麻生英之建築設計事務所

「高気密高断熱」「耐震等級3」「24時間換気」「ソーラー発電」……
これらは、私たちが快適に暮らしていくためには非常に魅力的な設備です。

しかし、目に見える性能だけが家の全てじゃないと語るのは、建築家の麻生英之さん。

麻生さんは、住宅に住む人々の「暮らし」や「生活」を第一に考え、より心が豊かに気持ちよく暮らせるような設計を大切にされています。

本記事では、そんな麻生さんの設計に懸ける想い、暮らしへの情熱をご紹介しています。

10年20年と暮らし続ける場所を、より愛着を持てる家にしたい方は、ぜひご覧ください。

人に触れ合える、モノづくりの楽しさ

麻生さん

スタッフ

麻生さんが建築家を目指すきっかけはなんだったのですか?

麻生さん

小学生のころ、叔父の別荘に連れて行ってもらったことがきっかけと言えるかもしれません。
叔父は建築家をやっていて、その別荘も叔父が設計したものでした。

麻生さん

別荘にいざ到着したら、リビングにあった電動のカーテンに驚かされました。
そしてカーテンを開いたら、ガラスの向こうには夕闇が広がっていて、子どもながらに感動したのを覚えています。
その頃から、「建築家」という職業を意識しはじめました。

スタッフ

幼いころに感動的な経験をされたのですね。では、進路を選ぶ際には建築学科に?

麻生さん

そうですね。高校生の時に建築学科の存在を知ったことで「挑戦してみようかな」と思い進学しました。
大学を卒業した後は、プレハブのメーカーに入社しました。

スタッフ

メーカーさんでは、どんなお仕事をされていましたか?

麻生さん

会社の規格をもとに、商品をどんどん造っていました。
当時はバブル前で依頼も多く、毎日終電で帰る日々でしたね。

スタッフ

大変なお仕事だったのですね。

麻生さん

大変でしたけど、「本当にこのままで良いのかな」とも考えていました。
建築CADや規格品については知識を得ましたが、総合的な建築について学ぶ機会は少なかったと思います。
仕事を続けるうちに、技術者や建築のプロとして本格的に学びたいと思い、設計事務所へ転職しました。
建築CADとは
『コンピューター支援設計』の略称で、図面などを描きやすくするためのソフトのこと

スタッフ

メーカーさんだと、規格やルールが厳しいので、やれることも限られてしまいがちですよね。
転職されてからは、どのようなことを学ばれたのですか?

麻生さん

「ものを造るとは何か」ということを、時間を掛けて学びました
会社とは違い「〇日までに絶対に造る」という決まりがないので、納得できるまでじっくり仕上げられたおかげです。

麻生さん

例えば、仕事中に何かが分からない時、先生たちがすぐに教えてはくれなかったんですよ。
だから、全部自分で調べて試行錯誤して学ぶことができました。

スタッフ

お仕事にもハリが出てきた感じですね。ちなみに、初めて設計したお家って覚えていますか?

麻生さん

覚えていますよ。今から30年以上前に建てた住宅です。そういえば、当時の雑誌にも取り上げられたんですよ。
雑誌

麻生さんが初めて設計された住宅。

スタッフ

モダンな雰囲気があるというか、30年前のお家には見えないですね。
実際に設計をされてみていかがでしたか?

麻生さん

楽しかったですね。プランから何から全部お客さんと打ち合わせをして、家具やインテリアまで一緒に選んで。
当時は予算や期間の縛りも緩かったので、一つひとつにこだわりをもって、納得できるまで設計させていただきました

麻生さん

メーカーに居たころは、お客さんと1,2回お話をするだけで建物が完成することが多かったんです。
でも設計事務所では、お客さんと何回も打ち合わせをするので、完成する頃にはお互いがとても親密になれます
これは、一からモノづくりをしてこそ味わえる喜びですよ。

家は暮らしと生活を受け止め続けるもの

スタッフ

麻生さんが考える設計のこだわりって何ですか?

麻生さん

まずは、「土地」と「人」を考えることにこだわりますね。
「風はどこから吹いて抜けていくのか」「周囲のお宅はどうなっているのか」「住む人はどんな人でどんな生活をしたいのか」などを考えることが、設計のスタートです。

麻生さん

土地を考えるときには、周囲のお宅の模型も造ったりします。
周囲の建物との関係や、街並みまでを考えるのがこだわりですね。
模型

麻生さんが造られた模型

スタッフ

周囲のお宅まで模型にするのは珍しいですね!お客様に対して丁寧に向き合っているのが伝わります。
では、打ち合わせの際のヒアリングは、どのように行っているのですか?

麻生さん

たとえば、「お子さんたちは今後どうなっていくんでしょうね」なんて話を繰り返しながら、子ども部屋の提案をしたりします。
夫婦は共働きなのか、家族の生活リズムはどうなのか、そういう細かいところも含めてヒアリングしていきます。
もちろん時間はかかりますが、生活感を共有するために大切にしていることです。

スタッフ

麻生さんは、住む人の暮らしや生活を大切に考えられているんですね。

麻生さん

そうですね。住宅というのは、ぱっと見て「ああ素敵ね」という印象を与えれば良いわけじゃないと思うんです。
10年20年住んで、どんどん味わいが出るような家が素敵ですね。
暮らしを丁寧に考えることで、住む人や環境が変わっても、生活を受け止められる場所を造っていきたいなと思います。

目に見えないものが、暮らしを支えるファクターに

模型

スタッフ

これから家づくりを考えられている方に、アドバイスをお願いします。

麻生さん

お家を造る際は、数値に現れない部分を大切にしてみてください
住宅は、耐震強度や断熱、換気などの性能も重要なのですが、それ以上に目に見えないものが大事だと考えています。

スタッフ

目に見えないものですか?

麻生さん

例えば、朝起きたら朝日が入ってきて、そこで朝食が食べられるとか。夜になるとキッチンから月が見えるとか。そういったものです。
スペックや性能よりも、精神的な豊かさや気持ちよさを重視してほしいと思います。

スタッフ

なるほど。住宅の性能が高いと安心感はありますが、心の豊かさや生活のしやすさとは別の話ですからね。

麻生さん

そうなんです。それに、性能に執着しなければ、余計なコストを省くこともできます。
家づくりの答えはひとつではありません。住まい手さんなりの家づくりを一緒に考えてみませんか。

まとめ

本棚

麻生さんは、家に住まわれる方に愛着を持って住んでもらうため、生活を暮らしに寄り添った設計をされています。

目に見える性能だけが全てじゃないと語るその裏に、建築や住まいに対する情熱を感じました。

これから先、何十年と豊かな生活を送りたい方は、ぜひ麻生英之建築設計事務所さんへご相談ください。

会社名 麻生英之建築設計事務所
代表者名 麻生 英之
住所 〒272-0805
千葉県市川市大野町1-451-9
電話番号 047-338-0682
公式HP http://www.pat.hi-ho.ne.jp/aso-ar/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県