株式会社深建工房

Rated 0 out of 5
0

口コミの詳細はこちら

「自然素材の家」を謳っているハウスメーカーや工務店は、日本全国にたくさん存在します。しかし、目に見えない部分には化学物質の含まれる新建材を使用しているケースも多いことをご存知でしょうか?

「自然素材の家=新建材を使わない家」であるとは、限らないのです。

もしもあなたが「化学物質が含まれない家」をお望みでしたら、目に見えない部分にまで自然素材を使用してくれるこだわりのつくり手を探すことが大切です。

神奈川県横浜市にある株式会社深建工房さんでは、自然素材をふんだんに使用し、化学物質を排除することにこだわって家づくりをされています。 そんな深建工房さんの代表である深沢様に、家づくりへの想いをお伺いしてきました。

「自然素材を使用する」だけでなく「化学物質を排除する」家づくり

スタッフ

深沢様、本日はどうぞよろしくお願いします。 まずはじめに、深建工房さんが手掛けているお家の特徴を伺ってもよろしいですか?

深沢様

こちらこそ、よろしくお願いします。 深建工房の家づくりの特徴は、無垢材や漆喰などの自然素材をふんだんに使った家づくりをしていることです。 こんな感じで、自然素材が家中に使われた家をつくっていますよ。

深建工房さんが手掛けた住宅のお写真を拝見しました。
床、壁、天井、どこを見ても、自然素材が使用されています。

スタッフ

思わず、深呼吸したくなりそうなお家ですね! お写真から、木の良い香りが伝わってくるような気がします。 深建工房さんが自然素材の家をつくるうえで、こだわっているポイントは何かありますか?

深沢様

私たちのこだわりは、ただ単に「自然素材を使う」だけではなく、そのうえで「化学物質を排除する」ことです。 ビニールクロスの壁紙や合板のフローリングを使用しないのはもちろんですし、化学物質が含まれた接着剤などを使用することもありません。 深建工房では、お客様の目に見えない部分まで、とことん科学物質を排除するよう徹底しています。

スタッフ

自然素材の家を謳っている会社はよくありますが、目に見えない部分には新建材を使用している場合が多いと聞いたことがあります。 その点、深建工房さんが手掛けられるお家は、本当の意味での「自然素材の家」なんですね。

同じ志をもつ仲間を探すところからスタートした家づくり

スタッフ

自然素材の家づくりに特化している深建工房さんですが、何年くらい前から自然素材の家を手掛けていらっしゃるのでしょうか?

深沢様

もう20年以上前から、自然素材の家づくりをしていますよ。 ですが、つくり始めた当初は自然素材の家がとても珍しかったため、色々な苦労がありました。

スタッフ

20年以上も前といえば、まだ今のように自然素材に注目が集まっていない時代ですよね。新建材が主流であった時代に、いち早く自然素材に目を付けていらっしゃったとは驚きです。 時代に先駆けて自然素材の家づくりをされてきて、具体的にはどのような苦労がありましたか?

深沢様

まず、自然素材の建材を入手するのに苦労しましたよ。 今でこそ、材木屋に行けば無垢板が簡単に手に入る時代になりましたが、新建材が主流だった当時は合板のフローリングしか売られていなかったんです。

深沢様

でも、そこで妥協をする気にはなりませんでした。 「無垢材が材木屋で売られていないなら、なんとかして手に入れよう!」と策を練りました。

スタッフ

強い志を感じます。 一般に流通していない無垢材を、どのように手に入れたのでしょうか?

深沢様

インターネットがない時代だったので、本屋さんで建築雑誌などを読んで、同じ志を持っている同業者を探すところから始めました。 同じように自然素材にこだわりを持つ建築事務所の方や職人さんを探して、アポを取って会いに行ったんです。

深沢様

お会いした方から付き合いのある仕入先を紹介してもらったり、材木屋さん経由で林業を営む方を紹介してもらったりして、無事に材料を手配できるようになりました。

自然素材へこだわりを職人さんに理解してもらうことに苦労した

スタッフ

無事に材料を入手できるようになった後、家づくりそのものは順調に進めることができたのでしょうか??

深沢様

実際に家をつくる段階でも、最初は失敗だらけでしたよ。 例えば、化学物質の含まれた接着剤を一切使わない家づくりなので、新築で建てたばかりの家の漆喰が剥がれてしまうこともありました。 かと言って、妥協して接着剤を使うわけにはいきません。 職人さんと「何が原因か」「どうすれば剥がれないか」と試行錯誤する日々が続きました。

スタッフ

職人さんも、慣れない自然素材の家づくりに悪戦苦闘していたわけですね。

深沢様

そうなんです。 当時の職人さんの中には、せっかく用意した無垢の床板を、私に隠れて接着剤で貼り付けようとする職人さんもいましたね。 きっと、家に何か不具合があったときの責任を負うのが嫌だったのでしょう。

深沢様

接着剤を使おうとしている職人さんを見つけるたびに、使わないよう指導していましたが、納得できずに怒って帰ってしまう職人さんもいましたよ(笑) 今思うと、職人さんたちに私の方針を理解してもらうのが一番大変でしたね。

スタッフ

新しい試みへの挑戦に抵抗がある人は、意外と多いですもんね。

深沢様

そうですね。 職人さんたちにとっては接着剤を使った家づくりが当たり前だったわけですから、その意識を変えることは簡単なことではありませんでしたね。 ですが、「何かあったら俺が責任を取るから!」と職人さんたちを何とか説得して、少しずつ理解を得ることができるようになりました。

スタッフ

誰かにとっての「当たり前」を変えることって、本当に根気がいることですよね。 それでも、ご自身が良いと思う方向に流れを変えようとするのは、さすがです。

深沢様

それでいうと、現場内を禁煙にする試みもいち早く始めたんですよ。昔は、現場で喫煙をするのが当たり前の時代だったんです。 みんなが協力してくれるようになって、今ではうちの職人さんに喫煙者はほとんどいなくなりました。

自然素材を使わない家は一棟も建てたくない

スタッフ

深建工房さんに家づくりを依頼されるお客様は、深沢様と同じように自然素材に強いこわだりをお持ちのお客様が多いのでしょうか?

深沢様

そうですね。私と同じように自然素材にこだわりがあって、化学物質を使用しない家を求めて相談に来られる方がほとんどです。 シックハウス症候群や化学物質過敏症にお悩みの方々が互いに情報交換をするコミュニティがあるのですが、その中に深建工房で実際に家を建てたお客様がいて、私たちの家づくりを口コミで皆さんに広めてくださったケースもありますよ。

スタッフ

口コミで評判が広まるということは、それだけ深建工房さんで家を建てたお客様の満足度が高かった証拠ですね。 こだわりのあるお客様を満足させる秘訣は何でしょうか?

深沢様

色々ありますが、深建工房では無垢材の種類をお客様によって変えることがあります。 例えば、自然素材の家でよく使われる無垢材の一つにヒノキがありますが、ヒノキ特有の香りが苦手な方もいらっしゃいます。 その場合、「ヒノキが苦手なら、杉はどうか?」「杉が苦手なら、松はどうか?」という風に、家づくりの素材となる他の木のサンプルをお渡しするんです。 そして、そのサンプルを枕元に置いて一晩過ごしてもらい、どれが合うか合わないか試して頂いてから選ぶようにしています。

スタッフ

ものすごい徹底ぶりですね。 深建工房さんが自然素材の家に特化していることが、世間から認知されているのも納得です。 それに、自分の建てる家をそこまでこだわってもらえたら、同じように自然素材にこだわりを持つ方々に広めたくなる気持ちも分かります。

深沢様

特化してるといえば、新建材を使用した家は1棟もつくらないよう徹底していますね。 カッコ良いデザイナーズ住宅を建てたい方が私たちに相談に来ることはまずありませんし、もしご相談に来られたら意匠専門の設計事務所をおすすめすると思います。

深沢様

逆に、新建材を使ったいわゆる普通の家の依頼を頂いたことも以前はありましたが、ハウスメーカーのほうが早いし安いしと何かしらの理由を付けて、やんわり断るようにしていました。 そのくらい、私たち深建工房は自然素材の家づくりにこだわりを持っているんです。 化学物質を使用しない自然素材の家に興味のある方は、ぜひ相談にいらしてくださいね。

インタビュー中「見た目重視の家はつくらない」と謙遜されていた深沢様。
ですが、深建工房さんのつくるお家は見た目も素敵です!

口コミ、評判

深建公房さんの家づくりについて口コミを拝見すると、工事中の対応にも安心感があることが分かりました。

工事中は、いつ見に行っても常にウエルカムな状態でした

工事中は、いつ見に行っても常にウエルカムな状態でした。いつでも、「今、こんな作業してますよ」とか「こういう素材を使うんですよ」と丁寧に説明してくださって。 工事が始まる前に、深建工房さんの作業場で「椅子作り」の木工イベントに参加したんですけど、ここできちんと加工されているものが、実際に家作りに使われているっていうことも知ることができてよかったです。工房の作業の様子を知っていたので、常に安心しながら、リフォームが終わるのを待っていることができました。

引用:深建工房|お客様の声

まとめ

イベントの様子

深建工房さんでは、自然素材を使用するだけでなく、化学物質を排除した家づくりをされています。

新建材が主流だった20年以上も前に、様々な困難を乗り越えながら自然素材の家づくりを確立されてきた深沢様からは、自然素材への強い想いを感じました。

深沢様に家づくりをお願いしたい方は、株式会社深建工房までお問い合わせください。

詳細情報

会社名 株式会社深建工房
所在地 〒241-0021
神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰本町3-3-13
代表者名 深沢良仁
電話番号 045-951-8080
営業時間 09:00~17:00
公式HP http://www.shinkenkobo.co.jp/
対応する工事 戸建住宅の設計、施工
対応エリア 神奈川県、東京一部
その他 -

株式会社深建工房の口コミ

Rated 0 out of 5
0
星5つ中の0(0件の評価)
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

まだレビューがありません。

口コミ・評価フォーム

当協会の運営サイト「コノイエ」は、工務店・ハウスビルダー・建築家・建築設計事務所等の500以上のインタビュー記事を掲載。また、新築・建て替えを検討中のユーザーにとって有益となる情報を発信しています。
当協会は、建て替えに伴うお住まいの取り壊しのご相談を年間で2,500件ほど承っており、各地域の住宅関連会社の情報が集まります。今後も「コノイエ」では、新築ユーザー様の発注先や評価、住宅関連会社様への独自インタビューといった当協会ならではの独自のリアルな情報をお届けします。

新築・建て替え時の
解体費用ぐっと安く
6社無料一括見積り

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で無料相談(フリーダイヤル)

0120-978-124

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)