安心ホーム計画株式会社

新築を建てる時、お洒落なデザインや最新の住宅設備を取り入れるのも良いですが、暮らしの中でさらに重要なことがあるのをご存知ですか?
それは、目では確認することができない「耐震・断熱・換気」の3要素です。

目に見えない部分にこそ、こだわるべき」と語るのは、安心ホーム計画株式会社の代表である阿部誠様。
阿部様は、人の命と健康を守る「耐震・断熱・換気」を特に意識しながら設計をされており、住まわれる人が本当に心地よく過ごせる家づくりを手掛けられています。

本記事では、阿部様に伺ったインタビューをもとに、安心ホーム計画株式会社さんの家づくりについてご紹介しています。
新築を建てたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

「自分で理想の家を建てたい」という想いがはじまり

事務所の内観

スタッフ

阿部様が建築の道に進まれたきっかけは何ですか?

阿部様

小学生の頃から大工になりたいと思っていたんです。実家の広さや間取りを不便に感じることが多く、「自分で理想の家を建ててみたい」と思ったのがきっかけだと思います。当時はまだ「建築士」という職業を知らなかったので、家を建てる大工に憧れを持っていました。

スタッフ

「自分で理想の家を建てたい」というのは素敵な志ですね。実際には大工ではなく建築士の道へ進まれたのはなぜですか?

阿部様

進路を決める際に「建築士」という仕事を知ったからです。実のところ、大工になることは親に反対されていたので、それであれば大学の建築学科へ進もうと考えました。

スタッフ

親御さんに反対されても、建築の仕事に進むという意志は変わらなかったのですね。

阿部様

そうですね、建築以外の職業に就きたいなんて考えたこともありませんでした

スタッフ

小学生の頃から建築の世界を目指されていた阿部様にとって、建築の仕事のやりがいというのは、どんなところですか?

阿部様

やっぱり、お客さんに喜ばれることですね。
特に住宅は、打ち合わせをしたお客さんがそのまま住まわれますので、直接喜びの声を頂けるのは一般住宅を手掛ける醍醐味だと思いますよ。
断熱性の高い家を設計して「前の家より温かい」と言っていただけたり、こちらが提案したデザインを気に入ってもらえたりしたときはやりがいを感じますね。

スタッフ

家が完成したときも、住まわれてからも直接喜びの声を頂けるのは最高ですね。同時に、安心ホーム計画さんがお施主様に喜ばれるお家を設計されているのが分かります。

目に見えない部分こそ、暮らしの絶対条件

社内 設計図

スタッフ

住宅を設計する際に、大切にされていることは何ですか?

阿部様

目に見えない部分には、特別気を使うようにしています。具体的に言うと「耐震・断熱・換気」です。
これらはデザインや住宅設備と違って、目に見える部分ではありませんが、暮らしの中ではとても重要な要素なんです。
「耐震・断熱・換気」に関しては、お客さんの要望に関わらず、必要性をしっかり説明して最良のものを提案するようにしています。

スタッフ

確かに大切な要素だと思いますが、特に「耐震・断熱・換気」にこだわるようになったのはどうしてですか?

阿部様

昔、中古の分譲住宅に住んでいたことが直接的なきっかけですね。
そのお家は築10年くらいで、特別古い建物ではなかったのですが……夏は暑くて冬は寒くて、はっきり言うと最悪の住心地でした。
断熱能や換気性能が低くて、各部屋ごとの温度差が激しかったのをよく覚えています。

阿部様

私自身がそんな体験をしていますので、お客さんには同じ思いをしてほしくないんです。
私も実際に住んでみるまでは、ここまで断熱性の違いがあるとは知りませんでした。ですから、私の体験も踏まえて、目に見えない部分の重要性はしっかり伝えるようにしていますね。

スタッフ

断熱性や換気性能の差を、ご自身で痛感されていたのですね。ちなみに、阿部様は現在どんなお家にお住まいなのですか?

阿部様

私が自分で設計した家に住んでいます。もちろん、「耐震・断熱・換気」にはこだわりましたよ。
住んでみると本当に分かりやすいのですが、夏や冬の過ごしやすさが以前の分譲住宅とは全然違うんです。

自宅

自宅

阿部様が設計されたご自宅。
「耐震・断熱・換気」を特に意識されたそうです。

スタッフ

ということは、幼い頃の「自分で理想の家を建てたい」という想いは、現実になったのですね!
このお家に住まわれてからは、普段の生活スタイルも変わったのではないですか?

阿部様

そうですね。以前は家にいることがストレスでしたので、休みの日は外に出掛けることばかり考えていました(笑)。
でも、自分の家でそんな辛い思いをするのは、やはり良いことではないと思うんです。

阿部様

この家に住んでからは、全くストレスを感じていません。良い家って、どれだけ長い時間を過ごしても飽きないんですよね。ですからお客さんにも、ストレスを感じない家を体感してほしいと思います。

住まわれる方の為に、最大限の配慮を

安倍様 対談

スタッフ

お施主様とのヒアリングでは、どのようなことを意識していますか?

阿部様

ご家族にはそれぞれ違ったご要望や想いがありますので、それをこちらが積極的に汲み取るように心がけています。
お客さんが要望を上手く伝えられなかったとしても、家族構成や生い立ち、その方の好みなどから「こういうのはどうですか?」とご提案できるようにしています。

スタッフ

普通は一生に一度の家づくりですし、慣れない中でご要望をしっかりと伝えるのは大変ですからね。
これまでに手掛けられたお家では、お施主様のどのような想いをどうやって形にしたのですか?

阿部様

お客さんによって本当に様々なのですが、例えば100年くらい続いている古いお家をリフォームした時は、リフォーム後も仏壇の位置を全く変えないように工夫しました

スタッフ

それはもしかして、亡くなられた方の居場所を変えないためですか?

阿部様

そのとおりです。100年も続いているお家なので、きっと何世代も仏壇があったんだと思いまして。
家が新しく生まれ変わっても、そこに居てほしいと言いますか。

スタッフ

亡くなられた方への配慮までされるなんて、温かみのある設計ですね。お施主様も、そこまで考えて頂けたら嬉しいでしょうね。

阿部様

そうですね、そのお客さんには大変喜んで頂けました。
でも、これはそんなに特別なことではなくて、住まう方の事を深くまで考えて提案していくのが私たちの仕事なんです。
せっかく注文住宅で建てるなら、そこまでやらないと意味がないと思っています。
お茶室 水屋

阿部様がお茶室を設計した時は、その茶道の流派のことまで徹底的に勉強されたそうです。
お施主様に真の満足をしてもらうために、リサーチにも決して手を抜きません。

ローコスト住宅をも凌ぐ、プライスレスな価値を

スタッフ

最後に、これから家づくりをされる方へアドバイスを頂きたいです。

阿部様

繰り返しになりますが、やはり「耐震・断熱・換気」を大切にしてほしいと思います。
最近は「ローコスト住宅」の需要も増えていますが、10年20年のスパンで考えれば「耐震・断熱・換気」にこだわった家の方が、間違いなくローコストになるんですよ。

阿部様

素材や構造というのは、お金を掛けるほどメンテナンス費用が安くなるんです。
反対に住宅設備は、お金を掛けて豪華にするほどメンテナンス費用も高くなります。
限られた予算の中で、こだわるべきところを見極めて家づくりを進めてほしいと思います。

スタッフ

確かに、予算は無限にあるわけではないですからね。その中で本当に費用を掛けるべきところを教えて頂けるのは嬉しいです。

阿部様

それに、命や健康を守ることは、お金には代え難いものだと思うんです。
デザインや動線の話は身近で分かりやすいかもしれませんが、一度「目に見えないもの」についても考えていただけると嬉しいですね。

スタッフ

新築をお考えの方は、お施主様の暮らしや生活を徹底して考えられている安心ホーム計画さんに、ぜひご相談いただきたいと思います。本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:45万円~75万円

まとめ

安倍様

阿部様は、数々のこだわりや配慮について話されている時に「本当は当たり前のことだけど」という言葉を繰り返されていました。
ですが、全ての会社がその「当たり前」にしっかりと取り組まれているわけではありません。

後悔しない新築を建てるためには、安心できる家づくりのパートナーを見つけることが必要不可欠なのです。
新築を建てたいとお考えの方は、ぜひ安心ホーム計画株式会社さんへご相談ください。

会社名 安心ホーム計画株式会社
代表者名 阿部 誠
住所 〒334-0013
埼玉県川口市南鳩ヶ谷2-27-15
電話番号 048-288-5355
公式HP http://www.anshink.com/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 住宅の設計、施工
対応エリア 東京、埼玉