3*D ARCHITECTS(スリーディーアーキテクツ)

3*D ARCHITECTS(スリーディーアーキテクツ)さんは、オーダーメイドで住宅設計をされている設計事務所さんです。

お客様の細やかな要望に応えるため、大型建造物を設計してきた経験を活かし、鉄材と木材を組み合わせた構造のご提案もされています。

本記事では、そんな3*D ARCHITECTSの石川さんに伺ったインタビューをご紹介します。
新築を建てたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

想像以上の建物が生み出される瞬間に喜びを感じる

石川さんと模型

スタッフ

本日はよろしくお願いします。早速ですが、石川さんが建築家を志したきっかけを教えてください。

石川さん

小学校低学年の時に、父が家を建てたことがきっかけと言えるかもしれません。
父は凝り性な性格で、自分で製図をしながら細かく間取り図を描いていたんです。その時に初めて間取り図を見て、建築に興味を持ちました。

石川さん

また、子どもの頃からものづくりが好きでしたね。
父がプログラマーだったこともあり、父が仕事で使った紙の裏に絵を描いて遊んでいました。

スタッフ

幼い頃にものづくりや建築に触れる機会があったのですね。現在、実際に建築のお仕事をされる中で、どんな事にやりがいを感じますか?

石川さん

頭の中で思い描いているものが、現場で形になっていくのは嬉しいですね。その中で、気持ちのある職人さんに出会えた時にやりがいを感じます。

スタッフ

気持ちのある職人さんとは、どういう方なのでしょうか。

石川さん

図面がどういう意図で描かれているのか」を汲み取ろうとしてくださる職人さんのことです。その上で「この部分はこの方が良いんじゃないか」というフィードバックを頂く時もあります。

石川さん

そうやって職人さんと擦り合わせていく中で、想定よりも良い建物が完成した時は嬉しいですね。
もちろん私も、職人さんの気持ちが入るような図面を描かないといけないと考えています。

スタッフ

設計側と施工側の気持ちが一体となることで、良い建物が完成するのですね。

石川さん

そうですね、時には自分の想像を超えたものが完成することがあるんです。そういう職人さんと出会える現場は、やはり喜びも大きいですね。

商業ビルや集合住宅の経験から、木と鉄骨のハイブリッドも生み出せる

模型

石川さんが製作された模型。普通の模型よりも細かく作り込まれているのが分かります。

スタッフ

石川さんは、商業ビルや集合住宅も手がけられていると伺いましたが、住宅設計との違いはどのような部分にあるのでしょうか?

石川さん

個人住宅は住まわれる方が決まっていますので、要求が細やかですね。
そのご要望を組み上げて細かく対応できるか、という部分に重きを置いています。

石川さん

多くの個人住宅は木造ですから、構造上出来ることと出来ないことがあります。
その構造の中で最大限工夫することが大切です。一例として挙げると、木と鉄のハイブリッドを用いることがあります。

スタッフ

木と鉄のハイブリッドとは、具体的にどのようなものでしょうか。

石川さん

例えばこの家の大きな窓は、サッシの後ろに鉄のフレームが入っているんです。
普通の木造住宅の考え方であれば、この大きさの窓を取り付けるのは難しいのですが、鉄を組み合わせることでそれを可能にしています。
鉄フレームの入った大きな窓

木造住宅の構造では難しい大きな窓を付けた事例。
鉄のフレームを用いることで、強度を上げています。

石川さん

また、屋根を支える構造に関しても、全てを木材で造ると圧迫感が出るケースがありますが、その場合は鉄を加えることで軽やかさを出すことができます。
木材と鉄材を組み合わせてメリハリや強弱を付けたりしていますね。

スタッフ

確かに鉄材なら木材よりも耐久度を増すことができますね。
普通の木造住宅では難しい要望を叶えたり、スタイリッシュさを出したりできるのは良いですね。

建築は人探し。信頼できる造り手と家づくりをしてほしい

施工事例

スタッフ

お客様との交流の中で、特に嬉しかったエピソードなどはありますか?

石川さん

最近ですと、引き渡した後に伺った際にとてもお洒落に住んでくださっていたのが嬉しかったですね。
やはり、こちらが想定していた以上の住まわれ方をしてくださると感動します。
大津の家

引き渡し後にもお洒落に住んでくださっているというお家。
お住まいのご夫婦からは、家での食事にお呼ばれすることもあるそうです。

スタッフ

お互い大変な思いをして家づくりをしているはずですから、引き渡し後も大切に住んでもらえたら嬉しいですよね。
では最後に、これから家を建てたいと思っている読者の方へアドバイスをお願いします。

石川さん

家づくりではご縁が大切だと思うので、可能であれば色々な方にお会いするのが良いと思います。
やはり人同士のお付き合いですので、「人として好きになれるか」というのが大切だと思います。

石川さん

特に住宅設計ではプライベートな部分にまで踏み込みますので、信頼できる方を探してみてほしいですね。
ですから私自身も、お客様から信頼されるように襟を正さないといけないと思っています(笑)。

スタッフ

「家探しは人探し」というわけですね。新築をお考えの方は、納得できるまで色々な造り手の方に相談してほしいと思います。
本日は貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:木造80万円~
鉄骨造150万円~

まとめ

石川さん

石川さんは、お客様一人ひとりとのコミュニケーションをとても大切にされています。

一人で家づくりはできない」という想いのもと、お客様や造り手の方との話し合いを欠かすことはありません。

納得できるまで話し合いを重ね、自分の要望を柔軟に取り入れてほしい方は、ぜひ3*D ARCHITECTSさんへご相談ください。

会社名 3*D ARCHITECTS
代表者名 石川 利治
住所 〒107-0052
東京都港区赤坂7-2-17-602
電話番号 03-5772-6522
公式HP http://a-ddd.com/
営業時間 9時~17時
主な業務 注文住宅、集合住宅、商業ビルの設計、施工監理
対応エリア 全国(遠方の場合は別途交通費)