有限会社アーク・プラン・システム

Rated 0 out of 5
0

口コミの詳細はこちら

健康をおびやかすリスクは、お家の中にたくさん潜んでいます。

外から持ち込まれた花粉や、建材に含まれる有害な物質は、アレルギーを引き起こす原因です。また、室内の温度、湿度、光の入り方によっては睡眠が妨げられてしまいます。

たとえ、新築のお家であっても、安心はできません。 健康を維持するには、お家づくりにもこだわりが必要なのです。

そこで、注目していただきたいのが、有限会社アーク・プラン・システムの松本社長が提案する、住環境に徹底してこだわったお家です。

科学的な視点からお家の設計を見直し、長く健康でいられる家づくりを実践されています。

デザインよりも優先すべきは住環境

松本社長

スタッフ

家づくりで重要視しているポイントは何でしょうか?

松本社長

まずはコンセプトですね。 どういう暮らしをしたいか、というコンセプトをはじめから持っているお客様は少ないんですよ。 なので、お話を伺った上でお客様の暮らしを想像して、お家のコンセプトを明確にします。 そのうえで、どういう提案をかけるべきなのか判断しなければなりません。

スタッフ

お客様によっては家族構成の変化などもありますからね。

松本社長

お客様はそこに1年や2年の短い間住むのではありません。10年、20年先を見据えて提案しなければなりません。 どんな暮らしをしたいために、どういう家が欲しいのか。 そして、その家を実現するためには、どういう形を造っていけば良いのかなど、考えるべき課題はたくさんあります。 その最終的な部分で素材だったり、デザインっていう部分を考えるんですよ。

スタッフ

デザインや素材選びよりも根幹が大切ってことですね。

松本社長

例えば、得意なデザインの方向性っていうのを持っている設計事務所さんは多いんですが、私はデザインの特徴ってないんです。 お客様に合わせて提案するデザインは、ケースバイケースで違います。 だから、統一性がありません。 もちろん、デザインにはこだわるんですよ。 でも、それはお客さんの好みのデザインにこだわるだけで、自分のデザインにはあまり興味がありません。 だから、注文住宅ってお客様と話し合う時間が大切だと思うんです。

松本社長

でも、今一番重要視している設計は、デザインよりも環境ですね。 空気環境、温湿度環境、光環境などです。

スタッフ

住環境に特化したお家ですね。 いつごろから意識されているのですか?

松本社長

1996年頃からですね。 ちょうどシックハウス症候群などが出始めたころで、オーナーさんから安全な家を建てて欲しいという要望をもらったのがきっかけです。 その時、家の中の空気環境っていうのを意識しはじめました。 空気という、目に見えないものに対する品質を担保するのが、当時の私にとって難しくもあり興味を惹かれたんです。

スタッフ

具体的にどのような方法で品質を上げるのでしょうか?

松本社長

空気の品質をあげるには、毒性の少ない空気である必要があります。 なので、ホルムアルデヒドやVOCなどを対象に、空気を採取して、それらの有害な物質が含まれていないか徹底的に分析します。 とはいっても、納得できる品質に達するまではかなり大変でした。

スタッフ

具体的に実現するには、考えることがたくさんあったと思いますが何が一番大変でしたか?

松本社長

全て大変でした。 使用する建材の材質や施工技術など、あらゆる面で改善が必要でした。 初期の頃は、大学の先生の文献なども見て勉強しました。 自分たちなりに、実験もかなりやりましたね。 おかげで、臭いすらほとんどないレベルにまで空気の品質を上げられましたよ。

スタッフ

臭いがないレベルですか?

松本社長

臭いがないというのは重要です。 人間の鼻で分かるようなレベルでは困るんですよ。 例えば、蚊取り線香は蚊には有毒ですよね。 でも、あの独特な臭いは、人間には害がないと言い切れません。 逆に、害があるとも言えません。 つまり、分からないんですよ。 だから、われわれは安全性を取って、少しでもリスクがあるものは避けるようにしています。

松本社長

自分たちの研究のために専門機関に分析を依頼することもあります。精度の高い研究では、分析1回で100万円程度はかかります。 でも、それくらいやらないと、われわれにとってもわからないんですよ。 こういう場合はどうなのか?こうなったらどうなのか? 今ではそうした積み重ねで、確信がもてる範囲で最高品質のものを提供するようにしています。

スタッフ

研究に研究を重ねて、たどり着いたんですね。

松本社長

試行錯誤でしたね。 ちなみに、私が所属している室内環境学会という学会があるのですが、そこには環境工学の先生なんかがたくさん集まります。おかげで、いろんな先生方の論文が勉強になりました。 大学の先生たちは研究のフィールド、われわれはその先生たちの研究をどう現場に落とし込むのか、というフィールドでお役に立てたようにも思います。

より長く健康を維持するための家づくり

スタッフ

住宅、経営に対する理念などはありますか?

松本社長

健康に寄与するってことです。 家づくりで、住む人の健康をより長く保てるよう努めています。 健康をおびやかす要因は主にアレルギーやストレスなどのリスクです。

スタッフ

家づくりで住む人の健康維持をサポートするわけですね。

松本社長

はい。中でも、ストレスの問題は厄介だと考えています。 現代の環境下では脳をたくさん使います。 だから、脳をつかって頭がいっぱいになって、ストレスを抱えてしまわないように、睡眠をしっかり摂る必要があるのです。

スタッフ

睡眠の質は健康維持に大きく影響しそうですね。

松本社長

快適な睡眠を摂るには、光環境が重要になります。 例えば、メラトニンに対しての影響だとか、そういうものに対して光がどう影響するのか、逆に影響させないためにはどういう環境を造ればいいのか、という面から住環境を考えます。

スタッフ

光環境っていうのは脳やホルモンバランスにも影響があるんですね。

松本社長

光環境は基本、脳に影響します。 サーカディアンリズムという言葉がありますが、寝ている間の細胞の動きも健康に大きな影響があります。なので寝室の構造はやはり重要です。 光があると、メラトニンの発生率が下がるので夜でも眠りが浅くなってしまいますからね。 人間も動物としての細胞をもっていますので、夜はしっかり眠れる環境づくりが大切です。 特にシニア世代の方に造る住宅は寝室が全てです。 寝室が考え方の中心にあって、全ての設計をスタートします。 起きている時は空調などの調節ができますが、寝ている間で、深い睡眠に入った時は全くコントロールできませんからね。 光に加えて、温度や湿度も配慮して設計しますよ。

スタッフ

高齢の方には、特に健康を維持して頂きたいですよね。

松本社長

やはり、安全性が高いもの、元気な状態がより長く続くような住宅を提供したいという思いがありますね。 体調を治すっていうのはお医者さんの仕事ですが、健康へのリスクを軽減することは私たちの仕事だと思っています。 なので、どこに、どんなリスクがあるのかっていうのをお伝えする必要もあるんですよ。

一般のお客様向けに開催しているセミナーの様子

スタッフ

一般のお客様向けに、健康を維持するためのセミナーを年に数回やられていると伺いました。

松本社長

はい、商工会議所や、多摩信用金庫さんでもセミナーをさせて頂いてます。 例えば、こういう環境でこんな生活していると血圧がどんと上がりますよ、とか、こういう環境で寝ないと体が回復しませんよ、といったことを認知してもらえば、皆さんにも意識して動いてもらえますからね。

スタッフ

住む人にも健康に対して正しい知識を持ってもらうわけですね。

松本社長

はい。 でも、実は、住む側に限らず、造る側にも知ってもらうのが目的なんです。

スタッフ

施工会社にとっての教育の場でもあるという意味ですか?

松本社長

そのとおりです。 設計っていうのは実際に自分でものを造っているわけではないので、施工会社さんにも理解して、勉強をしてもらって技術を上げてもらわないと私たちの考えるお家は実現できません。 実際に技術をあげるのは、結局、現場なんですよ。

スタッフ

では、工務店さんも選ぶ必要がありますよね。

松本社長

そうです。 私どもは初めての施工会社さんにお仕事を依頼することはありません。 セミナーをやったり、情報を提示したりして、基本を理解して頂いた施工会社さんとしかお取引をしません。 建材の接着剤ひとつにしても、急に濃度が高いものを使われると困るので、丁寧にご指導させてもらいます。 業者さん選びにおいても、現場ひとつひとつに携わって行かないといけないなっていうのはありますよね。

値段感と坪単価

坪単価:70万円

木造の注文住宅は70万円~
オーナーさんの希望によって価格幅は生じますが、一般的な大きさの木造なら相場は70万円からです。 鉄骨造やコンクリート造も対応可能なので都度ご相談ください。

まとめ

松本社長

私たちは、お客様が考えている以上のものを作り上げなければなりません、と話してくれた松本社長。 特に、住む人の健康に対しては、強いこだわりが感じられました。

目に見えないところに潜む危険に対しても手を抜かず、科学的な根拠を元に、徹底して品質を担保しようとする姿勢は、簡単にはマネできません。

あなたのご家族、そしてあなたにとっても、安全で長生きができるお家を建てたいと願うなら、ぜひ、有限会社アーク・プラン・システムさんにご相談ください。

詳細情報

会社名 有限会社アーク・プラン・システム
所在地 〒190-0012
東京都立川市曙町2丁目10番10号 緑川ビル3階
代表者名 松本博利
電話番号 042-529-3302
営業時間 10:00~18:00
公式HP http://www.arkplan.jp/
対応する工事 建物設計・監理
対応エリア 多摩地域
その他 -

有限会社アーク・プラン・システムの口コミ

Rated 0 out of 5
0
星5つ中の0(0件の評価)
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

まだレビューがありません。

口コミ・評価フォーム

当協会の運営サイト「コノイエ」は、工務店・ハウスビルダー・建築家・建築設計事務所等の500以上のインタビュー記事を掲載。また、新築・建て替えを検討中のユーザーにとって有益となる情報を発信しています。
当協会は、建て替えに伴うお住まいの取り壊しのご相談を年間で2,500件ほど承っており、各地域の住宅関連会社の情報が集まります。今後も「コノイエ」では、新築ユーザー様の発注先や評価、住宅関連会社様への独自インタビューといった当協会ならではの独自のリアルな情報をお届けします。

新築・建て替え時の
解体費用ぐっと安く
6社無料一括見積り

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で無料相談(フリーダイヤル)

0120-978-124

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)