようなお家をつくれたらなと思っています。
楽しくいられる環境をつくることができれば、年齢や障害に悩むことも無くなり、自分らしくいられることができると思っています。

家を建てることよりも地域の人たちをお手伝いする想い

そうめん祭り

毎年多くの方が参加する『そうめん祭り』

スタッフ

今後の会社のビジョンを教えてください。

スーさん

地域の人たちが、笑顔になる場所を作っていきたいです。
毎年流しそうめん祭りをやっているんですけど、みんな笑顔なんですよ。
そうめん祭り

そうめんキャッチに夢中です

スタッフ

皆さん、そうめんに夢中ですね。
何名くらい参加されているのですか?

スーさん

去年は700人、一昨年は900人で5年続いてます。

スタッフ

すごい人数ですね!

スーさん

地域の人たちとコミュニケーションの場、お友達の輪が広がる場がイベントで増やせていけたらなと思いますね。

スタッフ

素敵ですね。なぜ取り組み始めたのですか?

スーさん

イベントとかコミュニティで仲良くなった人が建築のプロだったら、その人に家づくりを頼みたくなると思うんです。
住宅展示場で仕事から関係性ができるよりも、人間関係から仕事ができればいいなと思っています。

スタッフ

人間関係からのほうがお願いしやすいですものね。

スーさん

また、イベントをやると決めたとき、社員さんや大工さんも賛成してくれたことも嬉しかったですね。
自分が入社したときには無かったので、会社自体を楽しくしていきたい想いもあります。

スタッフ

仕事仲間も一緒に楽しんでる姿が、会社の雰囲気としてお客さまへ伝わるのだと思います。

スタッフ

新築を建てる方へ、アドバイスはありますか?

スーさん

家を建てる機会に、ご家族でたくさん話し合うことをおすすめします。
自分の将来について語ることって普段無いと思うので、「そんなこと思ってたんだ」「子どもたちは将来こんな夢があるのか」とか心の声に気づけるんですよ。
ご家族の想いや気持ちを一番共感してくれる建設会社に頼むと、いい住まいになると思います。

スタッフ

一緒に住んでいるのに、家族で語り合うことはあまりないですものね。みんなの意見や考え方が分かるきっかけにもなりますね。

口コミ、評判

スーさんと車

クリエすずき建設さんならではの、親しみやすさと想像以上の提案がお客さまへの信頼に繋がっていることが分かります。

こちらの意見そのままではなく、さらに良い案を出して頂き、大きな追加費用も発生しなかったのでとても感謝しています。

子供も少し大きくなりマンションから新築を考えるようになり、他社とも多少比較検討しましたが、まじめに対応してくれそうなクリエさんにお願いすることに決めました。デザインや仕上がりに様々なアドバイスを頂きましたし、自分で手配した海外の設備機器の材料も上手にプランに組み込んで頂きました。また、工事中にプランの変更が発生した時も、こちらの意見そのままではなく、さらに良い案を出して頂き、大きな追加費用も発生しなかったのでとても感謝しています。設計の先生、営業担当さん、現場監督さん、職人さん、打合せから完成にいたるまで、スタッフの方全員がとても誠実に対応して頂いたと感じています。完成後、2~3点の手直しもありましたが、しっかりとした説明と仕上がりでしたので、今後も安心して私達のマイホームのことを相談していきたいと思います。

その一生懸命な姿に今後も一緒になってこの家を守って頂けそうな安心感を感じました。

子供もみな独立し、以前からの夢であった喫茶店をオープンしたいと思い店舗併用住宅への建替えをお願いすることに決めました。
 無駄に土地の木をすべて切ってしまうのではなく、「家は新しくなっても、この土地に思い出を残しておきましょう。」といって現状の敷地をフル活用して頂けたことにとても感動しました。商売をスタートしてみると、細かなお願いごともたくさんありましたが、そのすべてに誠実に対応して頂きました。時には営業さん自ら、タオル掛けや、レンジフードのお手入れの実演をして頂き、その一生懸命な姿に今後も一緒になってこの家を守って頂けそうな安心感を感じました。
 その後、お店の方も軌道に乗り、店内の増築とウッドデッキ部分の拡張もお願いしました。今では心強いスタッフがもう一名いるような気持ちです。

引用:クリエすずき建設-お客さまの声|注文住宅のハウスネットギャラリー

まとめ

クリエすずき建設事務所内

クリエすずき建設の社員さんたちです

スーさんは「空間づくりは、その人らしさを探しながら出来ていくもの」とおっしゃっていました。要望をそのままカタチにするのではなく、お客さまの自分らしさをカタチにし、その人に合った住みよい空間を提案してくれます。

千葉県東葛エリアでお住まいをお探しの方、ぜひお問い合わせしてみてください。

会社名 株式会社クリエすずき建設
代表者名 鈴木 一功
住所 〒277-0033
千葉県柏市増尾875-3
電話番号 04-7174-8534
公式HP https://www.crie-s.co.jp/
営業時間 9:00~17:00(定休日:日曜日・祝日・年末年始・お盆)
主な業務 地域密着型注文住宅施工・施工管理
対応エリア 千葉県東葛エリア(応相談)