一級建築士事務所設計工房U・A

佐瀬さん

新築を建てるにあたって建設会社を調べてみると、「色々な会社がありすぎて結局どこに依頼すればよいのか分からない」と悩んでしまう方は多いと思います。
そこで、ご紹介したいのが千葉県船橋市を中心に住宅の設計や施工監理をされている一級建築士事務所設計工房U・Aさんです。
代表の佐瀬さんは「技術の仕事では、良いものは良いとはっきり言えることが大事なんですよ」とおっしゃっており、誠実に建築に取り組まれています。

この記事では、佐瀬さんの建築に対する想いをインタビュー形式で紹介していきます。
「せっかくなら信頼できる会社さんに新築を建ててほしい」とお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

住宅は住む人の事だけを考えて全力で建てる

佐瀬さん

スタッフ

佐瀬さんはこれまでにも沢山の建築を手掛けてこられたと思います。
これまでを振り返ってみて、思う事はありますか?

佐瀬さん

これまでにご依頼いただいたお家はどれも真剣に建てさせてもらいました。
でも、まだまだ自分の仕事に満足はしていません。
「建築をやっていて良かった」と安堵するにはまだ早いと思っています。
これからもより良い家づくりをめざして精進していきたいですね。

スタッフ

真面目な佐瀬さんの人柄が伝わってくるコメントですね。
ちなみに、佐瀬さんが考える良い家とはどのようなお家でしょうか?

佐瀬さん

誰にでも好まれる家ではなく、そこに住む人にだけ「ああ、この家が一番良いな」と思ってもらえるような家です。
そもそも性格や好み、趣味や嗜好が全く同じ人はいないわけですから、住む人にピッタリの家もそれぞれ違うはずなんです。

佐瀬さん

もちろん、たった1人のために全力で建ててしまうと、他の人からすれば住みにくくて、売りに出した時になかなか買い手がつかない家になってしまうかもしれません。でも仮に、その家を次に買われた方がいても、生活スタイルに合わせてお家を自由につくり変えてもらって良いと思いますし、むしろ本来はそうあるべきだと思うんです。

スタッフ

確かに、突き詰めていくと本当に住みやすいお家は1人ひとり違うのかもしれませんね。逆に、建売りなどのお家は誰かが考えた生活スタイルに、住む人が合わせて生活するしかありませんからね。

佐瀬さん

意外と既存の商品に無理やり自分を合わせて選んでしまっている物は多いですよ。
例えば、皆さん車を選ぶ時なんかは車に自分を合わせています。
本当にオーダーメイドでピッタリの車にするなら、乗り心地を考えて扉の大きさや位置、シートの硬さや色も細かく変えるべきじゃないですか。でも、それができないから既製品の中でところどころ妥協しながら自分に合うものを選んでいるわけです。

佐瀬さん

でも、家は自分の暮らしに合わせてゼロからつくっていくので、細部まで思い通りにデザインができます。
せっかくならオンリーワンの家で快適に暮らしてほしいですね。

スタッフ

何といっても、注文住宅のメリットは理想のお家をデザインしてもらえることですからね。ちなみに、佐瀬さんはより良いお家をつくるためには何が大切だと思いますか?

佐瀬さん

住む人とつくる人がお互いに妥協をする事なく、少しでも良いものを目指して家づくりに取り組む事だと思います。
仮に予算が限られているなら、つくり手はコストを抑えて別の良い方法を提案していく必要がありますし、住む人もどんな暮らしがしたいのかをしっかりつくり手に伝えられなければなりません。

スタッフ

住む人も家づくりに参加して、お互いが納得のできるお家にしていくのが大切なんですね。こうしてお話を聞いていると佐瀬さんの建築スタイルは他の工務店やハウスメーカーさんとは違うように感じます。

佐瀬さん

建築基準法を守って、オーダー通りに使い勝手を追求した家が建てられれば、一般的には良い建築屋さんとだと言ってもらえるでしょう。
でも、私は設計者である自分の考えやポリシーも大事にしながら家づくりをしていきたいんですよ。
同じ設計者でも建築家と呼ばれる方たちがいますよね。
彼らと普通の設計屋さんとの違いは思想が込められているかどうかだと思うんです。

佐瀬さん

私は手掛ける家1つひとつに、想いの部分もしっかり込めて建てさせてもらっています。そして、いつも考えるのは出来上がった家が住む人にとっても最高だと思える家になっているかどうかです。私はそこに一歩でも近づきたいと思ってお家を建てさせてもらっています。

スタッフ

言われた通りに建てるのであれば、オーダー通りのものはできてもそれ以上にはなりませんからね。少しでも良い家を建てたいという佐瀬さんの強いこだわりが伝わってきます。

スタッフ

他にも家づくりをされる中で大事にしていることはありますか?

佐瀬さん

当然ですが、その土地ごとの環境にあわせて理にかなった形やデザインにすることは意識しますね。
例えば、日当たりが悪いところでは窓を増やして採光を工夫する必要がありますし、街の中で騒音が激しいところでは防音対策をしなければなりません。また、海岸の近くは風が強いですから、外壁や塗装にはより強力な建材を使う必要が出てくるわけです。

スタッフ

住む人だけでなく、土地柄や風土も考えて最適なお家を提案する必要があるんですね。

佐瀬さん

例えば、ブランデーグラスは味や香りを最大限に楽しむために、大きくて丸みを帯びた形をしています。なので、あの大きさとデザインはとても理にかなっているんですよ。
私は建物も同じように理にかなったデザインにしてあげる必要があると思うんです。

スタッフ

いくら形が良くても、災害に弱くて住みづらいお家では不安ですからね。

佐瀬さん

安心して快適に住めるという点では、法律も改正されて基準は昔より随分と厳しくなりました。さらに、建材も日々進歩していますから常に新しい知識を吸収し続けながら家づくりに取り組んでいく必要がありますね。
幸い、私が所属している建築士会では情報や技術の共有が盛んなので、新しい建材や技術が出てきても積極的に意見交換をして勉強をさせてもらっています。

住む人に寄り添って考え抜かれる提案力の違い

新しい技術や便利なツールは積極的に取り入れる佐瀬さん。
現場監理ではドローンを使って作業の様子を撮影されているそうです。

スタッフ

お家を建てられる方の多くは、建築に関しての知識がほとんどない方たちだと思います。だからこそ、正しい知識で快適なお家を提案してもらえると心強いですね。

佐瀬さん

皆さんが分からない部分を整理するのが私たちの仕事でもありますから。
例えば、「開放的な雰囲気を出すために吹き抜けがほしい」といった要望をいただくことがありますが、暖かい空気は上に移動してしまうので、吹き抜けのある家は暖房が効きづらいというデメリットがあるんですよ。
こうした設備的な不利や法規制の基準、加えて費用面の問題もしっかり考え抜いたうえで、可能な限り良い家を提案させていただきたいですね。

スタッフ

しかしながら、お家を建てられる方には色々な方がいらっしゃると思います。多様なニーズに合わせてお家を建てていくために気をつけていることなどはありますか?

佐瀬さん

広く浅く色々な知識を深めておく事は意識しているかもしれません
建築の中でも住宅は特に色々な方が依頼に来られます。職業や年齢、家族構成はバラバラですし、趣味も人によって違います。でも、だからといって話が全然できないようでは、せっかく依頼に来てくれた方の理想の暮らしがどんなものか引き出す事ができません。
なので、普段から色々な情報を吸収して色々な方とお話ができるように備えていますし、足りない部分は補って、少しでも相手と近い感覚でお話をしたいと思っています。

スタッフ

わざわざ設計事務所を通してお家を建てようとしている方でしたら、こだわりの強い方が多いでしょうからね。どんな建て主さんにも対応できるようにするには膨大な知識が必要ですね。ちなみに、これまでには難しいご依頼もあったのではないですか?

佐瀬さん

二つとして同じお家はありませんから、どのご依頼も本当に難しいですよ。
でも、強いて挙げるなら独立して一番はじめに手掛けさせてもらったお家は特に覚えています。
基本的な造りは木造なのですが、家の中心がオーディオルームになっていて、その周りをコンクリートで防音させてもらったんですよ。

スタッフ

どのあたりが特に難しかったのでしょうか?

佐瀬さん

吸音材や反射板をどうするかで結構悩みましたね。
建て主さんは非常に高額なスピーカーをお持ちで、音響については専門の方でした。それで、「私も建築の専門家として下手なことは言えない。このままではいけない」と思って、音響についても専門的な話をするためにかなり勉強しましたよ。

スタッフ

少しでも相手と近い立場で話をしたいという佐瀬さんのスタイルは独立された当初から変わらないんですね。

佐瀬さん

そうですね。
結局、オーディオルームをつくるにあたって吸音材の吸音率は何%にするかだったり、反射板の反射量はどれくらい必要なのかだったり、クラシックとジャズならどちらを聴くのかだったり、あらゆる可能性を考えてお話をさせてもらいました。
おかげさまで当時の自分としては最大限のお家をつくらせていただく事ができたと思います。そのお家には、メンテナンスで度々お伺いする事がありますが、いつも大事に使っていただいているので本当にありがたいですよ。

スタッフ

建て主さんも佐瀬さんと沢山話をして、一緒にこだわって建てたお家だからこそ愛着を持って大事に住まわれているのかもしれないですね。
では、最後にこれから新築を検討されている方に、佐瀬さんからアドバイスをお願いします。

佐瀬さん

家づくりでは、とことんワガママになってもらうのが一番です。
妥協も遠慮もせず、「今こんな生活を送っています。だから、あんな暮らしがしたい」とはっきり依頼する設計者に伝えてもらうと良い家になります。
その中で法律的にできるものだったり、技術的にできるものだったりを整理してもらいながらじっくり進めていって欲しいです。
理想は1年位、設計者と話を詰めてから設計に着手してもらうのが良いと思います。
もし、お悩みの方がいらっしゃいましたら気軽に相談にいらしてください。

スタッフ

家づくりは一生に一度の大きなイベントですからね。せっかくならプランを練っている間も楽しんでほしいですね。
佐瀬さん、今日はインタビューにご協力いただきありがとうございました。

まとめ

事務所の外観

インタビューの中では「あらためて建築は奥が深いと思いますよ」と語ってくれた佐瀬さん。
今尚ご自身の仕事に慢心せず、常により良いクオリティを目指して建築と向き合い続ける姿勢には感動しました。
経験豊富な建築家さんに新築をお願いしたいという方は、ぜひ問い合わせてみてください。

会社名 一級建築士事務所設計工房U・A
代表者名 佐瀬 政憲
住所 〒274-0822
千葉県船橋市飯山満町3-1532-13
電話番号 047-456-5002
公式HP https://ua.i-e.jp/
営業時間 9:30~19:00
水曜・第2・3火曜
主な業務 建物の設計、施工監理、3つの診断
(①自然劣化の診断②耐震診断③自然災害の診断)
対応エリア 千葉県船橋市内・近接する市町村