株式会社小林住宅工業

小林様
Rated 0 out of 5
0

口コミの詳細はこちら

株式会社小林住宅工業(こばじゅう)さんは、自然素材100%の「自然流(じねんりゅう)健康の家」を手掛ける工務店さんです。国産の良質なヒノキやスギを使い、子どもの代まで住み継ぐことができる家を造っていらっしゃいます。

この記事では、そんなこばじゅうさんで代表取締役を務める小林栄利子さんの、家造りにかける想いについてご紹介します。また後半では、実際に小林住宅工業さんで家を建てたお客様へのインタビューも掲載していますので、あわせてご覧になってみてください。

「自然流健康の家」ができるまでの軌跡

木造の家の内観

スタッフ

小林住宅工業さんは、現会長であるお父様が創業された会社なんですよね。 どうして会社を継ごうと思われたのですか?

小林様

父が大工をしていたということもあり、建築は昔から身近な存在でした。 決定的だったのは、大学に進学する際に、父から「特にやりたいことがなければ経営を勉強してほしい」と言われたことです。それから会社を継ぐことを意識するようになり、大学では財務や経済学について勉強したり、宅建を取得したりして過ごしたのち、小林住宅工業に入社しました。

スタッフ

入社してからは、どういったお仕事を経験したのですか?

小林様

父は「見て覚えろ」というスタンスの人だったので、手取り足取り仕事を教えてくれることはなく、最初のうちは雑用や事務をして過ごしていました。

小林様

24〜25歳になると、初めてリフォームの営業を任されることになり、それからは飛び込み営業に明け暮れました。 はじめのうちは門前払いされることも多かったですし、そもそも見積書の作り方すら知らなかったので大変でしたが、少しずつ話してくれる方が増えて、だんだんとリフォームのご依頼もいただけるようになりました。見積書の作り方も、過去の見積書を引っ張り出して真似て作るうちにいつの間にか覚えていましたね。

スタッフ

慣れるまで大変だったのでしょうね。 リフォームの営業は、どのくらい経験されたんですか?

小林様

軌道に乗るまでは、2年ほどかかりましたね。 その後は、今度は父がやっていた新築の営業を一緒に担当することになったんです。

スタッフ

ついにお父様と同じ仕事をすることになったんですね。 その際は、会社を継ぐにあたって、いろいろとアドバイスがあったのでしょうか?

小林様

いいえ、やはり「見て覚えろ」のスタンスは相変わらずで、最初は鞄持ちのようについていただけでした。 その後、1人で営業をするようになってからも、自分がまだ20代の女性だったこともあってか、なかなかお客様の信頼を勝ち取るのが難しかったです。

スタッフ

新築の営業マンというと、無意識に男性を思い浮かべる方が多かったのかもしれませんね。 そういったお客様から、どのようにして信頼を勝ち得たのでしょうか?

小林様

訪問したお客様に「何でおたくで家を建てなきゃいけないの?」と言われたとき、パッと答えられなかったんです。 そこで、まずは「どうしてうちの会社で新築を建てなければならないのか?」ということを一生懸命考えました

スタッフ

とても難しい質問ですね。 当時、その答えは出たのでしょうか?

小林様

今でこそ「自然流健康の家」というブランドコンセプトがありますが、当時はあれもこれもと手を出している状態だったので、このままではとてもお客様に売り込めないと気付きました。 そこで、標準仕様を定めたり、現在の家の前身となる「華の家」「樹の家」「森の家」を考案して父に提案したりしたんです。

スタッフ

すごいですね。 お父様の反応はいかがでしたか?

小林様

最初こそ少し懐疑的でしたが、次第に受け入れてくれるようになりました。 そして、平成10年頃からは、無垢の木などを使った自然素材100%の家を本格的に展開するようになりました。

スタッフ

雑用や事務から始まり、リフォーム、新築、新たなブランドの展開と、いろいろな経験をされて今に至るんですね。

自然素材でつくる家の魅力

小林様

スタッフ

小林様から見て、自然素材でつくる家の魅力は何ですか?

小林様

たくさんありますが、まずは無垢の木の持つ温かみですね。 無垢の床は冬でも冷たさを感じにくいので、当社では床暖房を一切取り入れていません。ですが「冬でもスリッパを使わなくて大丈夫だった」と話して下さるお客様も多いんですよ。

スタッフ

冬でも足元が冷たくならないのは嬉しいですね。それに、素足で無垢の床を歩くのは気持ち良さそうです。

小林様

あとは、強度が高いところも魅力です。 当社では、江戸時代の後期から林業を営んでいる、和歌山県田辺市の山長商店さんが育てたヒノキやスギを使って家を建てています。山長商店さんの木は、よじれのない素直な気質が特徴で、年輪がきっちり2、3mmに詰まった50年生〜60年生の高齢樹です。 年輪が詰まった木材は、年輪の幅が広い木材に比べて強度特性に優れていて、上からの荷重に強いんです。それに、木は樹齢と同じくらいの年数は最低でも持つと言われているので、子どもの代まで住み継ぐことも可能となります。

スタッフ

同じ無垢の木でも、年輪の幅によって強度が異なるんですね。それに、子どもの代まで住み続けられるのはすごく魅力的です。

小林様

ありがとうございます。 他にも、化学物質が原因で引き起こされるシックハウスにお悩みの方なども、ぜひ自然素材100%のこばじゅうの家を体感してみてほしいです。

お客様インタビュー

小林住宅工業さんで新築を建てた2組のお客様にご協力いただき、インタビューを実施しました。どちらのご家庭も、木の家が持つ魅力に気付いたことで、それまでの価値観が大きく変わったそうです。

旅行先より自宅の方が心地良いです(Aさん・Bさんご夫妻のケース)

スタッフ

小林住宅工業さんで家を建てたきっかけは何だったのですか?

Bさん

建築中のお家を見せていただいたのがきっかけです。 こばじゅうさんに電話したら「近くで建てている家があるから、見学しませんか?」とお誘いいただきました

スタッフ

どのような家を建てたいとお考えだったのですか?

Aさん

元々は、防音性に優れた二世帯住宅にしたいと考えていました。 私はオーディオが好きでしたし、子どもも生まれたばかりだったので、音漏れでご近所に迷惑をかけないように気を配る必要がありましたから。

スタッフ

なるほど。 最初から小林住宅工業さんに依頼しようと考えていらっしゃったのですか?

Bさん

いえ、1年くらいかけて他社の住宅展示場を回っていました。 こばじゅうさんを選んだのは、健康を意識したお家にしたいと思ったからです。うちには小さな子どもがいたので、アレルギーを起こさないように、なるべく化学物質から遠ざけてあげたいと思いました。

Aさん

他社の家も魅力はあったので迷いましたね。調べれば調べるほど悩みが深まりました。 でも、最後は子どもの健康を優先して、こばじゅうさんを選びました

スタッフ

こばじゅうさんの住宅の、どんなところに魅力を感じましたか?

Bさん

やっぱり自然素材ですね。直感で「自然に近い家にした方がいい家になる」と思いました。

スタッフ

実際に住んでみて、住み心地はいかがでしょう?

Aさん

本当に居心地が良いですし、家にいると楽しくなります。 建て直してから、家にいる時間が長くなりましたね。

Bさん

あまりに居心地が良いので、滅多に旅行へ行かなくなりました。 家族の絆を深めるために旅行へ行くことはありますけど、家にいる方が落ち着きます。

スタッフ

ご自宅でのんびりした方が、疲れが取れるのですね。

Bさん

ちなみに、旅行以外にもいろいろと価値観が変わりました自分が求めるものや魅力を感じるものが、自然素材でできた衣服や食べ物になったんです。耳に入ってくる情報も、自然に関係するものばかりになったような気がします。

スタッフ

小林住宅工業さんで家を建てたことで、価値観まで大きく変わられたんですね。 では最後に、お家の中で1番好きな場所を教えてください。

Aさん

うーん、私は 家の中ならどこでも好きですね。

Bさん

私は居間です。 家族の存在をいつも感じられるので、とても安心できるんですよ。

無関心だった木造住宅が今ではお気に入りに(Cさんのケース)

スタッフ

小林住宅工業さんを知ったのは、いつ頃だったのですか?

Cさん

10年以上前に、勤務先のお客様から聞きました。 当時は興味が無かったのですけれど、 お客様が「木の家を建てた」と喜んでいらっしゃったことは記憶に残っていましたね。

スタッフ

その後、10年を経て小林住宅工業さんに依頼することにしたきっかけは何かあるのですか?

Cさん

5、6年前に、お風呂が壊れてリフォームする際に相見積りをお願いしたのがきっかけです。 女性の方が来てくださったので、とても安心しました。加えて、 寸法とかも細かく見てくれましたし、パソコンで丁寧な見積書を作っていただいたところも好印象でした。

スタッフ

最初はリフォームを依頼されたのですね。 その時点では、まだ新築する予定はなかったのでしょうか?

Cさん

なかったですね。建て替え前の自宅は、築40年以上になる主人の実家でした。家族との思い出が詰まっているためか、主人は建て替えに乗り気ではありませんでしたから。 万が一建て替えるとしても鉄骨住宅にするつもりでしたので、 木造住宅がウリのこばじゅうさんに新築を依頼するなんて一切考えていませんでした

スタッフ

なぜ一転してこばじゅうさんに新築を依頼することに決めたのでしょうか?

Cさん

相見積りを依頼した業者さんの中で、 こばじゅうさんだけが「リフォームではなく建て替えるべきだ」とはっきりおっしゃってくれたことが大きかったですね。 実は、建て替え前の自宅は土台がもうダメだったみたいで、リフォームで対処する場合は1000万円以上の高額な費用がかかるところでした。 他の会社さんはお願いした通りにリフォームの見積書を作っただけでしたが、こばじゅうさんは正直にはっきりと建て替えを勧めてくださったんです。

スタッフ

お客様のことを真剣に考えているからこそ、アドバイスしたのでしょうね。 こばじゅうさんに依頼して、よかったと思いましたか?

Cさん

本当によかったですし、今も住んでいて最高だと感じています。 ちなみに、自然を感じられる家だからか、屋内に無機質なものを置かなくなりましたね。家具はすべて備え付けの木製家具にして、ゴミ箱やテレビ台は職人さんに木の端材で作っていただきました。 あと、 昔は木造住宅に一切関心がなかった主人が、今では木の家が大好きになってしまいました。屋根裏の小部屋を秘密基地みたいに使っているんですよ。

まとめ

小林住宅工業さんの経営理念

化学物質を一切使わない、自然素材100%の家を提供している小林住宅工業さん。

インタビューでは、入社してからの苦悩なども赤裸々に語ってくださるなど、小林様のお人柄を感じました。また、2組のお客様がインタビューにご協力くださったことからも、小林様とお客様との強固な信頼関係を痛感します。

今回のインタビューだけではお伝えしきれなかった、こばじゅうさんの家づくりの魅力については、ぜひホームページで確認してみてください。また、木の魅力がたっぷり感じられる住宅の施工事例もぜひご覧いただきたいです。

木の温もりを感じる家を建てたい方は、ぜひ株式会社小林住宅工業さんまでお問い合わせください。

詳細情報

会社名 株式会社小林住宅工業
所在地 〒246-0034
神奈川県横浜市瀬谷区南瀬谷2-2-20
代表者名 小林栄利子
電話番号 045-303-1230
営業時間 9:00~18:00 ※火・水は定休日
公式HP https://www.kobajyu.co.jp/
対応する工事 注文住宅設計・施工・監理、 その他一般土木・建築・リフォーム
対応エリア 神奈川県内 ※その他の地域はご相談ください
その他 -

株式会社小林住宅工業の口コミ

Rated 0 out of 5
0
星5つ中の0(0件の評価)
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

まだレビューがありません。

口コミ・評価フォーム

当協会の運営サイト「コノイエ」は、工務店・ハウスビルダー・建築家・建築設計事務所等の500以上のインタビュー記事を掲載。また、新築・建て替えを検討中のユーザーにとって有益となる情報を発信しています。
当協会は、建て替えに伴うお住まいの取り壊しのご相談を年間で2,500件ほど承っており、各地域の住宅関連会社の情報が集まります。今後も「コノイエ」では、新築ユーザー様の発注先や評価、住宅関連会社様への独自インタビューといった当協会ならではの独自のリアルな情報をお届けします。

新築・建て替え時の
解体費用ぐっと安く
6社無料一括見積り

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で無料相談(フリーダイヤル)

0120-978-124

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)