株式会社あくと総合計画

あくと総合計画さんは、得意分野に特化した設計士さんが揃っており、要望によっては案件ごとにチームで設計を手掛けるため、通常断られてしまうような要望でも実現してくれる設計事務所さんです。

この記事では、あくと総合計画代表の廣田さんに、設計をチームですすめる理由と建物を建てるうえで重視することをお伺いしました。

複数の設計士で最適なデザインができる

廣田さん

スタッフ

会社名に「総合計画」とありますが、御社の設計スタイルを教えてください。

廣田さん

簡単に言うと、分野に特化した設計者がそれぞれいるため、お客様の要望にベストな設計者が設計をすることができます。

スタッフ

得意分野が設計者によって違うのですか。

廣田さん

木造建築が得意だったり、リノベーションが得意だったり様々です。たとえお客様が住まいを戸建てかマンションで迷っていたとしても両方対応できるので、他の建築会社に相談する手間をなくしてあげられるんです。

スタッフ

得意な分野の方がそれぞれ担当してくれるうえに、1か所で1回の相談で済ませられるのは素敵ですね。

廣田さん

また、チームで設計することもあります。
「1つの家に対して2つのテイストを入れたい」「自宅とお店を繋げたい」などの場合、住宅が得意な設計者とお店が得意な設計者を融合させて、設計できることがうちの強みでもあります。

スタッフ

設計は1人でするものだと思ってました!
それぞれの専門に特化した精鋭設計者がいるからこそ、できないことはないのですか。

スタッフ

チームで設計されるようになったのはなぜでしょうか。

廣田さん

建築がどんどん進化していく中で、1人で建築を一貫しても、すべてを完璧に網羅することはできないと思っているからです。
なので、うちはそれぞれの設計者に得意分野を生かしてもらうことで、特殊な要望だとしても、いつでも対応ができるのです。

スタッフ

いろんな要素を組み込みたい方にはいいですね。
建築家にも得意不得意があるかもしれませんからね。

廣田さん

建築家の場合、引き出しがたくさんあるからこそ、お施主さんが考える想像以上の案で設計します。
うちの場合、例えば1つの住宅に対して「デザインが得意な設計者」「法律が得意な設計者」が関わるとします。1人だと10個の提案のところ「デザイン目線での案が10個」「法律目線での案が10個」計20個の提案になり、1人だと気づけなかった最適な間取りや動線を見出すことができるのです。

スタッフ

なるほど。選択肢が広がれば、より想像以上の間取りやデザインに近づけそうですね。家は一生ものですから、せっかく建てるなら得意で経験豊富な方に頼みたいですよね。

スタッフ

チームで仕事をするうえでのメリットは他にもありますか?

廣田さん

それぞれの専門に特化しているので、業者との掛け合いや駆け引きに長けていますし、案件や問合せの内容によってチームが変わるので、チームワークのレベルも自然と上がっていきます。

スタッフ

毎回同じチームではないからこそ、「決まった手順で仕事をしない」ということですか。想定外のことが起きても臨機応変に対応してもらえそうですね。
まるフェ店内

もともとアパートだった建物を、あくと総合計画さんが改装
1Fはカフェ、2Fは事務所になりました

家族全員で満足な家を建ててほしい

スタッフ

家を建てる際に、重視するべきところはありますか。

廣田さん

固定概念をなくすことが大事です。
固定概念の中で理想をイメージするのではなく、本当に実現したいことはなにかを考えるべきです。

スタッフ

たしかに家はこういうものと無意識に考えてしまっていることはあります。とはいえ、無意識なのでなかなか自分で思いつきません。

廣田さん

例えば、日当たりは「南向き」が良いイメージはありませんか?

スタッフ

日当たりの良さといったら、南向きですよね。

廣田さん

それが固定概念なのです。「主要採光面は南向きが良い」というイメージが先に来ているせいで、「他の向きはどうなんだろう」と疑問に感じないのです。
南向きでも北向きでも、メリットデメリットはあります。要望によって一番合う方角は変わるので、一概に何が良くて何が悪いということは無いことを知っておいてほしいです。

スタッフ

なるほど。これから家を建てる方は、参考にできそうですね。
他にアドバイスはありますか?

廣田さん

流行りにとらわれないことが大切です。
家を建てる際に、「流行ってるからこれがやりたい」と言う方が多くいらっしゃいます。

スタッフ

たしかに、新しいものが出ると目移りしてしまいがちですよね。

廣田さん

例えば、「オシャレだからアイランドキッチンが欲しい」のではなく、なぜアイランドキッチンがいいのかをご自身の暮らしと照らし合わせてみることをおすすめします。
生活しやすい空間にしてあげたいので、「実際使ってみると使いにくい」と後悔してほしくないんです。

廣田さん

なぜそれがしたいのかを考えるとともに、家づくりを家族全員でしてほしいです。
これから建てる家に対して、家族で話し合いをしても無意識に遠慮しちゃうかもしれないので、まずは家族それぞれが優先順位をつけて要望を紙に書き出すことをおすすめします。
家族の人数分だけ求めるものは違うので、家族全員が住みやすい空間を実現してほしいと思います。

スタッフ

家族が話し合うきっかけにもなりますし、それぞれの要望を採用してもらえるので、家族全員が納得した家ができそうですね。

まとめ

新宿区神楽坂にあるあくと総合計画さんの事務所の1Fはカフェになっており、お食事しながら建築の相談ができる場となっています。
もちろん、お食事だけでもOKです。

「家を建てるうえでどんなことができるのか、話を聞いてみたい」という方は、リラックスできる空間のカフェで、まずお話を聞いてみてはいかがでしょうか。

会社名 株式会社あくと総合計画
代表者名 廣田 裕基
住所 〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-73メイゾン勝美
電話番号 03-6206-4089
公式HP https://www.actsogoarch.com/
営業時間 10:00~17:00
主な業務 建築、設計
対応エリア 全国