有限会社新井建設

有限会社新井建設さんは、単に建てて引き渡すだけの家づくりではなく、お客様と一緒に建てていく家づくりを推進されています。

自然素材の良さ」や「建設工事の難しさ」をお客様と共有することで、家づくりの価値をより身近に感じ、家への愛着を深めてもらえるそうです。

本記事では、そんな新井建設さんの代表である新井社長のインタビューをご紹介します。

自分たちが住んでいくお家への愛着を、より深めたい方はぜひご覧ください。

父と職人さんは”スーパーマン”だった

スタッフ

新井社長は、なぜ建築の道に進まれたのですか?

新井社長

幼いころから「新井建設の跡継ぎ」と言われて育ったので、当たり前のように大工になりたいと思っていました。父親が大工だったので、よく現場に連れられていましたし、自宅には職人さんがよく出入りしていました。

新井社長

自宅のすぐ隣に作業小屋がありまして、そこで職人さんが木を削ったりするんですよ。いつもヒノキの良い香りに包まれていた少年時代でしたね。そんな環境で育ったこともあり、大工以外の職業に就きたいと考えたことはありませんでした
作業小屋

当時の作業小屋でのお写真

スタッフ

幼少の頃から、建設一色の環境で過ごされたのですね。お父様や職人さんには、やはり憧れがありましたか?

新井社長

ありましたよ。父親や職人さんたちの働く姿を見て、「格好良い」「自分もこうなりたい」と思っていました。
当時の私にとって、父や職人さんはスーパーマンだったんです。何もないところから、どんどん家を建てていく姿は本当に格好良かったですね。
工事風景

当時の工事風景。新井社長はこの現場を見ながら育ったそうです。

スタッフ

大工さんへの強い憧れがあったのですね。では、高校を卒業後はすぐに新井建設さんへ就職されたのですか?

新井社長

いえ、設計の資格を取得するために建築学科のある大学へ進学しました。
というのも、父親は中学を卒業してすぐ大工になったので、設計に関する資格を持っていないんですよ。新井建設としては設計も強みにしたかったので、私が資格を取ろうと考えたのです。

スタッフ

そうだったのですね。では、幼い頃から憧れてきた職業に就かれた現在、新井社長が感じている「家づくりのやりがい」は何ですか?

新井社長

やっぱり、「何もないところから家を造る」という達成感や喜びは、何ものにも代えがたいですね。0から1を生み出す過程には、やりがいを感じますよ。

新井社長

それに、住宅は「お客さんが命を預けて建てる」大切なものなんです。一生に一度、莫大なお金を掛けて建てるわけですから。
そんな大切なものの建設を託されて、出来上がった時にお客さんが喜んでくれたら、もう嬉しすぎて辞められませんよ。
家を建てれば建てるほど、「もっと建てたい」という気持ちが湧いてきますね。

家づくりをする「喜び」と「大変さ」を共有したい

社長とお客さん

スタッフ

新井建設さんが、家づくりでこだわっていることはありますか?

新井社長

いわゆる「セルフビルド」にこだわっています。要は、お客さんにも建設に参加してもらうんですよ。
主に、塗り壁を塗っていく作業に参加していただきます。強制というわけではないのですが、私としてはなるべく参加してほしいですね。

スタッフ

お客様にも家づくりに参加してもらうのは何故ですか?

新井社長

費用と素材に対する説得力」を与えたいから、というのが大きな理由です。
建設工事の見積りをお見せするとき、当たり前のように「3000万円です」「4000万円です」と説明しても「なんでそんなに高いの?」と感じますよね。
また、私たちが口だけで「この自然素材がオススメです」と言っても、あまりピンと来ないと思うんです。

新井社長

だから、ご自身で「自然素材の良さ」と「家づくりの難しさ」を感じていただきたいんです。
実際に塗ってみたら全然上手く塗れなかったり、本物の素材に触れることで魅力に気付いたり……
その過程で素材や技術の価値に気付いて、「やっぱりこの金額の価値はあるよね」と納得していただけたら嬉しいです。

新井社長

スタッフ

確かに、実際に家づくりに参加して分かることはあるかもしれません。でも、私たちのような素人が参加しても本当に大丈夫なのでしょうか。

新井社長

心配される気持ちは分かりますが、ご安心ください。職人さんたちがしっかり指導いたしますので、右も左も分からないということはありません。

新井社長

それに、自分が家づくりに参加することで、家に対して愛着が湧くんですよ。
少し不格好になったとしても、それも含めて思い出になります。ただ造ってもらうんじゃなくて、自分も参加したという実感を持つことが大切だと思っています。

新井社長

私は、「家を造る」という感覚をお客さんと共有したいんですよ。
こういった体験は大手のハウスメーカーではなかなかできませんから、家を建てた後に「新井建設に頼んでよかったな」と思ってほしいですね。

まとめ

事例

新井社長は、幼少から建築一色の環境で育ったこともあり、家づくりに対する熱意と愛情に溢れる方でした。

明るく快活なお人柄で、一緒に家づくりをしていくパートナーとして理想的だと感じました。

お家に遊びに来た人に「この壁、自分で塗ったんだよ」と話したくなるようなお家を造りたい方は、ぜひ新井建設さんへご相談ください。

会社名 有限会社 新井建設
代表者名 新井 与四和
住所 〒192-0032
東京都八王子市石川町2610
電話番号 0120-956-448
公式HP https://www.athome-arai.jp/
営業時間 8:00~18:00
主な業務 戸建住宅リフォーム・リノベーション 木造注文住宅
対応エリア 東京都市町村部(※23区は除く)