エーティープラスティー一級建築士事務所

岡井敦

建売住宅やフルリノベーションなど、お住まいの建て方には多様な選択肢があります。
その中でもオーダーメイドで一からお住まいを建てられる“注文住宅”は、お住まいに強いこだわりをお持ちの方に、非常におすすめです。
せっかく注文住宅を選ぶのなら、細やかなこだわりまでお住まいに実現したいですよね。

エーティープラスティー一級建築士事務所さんでは施主様のこだわりを丁寧にヒアリングし、それをお住まいの形にするためにさまざまなご提案をしています。
お住まいに詰め込まれたこだわりの一つ一つは、会話を生み、物と人の物語をつくり上げていきます。

本記事ではエーティープラスティー一級建築士事務所の建築家、岡井敦さんの、物語をつくり出す家づくりへの想いをお伝えしています。

お住まいの雰囲気をガラッと変えるデザインのおもしろさ

住宅の模型

スタッフ

岡井さんはどのようなきっかけで建築の道を志したのですか。

岡井さん

わたしは元々は物理や数学が好きでした。
しかし、そのうちに美術や音楽も好きになっていきました。
そこで、当時高校生であったわたしは理系の知識を芸術に活かしたいと思い、建築学科がある大学に進学することを決めたのです。

スタッフ

高校生の頃から建築に興味を持たれていたのですね。
大学では実際にどのような分野を学ばれていたのですか。

岡井さん

わたしはデザインがとにかく好きでしたので、意匠の分野に夢中になっていましたね。
デザインにはお住まいの雰囲気をガラッと変えるおもしろさがあるのですよ。

スタッフ

お住まいのデザインのおもしろさを実感された瞬間はありますか。

岡井さん

エーティープラスティー一級建築士事務所を開き初めてお住まいを手掛けたときでしょうか。
施主様は仕事帰りにちょっと立ち寄れるセカンドハウスをご希望されていたのですが、リノベーション前のマンションはどことなく古びた印象でした。
しかし、リノベーションにより雰囲気がガラッと変わってからは、「同僚とお酒を飲みによく立ち寄るようになった」と言われるほど、施主様からとても喜んでもらえています。

細やかなこだわりこそが日常を鮮やかに彩る

住宅

スタッフ

施主様と設計の打ち合わせをされるときに、岡井さんが気を使われていることはありますか。

岡井さん

施主様からはお住まいの小さなこだわりでもお聞きしたいと思っています。
ですから、わたしはじっくりと時間を掛けて打ち合わせをするようにしています。

スタッフ

実際にはどのくらいのお時間を掛けられているのですか。

岡井さん

お住まいの条件によってまちまちですが、新築ですと通常“3ヶ月”程度は掛かりますね。

岡井さん

打ち合わせと聞くと、どうしても平面図ばかりを見つめるといったイメージがありますよね。
しかし、施主様は広告にある物件をそのまま購入するわけではありません。
わたしたち建築家は一から設計図を描き、施主様と一緒になって新たなお住まいを造り上げていくのです。

スタッフ

施主様は建築の知識をお持ちでない方がほとんどであると思います。
ですから、建築士さんからさまざまなご提案をもらえると、施主様もお住まいのイメージが膨らみますね。

岡井さん

ぜひとも施主様が思いも寄らないご提案をさせていただきたいと思っています。
ところで、デザインの発想はお住まいからはもちろん、日常生活の中にも溢れているのですよ。

スタッフ

岡井さんはさまざまなシチュエーションから、お住まいのデザインの発想を得られているのですね。
実際にお住まい以外の物についても、デザインされたことはあるのですか。

岡井さん

以前にチョコレートの箱をデザインさせてもらったことがあります。
わたしはアルミを蒸着した特殊な紙に印刷で色を乗せることで、色鮮やかで光沢があり、高級感がある箱をデザインしました。
宝石箱のようなキラキラした箱に入っていれば、チョコレートもより美味しそうに見えるのではないかと思ったからです。

チョコレートの箱

スタッフ

紙の材質や色の乗せ方を工夫すると、こんなにも上質な雰囲気が出るのですね。
中のチョコレートは同じでも、外の箱が違うだけで、味までが違って感じられる気がします。

岡井さん

お住まいもチョコレートの箱と同じです。
細やかなこだわりこそがちょっとした特別感を生み出します。
そして、そのちょっとした特別感が暮らしに気持ち良さを与え、日常を鮮やかに彩っていくのです。

会話のきっかけとなる、物と人の物語をつくり上げる家づくり

岡井敦

スタッフ

岡井さんはどのようなお住まいを手掛けられてきたのですか。

岡井さん

お住まいへのご希望は施主様によって違いますから、今までにさまざまなお住まいをお任せいただきました。
ですが、こだわりを持って造らせてもらったお住まいですから、どれも深い思い入れがありますね。

スタッフ

岡井さんはどのようなこだわりをお持ちなのですか。

岡井さん

お住まいで暮らされる方の未来をイメージすることでしょうか。

岡井さん

例えば面積が小さい敷地にお住まいを造らせてもらったときに、屋上への階段をお住まいの外観から突き出す形で取り付けたことがあります。
あえてベランダを造らずに屋上を活用することで、室内の空間を広く確保したかったからです。
屋上への階段もオブジェのようにデザインしましたので、「お住まいのシンボルになっている」と言われるほど、施主様からとても気に入ってもらっています。

住宅

スタッフ

屋上への階段と聞くと、むき出しで機械的な構造をイメージしていました。
しかし、こちらの階段はとてもスタイリッシュなデザインに仕上がっていますね。

スタッフ

お住まいの外観のお話を聞かせていただきましたが、内観でこだわりを持たれて造られたものもあるのですか。

岡井さん

内観ですと、アメリカ産の原木を使ってバーカウンターを造ったことがありますね。
原木をそのまま使っているので、猟銃の弾丸が埋まっているのです。
バーのお客さんがその弾倉を見ると、そこから会話が広がりどんどん盛り上がっていくそうですよ。

スタッフ

岡井さんが造られたお住まいが、みんなの会話のきっかけとなっているのですね。

岡井さん

施主様がお住まいに暮らしながら楽しんだり喜んでもらえると、わたしもとても嬉しい気持ちになります。

岡井さん

新しいお住まいを建てられても、家族構成の変化などにより引っ越しされるケースだってありますよね。
しかし、そのようなときでも次に暮らしてもらえるご家族から、「ここのデザインはどうしてこうなっているのかな」と不思議に思ってもらえ、新たな生活に一つの会話を生み出せたら素敵ですね。

岡井敦

スタッフ

岡井さんのお住まいはどれもそれぞれの形があり、一棟一棟がオーダーメイドになっていると感じました。
ゼロから新たな物を生み出すわけですから、これほど経験や情熱が求められるお仕事はないですね。

岡井さん

施主様が描いた理想をお住まいの形にするのが、まさに建築家の腕の見せ所です。
そのような意味ではお住まいに決まった形はありません。

岡井さん

わたしたち建築家は素材や寸法を工夫するしかありませんが、それは家づくりの始まりでもあります。
ですから、そこに施主様にとってかけがえのない大切な想いを宿らせていきたいと思っています。

スタッフ

ありがとうございました。
それでは、最後に施主様に向けてメッセージをいただけますか。

岡井さん

実はわたしが住んでいる家の壁は、妻の甥っ子たちが漆喰を塗ってくれたのです。
ですから、多少粗があるかもしれませんが、今でもとても温かみを感じられています。

岡井さん

お住まいへのご希望は施主様によって違いますが、日々の暮らしの中でそのお住まいにしかない温かみを感じられたら素敵ですよね。
わたしはそんなお住まいを施主様と一緒に造っていきたいと思っています。

値段感と坪単価

坪単価:50万円~

木造住宅

木造なら50万円から
木造でしたら坪単価50万円からご相談いただけます。
施主様のご希望に合わせ、お住まいの間取りを一緒に考えていきます。

まとめ

住宅

お住まいは建てられたら終わりではありません。
そこで長い時間を過ごしながら少しずつ愛着が深まっていくものです。

このような暮らしの中で、お住まいが何気ない会話のきっかけをつくってくれたら素敵ですよね。
エーティープラスティー一級建築士事務所さんでは物と人の物語をつくり出す、家づくりへのこだわりがありました。

会社名 エーティープラスティー一級建築士事務所
代表者名 岡井敦
住所 〒198-0022
東京都青梅市藤橋1-400-3
電話番号 0428-78-2982
公式HP https://www.attarc.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 建築設計、都市計画、内装設計、造園設計、家具設計、
木造住宅の耐震診断・補強設計、商品デザイン
対応エリア 全国