Atelier Bio

Atelier Bio(アトリエ ビオ)さんは、環境と人に配慮した「少ないエネルギーで気持ちよく暮らす家」を手掛ける設計事務所です。
環境への負荷を減らした上で、住まう人が無理をしなくても気持ちよく快適に過ごせる住宅を設計されています。

本記事では、そんなAtelier Bioの代表であるあらいさんに伺ったインタビューをご紹介します。
建てる時のエネルギーだけでなく、住んでから壊すまでに発生するエネルギーまでを考慮した、家づくりへの想いをぜひご覧ください。

家は人生を豊かにする、大切な場

施工事例

スタッフ

早速ですが、あらいさんが建築家の道を志されたきっかけを教えてください。

あらいさん

高校生の頃、電車の中から街並みを眺めた時に「この風景の中にある暮らしは、本当に豊かなんだろうか」という漠然とした疑問を抱いたことがありました。
その時に見ていた家々は、どれも同じような造りであったり、窓がなかったり、無理な建て方をしているように感じたのです。その光景に対する疑問が、今思えばきっかけと呼べるかもしれません。

スタッフ

特に都心の住宅街では、よく見られる光景ですよね。高校生の頃からそういった感性をお持ちだったのは凄いです。

あらいさん

私は「人は環境によりつくられる」と考えています。人生で特に長い時間を過ごす住宅は、人にとって最も大きな影響を与えると言っても過言ではありません。
そしてまた、人間が環境に及ぼす影響も大きいですよね。

スタッフ

本来は人生に大きく関わるはずの住宅なのに、当時見た街並みにはそれが反映されていなかったんですね。

あらいさん

そうですね。そこで、「この家々に豊かな生活は詰まっているのだろうか」というクエスチョンがありました。
常に住まう人が穏やかに、そして心豊かな人生を送っていただきたいという想いで設計をしています。

スタッフ

住まう人の人生を豊かにしてくれる設計、素敵ですね。

あらいさん

また、もうひとつのきっかけとして、父が建築士だったことも大きいと思っています。
父の影響を受けて「自分にしかできない仕事がしたい」「自分の色を足せる仕事がしたい」と思うようになりました。
住宅はクライアントのものだと思いますが、私がお手伝いをすることで素敵な暮らしのカラーを創れたらいいなと考えています。

ライフサイクルエネルギーの少ない家づくりを考える

省エネルギーの家づくり

ヨーロッパのエコハウスや建築とエネルギーを学ぶENERGY&ARCHITECTURE ツアー@Andrea Hikoneに参加

スタッフ

あらいさんが手掛ける、家づくりのコンセプトは何でしょうか?

あらいさん

環境に配慮した家づくりをしていきたいと考えています。
エネルギー枯渇に代表される数々の環境問題を改善するには、一人ひとりの暮らしから見直していく必要があると考えています。

スタッフ

環境問題と聞くと、なにやら壮大なテーマに聞こえてしまいます。家づくりからでも改善できるものなのでしょうか?

あらいさん

もちろんです。ひとりひとりの意識が大切ですよね。日本のCo2排出量は、家庭や運輸交通など私たちのライフスタイルにかかわるものが約半分を占めています。

あらいさん

ですから暮らしを見つめ直し、日常レベルの積み重ねが大切だと思います。家は日々の暮らしの器ですので、環境に配慮した家づくりが環境問題の改善に繋がると考えています。
でも、我慢したりストレスを抱えたりしながらエネルギーを削減するのでは続かないですよね。毎日気持ちよく暮らしながらも、当たり前に省エネルギーになる家はすでに技術的にもつくれるのです。

スタッフ

我慢せずに省エネ」というのは素晴らしいですね。ちなみに、環境に配慮した家づくりとは、具体的にどんな部分にこだわるのでしょうか?

あらいさん

開口部の窓断熱性能には特にこだわっています。中でも木の断熱材は、高い蓄熱性を持ちながら、調湿性が高く住宅には大変適した素材だと感じています。他にも遮音性能にも優れ、気密も取りやすく、そして木は廃棄する時に土に還すことができるのです。建材はなるべく土に還るものを採用して、ライフサイクルエネルギーの少ない家づくりを目指しています。
ライフサイクルエネルギーとは
製品の一生涯に使われるエネルギー。住宅においては、建材の輸送や建物の施工、住んでいる間に使うエネルギーや廃棄する時にかかるエネルギーを指します。
あらいさんは建築時のエネルギーだけなく、住んでいる間や廃棄時のエネルギー、環境負担までを考えて設計をされています。

あらいさん

また、設置可能であれば太陽光パネルもお勧めしています。ふつうの市街地にある、限られた場所にあるアトリエ兼自宅でも、太陽光発電による電気の自給率は200%もあるんですよ。太陽のエネルギーは本当に偉大です。温暖化の問題もありますから、建材やエネルギーを出来るだけ地産地消や自給自足していくことにも挑戦しています。

家づくりは最高に楽しい一大事業

イベント等

様々な場所で、エネルギーやライフスタイルについてお話しています。

スタッフ

このインタビューをご覧になったコノイエ読者の方に、家づくりのアドバイスを頂ければと思います。

あらいさん

家の性能や設備も大切ですが、「あなたがそこにいて気持ちが良いか」という視点が大切と考えています。人それぞれ個性があるように、好みは異なるはずです。家は大きなお金と長い時間をかけて作るのですからじっくり考え納得してつくるのが良いと思います。

あらいさん

そして、家づくりを楽しむことも大切ですね。大変なこともありますが、家づくりはとても楽しいことなので、打合せなども楽しんでいただけるよう心がけています。完成した家が、自分たちの好きなものが詰まったものになれば最高ですよね。

スタッフ

確かに、普通は一生に一度の経験ですからね。家づくりの過程を楽しむためには、まず何をすれば良いのでしょうか?

あらいさん

初めのうちは、とにかく間口を広げて色々な情報を収集することをお勧めします。
家づくりでは立ち止まってよく考えたり、時間を費やしたりすることが本当に大切なんです。そうして自分の人生に向き合ったその時間は、決して無駄にはなりません
あとはご自分に合ったパートナー探しですね。パートナーは重要です。

あらいさん

家には、人生を変える力があると感じています。今後の人生を豊かにしていく絶好の機会ですので、ぜひ楽しみながら取り組んでほしいと思います。その時、環境や地球に対して少しでも何かしたいと思ってくだされば、なお嬉しいです。

スタッフ

あらいさんのお話を伺って、環境問題や家づくりを身近に感じることができました。本日は、貴重なお時間をありがとうございました。

まとめ

施工事例

Atelier Bioさんの事務所は、あらいさんがご自身で設計されたそうです。
実際に入ってみると非常に落ち着く空間で、これまでのクライアントさんからも「家に入るとなぜか落ち着く」とよく言われるとか。

家は五感で感じるものですから、まずは気軽にお茶でも飲みにきてください」と話してくださった、あらいさん。
家づくりのパートナーをお探しの方はぜひ、Atelier Bioさんにご相談してみてください。

会社名 AtelierBio一級建築士事務所
代表者名 あらい かおり
住所 〒332-0032
埼玉県川口市中青木2-20-10
電話番号 048-255-2868
公式HP https://atelierbio.jp/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 建物企画・設計
対応エリア 埼玉・東京(埼玉県近郊)