アソトシヒロデザインオフィス

綺麗なモデルハウスを見に行った時、憧れのご近所さんのお宅へ伺った時。
「自分だったら、この部分はさらにこんな造りにしたいな」。そんな想像を巡らせたご経験をお持ちの方も少なくないと思います。

一生に一度の家づくり。
せっかくなら、とことん自分の個性に合った住宅をつくりたいですよね。

アソトシヒロデザインオフィスさんでは、実際にクライアントさんのご自宅に伺い、クライアントさんのライフスタイルを確かめることから、家づくりを始められています。
普段使っているコップ一つからでさえ、クライアントさんの個性を読み取られているそうです。

本記事では、アソトシヒロデザインオフィスの代表である阿蘓俊博さんの、クライアントさんと一緒につくり上げる家づくりへのこだわりをお伝えしています。

能力を日々高め続けることが建築家の責任

住宅の模型

スタッフ

阿蘓さんが建築家を志したきっかけはあるのですか。

阿蘓さん

私の親は転勤族でしたので、私も子どもの頃からさまざまな家に住みました。
2DKの小さな社宅から、住宅が横に繋がっているテラスハウスまで種類もばらばらです。
そんな引っ越しを繰り返す生活の中で、「次はどんな部屋になるのかな」とつい間取りを考えてしまうほど、自分の部屋ができることが楽しみでした。

スタッフ

子どもの頃から住宅に興味をお持ちだったのですね。
そうしますと、大学も建築関係に進まれたのですか。

阿蘓さん

もちろんです。
大学や大学院では建築を学びましたが、どの講義もとても楽しかったです。

スタッフ

学生生活の中で、今でも記憶に残っている出来事はありますか。

阿蘓さん

「建築家は、5つの責任を全うしなければならない」
当時「設計課題」を担当されていた教授が、大学1年生最初の講義で話してくれた言葉です。
この5つの責任とは、クライアント、法律、社会、環境、そして自分に対する責任のことです。
特に最後の「自分に対する責任」とは、自分の能力を日々高めて、いつも100%の力を発揮すること。自分に嘘をつかないこと。この心構えは、今でも私の原点になっています。

打ち合わせを重ねて、クライアントと一緒につくり上げる住宅

朝霞の住宅

スタッフ

アソトシヒロデザインオフィスさんでは、どのような建物を設計されているのですか。

阿蘓さん

さまざまな建物を設計していますが、やはり一番多いのは住宅ですね。

スタッフ

今まで手掛けられた住宅の中で、特に印象に残っている住宅はありますか。

阿蘓さん

最初に手掛けた住宅でしょうか。
この住宅は、高校時代の同級生から依頼を受けて、つくりました。
この時は、お互いにさまざまなアイデアを出し合いながら、「住宅を一緒につくっている」といった感覚を共有できましたので、とても楽しかったです。

スタッフ

阿蘓さんは、クライアントさんと一緒に家づくりをされているのですね。
クライアントさんとの打ち合わせでは、実際にはどのようなお話をされているのですか。

阿蘓さん

間取りはもちろん、他愛のないお話もします。
実はこのような何気ない会話から、クライアントさんの本当のご要望がわかる時も多いのですよ。
ですから、私はこの打ち合わせの時間をとても大切にしています。

クライアントの自宅にある1つのコップから、住宅を考える

阿蘇俊博

スタッフ

設計のお仕事をされる中で、阿蘓さんが気を付けられていることはありますか。

阿蘓さん

私は設計の段階から打ち合わせを何回も重ねて、図面の細かい部分まで考え抜くようにしています。
図面は絶対に嘘をつかないと思っているからです。

スタッフ

そこまで打ち合わせを重視されているのはどうしてですか。

阿蘓さん

家族構成や予算など、クライアントさんのご事情は全く違います。
ですから、打ち合わせを重ねながら、「クライアントさんにとって一番住み心地が良いのはどんな住宅なのかな」といつも考えるようにしています。

スタッフ

クライアントさんからすると、ご要望をじっくりと聞いてもらえますから、とても安心ですね。
現場に入ってからも打ち合わせをされるのですか。

阿蘓さん

もちろんです。
現場での打ち合わせでは、住まいの色や光の射し方など、現場でしかわからないことを確認するようにしています。
設計の段階から丁寧な図面を描いていますから、間取りを大々的に変更することはありませんが、実際に現場に赴いてみると、より住まいのイメージが膨らむと思います。

朝霞の住宅

スタッフ

本当に一つ一つ丁寧に打ち合わせを重ねておられるのですね。
そんなクライアントさんと一緒に家づくりをされている阿蘓さんが、家づくりにおいて大切にされていることはありますか。

阿蘓さん

住宅は住まい手のためにつくりますから、クライアントさんには住心地が良い住宅に住んでもらいたいと思っています。
そのために、クライアントさんすら気付いていない、そんな本当のご要望を見つけられたら嬉しいですね。
クライアントさんの個性に合った、むしろそれを超えていくようなデザインをご提案させてもらいます。

スタッフ

クライアントさんの中には、初めての家づくりでご要望を上手く伝えられない方もいらっしゃると思います。
そんな時に、住宅の形を一緒に考えてもらえる建築家さんがいると、とても心強いですね。
クライアントさんのご要望を感じ取られるために、何か工夫をされていることはあるのですか。

阿蘓さん

打ち合わせでは、クライアントさんのご自宅に伺うようにしています。
「どんなことに困っているのか」「どんな色の家具があるのか」「どんな物を集めているのか」
たとえば、普段使っているコップ一つとってみても、クライアントさんの個性が色濃く反映されているのですよ。
そんなクライアントさんの一つ一つのライフスタイルが、住心地が良いと感じられる住宅のヒントを与えてくれるのです。

スタッフ

クライアントさんごとに住宅の形を考えられているのですね。
そうして出来上がった住宅に、クライアントさんにはどのように過ごしてもらいたいですか。

阿蘓さん

住宅はどうしても経年変化しますので、手を掛けなければどんどん傷んでしまいます。
住宅と一緒に歳を重ねたいと思ってもらえるほど、住宅をまるで家族のように大切にしてもらえたら嬉しいですね。

スタッフ

クライアントさんにそこまで大切にしてもらえたら、つくり手としても嬉しいですね。
設計のお仕事をされる中で、阿蘓さんが一番やりがいと感じられる瞬間はいつですか。

阿蘓さん

住まいが完成すると、施主検査のためにクライアントさんと住宅を確かめに行きます。
その時に、クライアントさんが目を輝かせて喜んでいるところを見た瞬間でしょうか。
その最後の一瞬のために、私は1年近くを掛けて唯一の家づくりをしているのだと思います。

スタッフ

それでは、最後にこれから家づくりをお考えのクライアントさんに向けて、メッセージをいただけますか。

阿蘓さん

クライアントさんのための唯一の住宅ですので、家づくりは大変ですし、時間がかかります。土日が埋まってしまう時だってあります。
ですが、そのプロセスを共に乗り越えつくり上げた住宅は、きっとクライアントさんにとって特別なものになるはずです。

口コミ、評判

アソトシヒロデザインオフィスさんへの口コミを見ると、それぞれのライフスタイルに合わせて、クライアントさんのご要望を最大限に実現されていました。

『瀬ヶ崎の家』を設計していただきました

妻が求めたのは一番長く立つことになるキッチンからリビングにいる子供の様子がわかること。挨拶もなしに玄関から2階へと階段を上り下りするようになるのは嫌だ。
そこから出たコンセプトが「どこからでも家族を感じることができる家」です。
ロの字型にデザインされた中心に5畳の中庭を配置し、1階のみでなく2階の様子も伺えるようになっています。
このプライベートが守られた中庭は、この家の象徴的な存在で、四季の移り変わり、雨など日々の天気の変化も強く感じられ、夏場にはプールを設置し、秋口にはテントをはって子どもたちと楽しみます。
何度も繰り返した打ち合わせから、ロの字の中庭は考えたこともなかった提案で、妻の要望をうまく表現してくれました。
とても満足しております。

吉祥寺のショールームの計画の依頼をしたのは、昨年のこと

弊社のこだわりの要望を丁寧にヒヤリングして頂き、幾度もの打ち合わせで完成したショールームとなりました。要望を更に超えるご提案には、ご本人の今までの経験と理論があって、納得させられるものでした。
また、施工中も何度も足を運んで頂き、建築フェチ(笑)な熱い話を時間を忘れ、打ち合わせしたことも懐かしい思い出です。
また、弊社が施工したクライアント様の設計にも携わって頂きましたが、想いが真っ直ぐに伝わってくる設計は、クライアント様がお住まいになってからのことも考慮され、その将来も見据えた住まいであり、意匠性はもちろんのこと、実生活が想像出来るものでした。

ライフスタイルや目指している生活を実現できるプランを提供してくれる建築家です

まず驚いたのは、私の方から、なんとなくですが、家族4人でこのくらいの広さが必要なんじゃないか(例:100㎡)と打診したところ、「そんなに要らないんじゃないか」という驚きの返答が返ってきた。理由は、子供が成長して、巣立っていった後を考えると、夫婦ふたりの生活でそこまで広い空間は必要ないんじゃないか、というもの。
さらに、実際、今回がそうだったのだが、間取りなどをあれこれオーダーするというよりは、家族でこういう生活がしたい、こういう時間を過ごしたい、という定性的なお話ばかりをした。そういった打ち合わせをとおして、つくっていただいた幾つかのプランのひとつが現在の家。ここで感じたのは、こういう生活をしたい、という希望を叶えてくれる空間をつくってくれるのが、建築家だということ。極論をいうと、こういう家に住みたい、というのと、こういう生活をしたいというのは、必ずしも一致しないということ。
スペックや大きさをお願いしたのは、機能面を重視したキッチンのみ。毎回の打ち合わせにワクワクしました。私達が言ったちょっとのことでも、拾い上げて、プランに反映させてくれる姿勢には脱帽でした。

引用:アソトシヒロデザインオフィスさんのレビュー|houzz

値段感と坪単価

坪単価:90万円~(税別)

木造でしたら、90万円から
木造でしたら、坪単価90万円~110万円(税別)から、ご相談いただけます。
こちらは建設費になりますので、設計料は別途ご相談ください。

まとめ

阿蘇俊博

注文住宅では、細かい間取りや微妙な色使いなど、クライアントさんのこだわりが一つ一つ詰め込まれています。
アソトシヒロデザインオフィスさんでは、クライアントさんと丁寧に打ち合わせを重ねることで、クライアントさんのご要望を実現されていました。

自分の個性に合った住宅をつくりたい方は、ぜひアソトシヒロデザインオフィスさんにお問い合わせなさってくださいね。

会社名 アソトシヒロデザインオフィス
代表者名 阿蘓俊博
住所 〒179-0085
東京都練馬区早宮1-18-17-311(練馬オフィス)
〒135-0047
東京都江東区富岡2-4-4-1F(門仲オフィス)
電話番号 03-5934-0127
公式HP https://asotoshihiro.com/
営業時間 10:00~20:00
主な業務 建築・インテリア・リフォーム・リノベーションの企画、設計・監理、
家具・什器デザイン、ランドスケープデザイン・展覧会等の会場構成
対応エリア 全国