荒木毅建築事務所

荒木毅建築事務所 荒木様

新築を建てたいと考えている人の中には、「あんな部屋も欲しい」「こんな空間も欲しい」とあれこれ考えすぎてしまっている人も多いようです。でもよくよく考えてみると、本当は必要のないものをお金をかけて作ろうとしてしまっていることもあるのではないでしょうか。
阿佐ヶ谷にある荒木毅建築事務所の代表・荒木毅様は、シンプルで素材そのものを活用したデザインの家づくりを心掛けている建築家さんです。
今回は荒木様に、建築家を目指されたきっかけや家づくりへの想いなどを伺ってきました。

東京で設計の腕を磨いたベテラン建築家

荒木毅建築事務所 模型写真

スタッフ

まず荒木様が建築家を目指されたきっかけを教えてください。

荒木様

父が建築家だったことが大きいと思います。父は地元の北海道で公務員をしていたのですが、一級建築士でもあったので学校や空港などの設計を行っていました。当時、父がトレーシングペーパーに大きな三角定規や不思議な形のコンパスなど、不思議な道具を使って設計図を描いているのを見て、「格好良いな」と思ったのが建築家を目指した最初のきっかけだったと思います。

スタッフ

確かに建築家さんが使う道具は特徴的なものが多いですし、子どもから見ると格好よく見えそうですよね。

荒木様

そうですね。でも大学に行ったときは建築家を目指そうとは最初考えていなくて。理系だったのですが、進路を決めるときにもともと図画工作というか絵を描くのが大好きで、化学よりも物理学的な科学の方が得意だったこともあり、建築家の道に進みました。

スタッフ

そうだったんですね!大学ではどのようなことを学んだのでしょうか?

荒木様

大学では設計や都市計画、構造計算、地震について、歴史など、建築と一概に言っても色々な分野がありました。そのなかで私は設計を主に学びました。

スタッフ

いろいろな講座があったんですね。その後は他の建築事務所に勤められたんですか?

荒木様

はい。大学卒業後は東京の建築事務所に就職しました。設計を本格的に行うなら東京だろうなと思ったのもありますし、職場を探すときに同じ大学の先輩がいないところに行きたいなという思いもあって…。

スタッフ

なるほど。それはなぜでしょう?

荒木様

学閥などが嫌いだったので…。それに今は北海道にも素晴らしい建築事務所がたくさんありますが、当時は東京の方が良い事務所が多くあるだろうなと思っていました。

スタッフ

確かに昔は今より設計事務所が多くはなかったかもしれませんね。勤めていた時はどのような建物を手掛けられたんですか?

荒木様

当時は学校やビル、公共機関など比較的大きな建築物の設計補助をしていました。大きな組織事務所だったので、例えば建物の階段部分を設計するなど、部分的な設計を任されることもありました。

スタッフ

そうなんですね。当時勤めていた事務所から独立を決めたきっかけは何だったのでしょうか?

荒木様

もともとはその事務所にずっと勤めようと思っていたのですが、尊敬する先輩が辞められたこともあり、独立しようと決意しました。世界中の建築物を見てみたいなという気持ちもあって、事務所を退職した後はいろいろ見てまわって、その後に今の事務所を立ち上げました。今年で30年目になります。

スタッフ

勤めていた時と独立した今で、仕事に対するやりがいは変化がありましたか?

荒木様

大きなプロジェクトに関わることができるという点では、他の事務所に勤めていた時の方がやっぱり機会は多かったと思います。自分で事務所を立ち上げて、所長になると最終的に決断するのは自分なので、その決断がもし間違っていたら大きな問題になってしまうことは建築の世界では多くあります。そういう意味では勤めていた時の方が楽だったのかもしれませんが、でもお客様ひとりひとりに面と向かって接することができるのは、独立したからこその魅力だと思いますね。

スタッフ

なるほど。確かに大きな事務所だとお客様と直接する機会は少ないかもしれませんね。

荒木様

そうですね。お客様と直接コミュニケーションをとることもそうですし、自分が中心になってひとつの建築を1から手掛けることができるという喜びや楽しさは、今の方がたくさんあります。大きな建築物ではなく、住宅のような比較的規模が小さいものだからこそ、自分で案を出して、模型を作って設計を考えてと、すべての工程に関わることができるという楽しさは、大きいのかもしれませんね。

本物の材料にこだわるシンプルな家づくり

荒木毅建築事務所 施工写真

スタッフ

荒木様がお仕事をするうえでこだわっていることを教えてください。

荒木様

本物の材料にこだわっています。例えば家の壁紙を張るときに、私はレンガ模様の壁紙をなるべく使わないようにしています。

スタッフ

それはなぜでしょうか?

荒木様

それが本当にレンガでできた壁ではないからです。レンガの壁にしたいのなら、私はレンガ積みの家を作りたいと思っています。もちろん建て主さんの希望もありますし、できないこともあるでしょうが、装飾的な意味合いが強い建築があまり好きではないんです。

スタッフ

なるほど。実際にどういったデザインの建築を手掛けられているのでしょうか?

荒木様

空間の成り立ちがわかるような、シンプルで素材そのものを活かしたデザインが多いですね。力強い骨格のなかで、通風や採光など家族が寛げる空間がしっかりと守られていて、かつ余分なものが無いシンプルなデザインが好ましいと思っています。個人的な意見ではあるのですが、建築というのは敷地の形状や置かれている状況、住む人がとても重要で、これらの要素が建築の価値を決めると言っても過言ではありません。そのため、打ち合わせの時もお客様の要望はもちろん聞きながら、より良い家を作るためにいろいろな提案をさせていただくこともあります。

スタッフ

具体的にどのような提案をされているのか、教えていただけますでしょうか?

荒木様

例えば「独立した子どもが帰ってきた時の部屋が欲しい」「客間が欲しい」など、お客様の方でこれから作る家での生活や老後のことなどを考えていらっしゃるとします。でも日常生活の中で、本当にその空間が必要かどうか、しっかりとお聞きして別の形で提案させていただくこともありますね。東京都内は特に狭小住宅がほとんとですし、使用できる空間が限られているので。

スタッフ

なるほど。確かに空間の使い方は大事ですね。

荒木様

そうですね。狭小住宅の場合は特に、プライバシーが守られた個人のための部屋ももちろん大事ですが、限られた空間の中で家族が一緒にいる場所を充実させることが大切だと思っています。

地元北海道で家を建てようと考えている方の相談に乗ることも

荒木毅建築事務所 模型1

スタッフ

これから狭小住宅を建てようと思っている方に何かアドバイスをお願いします。

荒木様

土地を買うときに建築家と相談した方が良いと思います。と言いますのも、不動産屋さんと建築家では、土地に対する価値観が違うことがあるんですね。例えばハウスメーカーさんでは難しいような変形している土地だったとしても、建築家なら採光や通風を工夫することができますし、理想の住宅を建てられることもあるんです。なので、土地を決めるときに一概に値段で選んだり、立地条件などで決めたりすることはしない方が良いと思います。

スタッフ

荒木様はこれから北海道に家を建てようかなと悩んでいる方の相談にも乗っていらっしゃるんですよね。

荒木様

そうですね。北海道で生まれ育っていますし、設計を学んだ大学も北海道なので、これから北海道に移り住もうか考えている方にとっては非常に良い立場にいると自負しています。ぜひ相談してほしいですね。

口コミ、評判

荒木毅建築事務所さんの口コミを調べてみると、荒木様のお人柄や家づくりへの想いがわかる意見が多数寄せられていました。その一部を紹介します。

来客の感想が木の香り温もり、居心地いい、オシャレと、皆口を揃えて話します

荒木さんの飾らない人柄と自然を生かした中にモダンなセンスを兼ねた作品に惹かれ、お願いしました。シンプルに好きなものを置いていけるよう、収納もいらなく扉のないしっかりとした箱にして欲しいことと美術館のイメージとしました。低予算の中イメージに沿った設計の中に細かな気配りの提案も気に入り提案どおり決まりました。来客の感想が木の香り温もり、居心地いい、オシャレと、皆口を揃えて話します。私自身もとても住みやすく、なんといっても朝家に入る日の光で毎日の天気がわかるほど自然を感じることのできる家です!

アイデアのキャッチボールが非常に楽しかった

建築家に頼むなんて、始めは全く考えてませんでしたが、大手ハウスメーカーや工務店のモデルハウスを何度も見たのですが、まるで個性がなく、興味も湧かず・・・段々と自分の考えが、建築家に頼むしかないかなーーーと。
以前住んでいた家も中庭があったので、中庭のある家をネットで検索したら荒木さんに辿り着きました、何度も打ち合わせや、やりとりして、CH13ができました、荒木さんとのアイデアのキャッチボールは非常に楽しく、もう建てるお金はないですが、後何回か、荒木さんと家を作れたらいいなーーと思います。

期待を上回る形で提案してくださったのが印象的でした

新築住宅の設計を依頼しました。
依頼時に、こういう家を建てたいという、おぼろげなイメージを伝えたのですが、荒木さんが実際に現場を見て設計された家は、素人の僕の考えを一瞬で払拭させるようなものでした。いい意味で、大きく期待を裏切られました。土地の形状や立地条件などを考慮した設計で、さすがプロは違うなと思わされました。
その後も、細部において、いろいろ要望をしたのですが、それをそのまま形にするのではなく、いちいち期待を上回る形で提案してしてくださったのが、とても印象的でした。
シンプルでありながら個性的。便利すぎず、不便すぎず。
要望をほぼ全てきいてもらったのに、当初の想像とは全く違った形!
建築家の方と家を建てるのが夢だったんですが、じっくり意見を聞いて頂き、いろいろ提案して頂き、時間はかかりましたが、とても楽しい行程でした。
じっくり話し合って建てたせいか、新しい家に馴染むのがあっというまで、子供たちもすぐに慣れてくれました。
大変満足しています。

日常の中に非日常があるようなおもしろい家です。

取捨選択して必要なものだけを大胆に構成した家です。これ以上ないくらいシンプルな形で、つまらなくならない。プロだなあと関心しています。床面積は90平米余りですが、仕切りがほとんどないので開放感があります。それでいて夫婦と老母のそれぞれの居場所があり、プライバシーが保てられています。二階まで続く壁一面の本棚は、私たちの念願でしたが、螺旋階段と組み合わされると図書館に住んでいるような気分です。枠がない窓からみる景色は巨大な絵のようです。素通しのガラスでできたドアで外と高低差なくつながったダイニング兼居間では、食事をしたりTVを見たりするほかに、嵐の日には自転車を運び入れたりもしています。日常の中に非日常があるようなおもしろい家です。

予算は厳しくても上質な空間を提案して下さると思います。

自宅の設計をお願いしました。
20坪の土地に立つ小さな家に猫2匹と暮らしています。竣工から16年がたちましたが、空間の持つ魅力は年月を経ても色褪せないと感じています。
荒木さんのデザインする住宅はシンプルで、構造自体の美しさが魅力だと思います。余分な装飾等何もなく、住む人が自由に自分らしい 彩りを添えることが出来る、おおらかな空間です。
我が家は住宅密集地ですが、日の光が入り、風の通る明るい家です。
1階にある土間が、小さな家の暮らしを豊かにしてくれています。好きなセブンチェアを置いて本を読んだり、自転車や観葉植物を置いたりしてフレキシブルに使っています。ここは我が家の歴代の猫達のお気に入りの場所でもあります。土間は夏は涼しく、冬は温かく、猫達はよく寝転んでいます。
建具は全て引戸なので、1階2階共に開け放てばひとつの空間になります。
2階のリビングダイニングの登り梁は美しく、贅沢な空間です。
最近、荒木さんに家の補修と猫家具の相談にのって頂きました。
誠実なお人柄の荒木さんですが、どことなくユーモラスな言動も良いですね。気さくな方ですので、お話しやすいのではないでしょうか。予算は厳しくても上質な空間を提案して下さると思います。

引用:houzz

値段感と坪単価

坪単価:80~120万円

坪単価は最低80万円~
ガス、水道工事など諸々の諸経費込みの合計金額です。

まとめ

木の枠組みや打ちっぱなしコンクリートなど、家の造りが見てわかるような質素でシンプルなデザインの家づくりを多く手掛けられている荒木様。本物にこだわりたいというお客様にはピッタリの建築家さんだと思います。
また、北海道で生まれ育ち、建築を学んだ荒木様は、北海道の住宅にも精通しています。これから北海道に移住を考えている方もぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

会社名 荒木毅建築事務所
代表者名 荒木毅
住所 〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南1丁目16-9坂井ビル4階
電話番号 03-3318-2671
公式HP https://www.t-araki.co.jp
営業時間 10:00~18:00
主な業務 新築設計・監理、リフォーム監修
対応エリア 日本全国