アン建築設計事務所

渡辺社長

独立から30年、建設業界一筋で設計をされてきた、アン建築設計事務所の渡邉社長にインタビューをしてきました。

プロの視点から的確な提案をしなければならないと言う渡邉社長には、お客様の価値観に沿った住まいづくりを心がけています。

この記事では渡邉社長が建築業界を志してから今に至るまでのお話と、長年に渡って設計をされてきた渡邉社長の建築へのこだわりを紹介していきます。

設計士を志してから独立するまで

スタッフ

渡邉社長はなぜ建築士を目指そうと思ったのですか?

渡邉社長

高校2年生の時に友人のお兄さんが建築関係の学校に通っていました。
当時、たまたまその友達の家に遊びに行った時、お兄さんが学校で使う住宅の模型や設計のデザイン画を見せてもらう機会がありました。
初めて見た建築関係の道具は印象的だったのを覚えています。
恐らく、当時の衝撃が建築士を目指すきっかけになっていたのかもしれません。

スタッフ

高校生の時から建築に興味を持たれていたのですね。

渡邉社長

最初はそんな仕事もあるのか、くらいに考えていましたが自分でも気づかないうちに気持ちは強くなっていたようです。
自分なりに色々考えて、高校を卒業後は建築関係の専門学校に進みました
専門学校を卒業してからは、恵比寿の設計事務所に就職しましたよ。

スタッフ

社会に出てから最初の職場、下積み時代は大変でしたか?

渡邉社長

私が修行をしていた時は定時なんて概念がないに等しい時代でしたからね。
大変というよりは、終電で帰るのがあたり前だったという感じです。
渡辺社長

事務所に勤めていた頃の渡邉社長

スタッフ

同じ事務所でずっと下積みをされたのですか?

渡邉社長

最初の事務所は2年ほど勤めました。
それから次の事務所に移って鉄筋コンクリートの集合住宅やマンションを手掛けるようになりました。

ちょうど、バブルが始まった頃です。
収益が重要な法人クライアントが中心の設計活動でした。

スタッフ

今では住宅も多く手掛けていらっしゃいますが、どのような転機があったのですか?

渡邉社長

2つ目の事務所を辞めた後、自分の先輩の事務所で勉強をさせてもらう機会がありました。下手だ下手だと言われながらも、戸建住宅中心の設計に係わってきました。
とりわけ住宅は個人の建築主との距離が近く様々な価値観に触れることができ、また発見もありました。
以降、個人クライアントの住宅、医院などが設計活動の中心になりました。

スタッフ

住宅でこそ、社長の設計が生かせると気づいたのですね。
その後いつ独立をされたのですか?

渡邉社長

独立したのは今から30年ほど前です。

スタッフ

独立後お仕事の依頼は順調でしたか?

渡邉社長

ここ数年は安定してきましたが、あまり楽ではありませんでした。
特にリーマンショックの前後は大変でしたね。
今までお付き合いのあった方から多少の設計依頼でやりくりしてきましたが、建築業界は潮時なのかな、と思って仕事を変えようとした時期もありました。

スタッフ

それでも乗りこえられたのはなぜだと思いますか?

渡邉社長

インターネットのおかげで自分たちでもあちこちで営業活動ができるようになったおかげです。

また設計事務所仲間での共同受注など様々なプロジェクトにも参加させていただきました。

スタッフ

大変な時期があったのですね。
しかし、今では独立からおよそ30年、ずっと続いていらっしゃいますからね。

長く住む家だからこそ快適さが重要

スタッフ

住宅をつくる中でこころがけていることはありますか?

渡邉社長

一番はやっぱり、住まれる方が快適だと感じてもらえる家にしたいと思っています。
なので私は、性能的なところをとにかく重視してつくるように心がけていますよ。

渡邉社長

また、楽しみながらの住まいづくりを心がけています。
家の新築は一生のうちの大イベントのひとつでクライアントから依頼されたイベントとも言える住まいづくりを企画し、成功へと導くため様々な工夫やアイディアを提供しサポートしていくのが私たち建築家の仕事です。
もちろん結果も大切ですが、住まいづくりにおいてはその過程も大切であり、楽しく、思い出深いものにしたいです。
楽しみながらの住まいづくりはクライアントから意見や考えを引き出し、思いを集約し建物に溶け込ませるのに有効な手段ですし、不特定多数を対象とした住まいでは味わえない懐かしさのようなものを将来にわたって感じてもらえるような住まいづくりを実現できればそのイベントは大成功かと思います。

渡邉社長

全面をガラス張りにしたデザインの家も確かに面白いです。でも、日差しが避けられない分、夏は暑くなります。
さらにガラスの壁では耐震性にも問題が生じます。
和室の部屋

渡邉社長が手掛けたお家の和室

スタッフ

住宅業界は技術革新が激しいですからね。

渡邉社長

住まいに対してその価値観は日々変化しそれを補うための技術革新も目覚ましいものがあります。
その中で変わるもの、変えたいもの、変わらざるを得ないもの、変わる必要のないものなど蓄えてきたものを提供していきたいと思いますしクライアント側からのそれらを引き出すようなスタイルで住まいづくりを進めたいと考えています。
家の外観

渡邉社長が手掛けたお家のひとつ

スタッフ

デザインも大切ですが、それよりも安全性や機能性が重要なのですね。

渡邉社長

私自身、建築家のタイプとしてしっかりとした技術的な基準、維持管理などを優先した上にデザインを構築する手法をとっています。
それらに不安や疑問がある場合はクライアントと話し合いの上、デザインを変更することも多々あります。

渡邉社長

家を買う時は20代や30代かもしれません。でも50歳になっても同じ家に住むわけです。
高齢になるとやっぱり冬は暖かい家がいいでしょうし、ランニングコストもやたらと掛かるようでは大変です。

渡邉社長

戸建て住宅はその都度その都度、お客様にあった設計があります。
ただ、細かいところでは共通した工夫や仕掛けで、予算を使わなくても改善できる部分があります。
一般的には分かりづらいところですけどね。
その範囲内だけ見ても、依頼を受ける中で改良を続けていますよ。
子供部屋

渡邉社長がデザインした子供部屋

スタッフ

先生の経験から断熱性や気密性など、設計の側面から改善できる部分を提案されるのですね。

渡邉社長

中にはご自身でこだわりをもって調べてこられる方もいらっしゃいます。

スタッフ

建ててもらう方も多少は勉強が必要ですか?

渡邉社長

情報の多い環境だからこそ難しくなった面もあり、設計者側も更に学ぶ必要があると思います。
ネットで見つけた建材を使ってほしいと頼まれて、実際に建材を見に行ったことがありますが、管理状態が悪く、カビが生えていたなんてこともありました。

スタッフ

素人では情報を正しく見極めるのは難しそうですね。

渡邉社長

自分は立場上お客様の意見を真っ向から否定するわけには行きません。
お客様の理想の家を設計するには、良い信頼関係が欠かせませんからね。

スタッフ

ご依頼自体ががなくなるケースもあるのですか?

渡邉社長

情報過多が原因で何がいいのかわからなくなってしまって、進んでいた話しがピタッと止まってしまう方もいますよ。
そこまで急いでないお客様なら、ちょっと考えてみます、と依頼が流れてしまう時もあります。

スタッフ

お客様目線で建ててもらえるのは頼もしいですね。
家をつくるにあたって強い信念を感じます。
これまで、お客様から喜ばれたエピソードはありますか?

渡邉社長

新居に来た引っ越し屋さんが「おお、これはスゴイおうちだ」と言ってもらえたと施主の奥さまからご連絡をもらったことがあります。

スタッフ

身内以外の人からスゴイといってもらえるのはよくある話ですが、引っ越し業者さんなんて毎日のように新築の家を見ていますからね。
引っ越し業者さんが絶句するほどのおうち、さぞ素晴らしかったのでしょう。

まとめ

可能な限り安く建てるのであれば、建売り住宅やローコスト住宅と呼ばれる安価な家もあります。とはいえ、一生に一度の大きな買い物です。

長く住む家だからこそ、値段やデザインに執着するのではなく、予算内で快適な家を建てるべきなのだと教えてもらったように感じました。

新築を検討されている方は、ぜひ渡邉社長に一度相談をされてみてください。

会社名 アン建築設計事務所
代表者名 渡邉一幸
住所 〒187-0001
東京都小平市大沼町2-31-11
電話番号 042-349-2084
公式HP http://an-sekkei.com/
営業時間 9:30~18:00
主な業務 建物企画・設計
対応エリア 個人住宅:首都圏
医院・社会福祉施設:全国相談(交通費、宿泊費等相談)