株式会社アルテ建築研究所

須藤社長

「お客様には理想のお家のイメージがあるんです。でも、根掘り葉掘り聞いても理想には辿り着けない」

そう語るのは、株式会社アルテ建築研究所の須藤社長。
どんなお家を建てたいか、自分の中にあるイメージを正確に伝えるのは、実は大変なことです。実際、全く矛盾した希望を伝えてこられるお客様もいらっしゃるのだそうです。

そこで須藤社長が大切にしているのは丁寧なヒアリングお客様が本当は何を欲しているのか、様々な角度からイメージを膨らませて最適な建築設計を提案しています。

今回はそんな須藤社長の建築に対する思いや、株式会社アルテ建築研究所の魅力についてお話を伺いました。

気持ちのいい街並み形成を届けたくて建築を志す

須藤社長

スタッフ

どうして建築設計の道に進もうと思ったんですか?

須藤社長

父の影響があるかもしれません。
幼稚園生だったときに、父がマイホームを自分で設計して大工さんに建ててもらったんですよ。

スタッフ

ということは、お父様は設計士だったんですか?

須藤社長

いえ、設計士じゃなくて素人なんです。
方眼紙に簡単な間取りを書いていたのが記憶にありますね。

スタッフ

ええっ!すごいですね!

須藤社長

ははは。
でも、はっきり意識したのは高校生のときに文系・理系を選択するときですね。
将来の仕事に直結することなので悩みましたが、ものづくりに携わりたいと思って理系に進んだんです。

スタッフ

なぜものづくりに携わりたいと思ったのでしょうか?

須藤社長

建物を建てると、みんなが見てくれますよね。
建物を建てるということは、街並み形成につながっています。自分は、きれいな街並み形成を見て気持ちいいなと思ったんです。
だから、みんなにも気持ちいいなと思ってもらえるような街並み形成を届けたいと思って、大学は建築学科に進みました。

スタッフ

すばらしいですね。
そして設計士としてのキャリアをスタートしたと。

須藤社長

はい。過去には友人たちと設計事務所を起業したり、住宅メーカーで設計部長をしたりして、いろいろな出会いや経験がありましたね。
この会社をここ阿佐ヶ谷で創業してからはちょうど20年になります。

建築を積み重ねることが社会貢献につながる

須藤社長

スタッフ

須藤社長が会社を経営する中で、心掛けていることはありますか?

須藤社長

仕事をする上で、周りに助けてもらうことが多かったんです。この会社を創業したばかりの頃も、同じビルに入っていた建売会社さんにサポートしてもらったり。
だからこそ、自分も社会全体に対して価値を作って提供していくことを大切にしてきました。
親切にされたからその人に親切を返すのではなく、自分が仕事をする上でやっていることが誰かにとっての親切になっている、というのと似ています。

須藤社長

狭義で言えば、建物を作ることは社会資産を作るということになります。
ですが、これまで作ってきた「建物そのもの」にのみ価値があるでなく、日々建築を積み重ねて社会資産のストックをたくさん作ってきたという行為そのものに価値があって、社会貢献になっているのかな、なんて思っています。

スピーディーで幅広い対応力に定評がある

須藤社長

スタッフ

アルテ建築研究所さんの建築設計の特徴などがあれば教えてください。

須藤社長

うちは建売も注文住宅もやっているんですけど、建売は費用を抑えて設計できます。これまで建売の設計は長くやってきて経験豊富なので、設計に時間がかからない分、人件費が抑えられるんです。

スタッフ

まだ理想のお家のイメージが固まっていなくて建売住宅から選びたい、という人にはぴったりなんですね。

須藤社長

ええ、ですがそれだけじゃないんです。
建売は間取りやデザインの変更ができないものと思われがちですが、うちでは変更もできるんですよ。なので、注文住宅を作るほどではないけどこだわりたい部分もあるという方にも費用を抑えて提供できると思います。

スタッフ

そうなんですね。
ちなみに、注文住宅の場合の対応はどうなるのでしょうか?

須藤社長

もちろん、こだわりの詰まった注文住宅を建てたいという場合は、こちらも時間をかけてお客様の要望に沿った設計をします。
こういった幅広い対応ができるのもうちの自慢かなと思います。

丁寧なヒアリングをして、想像力を働かせる

仕事場

スタッフ

理想の設計のために、気を付けていることはありますか?

須藤社長

ヒアリングを丁寧にするよう心掛けています。実は、お客様の中には要望自体が矛盾されている方もいらっしゃるんです。
例えば、さっきは「部屋が4つほしい」と話していたのに、あとで聞いてみると「部屋はいらない」とお話しされたり。

スタッフ

そんなことがあるんですね。

須藤社長

でもそれは、何か欲しているものがあるから両方の要望を口にしているだけなんです。その答えが何かというのはこちらで想像しないといけない。
このお客様の場合、実際は「4部屋ほしい」とも「部屋なんていらない」とも思っていないんです。本当はもっと別のイメージがあるので、4部屋でも0部屋でもだめなんです。

スタッフ

具体的にどういうことなのでしょうか?

須藤社長

例えば、4つくらいのプライバシー空間があるけど、こちら側から見ると1部屋っていうことかもしれないし、実は部屋じゃなくて単なるスペースでいいのかもしれない。

須藤社長

お客様には理想のお家のイメージがあるんです。でも、根掘り葉掘り聞いても理想には辿り着けない。人によって頭の中にあるイメージは異なるので、想像力を働かせて提案しようと心掛けているんです。

スタッフ

なるほど。
ヒアリングを大切にして、矛盾が生じたときはイメージを膨らませて溝を埋めているんですね。

須藤社長

はい。でも実際のところ、現状は建売の建築設計がほとんどなので、こうやってお客様と直接やりとりすることはあまりないんです。

スタッフ

こんなに丁寧なヒアリングをしてくださるのに、何だかもったいなく感じてしまいます。

須藤社長

お客様とお話しする機会がなくても、お客様の求めていることを想像して、追加料金が発生しない範囲でデザインをかっこよくしたり窓にワンポイントを入れたりしてプラスαを提供しようという思いは変わりません。
ですが、やっぱりお客様に直接ヒアリングできたらもっと希望に沿ったお家を設計できるのに、という気持ちもあります。理想のお家のイメージがある方にも、まだ定まっていないという方にも、ぜひいろいろと相談してほしいですね。

値段感と坪単価

坪単価:65万円~

建売の場合は65万円~
株式会社アルテ建築研究所さんの設計料の目安は5%から12%です。
なお、仕様があらかじめきまっている建売の場合は、坪単価65万円から建てられるそうです。
建売でもこだわりたい部分がある場合や、注文住宅の場合は費用が変わるため、まずはご相談ください。

まとめ

丁寧なヒアリングを通して、理想のお家を設計してくれる株式会社アルテ建築研究所さん。

お家にかけるこだわりが強い方から、まだ理想のイメージが固まっていない方まで、幅広い方におすすめしたい建築設計事務所です。

また、今後はさらに多くのお客様と関わり合い、お客様の理想のイメージにぴったりのお家を設計したいという熱い思いも伝わってきました。

会社名 株式会社アルテ建築研究所
代表者名 須藤麻毅彦
住所 〒166-0001
東京都杉並区阿佐谷北 4-20-7 304
電話番号 03-5327-3950
公式HP https://www.arte-architecture.co.jp/
営業時間 9:30~20:00(土日祝定休日)
主な業務 建築設計業務
対応エリア 東京23区を中心とした地域