一級建築士事務所 小檜山尚秀建築設計事務所

小檜山さんトップ

東京の下町、江東区森下に事務所を構える一級建築士事務所 小檜山尚秀(こびやま たかひで)建築設計事務所さんは、住宅をはじめ、美容院や保育園、飲食店などの設計を手掛けられている設計事務所さんです。

この記事では、代表の小檜山尚秀さんへのインタビューをもとに、小檜山さんが建築士を目指されたきっかけや、これまでに受けられたお仕事、家づくりへのこだわりや想いについてご紹介します。

建築士さんをお探しの方はぜひ、参考になさってください。

幼い頃から建築に興味を持ち、設計の道へ

小檜山尚秀建築設計事務所外観2

一級建築士事務所 小檜山尚秀建築設計事務所さんの事務所前。オシャレな立て看板が目印です。

スタッフ

まずは、このお仕事を始められたきっかけを教えてください。

小檜山さん

僕が小学2年生のとき、両親が家を建てたんです。そのときに何回か現場を見に行って、そこで大工さんって面白そうだなと思ったのがきっかけです。
小学校の卒業文集には「大工さんになりたい」と書いた記憶があります。

スタッフ

そんなに幼い頃から建築に興味を持たれていたんですね。

小檜山さん

そうなんです。高校も、普通高校じゃ面白くないなと思って、建築科がある地元の工業高校に行きました。
高校では設計や施工のことを勉強して、実習では型枠にコンクリートを流し込んで基礎を作ったりして。
高校時代に建築ってすごく幅広いものなんだと知りました。

スタッフ

高校時代から建築を専門に学ばれていたんですね。それで大学も建築学科へ?

小檜山さん

はい。大学は高校よりも学ぶものがかなり現実に近くなってきて、自分が思い描いたことが実際に形になっていくのを見るのが本当に面白かったです。
大学3年の頃に設計をやりたいと考えるようになって、そのまま大学院まで行きました。
小檜山さん卒業制作

小檜山さんが大学卒業時に制作されたミュージックハウスのプラン。

スタッフ

高校時代から大学院時代まで、学生時代はたっぷりと建築を学ばれたのですね。
ご卒業後は設計事務所で働かれていたんですか?

小檜山さん

そうですね。建築が図面から形になるまでをひと通り学びたくて、大きな会社ではなく、アトリエ系の小さな設計事務所で働きました。
ただ、最初に仕事を任されたときは右も左もわからなくて、死にものぐるいでした(笑)。
所長や同僚はもちろん、現場の職人さんにもひたすら質問しました。

スタッフ

建築士のみなさんは、アトリエ事務所で働くことは「修行」だと、よく言われていますよね。

小檜山さん

本当に修行でしたね。所長と職人さんに板挟みにされながら、いろんな人に怒られて(笑)。
でもひと通り経験すると、人間何となくわかってくるもんで、その後からは仕事をだいぶ俯瞰して見られるようになりました。

スタッフ

その後、独立されて、設計事務所の所員時代とは大きく変わりましたか?

小檜山さん

独立してから、自分の仕事は人の命を預かる仕事でもあるのだと、より強く意識するようになりました。
例えば、地震があったときには、中の人を守ってくれる建物でなければなりませんよね。
所員時代は必ず所長のチェックがあったけれど、独立したら僕の一存で全てが決まります。
建築士はお施主さんを導く立場ですが、その中でいつも客観的な目線を鍛えながら、いつも「これでいいのか?」と自分に問いつつやっていかなければなりません

スタッフ

すごい。重みのあるお仕事ですね。

小檜山さん

そうですね。ただ、その重みもいい意味で捉えています。
お施主さんの要望と予算を踏まえて、法律や耐震性をクリアした設計を考え、図面に起こし、形にしていく。
うまく言葉に表せないんですけど、本当に面白くてやり甲斐のある仕事だと思っています。

限られた予算の中で工夫を凝らした美容室の設計

川口の美容室模型

美容室の模型と実際のお写真。

スタッフ

ちなみに、独立してはじめて受けられたお仕事はどんなお仕事だったんですか?

小檜山さん

はじめての仕事は美容室の設計でした。
依頼してくださった方は、僕が東京に来てはじめて行った美容室で、僕の担当をしてくれた方でした。
たまたま飛び込みで入った美容室だったんですけど、その後ずっと通っていて、何気ない会話の中で、独立を考えていることを話したんですよ。
すると、ある日「美容室の設計をお願いしたい」と突然連絡をくださったんです。

スタッフ

それは嬉しいですね!本当に連絡をくださるなんて。

小檜山さん

すごく嬉しかったですね。
僕の担当だった美容師さんは女性だったんですけど、旦那さんも美容師さんだったんです。
ご夫婦で美容室をやりたいということで、お家の敷地に美容室を建てました。
美容室外観

実際の美容室のお写真。お家の敷地内に小さな可愛らしい美容室が建てられています。

スタッフ

スタイリッシュでオシャレな美容室ですね!

小檜山さん

ありがとうございます。ご要望が「カフェっぽくしたい」とのことだったので、壁の色やロゴもカフェを意識してみました。
カットスペースが2つとシャンプー台が1つ。4坪ほどの小さな美容室です。
美容室内観

美容室の内観写真。小檜山さんにとって、とても思い出深いお仕事だそうです。

小檜山さん

限られた予算の中でしたが、下地材を使ったり、お施主さんと一緒に壁を塗ったりして、コストを抑えながら仕上げました。

スタッフ

はじめてのお仕事から、心に残るものだったんですね。
小檜山さんは設計をする際に、何かこだわられていることはありますか?

小檜山さん

こだわりは、そうですね。できるだけ自然素材を多く取り入れるようにして、人工建材はなるべく使わないようにしています。
人工的なもので固めるんじゃなくて、もっと木なんかの材料が持つあたたかみみたいなものを出せるといいなと考えていて。漠然となんですけど。
人工建材とは
人工建材とは、人工的に作られた建築材料のことです。

スタッフ

素敵ですね。家の中に自然の素材がたくさん使われていると、本当にあたたかみを感じます。
そういえば、小檜山さんは「伝統再築士」という資格もお持ちだそうですね。

小檜山さん

はい。以前、山の奥にある古民家をカフェにするプロジェクトがあって、そのときに古民家のことを調べていたら、伝統再築士という資格があることを知ったんです。
それでどうせなら取ってみようと思って。
伝統再築士とは
伝統再築士とは、次世代に引き継ぎたい文化的価値の高い伝統的な木造建造物を残すための専門知識を有するものを育成することを目的とした資格です。古民家の再生なども古き良き造りを傷付けることなく行うことができます。

スタッフ

そうだったんですね。古民家の再生もやってみたいとお考えだったんですか?

小檜山さん

明確にそう考えていたわけではないんですけど、もともと僕の中で「いいものは残るんじゃないか」という考えがあって、古くから残る建物に興味があったんだと思います。
これまでずっと残ってきた建築、これからもずっと残る建築、そういうものを大事にしたいという気持ちがあります。

スタッフ

なるほど。では、チャンスがあれば古民家の再築もされてみたいですか?

小檜山さん

やってみたいですね。
古いものを残しつつ、新しいものを取り入れて、その対比を表現するような、そんな設計がしてみたいです。

住む人が考え、工夫できる「余白」を残した空間をつくりたい

小檜山尚秀建築設計事務所内観

事務所の内観写真。小檜山さんのご出身地、会津の赤べこもお出迎えしてくれます。

スタッフ

住宅の設計をするときに、特に気に掛けられていることはありますか?

小檜山さん

意識しているのは、あんまりつくりすぎないことです。
例えば、設計者である僕が「こう住んでください」というような、プランでガチガチの設計にはしたくなくて。
住む人がいろいろと考えて工夫できるような「余白」を残して空間をつくるようにしています。

スタッフ

暮らしの中で、自分たちにぴったりの空間につくり変えていけるようにしているんですね。

小檜山さん

はい。ライフスタイルって日々、変わりますからね。それこそ、お子さんが生まれたりするとガラッと。
そういうときに、ある一部屋を大きくつくって間仕切りが入れられるようにするなど、ある程度の余白を残してつくっておけば、ライフスタイルの変化に合わせて、住まいも変化させられます。

スタッフ

建築のプロが将来のことまで考えて空間をデザインしてくれるなんて、心強いですね。
最後に、小檜山さんが設計をするにあたって、大切にされていることを聞かせてください。

小檜山さん

僕は結構人が好きなので、建築を通して人と人とのお付き合いができたらと思っています。

スタッフ

人と人とのお付き合い、ですか。

小檜山さん

お施主さんにとって家づくりは一生に一度のものですよね。
だから、こちらももちろん提案はするんですけど、「こうしたほうがいいんじゃない、ああしたほうがいいんじゃない」と、お施主さんの意見もめいっぱい取り入れながら、一緒につくっているという感覚を共有し合って、思いを一つに、住宅をつくり上げていきたいんです。

スタッフ

なるほど。小檜山さんのお人柄が滲み出ているようなお言葉ですね。

小檜山さん

それに、お施主さんもたくさん意見を言えたほうが、結果的に納得いくものができて、その後もずっといいお付き合いができますからね
ぜひ、思い描いていることやこだわりをたくさん持って、ご相談にお越しいただければと思います。

まとめ

事務所の看板

小檜山さんは、事務所を江東区森下に構えられた理由を「この辺は人と人との距離が近くて、なんだかいいなと思ったんです」とおっしゃっていました。

「建築に詳しくない自分たちが、建築士さんと家づくりなんてできるだろうか?」そう考える方も多いでしょう。小檜山さんは、そんなお客様の目線に立ち、じっくりと一緒に考えながら、家づくりをサポートしてくださる建築士さんです。

新築をお考えなら、まずは一度、小檜山さんにご相談されてみてはいかがでしょうか。予算や敷地に限りがあっても、こちらが思ってもみないような案で、こだわりを叶えてくださるかもしれません。

事務所名 一級建築士事務所 小檜山尚秀建築設計事務所
代表者名 小檜山 尚秀
住所 〒135-0004
東京都江東区森下2-4-4 加藤ビル102号室
電話番号 03-6659-4380
e-mail cobi@cobi-architects.jp
Instagram cobi.architects
営業時間 10:00~18:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 全国対応(諸経費は別途)