一級建築士事務所秋山立花

一級建築士事務所秋山立花の代表・秋山さんは、「お客様らしい空間」をつくることが上手な建築家さんです。

お客様の趣味や考え方にも配慮することで、お客様自身も気づかれていなかった、理想の空間を導き出します。

社会課題の解決にも積極的に取り組まれている、秋山さんの建築家としての理念についてお伺いしました。

空間を創造することが、純粋に面白い

料亭のようなお家

料亭のようなお家。

スタッフ

はじめに、秋山さんが建築の仕事を選んだ理由を教えてください。

秋山さん

大学で初めて建築を学んだ時、非常に魅力的な世界だと思ったからです。自分で空間を考える、という作業がすごく楽しかったんです
その時の気持ちが今もずっと残っているので、建築家を続けています。

スタッフ

大学を決める時に、建築の道を選ばれたのですね。

秋山さん

はじめは「なんとなく建築に興味がある」くらいの気持ちで建築学科を選びました。

秋山さん

私は建築家や芸術家の方が近くにいたわけではないですし、建築に深く関わるような体験をしたわけでもありません。
高校まではずっと野球を続けていて、本当にどこにでもいるような普通の学生でしたね。
ただ、大学で感じた「建築が面白い」という思いは、私にとって非常にシンプルで強いものでした
自分に建築の才能があるとは思いませんでしたが、仕事にできたら楽しいだろうなと思ったんです。

スタッフ

大学時代に、特に面白かった講義はありますか?

秋山さん

自分が考えた建築をプレゼンする講義は面白かったですね。
大学の4年間は、インプットだけでなくアウトプットをできるだけ増やしたいと考えていました。自分の手を動かしたほうが、建築への理解が深まるだろうと思ったんです。ですので、設計事務所のアルバイトも経験しましたね。
建築の面白さは、手を動かして、ゼロからイチをつくることだと思います

秋山立花らしいではなく、お客様らしい住まいをつくる

湘南のお家

スタッフ

どんなところに、お仕事のやりがいを感じますか?

秋山さん

責任が大きいところですね。建築というのはお客様に対しても、街に対しても、社会に対しても、非常に責任があります
大きなお金が動きますので、大変な部分も多いですが、その分やりがいも大きいですね。

スタッフ

特に住宅に関してのやりがいがあれば、教えてください。

秋山さん

お客様によって求めている暮らしが全然違いますので、つくる空間も全然違うものになります。ですので、住宅を手掛けるたびに自分の引き出しが増えていき、そこはやりがいにも繋がっていますね。

スタッフ

お客様が求めている空間をつくるために、なにか工夫をされていますか?

秋山さん

工夫というほどでもないですが、お客様の人柄を見るように心がけています。お客様と普通に会話をして、どんな音楽を聴くのか、どんな本を読むのか、なんて話をすることもあります。空間とは無関係に感じるような情報でも、お客様を理解するヒントになるんです。そうやってお客様の思考を吸収し、そこに私たちの思考を組み合わせていく
お客様とセッションするような感覚ですね。

スタッフ

「お客様と一緒につくる」という感覚でしょうか。

秋山さん

そうですね。
お客様がどういう暮らしをされたいか理解して、それを一緒につくっていく。まさに共同作業だと思います。
お客様が完成したお家を見て、「私たちが求めていたのは、こういう空間だったんだ」と感じてもらえることが理想です。

スタッフ

お客様との印象的なエピソードなどがあれば、教えてください。

秋山さん

お客様がお家を建てられた後に、私たちを招待してくださることがあります。毎回すごく居心地がよくて、ついつい長居してしまいますね。たぶん、お客様と空間がマッチしているからだと思います。私たちの設計よりも、お客様の人柄が空間に反映されているので、すごく心地いいんです
お客様がいろんな方をお家に招待して、「あなたらしい家だね」と言ってもらえたら、すごく嬉しいですね。

ハウジングファーストでシングルマザーを支援する

シェアハウス

スタッフ

秋山さんは社会課題にも積極的に取り組まれていますよね。

秋山さん

はい。主にメディアで取り上げていただくのは、母子家庭の支援ですね。
シングルマザーのためのシェアハウスを運営している事業者の全国組織の代表を務めています。
→シェアハウスの詳細はこちら

スタッフ

なぜシングルマザーに注目されたのでしょうか?

秋山さん

シングルマザーの方は、住居を借りる時に不利な状況であることが多いです。もともと専業主婦であったり、引っ越した直後であったりなどの理由から、これから仕事を探す方が多いからです。ですので、現状の就労状況に関わらず、シングルマザーの方がすぐに入居できる家が必要だと思いました。
シェアハウスであれば家賃を抑えることもできますし、親同士も子供同士も手を取り合うことができます

秋山さん

住居というのは生活の基盤です
例えば保育園を探そうと思っても、住民票がないと自治体に応募することもできません。保育園を確保できなければ、就業も難しくなります。行政から支援を受ける場合も住所は必要です。

スタッフ

母子家庭の支援以外にも、何か活動をされているのですか?

秋山さん

横浜市から墓地整備の相談を受けたことがあります。
墓地を増やしたいが、地域住民から理解が得られない、というお話でした。そこで私から、住民との共存を考えた墓地の整備方法を提案させていただきました。

スタッフ

建築とは直接関係のないお仕事もあるのですね。

秋山さん

社会の課題解決のための仕組みづくりが私の仕事だと思っているので、建築にこだわっているわけではないですね。
本来あってほしいもの、けれど今ないもの。そういったものをどうすれば持続可能な形にしていけるのか
次の世代のためにも、今よりもいい社会をつくって、バトンタッチしたいですよね。

建築家として、社会と人生に新しい選択肢を生み出す

子供たちのための空間

スタッフ

秋山さんにとって、建築家としてのお仕事と、社会課題に向けた活動に違いはありますか?

秋山さん

ありません。切っても切り離せないというか、すべて繋がっているように思います。

秋山さん

地域や社会を豊かにしていくことは、建築家の責務です。
私が考える豊かさとは、選択肢が多いこと、選べる環境があることです。ですので私は、新しい選択肢を生み出す存在でありたいと思っています。

スタッフ

それが「建築にこだわらない」理由でもあるのでしょうか?

秋山さん

はい。建築はひとつのツールだと思っています。選択肢を増やすために、新しい社会の仕組みをつくることが、私の仕事です。

スタッフ

今後はどんな活動を考えていらっしゃいますか?

秋山さん

子供たちが暮らしやすい住環境を増やしていきたいですね。
リモートワークも増えてきて、家がお父さんやお母さんの仕事場になっています。その中で子供の勉強場所や遊ぶ場所をどう確保するのかも大切だと思います。

秋山さん

それから、コーポラティブハウスにも挑戦したいですね。

スタッフ

コーポラティブハウスとは何ですか?

秋山さん

複数の世帯が集まって、共同で住宅をつくる仕組みです。
予算も抑えられますし、住む前から近隣の方とコミュニケーションが取れますので、人間関係を築きやすいのがメリットです。育児に関しても協力し合える環境だと思います。
私の軸にあるのが「子育て支援」ですので、社会に育児の選択肢をもっと増やしていきたいですね

スタッフ

「自分たちで社会をつくっていく」という意識が大切なのですね。
本日は貴重なお話をありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:90~300万円

自分だけの空間に出会える
秋山立花さんでは、お客様オリジナルの空間づくりをしています。
お客様のご要望によって坪単価は変動しますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

まとめ

秋山さん笑顔

秋山さんは「お客様らしさ」を軸に、家づくりをされている建築家さんです。

お客様のご要望に、ご自身の経験・知識を組み合わせることで、お客様が「本当に求めている空間」を追求されています。

家づくりをセッションと表現する秋山さんと、「自分らしい空間」を見つけたい方は、一級建築士事務所秋山立花さんにお問い合わせください。

会社名 一級建築士事務所秋山立花
代表者名 秋山怜史
住所 〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町3丁目60泰生ビル3F cosmos
電話番号 045-323-9347
公式HP https://akiyamatachibana.com/
営業時間 9:00~18:00
定休日:日曜日、祝日
主な業務 住宅の設計
対応エリア 全国