株式会社アスティーク

近い将来、日本でも大型の地震が発生すると予想されています。
そのため、新築を購入する方の耐震意識も徐々に高まっているそうです。

需要に伴い、数多くのハウスメーカーさんが耐震に優れたお家を造っていますが、中でも注文住宅のアスティークさんは、「地震に耐えるのではなく、地震の揺れそのものを抑える」装置を使って、地震が何度起きても対応できるお家造りをしています。

また、アスティークさんは建築後も自ら定期的に建て主さんのお家に行って、メンテナンスを行うほど、お客様の安心安全な生活の保証にこだわっています。

本記事では、アスティークさんの原田様のインタビューをもとに、「安心安全な家造り」を指針とした、他のハウスメーカーとは一味違うサービスの数々をご紹介していきます。

大地震に何度でも対応できる、安心安全な家造り

MIRAIE

スタッフ

まずは、家造りで1番大切にしていることを教えてください。

原田様

1番大切にしているのは、住まわれる方の「安心安全」を保証することです。その中でも、地震の対策には特に力を入れていますよ。

スタッフ

近い将来、大地震の発生が予想されていますが、建て主さんの耐震意識も高まっていますか?

原田様

そうですね。しかし、みなさんが意識されているのは「耐震等級」と呼ばれる、国が定めた基準です。実は、「耐震等級が高ければ安全な家」といった認識は少しだけ古いんです。
耐震等級とは?
住宅の耐震性能をランク付けした等級のこと。等級は1~3まで存在する。

スタッフ

耐震等級が高いだけでは、地震対策としては不十分なのですか?

原田様

もちろん、耐震等級が高い建物も1回の大地震には耐えられます。しかし、2016年の熊本地震のように、本震並(震度6弱~6強)の余震が2回、3回と発生すると耐えられない住宅が多いのです。
耐震性の高い建物は確かに頑丈ですが、地震のダメージを全て直に受けてしまいます。そのため、ダメージが蓄積すると耐震等級が高い家でも倒壊してしまうんです。

スタッフ

そうなんですね。アスティークさんでは、どのような地震対策をしているのですか?

原田様

弊社の家づくりで使用しているのは、「MIRAIE(ミライエ)」と呼ばれる制震装置です。地震に耐えるのではなく、地震の揺れそのものを吸収する装置ですね。揺れの8~9割を吸収するので、家へのダメージを極力少なくできます。震度3くらいでは気付かないほど、揺れを抑えてくれるんですよ。
→MIRAIEの商品概要はこちらから

スタッフ

揺れの8~9割を吸収するのは凄いですね!アスティークさんでは、MIRAIEを全てのお家に設置しているのですか?

原田様

もちろんです。MIRAIEは、全てのお家に「標準装備」されています。注文住宅なので、お客様の要望には最大限応えますが、どのお家でもMIRAIEの設置だけは譲れませんね。
他にMIRAIEを採用している会社では、オプションになっている場合も多いのですが、うちでは標準装備として取り付けています。

スタッフ

優秀な制震装置が、必ず設置されてるのは心強いですね。

原田様

MIRAIEを取り扱っている住友ゴムさんと、パートナーシップ協定を結んでいるので、他社よりも比較的安価に卸してもらえているんです。その結果、標準装備を実現できました。
実は、MIRAIEはどこの会社でも使えるわけではなく、卸してもらうには厳しい審査が必要なんです。MIRAIEを取り付けている建物が倒壊したら、住友ゴムさんにも迷惑がかかってしまいますからね。
これまでの実績から信頼を得て、家造りに取り入れることが出来ているんです。

家を建てて終わりじゃない。万全のアフターサービス

アフターサービス

スタッフ

他にも、家造りのこだわりはありますか?

原田様

アフターサービスには自信がありますね。家造りって、建て主さんに引き渡して終わりじゃないと思うんです。実際に住んでから、ご家族が安心して笑顔で暮らせることが重要だと考えています。

スタッフ

アフターサービスにおいて、他社と違う強みはありますか?

原田様

普通、アフターサービスは何か問題が起きた時に、お客様がハウスメーカーなどに連絡しますよね?
でも弊社では3~4ヶ月に1回、建て主さんのお宅へ専任スタッフが「何か困っていませんか?」とメンテナンスに伺います。

スタッフ

えっ!アスティークさん自ら訪問されるんですか?

原田様

実際に暮らしていくと、「立て付けが少し気になる」「内装が少し剥がれてきた」など、連絡するほどでは無いけど気になる部分、困っている部分は意外とあるんですよ。
お家の小さいお悩みを抱えた時、連絡するのが手間だったり、遠慮してしまうお客様のためのサービスです。

スタッフ

確かに、アフターサービスが付いていても、実際に電話をする時は余程の欠陥や損傷が起きたケースが多いですよね。「こんなことで電話していいのかな」と思ってしまいますし。

原田様

小さいお悩みでも、そのまま放置するとモヤモヤや不安は溜まってしまいます。それは、ご家族の安心安全な暮らしには繋がりません。
なので、どんなお困りごとでも私達から積極的に解決していきたいんです。

スタッフ

素晴らしいサービスですね。全てのお客様の家が対象となると、コストもかかると思うのですが……

原田様

確かに人件費、修理費共にかなりのコストがかかっています。
しかし、最優先するべきは、お客様の安心安全な生活です。これは、制震性の向上にも通じる意識ですね。

3D設計図により、リアルに近い角度や幅感を体験

社内風景

スタッフ

アスティークさんは、住まわれる方の安心を最大限に配慮されているのですね。

原田様

住み始めてからだけではなく、ご契約前の不安も取り除けるように努めています。設計図にはこだわっていますよ。
設計したお家を3Dモデルでお見せすることで、より現実に近い角度や幅感を感じられるようになっています。
平面の設計図だけで説明しても、お客さまが鮮明なイメージを持つのは難しいんです。もし、新築を引き渡す時に、完成したお家がお客様の想像と違っていたら最悪ですよね。
だから、なるべくお客様のイメージとズレが無いように配慮しています。

スタッフ

確かに、平面図よりも3Dの方がイメージしやすそうですね。

原田様

3Dの設計図では、実際に人間の目線から家中を見て回れます。なので、設備の大きさも実感しやすいんです。
例えば、平面図で「これくらいの収納があります」と言ってもピンと来ない方も多いのですが、3Dでは実際に人間の大きさと比較できるので、さらにリアルな幅感を体験できます。
その結果、実際に完成した家とイメージがズレることが、ほとんどないんですよ

スタッフ

お客様にとって、イメージ通りの家を作ってもらえるのは嬉しいですよね。ちなみに、3Dの設計図はどの段階で見せて頂けるのですか?

原田様

お見積りの段階、つまり契約前から何回でもお見せできますよ。お客様にご納得頂けるまで打ち合わせをしていきます。
近年では、3Dの設計図をご用意されている会社も少なくないのですが、契約後に最終確認の段階でお見せすることが多いです。
やはり、多くのコストと手間がかかるので、お見積りの段階でお見せする会社は少ないと思います。

スタッフ

設計に十分納得してから、契約が出来るんですね。

原田様

そうですね。やはりお客様の不安を取り除きたいという想いが強いので、契約後にお見せするのでは遅いと思っています。

家はあくまで生活の一部。その先にある笑顔を創造したい

会議風景

スタッフ

アスティークさんの企業理念は「笑顔創造」だと伺いました。

原田様

私達は確かに家を造るのが仕事ですけど、本質はそこじゃないと思うんです。
家はあくまで生活の一部である「モノ」に過ぎません。家を通じて、住んでいる方が笑顔で生活できるのが最終目標であり、最大の目標なんですよ。

スタッフ

素晴らしい理念だと思います。家は建てたら終わりではないですもんね。

原田様

その通りです。制震装置やアフターサービス、3Dの設計図も全て、根幹にある意識は「お客様の不安を取り除くこと」なんです。住む前も住んでいる時も、最大限の安心安全を保証したいと思っています。安心安全の上にしか、笑顔は成立しませんから。

口コミ、評判

お客様の安心安全を第一に考えているアスティークさん。
口コミを見てみると、アスティークさんの想いが形となって、皆様の安心や笑顔を造っていました。

売って終わりではなく、ずっとフォローしますよという寄り添ってくれる姿勢が良いです。

購入後のアフターサービスが充実していて、問題があったらサポート窓口に電話することで何かしらの対応やフォローをしてくれる、また、定期的にレターなどでサポート窓口の再告知をしてくれて何かあればいつでも連絡をしてくださいという姿勢がとても良いです。またサポート窓口に連絡した際の対応スピードが速く丁寧で、助かります。これからも利用していきたいと思います。

施工が丁寧だったので、安心して住むことが出来ています。

作りが丁寧なだけあって断熱効果も高く、夏も冬もほとんど不快な感じはしません。以前は築10年程度の中古マンションに住んでいたのですが、そのマンションと同じくらい断熱性能は優れているのではないかと感じています。また、施工が丁寧ということは大工さんの腕が良いということの証でもあると思います。作り付けの本棚や納戸を多く設えてもらいましたが、家具屋さんで買うのと同じくらいかそれ以上に使いやすく満足しています。もちろん、大工さんがその場で作るものなので、材料費と大工さんの工賃だけでよく、費用が格安というおまけつきでした。

モデルハウスを見て、理想の新居のイメージが湧きました。

不動産屋さんから紹介されたのがアスティークさんでした。調布のモデルハウスを見せてもらったんですが、デザインが可愛いし、間取りや動線がよく考えられていて使いやすそうだし、見終わった後に「これだ!」と夫婦の意見が一致しました。
それまでモヤっとしていた頭の中に、スッーと心地よく新しい生活のイメージが入ってきた感じでした。そこからはアスティークの担当の松尾さんと一緒に、具体的なプランを組み立てていくことになりました。

施工のていねいさを見て、家づくりの姿勢が伝わってきました。

もちろんアスティークさんにも、引渡し前の家をたくさん見せてもらいました。そこで一番印象的だったのは、施工のていねいさです。階段の継ぎ目や窓枠の造りなど、とてもきれいに仕上げられていて、実際に作業をした大工さんや、会社全体の家づくりに対する考え方が、よく表れているなと感心したんです。「こんな会社に家族の未来を託したい!」と心から思えたのが、アスティークさんでした。

仲間や子供、孫にも喜んでもらえる家が完成しました。

息子たち家族も、毎週のように遊びにきてくれます。小学生の孫は家の中を走り回りながら遊んでいます。その姿をみると、つくづく広い家にしてよかったと思います。
人生の後半に差し掛かり、これから先の時間を妻とのんびり過ごすことができる家を建てられたことは、とても幸せです。私たちのように、これから高齢の夫婦ふたりで住まいづくりをする家庭は増えてくるでしょう。そんな方々に伝えたいのは、安全と過ごしやすさを第一に考えて欲しいということ。暖かく快適な我が家で、これからの穏やかな老後を楽しみたいと思います。

引用:家情報ナビ | アスティークの評判・口コミ
引用:株式会社アスティーク | お客様の声

見学レポート

アスティークさんのモデルハウスは、東京都練馬区東大泉に展示されています。
場所は西武池袋線の大泉学園駅から徒歩で15分ほどで、天気のいい日には散歩がてらにちょうどいい距離です。
駅からモデルハウスまでには商店街があり、お買い物にも便利な街でした。

モデルハウス

都会の洗練された暮らしを彷彿させられる雰囲気がありつつ、温もりを感じられるハイセンスな外観。

一階部分を惜しげもなく使用したリビングとキッチン。
キッチンは収納部分も広く、使いやすい造りになっています。
料理をしながら家族の笑顔を見ることができるので、料理のやりがいがありそうです。
リビングは、お食事テーブルと大きなソファーローテブルを同時に置くことが出来る、一家団欒のスペースとして十分な広さ。
リビング
キッチン

キッチン横には勝手口と二階へ通じる階段があり、いつも家族の顔を確認出来ます。

2階に上がるとベッドルームと子供部屋があります。
ベッドルームは採光にこだわり窓が多く、光がよく入る造りになっています。
ベッドルーム
子供部屋はシンプルながら、広々と開放感のある造り。室内と光がマッチして、より広く感じます。
子供部屋
寝室

寝室にはクローゼットがあり、十分な収納スペースが。

クローゼットのあるお部屋には、遊び心あふれる屋根裏部屋へ通じる隠し階段が。
小さなお子さんの遊び場、押し入れの役割として機能しています。
はしご
屋根裏部屋はスペースが広く、天井もある程度高いため、小柄な方でしたら屈まずに入れます。
洗練されたデザインの住宅でありながら、遊び心もある設計が魅力なアスティークさんのモデルハウスに、ぜひ一度いらしてみてください。
隠し部屋

まとめ

安心安全の上にしか、笑顔は成り立たない」と話してくださった原田様。
注文住宅を購入された方に笑顔で生活してほしいと語るその裏には、コストを犠牲にしてでもお客様の安心安全を保証したいといった強い想いがありました。

家を建てた後でも積極的にメンテナンスをしてくれるアフターサービスや、地震の揺れそのものを抑える装置など、安心安全を保証する徹底的な取り組みは、決してどの会社でも出来るサービスではありません。

新築を建てた後にも安心して、笑顔が溢れる生活を送りたいと思っている方は、ぜひ一度アスティークさんに足を運んでみてはいかがでしょうか。

会社名 株式会社アスティーク
代表者名 宮谷 祐介
住所 〒190-0002
東京都立川市幸町1-21-1
電話番号 042-538-1068
公式HP https://www.as-customhome.jp/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 注文住宅
対応エリア 多摩地区