株式会社建築設計同人あらき

重田代表

渋谷区に事務所を構える株式会社建築設計同人あらきさん。
創業から50年経った現在でも、住宅や商業施設などの建築設計を幅広く手掛けています。

今回は「住宅づくりは面白くて楽しい」と笑顔で語ってくれた重田代表から、建築にかける思いについてお話をお伺いしました。

独立してからの、お客様とのつながり

スタッフ

建築設計同人あらきさんは、創業されてどれくらいになるのですか?

重田代表

起業したのが昭和44年ですから、もう50年以上になりますね。

スタッフ

50年はすごいですね。
起業する前はどこかにお勤めをされていたのですか?

重田代表

5,6年ほど会社勤めをして、住宅のほか病院や高速道路の料金所などの設計に携わっていました。

スタッフ

すごく幅広いですね。
どうして独立しようと思ったのですか?

重田代表

昔から自分でやってみたいという希望はあったんですよ。それで、勤め先でチーフになったタイミングで、もうやりきったかなと思って独立を決めました。
あとは早く独立することで、より多くのお客様と接する機会に恵まれると思ったんです。結果として、会社で働いていた頃では考えられないくらいのお客様とのつながりができました。

住宅づくりは面白いし楽しい


スタッフ

独立してからはどういったお仕事をしていたのですか?

重田代表

高度経済成長期だったので仕事はたくさんあったんですけど、中でも多かったのは住宅の設計です。
やっぱり住宅が1番面白いし楽しいですよ。

スタッフ

どういったところが面白くて楽しいのですか?

重田代表

自分がその建物に住むとしたらどんな生活がしたいか?」っていうことを想像して設計するんです。だから、設計するたびにいろんな家に住んでいるような感覚になるんですよ。
もちろんお客様の理想に合わせて設計するんだけど、毎回違うから毎回楽しいね。

スタッフ

それは確かに楽しそうですね。
これまで住宅はどれくらい設計されてきたのですか?

重田代表

200戸か300戸か、もっとやってるかな。
これまで設計してきた中で、同じデザインっていうのは一切ないんですよ。

スタッフ

毎回違う設計をされるのですか?

重田代表

はい。だって、同じ設計にしたら面白くないじゃないですか!
お客様の生活を想像しながらプランニングするのって、僕は楽しくて大好きなんです。

長持ちする住宅のために


スタッフ

重田代表が独立して最初に建てたお家は、まだ残っているのですか?

重田代表

もう残ってないですね。40年以上前のことだから。
日本の建物の平均寿命は27年と言われているんです。40年とか50年とか残っている家もあるけど、相当修繕しなきゃならない。

スタッフ

そんなに短いんですね。

重田代表

でも現代の建物はもっと長持ちしますよ。
平成11年に品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)っていう法律が制定されて、それに基づいて住宅性能表示制度っていう制度ができたんです。
住宅性能表示制度とは
住宅の性能を、一定の基準に基づいて表示・評価する制度。住宅性能表示制度に基づき、建物の性能を評価した住宅性能評価書が発行される。

評価対象は「構造の安定」「火災時の安全」「劣化の軽減」「維持管理・更新への配慮」「温熱環境」「空気環境」「光・視環境」「音環境」「高齢者への配慮」「防犯対策」の10項目で等級がつけられる。

スタッフ

建築に必要なものって建築基準法だけじゃないんですね。

重田代表

建築基準法は、本当に最低限の条件しかありません。それだけでは現代の生活を支えるために足りない部分が多いんです。

重田代表

性能評価は、設計段階だけでなく工事をする段階でもしなくてはならないので、建築基準法に比べてはるかに厳しい検査なんです。
僕が今までつくってきた建物は、全部この性能評価を受けているんですよ。

スタッフ

すごいですね。これだけの性能が保証されているとなると、家を買う側としても安心ですね。

これからつくりたい家

上棟式での一コマ

スタッフ

今後はどんな住宅をつくっていきたいですか?

重田代表

やっぱりお客様ありきなので、どんなお客様に出会うかによって変わりますね。
これからどんなお客様との出会いがあるんだろうと考えるのは、とても楽しいです。

スタッフ

お客様は、紹介されていらっしゃる方が多いのですか?

重田代表

半分以上は紹介の方ですね。
あとは、ひとつ建物をつくると、その建物を見た近隣の方からの依頼が殺到して、しばらくその地域での仕事ばかりになるということもあるんですよ。

スタッフ

それはすごいですね!

まとめ

重田代表はインタビューの中で、今後の建築業界についての思いも語ってくれました。

職人たちの高齢化や、工事の自動化が進む業界に寂しさを抱きつつも、最近は親子で大工をする人が増えてきたことに嬉しさも感じているのだそうです。
半世紀もの間、建築業界に携わってきた重田代表の言葉の重みを痛感しました。

世界にひとつだけの注文住宅を建てたいという方は、お家づくりのスペシャリストである重田代表にぜひ相談してみてくださいね。

会社名 株式会社建築設計同人あらき
代表者名 重田尚宏
住所 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-3-18 ビラ・モデルナ A601号室
電話番号 03-3409-7727
公式HP http://www.aga-araki.co.jp/index.php
営業時間 9:30〜16:30
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉(その他関東周辺)