木造住宅の寿命は30年?本当の寿命と延ばす方法

家も、人間と同じように歳をとります。住んだ年数が長い分、傷みも進み、寿命を迎えてしまいます。何年間住み続けられるのか、その住宅の寿命は住まう上でとても重要な事柄です。

同じ家に長く住み続けるにはリフォーム、リノベーション等の修繕工事や一旦解体してからの建て替え工事が必要となります。 工事を行う時期を決める目安としても、住まいの寿命は知っておきたいですよね。

一般的に、日本の木造住宅の寿命は30年と言われています。え、そんなに短いの?と思う人も多いのではないでしょうか。

今回は、木造住宅の寿命が何故30年と言われているのか、その理由や背景まで詳しく調べてみました。これから住宅の購入を考えている人や、そろそろ自宅の修繕工事を考えている人のためになるよう寿命を延ばす方法や修繕工事を行う最適な時期などもご紹介していきます。

この記事の内容を2分でまとめた動画がこちらです

木造住宅の寿命が30年は嘘!?

アメリカの住宅平均寿命は約100年、フランスは約90年なのに比べ、日本の住宅の寿命は約30年と双方の国の平均寿命の半分以下という結果がでています。日本の住宅は耐久性が弱いという事なのでしょうか?

日本の住宅が短命なのは何故?

実は、この30年という数字が算出された解体工事の中には、寿命以外の理由で解体されたものも多く含まれています。まだ寿命を迎えていない住宅も更地にして売ったり、家族構成が変わったから建て替える等の理由で解体されます。

つまり、木造住宅が解体される平均は築30年ですが、30年で寿命を迎える訳では無いのです。実際に、築50年以上経っていてもまだ問題なく住めている木造住宅も多く存在しています。

そもそも、日本には昔から「一つの住宅を伝承していく」という文化がありませんでした。住んで2,30年もすればライフスタイル、家族構成が変化し生活に家を適応させるためにリフォーム、建て替えを行うというのが日本人の考え方でした。そのため、家を長持ちさせる事はあまり重要視されていなかったのです。

修繕工事を行えばまだ住める場合でも、建て替え工事に踏み切る人が多いです。

というのも、2.30年ほとんど手を付けていなかった家をいざリフォームしようとすると多額の費用がかかってしまうからです。構造上の問題で思い通りに工事できなかったり、素材や設備の劣化が激しくて一新しなければいけない部分が多すぎると費用がかさんでしまいます。

外観にそれほど変化の無いリフォームに多額の費用をかけるより、構造も外観も好みに建て替える工事の方が好まれます。そのため、リフォームよりも建て替え工事の件数が増え、住宅の平均寿命がより縮んでしまうのです。

アメリカやフランスといった住宅平均寿命が長い国は、家に自分で手を加えてグレードアップさせて行き、価値を上げていきます。そうして家を引き継いでいくスタイルが、平均寿命が長い理由に大きく関係しています。

日本の住宅寿命が他国と比べて短いのは、このような文化の違いが要因の一つです。

本当の木造住宅の寿命

30年という数字が正確でないのならば、本当の木造住宅の寿命は何年なのでしょうか。日本の戸建て住宅で一番多いのは木造住宅ですが、他にも鉄骨造や鉄筋コンクリート造が一般的です。

税法上で定められた耐久年数は【木造22年/鉄骨34年/鉄筋47年】ですが実際には【木造30~80年/鉄骨30~60年/鉄筋50~90年】ほどもちます。

木造住宅に限らず、全ての建築物は設計法や日々のメンテナンスにより寿命は延びたり縮んだりと大幅に変化します。その中でも木造は特にふり幅が広いく、メンテナンス次第で長く暮らせる家になります。

普通、木材と聞くと強度が耐久性が弱そうに聞こえてしまいますが、実は木は意外と丈夫で長持ちする素材です。湿気を防いで適度な乾燥状態を維持し、木材の腐敗が無ければ80年~100年経っても住み続ける事は可能です。

最近は技術の向上も進み、さらに長い寿命を保証する木造住宅も増えています。また、建物の耐久年数に大きく関係してくるのが地盤強度です。

引用:地盤サポートマップ

新築の購入を考えている方はまず、その土地の地盤の強度をチェックしましょう。 自分で調査するのは難しいですが、今はネット上でおおよその地盤強度を調べる事ができます。住所を打ち込むだけの簡単検索なので、すぐに調べられますよ。

引用:地盤安心マップ

地盤が悪い土地だと2.30年ほどで建物が沈下してしまいます。 家全体が沈んだり、傾いて基礎が傷むなどして住める状態ではなくなってしまいますので、新築購入の際にはまず地盤強度を調べましょう。

引用:リフォーム支援制度

古民家と呼ばれる、戦前より前に建てられた木造家屋は改修工事を重ねて築100年ほど経った今も住宅や店舗として活躍しています。木造住宅自体は頑丈で、耐久性も優れています。しかしそれは、こまめにメンテナンスを行った場合に限ります。住み方、手入れの有無によっては30年もたずに寿命が来る可能性もあり、手放しで安心はできません。

一概に寿命30年は嘘、と断言もできないのです。

日々のメンテナンスで寿命は延びる

家は当たり前の事ですが、日光に照らされたり、雨水にさらされたりと傷みやすい環境下に置かれています。もちろん日光や雨風の対策処置として加工処理はされていますが、やはり少しづつ傷んできてしまいます。

大規模なリフォームを要する損傷は、毎日少しづつ積もっていく汚れや傷、湿気が元です。日々の小さな行動を心掛ければ、劣化の進行を食い止める事ができます。家の寿命の長い短いは、日常のメンテナンスに大きく左右されるのです。

・水周り

木材が腐敗する原因となる水回りのトラブルには十分気をつけなければいけません。

給水機や洗面台などで水漏れや浸水を発見したらすぐに対応しましょう。水場で乾燥を保つことは難しいですが、よく日光を当てるようにしてじめじめしないようする事が大切です。

・湿気

水と同じように湿気も木材の大敵です。日本は特に高温多湿な国なので、木材が傷みやすい環境です。

風向きを考えた構造で通気性を良くし、湿気を防ぎましょう。

しかし、風通しの良い造りにすると、夏は快適ですが冬寒くなってしまう事が問題です。断熱の面を考えるとやはり湿気がこもりやすい設計になってしまいます。湿気を完全に防ぐ事は不可能なので、傷みが進んで来たら小規模な補修をしましょう。

通気を良くし乾燥状態を維持し、雨漏りや浸水を防ぐ事で耐久性は格段に上がります。

・シロアリ

木造住宅に多大な被害を与えるシロアリは水分が多いと発生します。

繁殖が早く、目に見えない所で行動するため気づかぬ間に家の傷みが進んでしまいます。早期発見できれば駆除すれば済む話ですが発見が遅れてしまうと大規模な修繕工事が必要となってしまいます。

乾燥を保つ他、防蟻処理を施し蟻の発生を予防しましょう。日ごろから湿気や水回りを気にかけておく事が大切です。

清潔を保って、冬場でも天気のいい時に空気の入れ替えを心掛けて適度な乾燥状態を維持しましょう。これらを心掛ける事は寿命を延ばすだけでなく、家の清潔感を保つ事にもなります。

見栄えが良く、住み心地も良くなり一石二鳥ではないでしょうか。

点検と修繕工事の頃合い

私たちが人間ドッグ等の定期健診に行くのと同じように、住宅も定期的に点検をする必要があります。自分では気づき辛い欠陥を見つけるために、定期点検は重要です。定期的に点検、修繕する事で劣化を防ぎ強度を保ちます。

新築であれば最初の2.3年の間は業者が無料点検を実施します。だいたい3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年の中から3回か4回ほどの点検が入ります。

せっかくの無料期間を無駄にしないために、しっかり点検して不具合があれば直してもらいましょう。

点検時、特に気をつけたい所は以下の通りです。
  • 玄関扉の開閉動作確認
  • クロスのはがれ
  • フローリング等の床のしずみ又はうき
  • 給水器、洗面台等の水回りの水漏れ、動作確認
  • 他、塗装の剥がれや動作不良、変形

新築でも、住み始めて不具合に気づく箇所も多いです。無料のうちに点検して改善しましょう。後々、寿命を延ばす事に繋がります。無料点検は連絡をくれない業者も多いので、自分で実施する期間を覚えておいて連絡しましょう。

無料点検の時期が過ぎると、点検、修繕は自費で行わなければいけません。

本当は5年ごとに点検を行うのが望ましいですがが、有料という事もあってそんなに頻繁にできないという方もいますよね。そんな短期間で点検が必要なのかと疑問に思いますが、気づきにくい不具合が出てくる時期がちょうど5年だと言われています。

5年毎が難しいようであれば、10年に一度でも良いので点検は行うべきです。特に、床の点検は5年ごとに行う事が望ましいです。

うきやしずみがあるならば張替を考えなくてはいけません。本来の張替目安は20年前後ですが、劣化が早い場合もあります。床の劣化が早い場合に考えられるのが、シロアリです。シロアリは早期発見が大切ですので、床に以上を感じたらすぐに行動しましょう。

そして15年で一度、少し大掛かりなメンテナンスが必要になります。

住んでから15年経つと、目に見えて住宅の劣化、 傷みが出てきます。外壁、屋根の塗装は塗り替える時期となり、塗り替える事で見た目の綺麗さを蘇らせる事はもちろん、断熱性、防水性、防虫性を復活させる事が出来ます。

またこの時、クロスが汚れていたり剥がれていたりする場合は張替が必要です。少し大変なように感じますが、ここでメンテナンスするのとしないのとでは寿命が全く違ってきます。

さらに、キッチン、洗面器具や便器など水回りの設備は20年前後で寿命が来るため点検して取り替える必要があります。

まとめ

30年、という数字は正確には木造住宅の寿命ではありません。が、メンテナンスを怠ればそのくらいの期間で不具合が出てくるので間違いとも言えません。

木材は建築素材としてとても優秀な頑丈さを誇りますが、何の手入れもしないともちろん傷みます。手入れを怠らなければ80年以上住み続けられるので、日々できるメンテナンスや、数年ごとの点検、修繕を行い寿命を延ばしてあげましょう。

家族構成、ライフスタイルの変化で家を建て替える事はもちろん素晴らしい選択ですが、長く住まい続けたいと思う方は今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。

当協会の運営サイト「コノイエ」は、工務店・ハウスビルダー・建築家・建築設計事務所等の500以上のインタビュー記事を掲載。また、新築・建て替えを検討中のユーザーにとって有益となる情報を発信しています。
当協会は、建て替えに伴うお住まいの取り壊しのご相談を年間で2,500件ほど承っており、各地域の住宅関連会社の情報が集まります。今後も「コノイエ」では、新築ユーザー様の発注先や評価、住宅関連会社様への独自インタビューといった当協会ならではの独自のリアルな情報をお届けしています。

新築・建て替え時の
解体費用ぐっと安く
6社無料一括見積り

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で無料相談(フリーダイヤル)

0120-978-124

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)