彩工舎

野田 道隆代表

リフォームやリノベーションを検討される際、「今よりも良い住宅にしたい」と思うのは当然です。
しかし、予算や法律などの制約があり、「どの部分をどのくらい改善すれば良いのか分からない」と頭を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そんな中、「性能」「デザイン」「コスト」の3つをバランスよく取り入れ、住宅の資産価値を向上させるためのリフォームやリノベーションを手掛けている会社が彩工舎(さいこうしゃ)さんです。
リノベーションか新築かで悩まれている方に対しても、「住まいの土台」からあらゆる選択肢を提示してくれるため、“イチから妥協のない住まいづくり”が実現できます。

この記事では、彩工舎さんの代表、野田代表に住まいづくりを提案するうえで大切にしている想いをお伺いしました。

「性能」「デザイン」「コスト」の3つが調和のとれたプランで、住宅の資産価値を維持・向上させる

スタッフ

彩工舎さんでは、「性能」「デザイン」「コスト」のバランスが取れたリフォームを追求されているとお伺いしました。この3つをウリにしようと思ったのはなぜですか?

野田 道隆代表

お客様の所有する住宅の資産価値を維持、向上させるためです。
お客様の考える資産価値は2つありまして、1つは「再販価値」です。お客様はお金をかけてリフォームをするわけですから、今までよりも、客観的かつ金銭的な価値を上げていくべきだと私は考えています。

野田 道隆代表

そしてもう1つは、自分が住まうことを基準にした「空間の価値」です。
これはお客様にとっての価値なので、「デザイン」に左右されます。
何を持って「デザイン」とするかの判断は難しいのですが、住む人にとっての居心地の良さをつくることが「空間の価値」になると私は考えています。

野田 道隆代表

そのため、彩工舎では、色や形など見た目で判断できるものだけでなく、触り心地や歩き心地、空気感など、体で感じるものも含めて「デザイン」と認識し、それを住む人の価値観に合わせて設計に組み込むようにしています。

野田 道隆代表

スタッフ

資産価値は金銭的な価値のイメージが強かったのですが、彩工舎さんではお客様自身が判断する価値も「資産価値」として認識されているのですね。

スタッフ

「性能」や「コスト」面では、どんなことに重きを置かれているのでしょうか?

野田 道隆代表

給排水や電気設備などの「生活を支える基盤」が不安定の状態だと、「トイレを流すとシャワーの出が変わる」といった「生活のしにくさ」を感じてしまいます。そのため、性能面では、バリアフリーや耐震性能を意識するのはもちろんのこと、生活しているうえで目に見えない部分の性能は特に注視して改善するようにしています。

野田 道隆代表

コスト面では、合理的に予算を配分できるような「コストの掛け方」を提案するようにしています。
先ほど話した性能の部分にもつながるのですが、工事が完了してしまったら簡単には変えられない部分があるため、そういったものを優先してコストをかけるべきと私は考えています。

野田 道隆代表

しかしながら、お客様が「その性能の良さ」を体感した経験がない場合、いくらおすすめしたとしても、その性能の重要性を完全に理解できるとは限りません。たとえば温熱環境などは今までの生活の慣れがあるため、「そんなの我慢すれば大丈夫」とあまり意識されない方が実際ほとんどなんです。

スタッフ

確かに、今まで過ごしてきた住環境の中で「大きく不満に感じたことがない部分」に関してはコストを掛ける必要はない、と感じるかもしれませんね。
では、そんなお客様にはどういった提案をされているのですか?

野田 道隆代表

自分の体験談をもとに、おすすめするものの重要性をしっかりお伝えするようにしています。
私は彩工舎とは別にデイサービス事業を営んでいるのですが、デイサービスを利用されているお客様がヒートショックによって亡くなった、という訃報を何度も受けてきました。そのため、いかに快適な温熱環境をつくることが重要なのかは、身を持って感じているのです。
このように、自分が身近でその重要性を感じているからこそ、「非常に重要なものである」と熱意をもって筋の通った提案ができると私は考えています。

スタッフ

それはお客様にとっても一番納得のできる判断材料かもしれませんね。表面的な情報だけでなく、根拠のある説明を用いて提案することを重きに置いている彩工舎さんとならば、後悔のないリフォームができそうです。

確実な提案力で、「住まい」の選択肢を広げる

スタッフ

彩工舎さんが、住宅づくりを行ううえで大切にしていることはなんでしょうか。

野田 道隆代表

住まいの在り方を「リノベーション」か「新築」かで悩まれている方最良の選択をできるように、細かい部分で選択の幅を広げるようにしています。
なぜなら、リノベーションに焦点をあてて住まいを検討される方は、新築にするかリノベーションにするかで迷う方が多いからです。実は、新築とリノベーションの見積りを実際に取ってみると、最終的には両方とも同じくらいの金額が必要になることが多いんです。

野田 道隆代表

スタッフ

「新築よりもリノベーションのほうが金額は安い」といったイメージが強かったのですが、意外と同じくらいの金額が必要になってしまうんですね。
たしかに、それならば「新築のほうがいいかも」と選択を考え直す方もいらっしゃるかもしれませんね。

野田 道隆代表

そうなんです。しかし私は、金額や法律などの制約によって本当の要望を諦めることはしてほしくありません。
ご依頼いただいたからにはお客様に喜んでいただきたい、私自身もお客様が満足できるものをつくりたいと思っているので、ただ単に新築にするかリノベーションにするかの2択ではなく、2択の中でも様々な提案をするようにしています。

野田 道隆代表

そうすることによって、最初は様々な制約が原因で新築を諦めていたとしても、最終的には前よりも広い新築を完成させることができたりもするので、少しでも心に引っかかるものがあれば、住まいの在り方から妥協せずに住宅づくりをしてほしいなと思います。

スタッフ

彩工舎さんは「住まいの土台決め」から色々な可能性を示してくれるのですね。

野田 道隆代表

そして、お客様へ良い提案をするためには、あらゆる分野の専門知識が必要であると私は考えています。「住まいの在り方」を最終的に決定するのはお客様だけど、それらの選択を提示するのは私たちです。「好きな分野の専門性を極めて、正確な選択肢を提示していく」ことは、社員たちにも徹底させています。
うちでは、1つの案件に対してメインの担当者を設けながらも、男性女性を含めたチームで携わるようにしています。それぞれの特徴を生かした提案ができるため、正確な選択肢を幅広くご用意できるかと思います。

スタッフ

確実な提案力を高めているからこそ、お客様の本当の要望に合わせた細やかな提案ができるのですね。

スタッフ

最後に、これから住宅を持つことを検討されている方へメッセージをお願いします。

野田 道隆代表

もし新築かリノベーションかで迷われている方は、うちにご相談いただければと思います。お客様のご要望に合わせて様々な提案をさせていただきます。
また、中古住宅をリノベーションする場合は、資金問題が出てきたり、どこまでリフォームしたらいいか分からなかったりして、色々悩むことが多いかと思います。建物の状態は築年数や使用している材料によって異なるため、「どこに焦点をあててリノベーションすべきか」を建築のプロとしてアドバイスしながらプランニング決めをさせていただきます。
ぜひお気軽にご相談ください。

口コミ、評判

彩工舎さんの口コミを見てみると、「現場での作業工程の説明が丁寧」「万が一の事態にも臨機応変に対応してくれた」など、総合的に満足されている方がほとんどです。

工程含めた作業に関わる十分な説明と、何かあった時のクイックな対応が素晴らしかった

細かい事を言う施主で対応大変だったとは思いますが、最後まできちんとご対応頂けた事に感謝致します。リフォームなのでリーズナブルなお値段と仕上がりの良さは当然求めますが、それ以外にも工程含めた作業に関わる十分な説明と、何かあった時のクイックな対応が素晴らしかったと思います。

対応がとても丁寧かつ、真摯に工事に取り組んで頂けました

対応がとても丁寧かつ、真摯に工事に取り組んで頂けました。安心感があります。
また仕上がりも満足のいくものであり、正確な納期で引き渡しをして頂けました。

こちらの希望を尊重しつつ、プロとしての適切なアドバイスもいただくことができ、安心して進めることができました

プランの提示も丁寧で、「一緒に頑張りましょう!」というような気概が感じられました。
リノベーション中には多かれ少なかれ問題が発生するものですが、毎回真摯に対応していただきました。
プラン会議や施行中など、いつも笑いの絶えない現場だった気がします。
こちらの希望を尊重しつつ、プロとしての適切なアドバイスもいただくことができ、安心して進めることができました。
一生に一度かもしれない大事業をこちらの会社さんと出来て本当によかったと思っています!
ありがとうございました。

業者さんの仕事ぶりも丁寧で感じがよかったです

希望に沿って迅速にプラン・見積りを作成して下さいました。ユニットバスのみのリフォームでしたが、ショールームへの同行や、ユニットバスのタイプを選ぶに当たっての何度かの希望変更にも丁寧に対応頂き感謝です。
お得な価格で納得のいく仕上がりでした。
業者さんの仕事ぶりも丁寧で感じがよかったです。

二重家賃の負担を避けるために、未完の部分を残しながらも生活できるようにしてくれたので助かりました

“短期間の工期““超古いマンション”と多難のうえにコロナの混乱で完成が延びたりしましたが、建築士さんがこまめに連絡をとってくれたのであまり不安はありませんでした。
賃貸から引っ越しだったので二重家賃の負担を避けるために、未完の部分を残しながらも生活できるようにしてくれたので助かりました。
工事の最中に現地で話し合い、仕様変更や追加工事を決めたので最初の予算より高くなりましたが、その分生活の質が上がり満足しています。

引用:株式会社ウェルファー(彩工舎) の評判・口コミ|ホームプロ

まとめ

彩工舎さんは、「住まいの空間づくり」からではなく、「住まいの土台」そのものから一緒に考えてくれます。
また、提案するものへの重要性をしっかり理解したうえで様々な選択肢を提示してくれるため、無駄なく満足できる住宅づくりを実現できるでしょう。

「リノベーションか新築かで悩んでいる」「古いものを改善するだけでなく、居心地の良さもグレードアップしたい」とお考えの方は、ぜひ彩工舎さんに相談してみてください。

野田 道隆代表

野田 道隆代表

こちらは彩工舎さんのオフィスです
高級感溢れる空間となっています

会社名 彩工舎(株式会社ウェルファー)
代表者名 野田 道隆
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿8-16-2新宿グランドウイング2F
電話番号 03-5989-1191
公式HP http://www.saikosya.com
営業時間 8:30〜17:30
定休日:水曜、日曜
主な業務 リフォーム、リノベーション、新築の設計、施工監理、施工
対応エリア 東京都、埼玉県