設計事務所アーキプレイス

アーキブレイス

住宅を中心に、オフィス・店舗から家具のデザインまで手掛けられる「設計事務所アーキプレイス」さん。「代表の石井さん」「パートナーの近藤さん」お二人でつくり上げるお家は、将来にわたり快適で安心に暮らせるお家ばかりです。建て主の方との多くのコミュニケーションによって生まれる住む方の生活の今と未来を大切にした柔軟なお家づくりについて、代表建築士であるお二人にお話しをお伺いしてきました。

文化的・芸術的な面に魅力を感じ建築の道を選択

石井さん、近藤さん

建築についてお話しされる、石井さん、近藤さん

スタッフ

はじめに、建築士を志されたきっかけをお聞かせください。

石井さん

中学生のとき授業で製図を書いたのがきっかけです。その授業が面白かったこともあるのですが、野球もやりたくて、どちらもできる工業高校へ進学しました。そこで技術的なものだと思っていた建築が、実際には文化的で芸術的なものであること、そして、社会にも大きく関わっていることを知って、より建築に対して興味が湧いたんです。そこで建築についてもっと勉強したいと思い建築学科のある大学に進学しました。

近藤さん

私は、小さな頃から絵を描くことやモノを作ることが好きだったことがきっかけになりました。
ものづくりが好きだったので、大学進学の文系・理系選択の際に、理系の中でもアート系に近い建築学科を選ぶことにしたんです。
駒込

アーキプレイスさんが手掛けられたお家の外観

スタッフ

お二人が建築士として働くようになって、この事務所を設立されたきかっけは何だったのでしょうか。

石井さん

就職したときから、いずれは独立したいと思っていました。最初は知識も経験もなかったので、二つの事務所で、いろいろなことを学び経験しました。そしてある時に、アメリカの事務所が日本で行うプロジェクトに参加する機会を頂き、大規模な建物の設計を 1 年半くらい経験することができたことが独立への自信に繋がりました。

ご要望を形にし、今までの生活に自然と馴染むお家

模型

事務所には設計の時に使用された模型が並びます。

スタッフ

お二人が住宅を設計される際に大切にされていることはなんですか?

石井さん

建て主の方の要望が本当は何なのかを見極めながら設計しています。建て主の方がお持ちになるお家に対する理想は、漠然としていて言葉にできないことが多くあります。打ち合わせの中では図面だけでなく、模型やスケッチなどをお見せして具体的に空間をイメージしやすいようにしています。そこから建て主の方のさらなる要望を引き出しながら形にしていきます。

近藤さん

他には、いままで住んだお家や生活のことを詳しくお聞きします。お話しをする中に、建て主の方が快適と感じられている暮らし方や、いままでの暮らしの中での問題点なども出てきます。そこで得たヒントをもとに建て主の方の生活に自然と馴染んでいくそんなお家になるようアイデアを見つけていきます。

敷地とライフスタイルを活かした家づくり

光を取り込むお部屋

テラスを介して光を取り込む明るい室内

スタッフ

お二人が手掛けるお家の特徴を教えて頂けますか?

石井さん

敷地の特性と建て主の方のライフスタイルを活かした家づくりをしています。お家が建つ場所はそれぞれ形も違い、周りの環境も同じ場所はありません。周辺環境も含めた場所の特性を捉え、建て主の方の個性を汲み取り、設計に活かすことを心がけています。ホームページで弊社の設計したお家を見ていただくと、それぞれの場所と、建て主の方の個性の違いが現れていることを感じて頂けると思います。

近藤さん

光を沢山取り込んだ明るいお家が多いです。あとはシンプルなプランでスッキリとした印象も特徴です。ご要望を盛り込むだけだと、どうしてもプランが複雑になります。その分生活の中で無駄な動きが多くなり快適性を失ってしまいます。ご要望を整理しながら様々なアイデアを取り入れ、できる限りシンプルなプランにするので、スッキリとした印象のお家になることが多くなります。

近藤さん

明るさについては、建て主の方の多くが明るいお家を好まれるので、光をたくさん取り入れる工夫をしています。ただ最近は、少し光を抑えた場所を作ったり、素材感を重視し始めたりしています。また、リモートワークなど生活スタイルの変化もあり、家の中の場所の多様性を高め、自然との繋がりをより強めていきたいと考えています。

スタッフ

時代変化への対応も視野に入れたご提案ということですね。

お客様に教えていただくお家づくりの楽しみ

窯のあるお家

陶芸のための窯があるお家

スタッフ

今までに設計されたお家の中でもお二人が特に印象に残っているお家のエピソードなどがありましたらお聞かせください。

近藤さん

資料請求が来て、その3年後ぐらいに設計依頼が来たお家は印象に残っています。資料請求後もホームページやブログを見て頂いていたようで、発信を続けることの大切さを実感しました。あと、今でも気になっているのですが、家を建てられてすぐに転勤され、7年ぐらい戻ってこられていない建て主の方もいらっしゃいます。建築士の仕事をしているとこうした様々なドラマに出会います。建て主の方の暮らしと深くつながる仕事をしていくことができ、それぞれに印象に残るエピソードがあります。

スタッフ

石井さんはいかがですか?

石井さん

横浜で田園地帯の中のお家に携わったときは「こんな家づくりも楽しいな」と感じ、とても印象に残っています。
予算的に厳しかったこともあり、外構部分について私たちがお手伝いすることは叶いませんでした。しかしそのあと建て主の方がご自身で木製デッキや、目隠し用の板塀をつくられたり、薪ストーブ用の薪をご用意されたり、お隣の畑でトマトが育っていたり、取材などで訪れるたびに“成長”していました。出来たときが完成じゃなく、ご自身で手を加えていくことでより愛情が沸き「どんどん自分達の住宅になる」そんな家づくりを楽しまれているように感じました。誰でもできることではありませんが、家づくりのひとつの形として、強く印象に残っています。

普段の生活の中で、当たり前にそして末永く思い出になるお家

駒込2

アーキプレイスさんが手掛けられたキッチン

スタッフ

お二人が設計なさったお家に住まわれる方にどのような生活を送って頂きたいですか?

石井さん

四季折々の光の変化や風の心地良さを感じてほしいと思っています。また、お子さんが大人になった時に思い出のシーンの1つとして、お家の記憶も残っているような住宅ができればと思っています。「住み心地が良く、楽しく暮らしています」と言っていただけるのが何より嬉しいです。

スタッフ

近藤さんはいかがでしょう?

近藤さん

本当に普通の事なのですが、帰りたいと普通に思っていただける家であってほしいと思います。そのために、安心でき、一番リラックス出来る場所が、お家だと良いと思っています。

これからの生活を一緒に考えてくれるパートナー

スタッフ

ありがとうございます。
では、最後の質問ですが、これから新築を建てようと考えていらっしゃる方にアドバイスをお願いします。

石井さん

よく言われることですが、多くの人にとってお家づくりは人生1回のことなので、お家のことを一緒に考えてくれるパートナーがとても大切です。設計事務所を含む我々専門家は、例えばネットに溢れている多くの情報を、収拾選択してお伝えし、一緒にお家づくりをしていく立場にあると思います。建て主の方の立場になって一緒に考えてくれる専門知識を持ったパートナーは、お家づくりの成功のために不可欠です。
まずはそうした信頼できるパートナーをぜひ見つけていただければと思います。

スタッフ

近藤さんはいかがでしょう?

近藤さん

同じような内容になってしまいますが、やはり家づくりにおいても専門家は大切だと思います。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ対策で「外出する機会」が減るなか、お家にいる時間が長くなり、今まで以上に家の快適性が求められます。生活様式の変化でオンとオフの切り替えが必要とされたり、趣味に割ける時間が増えたりなど、お家づくりに求められるものも変わっていきます。大切なお家づくりを成功させるためにも、ぜひ何でも相談できる専門家を見つけてほしいと思います。
資料

事務所には多くの資料が並びます。

値段感と坪単価

坪単価:85万円~100万円

敷地、生活に柔軟に対応したお家づくり
建て主の方の生活に柔軟に対応、様々なアイデアのもと快適性も大切にした設計は頼りになります。

まとめ

アーキプレイス様事務所

手掛けたお家の写真や掲載誌が並ぶ事務所

「設計事務所アーキプレイス」さんでは、建て主の方の、今の生活、そして将来の理想の生活をできるだけ多く知りたいといった思いから、多くのことをヒヤリングされます。そこで得た情報をもとに今ある課題を解決し、将来に渡って快適、安全なお家づくりをしてくださいます。
また、設計事務所アーキプレイスさんでは、敷地にも柔軟に対応され、建て主の方の資産を十分に生かした設計をしていらっしゃいます。「設計事務所アーキプレイス」さんの情報はこちらのページからもご覧いただけます。

今回の取材で、建て主の方と共に楽しんでお家づくりをしたいとお話しされた「石井さん」。
建て主の方が、気持ち良く暮らせるアイデアを考えたいとお話しされた「近藤さん」。
お二人の設計するお家は、柔軟な発想から生まれる魅力的なものばかりです。
将来に渡り快適なお家づくりをお考えでしたら、一度ご相談してみてはいかがでしょう。

会社名 設計事務所アーキプレイス
代表者名 石井 正博
住所 〒2151-0071
東京都渋谷区本町1-20-2パルムハウス初台502
電話番号 03-3377-9833
公式HP https://archiplace.com/
営業時間 10:00~18:00(定休日:日曜日)
主な業務 住宅の設計監理
対応エリア 関東を中心に全国