人気のハウスメーカーで建て替える住宅

のどかな一軒家

家を買うことは、一生に一度の買い物だと思います。大きな買い物だからこそ失敗や後悔をしたくないですよね。また、完成するまでは決めなくてはいけない事やローンの申請などやることは盛り沢山です。不安を感じることだってあるでしょう。大変なことを一緒に考え乗り越え、形にしてくれる助けをしてくれるのがハウスメーカーです。いわば理想の家造りのパートナーです。パートナー選びは絶対に失敗したくないですよね。
本記事では、ハウスメーカー選びで失敗しないために必要なことをできるだけ詳しくご紹介します。

建てたい家はどんな家か。を考える

ハウスメーカーは全国各地対応することができ、規模の大きさが最大の特徴です。自前の生産設備を持ち大量生産を可能とし、一定の品質の住宅を建てることができます。
ハウスメーカーを選ぶ前にまず、ご自身が大事にしたい家造りのこだわりを明確にしてください。ハウスメーカによって得意としている構造の住宅があります。ご自身がどのような構造の住宅にしたいのかを明確にすることでハウスメーカー選びがスムーズになります。たくさんあるハウスメーカーの中から、自分にピッタリなハウスメーカーを見つけるために一番大事な作業です。

家の構造について

建物の構造は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の3種類です。特徴などを構造別にご紹介します。

木造

日本では最もポピュラーな住宅構造で、主要な部分に木材を使用している住宅です。
木造建築は、建築費用を抑え、設計の自由度が高く、耐火性に優れています。
しかし、防音性や耐震性が低く、品質が造り手によって大きく変わる傾向にあります。木造住宅の寿命が気になる方もいると思いますが、暮らし方や設計で寿命は伸ばすことも可能です。

鉄骨造

建物の主要部分に鉄骨を使用している住宅です。鉄骨の厚さは2種類で軽量鉄骨と重量鉄骨です。
鉄骨住宅は、強度があり、開放的な間取りが造れ、一定の品質を保つことができます。しかし、断熱性が低く、建築費用が木造住宅よりもかかってしまう傾向にあります。

鉄筋コンクリート造

建物の主要部分にコンクリートと鉄骨を一体化させた材を使用した住宅です。RC造とも呼ばれます。
RC造住宅は、強度があり、耐震や火災にも強いです。しかし、木造や鉄骨に比べ工事期間が長くかかり費用も高くなる傾向にあります。

家がもつ機能について

一昔前の住宅は、雨風をしのぐものでした。近年では雨風をしのぐ他に、風通しの良さ、光熱費を抑えられる省エネ住宅などが当たり前になってきています。また、災害に強く長く住むことができる家も、家を建てる時の必須条件でもあります。快適さと強さの機能面について、いくつかご紹介します。

耐震性

日本は地震大国です。震度6以上の揺れを経験した人はいまや4人に1人だそうです。頻繁に起こる地震から命を守るためにも家の耐震性を重視する人は年々増えています。そのため地震に強い家の販売は当たり前となっています。

耐震等級

耐震等級は3段階で表されます。数字が大きくなるほど耐震性が高くなります。

  • 耐震等級1(震度5強程度では損壊せず、震度6から7の地震では倒壊しない建物)
  • 耐震等級2(耐震等級1の1.25倍の強度がある建物)
  • 耐震等級3(耐震等級1の1.5倍の強度がある建物)


耐震等級3を取得するためには、第三者の住宅性能評価機関の検査に合格する必要があるため、耐震等級3の住宅は費用もかかります。
また耐震等級3相当と記載された建物は、検査を受けておらず大体耐震等級3くらいというもので、法律上は耐震等級1となりますので注意が必要です。

断熱性

冬場は温かく、夏場は涼しい家は快適です。しかも省エネにも繋がり電気代の節約にもなります。耐震性と同じくらい当たり前になっているのが高気密で高断熱の住宅です。
断熱の方法は2種類です。

  • 内断熱(断熱材を外壁と室内の壁の間に詰める方法)
  • 外断熱(断熱材を構造材の外側から包む方法)

外断熱の方が気密性、断熱性が高いことから費用も内断熱よりも高くなります。高気密で高断熱の性能は造り手によって変わってきます。高気密で高断熱の住宅をお考えの方は、断熱性に力を入れているハウスメーカーを選ぶ必要があります。

外観や内観のこだわりについて

機能性よりもデザイン性を重視する方もいらっしゃると思います。
注文住宅で全てを自分のイメージ通りに造りあげることもできます。しかし注文住宅を選んだ場合、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えた完璧な家にするためには大体2000万円以上が必要になります。
また、既成の住宅でも様々なデザインの中から選ぶこともできるようなプランを設けている場合もあります。注文住宅ほどの個性は出ませんが、ほどほどの見た目で住みやすい家を手に入れることができます。
参考 フリーダムな暮らし 注文住宅の相場・費用はいくら?

理想と予算のバランス

快適に長く住める家の概念は人によって異なります。冬が暖く夏が涼しい家だったり、家事がしやすい家だったり、子供が独立しても無駄のない間取りだったり、と様々です。
または機能性よりも見た目を重視したい、個性を出した家が快適であり長く住める家と考える人もいます。
全てを両立できれば何も迷うことも無いのですが、家を買うにはどんなに節約してもそれなりの金額になります。どこにお金をかけた家が快適であるのかをしっかり考え予算を立てることが、ハウスメーカーを選ぶ上でも、家を建てる上でも必要なことになります。

ハウスメーカー選びの注意点

どんな家にしたいかが明確になっていざハウスメーカーを探す際に注意してほしいことがあります。

知名度で判断は危険

テレビや広告などで宣伝をおこなっているハウスメーカーも少なくありません。目にする機会が多いということは、それだけの宣伝費が使える大手ということになります。
しかし大手である安心感だけで決定すると、金額が予想以上に高額になったり、自由度が低かったりなど後悔することにも繋がります。何となく大手だから安心と、一社で決めずに、しっかり選んで納得してから決定することが大事です。

担当者との相性

ハウスメーカーの印象は担当者の対応が大事です。家は一生に一度の買い物です。
担当者と相性が合わずに後悔したり嫌な思いをした人も少なくはありません。
自身の希望をしっかりと話合える人との出会いが満足度に関わってくるので嫌なことは嫌とはっきり伝えたり、勇気をもって担当者を変えることも大事です。

人気ハウスメーカーの理由と口コミ

では最後に、人気ハウスメーカー各社の強みと口コミをご紹介します。

スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは、北欧の寒い地域で培われた技術を活かした住宅が強みです。そのため、冬は温かく夏は涼しい快適な住宅を得意とします。またデザイン性も高くオシャレで個性的な住宅を建てることができます。木製サッシ3層ガラス網無し防火窓が2014年にグッドデザイン賞を受賞しました。
しかし、材料など輸入が多く、費用は全体的に高額となります。

スウェーデンハウスの口コミ

北欧

引用:モデルハウス・建築実例|スェーデンハウス

本当に大満足&おすすめです

新築戸建を建てるならスウェーデンハウスしかない。という気持ちが固まってから、何度かモデルハウスに足を運ぶうちに、少しずつスウェーデンハウスに対する知識が増え、それがいつしか憧れになっていきました。
担当してくださっているスウェーデンハウスさんの営業マンの印象的な言葉があります。『20年30年ですぐに建て替えたいという方にはうちはおすすめできません』いやいや、そんなに何度も買い替えることなんてできませんよ。ほとんどの方がこのように返すと思いますが、私たち夫婦も笑いながらそう答えました。
家は一生に一度のとても大きな買い物。すぐに建て直さなくてはいけなくなるような低コスト住宅よりも、ずっと愛着を持って長く住めるスウェーデンハウス。こういった考えにも惹きつけられました。
スウェーデンの家は日本の家の寿命の約3倍なのだそうです。日本の家は、一説では高度成長期の頃に質よりも量が優先されたとも言われているようです。作っては壊す「スクラップ&ビルド」の考え方こそが日本の家だと聞きました。
しかし、これからはいいものを長く使っていくという社会に変わっていく時代です。スウェーデンハウスさんの家は価格は他のハウスメーカーより高価格ですが、独自開発の高い技術面を見ると、それに見合ったすばらしい家であると感じます。
本物は変わらない、そのキャッチフレーズこそがすべてを物語っているようです。スウェーデンハウスは本当におすすめです。

断熱性は本当にいいです

注文住宅かスウェーデンハウスかで迷いましたが、「30年以上住む住宅だし、長く住むなら」と、スウェーデンハウスでマイホームを建てることに決めました。確かにスウェーデンハウスは、一般的なマイホームの相場よりも何割かお高めだとは思います。けれども、安定収入のある共働き家庭でしたら十分返済可能なマイホーム費用だと思いますし、なにより全体的なデザインの好みがやっぱりスウェーデンハウスなのです。
それに、他の輸入住宅とは違って、スウェーデンハウスの場合ですと、設計士さんが依頼主に合わせて設計してくれます。最初からガチッと決められた間取りのみで建てなくてはならないわけではないのです。
もちろん、ベースとなる設計図はありますが、細かいところはその家庭によって修正変更してくれる点もメリットだと思います。
また、やはり断熱性が抜群にいいと感じます。この一点だけでも、スウェーデンハウスで建ててよかったと感じています。

夏も冬もエアコンいらずです

結婚を機に一戸建てを検討していましたが、スウェーデンハウスにて決定しました。決め手は高断熱高気密の家造りです。冬場にモデルハウスを見学しましたが、とにかく床が冷たくないのです。
他社のモデルハウスを見学したときは、かなり多くのエアコンがあったにも関わらず、ヒンヤリ感がありました。スウェーデンハウスではエアコンの数が少ないのに、足元からあったかく、感動でした。
家の中の熱を逃がさない造りなので、冬場も夏場もエアコンを必要以上につけておく必要がありません。その点では光熱費にもやさしい家ではないでしょうか。それに加えて好印象だったのが、営業マンの対応です。他社の営業マンはかなり熱く、押してくる方が多かったのですが、スウェーデンハウスの営業マンはあっさりとしていました。
しかしながら、比較する上で必要な数値や情報はきっちりと提供してくれますし、こちらの質問にも長く時間を割いて解答いただけました。こちらのニーズを満たす対応に満足です。

アフターフォローが不便になってしまいました

中古で買った住宅の建て替えで、スウェーデンハウスを選びました。前の家の老朽化が激しく、とても寒い家だったので、スウェーデンハウスの暖かさにとても惹かれました。3重構造の大きな窓やパイン材の雰囲気も魅力的で、外観含めとても気に入っています。
ただ、家を建ててから5年もしないうちに、地元からスウェーデンハウスの営業所が撤退してしまい、アフターフォローが受けにくくなりました。
なにか不具合が起きても、わざわざ札幌から来てもらわなければならず、人手も足りないのか、なかなか予約も取れません。
しかも不具合を見に来ても、それを調整する道具が必ずしもすぐにあるわけではないので、再び出張してきてもらうという2度手間。
こちらもいちいちそのために予定を空けなければならず、なんだか面倒で放置してしまうこともあります。
家自体にさほど文句はないのですが、こういったことにちょっとがっかりです。

引用:スェーデンハウスの口コミと評判|ハウスメーカー比較ランキング

参考 スウェーデンハウス<公式>スウェーデンハウス<公式>

ヘーベルハウス

ヘーベルハウスの強みは、耐久性の強い家です。ロングライフ住宅を提唱しており社内検査体制が充実しています。また家の基礎造りもしっかりしているためメンテナンス費用削減にも繋がります。ヘーベルハウスの住宅は建築後30年の生存率が90%となっています。

ヘーベルハウスの口コミ

ヘーベルハウス

引用:SPIRIT×DESIGN|ヘーベルハウス

相次ぐ地震。ーベルハウスにしておいてよかった

建物・営業マンには大変満足しています。東日本大震災の時は震度5強、9時間の停電を経験しましたが、我が家は何ともなく無事でした。よそ様は物が落ちたりで大変だったと聞いたので、さすがヘーベルハウスだと思いました。次の日、旭化成担当の方から連絡があり「大丈夫ですか?」と心遣いをいただき感激いたしました。これだけ地震が頻発する今、強い家にしておいてよかったと胸をなでおろしています。

意外と隠し事が多い会社です

営業マンはひたすら60年間もつ丈夫さを強調していましたが、30年目にヘーベル板の塗り替えをしなければ60年間もたないことをずっと隠していました。塗り替えに約250万円かかることも。見積もりにしても、最初は「手すり一本から出します」と言っていたのに、結局建物一式みたいなものに。信頼できない印象です。

大変信頼できるメーカーさんだと思います

他社さんは展示場に来訪した時、足下を見てカタログさえ渡さないなんて事もありましたが、ヘーベルハウスの方にはとても良い対応をしていただきました。設計も女性の方で、主婦の動線を理解してくださり納得のいくものになりました。工務店、電気配線の職人さんなども、手を抜く事ということもありませんでしたし、アフターサービスも決まった年度ごとに点検項目があり、しっかり見てもらっています。3.11の震災翌日も無事を確認する電話が入りました。

ヘーベルハウスはプラモデル。アレンジはききません

ヘーベルハウスは、ある意味プラモデルのようなもの。組立方法で設計・施工されるので、営業担当は建築知識に乏しい。設計者も素人に近い人間が、CADを使って予め構造的に決められた組合わせで、パズルのように図面を描くだけ。結果として、細かな仕様ミスや施工ミスが多かった。注文住宅ならではの細かなこだわりを実現するのは、ヘーベルハウスでは無理だ。ひたすら頑丈な家がほしい方にはお薦めですが、個性的な家がほしい人はやめたほうがいい。

引用:ヘーベルハウスの口コミ・評判|文住宅の最強大百科

参考 ヘーベルハウス旭化成ホームズ

積水ハウス

積水ハウスは、汚れに強い住宅が強みです。また鉄骨住宅に定評があり鉄骨2階建住宅の「IS(イズ)シリーズ」が現在の主力商品となっています。また老舗ハウスメーカーであり、販売実績もトップクラスです。

積水ハウスの口コミ

積水ハウス

引用:外観デザイン|積水ハウス

親身な対応で安心して暮らせています

家の近くのハウジングセンターに行き、さまざまなメーカーの家を見た上で、積水ハウスで見積もりを取りました。決め手になったのは、営業マンと品質の高さ、そしてアフターサービス。大手企業だと、こちらも求めるものが大きくなりますが、それに精一杯答えてくれました。完成後にワックスが剥がれているところがあり、それを言うと全部屋のワックスをかけ直してくれるなど、サービスが行き届いています。とても安心して暮らせています。

値段だけの価値がある、ハウスメーカーの見本

住宅展示場を見て回った結果、積水ハウスの対応が一番よかったと感じました。値段がもっと安いメーカーも見ましたが、みんな積水ハウスの真似事で、とても比較になりませんでした。さすが積水はハウスメーカーの手本とされるだけあって、デザインも環境対策もバツグン。営業もスマートで、高いだけの価値があると思います。

いったい誰のための家なのか。と疑問

正直、オプションてんこ盛りの展示場と完成見学会の家との違いにガク然とすると思います。手間や部材がかかるわけでもないのに、センス良くする為だけに費用がハネ上がる気がしました。さらに、積水が引いた日程に乗せられ、それから外れないように管理するのが営業と設計の仕事、という姿勢がありありと見え、いったい誰のための家なのかと疑問を持ちました。

信頼できず、解約しました

予算の見直し、それに伴う間取りの練り直しを打診し続けたにも関わらず、「変更したくない」と言われて強引に着工しようとしたので、工事にストップをかけた。それっきりぱったり連絡が来なくなったので、とても信頼できず結局は解約しました。家の出来とセンスは流石だと思います、ただ見栄えのよい建具や造作を依頼すると驚くほど高額になってしまう。

引用:積水ハウスの口コミ・評判|注文住宅の最強大百科

参考 積水ハウス住宅メーカー(ハウスメーカー)

住友林業

住友林業は、木がもつ強さを最大限に活かした家造りが強みです。木造住宅のエキスパートで、アフターサービスの良さも定評があり、木造住宅の耐震性の強化にも力を入れいます。価格は高い傾向にありますが、高くお客さんの希望に柔軟に応えてくれます。

住友林業の口コミ

住友林業

引用:My Forest ソラボ|日経社ハピタ21住宅展示場

予算内で満足できる家が建ちました

おおむね満足の家が建ちました。工事は丁寧でしたし、住友林業で建てて良かったです。ネックは高さでしょうか。オプション類が豊富なので、あれもこれもと欲ばると予算が、ということにもなりかねないので、コスト意識を持って家作りをする必要はあると思います。住友林業の場合、営業は契約まで。打ち合わせは設計士とインテリアコーディネーター。工事に入ると生産担当と担当がどんどん変わるのですが、少し寂しい感じもしますね。

おおむね満足。OPも無料でつけてくれました。

営業さんと設計士さん、インテリアさんはとてもよく対応してくれました。現場担当の方はあまりよくありませんでしたが…。見積りは引っ越し料金等まで入れてくれて、とても分かりやすかったです。いろいろサービスしていただき、オプションを無料でつけてくれたりしましたよ。小さな不満は少々ありますが、全体的に見るととても満足しています。

国産の材木かと思いきや。

営業は最初だけ良い事を言い、材木も「森がある」と言いながら実際は外国産。正直だまされた気持ちです。引き渡しも一ヶ月以上遅れ、引き渡された家はキズや、壁から釘が出ていたり…。下請けがやったのは分かるけど、ひどすぎ。もしもう一度過去に戻って家を建てるなら、もうここには頼みません。

ベテラン営業マンへのチェンジがベター

担当営業さんを中心に、設計や建築現場監督、外構、インテリアなど、その道のプロがそれぞれ対応してくれますが、大人数が受け持つがゆえの抜けは特にありませんでした。いい意味でも悪い意味でも、営業さん次第です。具体的に進めるのであれば、ある程度実績のあるベテランにチェンジしてもらう方が良いと思います。ちなみに、本質的にあまり値引いてくれませんでしたので、大きな値引きは期待できないかもしれません。

引用:住友林業の口コミ・評判|注文住宅の最強大百科

参考 住友林業住友林業

まとめ

長いこと住んだ家にはたくさんの思い出があると思います。思い出のたくさんある家を建て替える時は少しさみしい気持ちになりますよね。だからこそ新しい思い出を作れる素敵な家を手にしたいと思うものです。ご自身にぴったりなハウスメーカーを見つけて新しい思い出を作れる素敵な家を手にしてください。