松澤大竹設計事務所

松澤大竹設計事務所

住宅は一生に一度の大きなお買い物。家族一人ひとりの希望が詰まったお家にしたいですよね。

横浜市に事務所を構える松澤大竹設計事務所の松澤輝男所長は、大小様々な建物を手掛けた経験を生かしながら、お客様の想いを受け止め、希望を叶えた、その人にピッタリのお家をいくつも実現してこられました。

この記事では、松澤所長へのインタビューをもとに、所長の家づくりへの想いやこだわりについてご紹介します。

自分の長所を生かすため建築の道へ

松澤所長正面写真

松澤所長のお写真。緑いっぱいの事務所。

スタッフ

まずは建築の道に進もうと思われたきっかけについて聞かせてください。

松澤所長

建築の道を選んだのは大学受験のときです。私はもともと理数系の科目が得意で、絵を描くことも好きだったので、その両方を生かした学部がいいと思って建築を選びました。

スタッフ

ご自身の特技を生かせる進路を選ばれたんですね。

松澤所長

はい。それに高校生の頃に住んでいた家が、動線が悪いというか、住みにくさを感じる家だったんですよ。
その家を直してみたいという気持ちがあったことも、建築を学ぼうと思ったきっかけの一つですね。

スタッフ

若くして住まいの問題点にも目を向けられていたんですね。
就職のときにはもう設計の仕事をしようと思われていたんですか?

松澤所長

そうですね、設計事務所で設計がしたいと考えていました。
けれど、そのときお世話になっていた教授が、設計事務所は給料が安くて大変だと、設計・施工をやっている工務店のような会社を選んではどうかと勧めてくれたんです。

スタッフ

それでまずは工務店に就職されたんですね。

松澤所長

はい。ちょうど教授の親戚の方が工務店をやっているからと紹介してくれたんですよ。そこでは住宅をはじめとして、工場や倉庫などの設計から施工まで、いろんなことをやっていました。
その工務店で働きはじめて2年目くらいだったかな。ある日、棟方志功(むなかたしこう)さんという有名な版画家さんのアトリエを担当させてもらうことになったんです。
棟方志功とは
青森県出身の版画家。日本ではもちろん、ヨーロッパでも版画部門の最優秀賞を受賞するなど、世界の版画家として活躍しました。
参考 棟方志功記念館:棟方志功を知る:略歴棟方志功記念館:棟方志功を知る:略歴

スタッフ

版画家さんのアトリエですか!

松澤所長

そうなんです。「鎌倉アトリエ」といって、アトリエ兼別荘のような建物でした。打ち合わせのために、荻窪にある棟方さんの自宅にも何度も通いましたね。

有名芸術家のアトリエを担当し、住宅を手掛ける楽しさを知る

事務所外観

松澤大竹設計事務所の外観写真。

スタッフ

入社2年目にしてかなりの大役を任されたんですね。

松澤所長

そうですね。この頃はとにかく一生懸命で、どうしたらお客様が喜んでくれるか、建物を気に入ってくれるか、常にそれだけを考えていました。
特に住宅は、目の前のお客様がどんな家で、どんな生活をして、どんなことを希望しているのか、相手を知ってじっくりと考えることが大切なんです。

スタッフ

棟方さんのお家に通われたのも、打ち合わせのためだけでなく、お客様のことを知るためでもあったんですね。

松澤所長

そう、とにかく相手の懐に入って、例えばお家でご飯をご馳走になったりする。そうすると生活状況がだいたいわかってきますからね。
大変だったけれど、棟方さんのアトリエを担当して住宅の仕事が好きになりました
住宅は他の大きな建物と違って、建主さんと住まう人がイコールですから、「ここが良かった悪かった」とすべての感情が伝わってくるんです。そこに何とも言えない感動があるんですよ。

スタッフ

先生の原点となるお仕事だったんですね。
その工務店に勤められた後は、すぐに独立されたのですか?

松澤所長

いえ。工務店には3年ほど勤めて、住宅だけでなくいろんな建物を経験しようと、他にもいくつかの設計事務所で働きました。
でも、どこかに勤めていると結局は自分の設計はできませんからね。ちょうど40歳のとき、いよいよ自分の蓄えてきたものを発揮したいと思って独立しました。

細かな希望を叶えた自分の住みたい家に

事務所テーブル

事務所にある無垢の木を大胆に使ったテーブル。ある木工作家さんに作ってもらったものだそうです。

スタッフ

家づくりをする上で大切なこと、考えるべきことはどんなことでしょうか?

松澤所長

人間は「万物の霊長」と言うでしょう?その人間が自分の家を選ぶときに、なぜ自分のサイズや希望に合わせたものにしないのか。
私は自分の住みたい家を自分でデザインして住むべきだと思うんです。皆さんもっと自分の想いを、建物にぶつけてほしいんですよ。

スタッフ

自分の想いをぶつける、ですか。

松澤所長

そう。住宅は本来、もともと出来上がっているものを選んで買うようなものではないんです。
もっと自分のサイズに合わせた、心地良い空間をつくっていい
もちろんハウスメーカーも設計者が設計しているけれど、お客様と設計者との間には営業マンが入りますよね。
私からすると、建主さんと直接やり取りすることなく、どうやって建主さんの希望を引き出し、叶えてあげられるのだろうと思ってしまうんですよ。

スタッフ

考えてみるとその通りですね。設計者さんと直接やり取りできれば、もっと隅々まで自分の希望を叶えた家にできるかもしれない。

松澤所長

建物は、建主さんの人生を集約したものが表れます。今までにどんなものを見て、興味を持ってきたのか。そしてどんな将来を思い描いているのか。
ただ、考えていること以上のものはできないんですね。
そこで、私のような設計者に想いをぶつけて、設計のことは提案してもらう。何を叶えたらいいかわからない部分は、設計者と一緒に勉強して、じっくりと時間をかけて探していけばいいんです。

スタッフ

なるほど!それこそが建築のプロと一緒になって家づくりをする醍醐味ですね。

松澤所長

ちょっと生意気なこと言っちゃったかな(笑)。
でも家を建てるならぜひ、あなたの想いを受け止めて、あなたにピッタリの家を一緒に考え、デザインしてくれる設計者の方を選んでほしい。
設計者とのやり取りに時間をかけることで、住宅はよりいいものになりますからね。

口コミ、評判

松澤大竹設計事務所さんのホームページには、お家の事例とともにお客様の声が紹介されています。ここで一部を引用してご紹介します。

私たち二人の為に幸せを有難うございました。

新居での生活を始めて、どのくらい経ったでしょうか。
朝、静かにあがっていくシャッター・・・。 ガラス戸の向こうには艶やかな緑の椿。その前にはワインレッドと紫の花が浮き上がって見え、 幸せを感じるひと時です。 食事の支度をしながら庭の花々を眺めたり、玄関ドアにはめ込んだお気に入りのステンドグラスを眺めたり、 サーモンピンクに包まれた室内の空気が料理をより一層おいしく感じさせてくれ、とても心地のいいリビングです。 モダンでかつ夢見心地のお風呂は我々の老後の健康までも保障してくれるように使い勝手もよく、 境界のないトイレもなかなか便利です。 夫婦別々もお互いに好きなようにレイアウトして楽しんでおりますし、 飼い猫のペロ・ボブ・チビ太もこの家がお気に入りで、時々大運動会をして楽しんでいます。 夫が道で転んで脚を痛めた時にはホームエレベーターが役に立ち大助かりでした。
私たち二人の為に労を厭わずかかわり続けてくださった松澤さん、奥様に感謝です。 私たち二人の為に幸せを有難うございました。
朝夕には我が家を「この家を見るのが楽しみ」と言って、散歩のコースにされている方と 会話を楽しんでおります。

毎日、『木』の優しさが伝わる家にいる充足感を味わっております。

家を建てようと思った時、どこに見に行き、誰に相談して良いか、解らず、 ハウスメーカーさんのモデルルームを数社見学に行き、設計等を依頼しましたが、 どうもしっくりと来ない感じで、何がしっくり来ないかも解らない状態でした。 この様な中で、松澤先生にお願いをしました。松澤先生にひとつ、ひとつご丁寧に希望を聞いていただき、 手造りの『木』の優しさが伝わる家を建てることができました。 きっとハウスメーカーに依頼をしていれば既成品の組み合わせの家になっていたことと思います。 松澤先生からは[自分の好みに合うものは出会いを求めて探さないと]とのアドバイスもいただき、 探したものを具現化していただきました。そのひとつに玄関の収納式のいすがあります。 便利にしております。
松澤先生をはじめ、奥様、ご家族の方のご協力の賜物と思っております。心より感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。
毎日、『木』の優しさが伝わる家にいる充足感を味わっております。

引用:住宅03T邸|松澤大竹設計事務所ホームページ
引用:住宅05切妻屋根の家|松澤大竹設計事務所ホームページ

まとめ

松澤所長はインタビューの中で「一年に一度会う建主さんが『住むほどに使いやすくなっているよ、設計の良さがどんどんわかってくるよ』と言ってくれる。そんな言葉をいただくと、本当に嬉しいですよね」とおっしゃっていました。

自分たち家族の想いを受け止め、言葉にならない想いまでも形にしてくれる。そんな設計者の方と建てたお家は、住むほどに自分たちにピッタリのお家になっていくのかもしれません。

松澤大竹設計事務所さんでは、住宅はもちろん、店舗や宿泊施設などのご相談も受け付けられています。建物に関するご相談がありましたらぜひ、松澤大竹設計事務所さんを訪ねてみてください。

事務所名 松澤大竹設計事務所
代表者名 松澤輝男
住所 〒241-0823
神奈川県横浜市旭区善部町46-22
電話番号 045-363-7826
公式HP http://www.moa-100yrs.com/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 一般住宅、共同住宅などの設計・施工監理
対応エリア 首都圏中心