株式会社アズ設計

竹下様とアズ設計の看板、賞状

お家づくりでは、何を大切にしますか?

お家づくりをお洋服選びに例えると、分かりやすいと思います。
ご自身の好みが一番大切ですよね。でも、どの服が自分に似合うのか分からないかもしれません。加えて、お金の問題もあります。コーディネートは限られた予算のなかで考えるのが普通でしょう。

お家づくりにおいても、理想と現実のバランスが大切です。どうしたら費用を予算内に収めつつ、できる限り希望を実現できるかを考えなければなりません。
そんなときに、コーディネートが上手で、お金の管理もしっかりしている設計士さんがいたら心強いですよね。

東京都墨田区のアズ設計さんは、予算内でお客様の要望を実現する家づくりを行っています。アズ設計さんの家づくりは、まさに変幻自在。お客様の状況に応じて適切なプランを提案しています。

この記事では、アズ設計の竹下社長に、家づくりに対する想いや工夫について伺いました。

自分のこだわりを入れず、お客様の理想をベースにお家をつくる

笑顔でインタビューに応じる竹下様

スタッフ

竹下様は住宅がご専門ですよね。ただアズ設計様のサイトを拝見すると、集合住宅やビルなども手掛けられているようですが。

竹下様

実際には、住宅以外の建物もお話しがあれば手掛けます。
過去には病院や美術館、学校、超高層住宅なども、プロジェクトで設計した経験がありますよ。

スタッフ

そうなんですね。
なぜ、わざわざ住宅専門としているのですか?

竹下様

住宅専門と言った方が、多くのお客様が気軽に相談しやすいと思ったので。大きな建物を前面に出してしまうと、個人のお客様が相談しづらいかもしれませんからね。

竹下様

それと、大きな夢や強い希望を持ったお客様が多いのが住宅の魅力なんです。お客様の理想を叶えるお手伝いをしたいと思っているので、住宅をメインにしています。

スタッフ

どんな新築にしようか、ワクワクしながら考えているお客様は多いでしょうからね。
ちなみに、竹下様のデザインコンセプトはなんですか?

竹下様

どんなお家を建てたいといったこだわりは、特に持っていません。お客様の要望を聞いて、設計に盛り込んでいくようにしています。

スタッフ

自分の型を決めていない、ということでしょうか?

竹下様

お客様の話を聞いて、お客様の考える以上の提案をするのが自分のスタイルだと思っています。
自分のやりたい型を通すのではなく、お客様から住まいの理想を伺って、ライフスタイルをより良いものにデザインするのが私の型ですかね。

スタッフ

なるほど。お客様の理想を叶えるのに一番よいデザインを提案していくわけですね。
お客様の要望を知るうえで、どんなことに注意していますか?

竹下様

なるべく何でもお話ししてください、とお願いしています。私はお客様のお話しをかみ砕いて、設計に表現していきますからね。
だから、決して型がないという訳ではありません。お客様の理想をベースにした表現こそが私らしさで、そのために他の人と違うものがつくれるのではないかと思います。

スタッフ

竹下様の家づくりは、お客様の理想を反映したものなんですね。
お客様にヒアリングするときは、どんなお話しをするのですか?

竹下様

お客様の今の暮らしやライフスタイルについて、詳しく聞いてみます。
将来について考える場合でも、基準はあくまで現在。現在の状況を知ったうえで、将来の提案をしていきたいと思っています。

アズ設計様の事務所外観

スタッフ

実際に設計するうえで、何かこだわっていることはありますか?

竹下様

あえて挙げるのでしたら、長く住めるお家ですね。設計するときは、長期優良住宅の基準を意識しています。
長期優良住宅とは?
「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」といった考え方から生まれた、住宅に関する国の認定制度です。認定基準を満たす住宅を建てて自治体に申請すると、税金が優遇されます。

竹下様

お客様が負担するコストやメンテナンスの手間を考慮しなければならないので、実際に長期優良住宅の基準にまで住宅性能を引き上げるかどうかはお客様の希望に沿って決めます。
ただ、長期優良住宅に近いお家ほど、光熱費がかからず建物が長持ちするので、最終的にはお客様にとってお得なんです。ですから、長期優良住宅をベースにして家づくりをしたいと考えています。

予算管理を徹底して、できるだけお客様の希望を実現する

3Dの建築モデル

スタッフ

アズ設計さんの強みは何ですか?

竹下様

予算管理を徹底しているところです。
施工者の工事のしかたも尊重しつつ、品質にも注意を払っています。後になって大きく工事金額が上がったケースは今のところありません。
以前、ゼネコンで仕事をしていた時の経験が役に立っていますね。

スタッフ

実際に現場を知っている設計士さんなら、予算管理もお手の物ですね。
でも、なぜそこまで徹底した予算管理にこだわるのですか?

竹下様

予算管理があいまいだと、お客様の希望を最大限実現できないからです。
お客様は新築でローンを抱えます。ですから、予算ありきで考えるケースが多いんですよ。
すると、ある程度の希望は諦めざるをえないと思ってしまうんです。

スタッフ

たしかに、我慢するしかないかな、と思いますね。

竹下様

もちろん、すべての希望を叶えられるわけではありません。ただ、細かく予算管理ができるほど、より多くの希望を実現できるわけです。
だから、徹底した予算管理を行って、お客様の理想を叶えたいと思っているんです。

スタッフ

予算ギリギリまで、できることを考えるんですね。
でも、お客様からいろいろと要望を受けていると、やはり予算をオーバーしてしまうケースもありそうですが……?

竹下様

確かにありますね。いろいろと設備などを付けたいとおっしゃる方には、これくらい金額がプラスになりますよ、と正直にお伝えしています。

スタッフ

それでも、お客様が「予算内に収めつつ理想を叶えたい」とおっしゃった場合、どうするのでしょうか?

竹下様

まずは同じ価値でコストダウンできる方法を提案します。
それでも予算をオーバーしそうなら、ゼネコンの生産設計部での経験を活かして「こっちの材料はいかがですか」とさらなるコストダウンを図りますね。
DIYのように、お客様ご自身でできる施工を案内することもあります。何とかやりくりして、予算内で理想を叶えられるように調整していますよ。

スタッフ

そこまで徹底的にやっていただけるのなら、お客様はきっと喜びますね。

パソコンに向かう竹下様

スタッフ

最後にメッセージはありますか?

竹下様

一緒に楽しんで家づくりしませんか?
遠慮なく、どんどん要望を言ってくださいね。お客様の理想をできるだけ叶えたいと思っています。
当社は予算管理をしっかり行っているから、ハウスメーカーより安くなる場合も多いですよ。

スタッフ

竹下様ご自身も、お客様と一緒に家づくりを楽しんでいらっしゃるのですね。

まとめ

お客様が理想を叶えて喜ぶことは、竹下様ご自身の喜びでもあります。

竹下様はお仕事はもちろん、プライベートでも多くの方に喜んでいただけるように頑張っていらっしゃいます。たとえば、東京都災害ボランティアに参加して、被災地の方々から元気をいただいているそうです。人の喜びは自分の喜びでもあるわけです。

予算内で理想のお家づくりをしたいと思っている、あなた。アズ設計さんなら、あなたの理想を叶えてもらえるでしょう。

会社名 株式会社 アズ設計
代表者名 竹下 啓子
住所 〒130-0024
東京都墨田区菊川3-3-1 ヴェルデベント1階
電話番号 03-5600-0360
公式HP http://www.as-sekkei.jp/
営業時間 9:00~17:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・群馬・茨城・東北地方