ことこと設計室

予算に限りのある家づくりにおいては、必ずしも全てが当初の計画通りに進むとは限りません。⾼価で⾒栄えのするキッチンを取り⼊れようと思っていても、予算内に収まらなければ安価な既製品で我慢せざるを得ないことも珍しくありません。そんな時でも、ことこと設計室の代表・⼩林さんは妥協する事はありません。
時には⾃ら⼯具を持ち、建て主を巻き込んで共に⼿づくりしてしまったり、様々な楽しいアイデアをもって建て主の理想を叶えてくださる建築家さんです。ひとりひとりのお客様に寄り添った家づくりをされる小林さんの、お仕事への想いやこだわりをお伺いしました。

時間がかかることをポジティブに捉えて欲しい

スタッフ

「ことこと設計室」という事務所のお名前がとても印象的です。
一体どんな想いが込められているのでしょうか?

小林さん

「ことこと煮込む」という⾔葉からインスピレーションを得ています。時間と⼿間ひまを掛けてより美味しくなる、より良いものになるような印象を受けますよね。これって家づくりにも通ずるなぁと。建て主の為だけにデザインする一点物のオーダーメイドです。丁寧に丁寧に造り上げるので⼤⼿ハウスメーカーによる規格化、商品化された住宅などと⽐較するとどうしても時間が掛かってしまいます。
「ことこと設計室」という事務所名には、丁寧な家づくりを想起させつつ完成までに掛かる時間を少しでもポジティブに捉えて頂ければ、、、という願いが込められています。

スタッフ

素敵なコンセプトですね。
じっくりと丁寧に家づくりをされていることが伝わってきます。
小林さんにとって、家づくりの楽しさとは何でしょうか?

小林さん

センスや好みが違うお客様と一つのものを創り上げていくことが、家づくりの楽しさです。
それぞれのお客様に合わせて設計をしていくのでその都度僕の中に新しい引き出しが増えていきます。
その経験を次のお客様に活かすことで、またさらに設計者としての幅を広げる事ができる、その繰り返しです。
お客様のセンスや思考を吸収しながら、成⻑させて頂くようなスタンスで仕事をしています。
家の画像

スタッフ

素晴らしい向上心ですね。
センスや好みの異なるお客様と家づくりをする上で、小林さんが気をつけていることはありますか?

小林さん

まずは⾃分の中にある固定概念をリセットして出来るだけフラットな状態でお客様に向きあうようにしています。
そして出来るだけ多くのコミュニケーションを取り趣味嗜好を探ります。音楽や、アート、ファッション、お互いの趣味の話を交えたり、ある時は⾷事をしながらだったり、お酒を飲みながら打合せを⾏ったこともありました。リラックスした状態での何気ない会話の中に、これは!と思うようなデザインのヒントが隠れているものです。より多くのヒントを引き出す作業が後の設計に⽣きてきます。

自分たちでカスタマイズできる余白を残した家づくり

家の画像

スタッフ

小林さんは、自ら工具を持って現場仕事をされることもあるそうですね。
現場ではどんなものをつくられるのでしょうか?

小林さん

最近だと残材を利⽤して、ペーパーホルダーや、⼿摺を製作しました。建設⾏為における残材の有効利⽤は今後の課題ですね。
また、⼤きいものだとキッチンをつくったことがあります。
予算が厳しかったため当初は既製品のキッチンを入れる予定でしたが、どうしてもその家の雰囲気に合わず、、、
一緒に作っちゃいましょう!と施主を説得しました(笑)。杉の⾜場板を継ぎ合わせてダイニングテーブルと一体となった⻑さ5mのアイランドシンクを製作しました。⽇曜⼤⼯程度のスキルしかありませんのでとてもざっくりとした仕上がりにはなりましたがとても喜んでいただけましたね。

スタッフ

予算がないお客様の事情に合わせて個別に対応をしてくださるなんて、すごく丁寧な仕事ですよね。

小林さん

特例中の特例です(笑)。 そもそもその家は全体的に造り込み過ぎず、あえてざっくりと仕上げたインテリアでまとめ、⽣活をしながら⾃分たちでカスタマイズ出来る余白を残そうと考えていました。つまり⾃分たちで少しずつ家を育てていく過程を楽しめるようなしつらえにとどめておいたんです。引き渡しから約4 年経ちますが、建て主のDIYスキルも相当向上し⾃作のデスクや収納棚、中庭には可愛らしい外流し台まで完成していました(笑)。私の想像を遥かに超えて素敵に住みこなされていて、訪問する度にいい意味で驚かされます。最高に嬉しいですね。
家の写真

現在のご様子。楽しんで⽣活するご様子が伝わってきます。

スタッフ

自分で手を入れることで、家に対する愛着がさらに湧きそうですね。

小林さん

そうですね。愛着を持って頂く事は⼤事です。建物は⾃然環境の中に置かれているわけですから紫外線や⾬風に曝され年⽉の経過に伴い劣化が進むのは避けられません。昨今ではスクラップ&ビルド型の社会から「いいものを作って、きちんと⼿入れをして⻑く⼤切に使う」ストック活⽤型の社会への転換を目的とした住宅の⻑寿命化への意識が高まり、省エネルギー性や耐震性、劣化対策など、我々も国の定めた高耐久な仕様での設計を意識するようになりました。もちろんそれも重要なのですが本当に永く住み続けられる住宅の本質は、シンプルに愛着を持てるか否か、だと思うんです。より愛着を持って頂けるよう出来るだけ経年変化の味を楽しめる⾃然素材を多⽤するようにしています。使い込むほどに味わいが増して身体に馴染んでいく革製品のように「⼿のかかるやつだなぁ」って、末永く可愛がってほしいですね。

「佇まいが美しい住宅」をつくりたい

家の写真

スタッフ

小林さんが、家づくりで心掛けていることは何でしょうか?

小林さん

家の外観、⾔わば住まいの顔のデザインをとても⼤切に考えています。末永く可愛がって頂きたいのでシンプルで飽きの来ない「佇まいが美しい」デザインを提案するよう⼼掛けています。帰宅する度に⾃分の家を⾒上げて「かわいいなぁ、美しいなぁ」と思って頂けたら最高ですよね。また、ほとんどの場合は数⼗年とその場に存在し続け、地域の風景の一部となります。近隣の⽅々の目にもおちつきや癒しを与えられるような可愛らしいアイコンのような存在になれれば尚良いと思います

スタッフ

確かに、佇まいが美しい家を見ることそのものが、仕事のモチベーションになりますよね。
では、内装の設計でこだわっていることはありますか?

小林さん

吹抜けを設けて空間に⽴体感を与えたり、開⼝部の位置や納まりを⼯夫することで「視線の抜け」をつくり、広がりや開放感を感じられる空間にすることを意識しています。
例えば、壁に窓を設けて風景を切り取り、外部まで視線を誘う「ピクチャーウィンドウ」という⼿法がありますが、切り取った風景以前に窓枠やアルミサッシ⾃体で視線が⽌まってしまっては台無しです。視線の抜けを遮る雑多な要素を消しながら風景を切り取るだけの純粋な「⽳」に近づけるよう入念に検討を重ねます。

スタッフ

確かに、アルミサッシの窓枠があるとそこで一旦視線が止まります。
今まで考えたこともありませんでしたが、そこまで細やかな配慮をしてくださるなんてさすがですね。
事例

インタビュー中の小林さん。
これまで手掛けた事例写真を使って、スタッフに丁寧に説明してくださいました。

スタッフ

そういえば、小林さんは最近お子様が生まれたと伺いました。
お子様が生まれたことで、設計のお仕事に何か影響はありましたか?

小林さん

⾃身の育児や家事の経験を盛り込んだ説得⼒のある提案ができるようになったと思います。
正直なところ以前は家事の⼤部分を妻に任せていたのでとても⼤変な苦労をさせてしまっていたな、と反省しています。
まだまだ⼿際が悪く、逆に妻の⼿間を増やしてしまう事も多々ありますが、、、温かく⾒守って頂いております(笑)。
家づくりって何かと奥様が主導になって決めることが多いので、⾃身の家事の経験や反省を踏まえて奥様の相談にしっかりと乗れるようになったのはこの仕事をしていく上でとてもプラスになっていると感じます。

スタッフ

たしかに、男性目線だけで家を設計してしまうと見た目のカッコよさに偏ってしまいそうな気もしますが、ご自身の家事のご経験を取り入れた設計ができるのは小林さんの強みですよね。
最後に、小林さんが今後挑戦していきたいことを教えてください。
家の写真

小林さん

「温故知新」「不易流⾏」 の精神を軸に、慢⼼することなく謙虚にこの仕事を⻑く続けていくことが挑戦であり目標です。
その上で、いつかは設計だけでなく施⼯まで対応出来るようにしたいと思っています。
ますます時間がかかって「ことこと」どころか「ぐつぐつ」になってしまいそうですが(笑)。
じっくり丁寧に家づくりをしますので、ぜひ気軽にご相談ください。

口コミ、評判

ことこと設計室さんの口コミを拝見すると、小林さんの細やかな配慮や卓越した提案力に、お客様はご満足されていることが分かります。

任せて良かったです

沢山の私たちの要望に対して、提案をしてくれて個性ある天然素材の家が完成しました。
いろいろな細かいとこに気がつき、人の動線に気配りされ、センス良い照明の選択、等々。
任せて良かったです。

時には工具を持って現場作業する姿は忘れられません

1度目に見せていただいたプランは私達が描いていた生活が既に形になっており(想像を上回っていたかもしれません)、完成まで大きく変わることはありませんでした。
小林さんは現場にも数多く足を運んで頂きました。
現場で細かい指示をする姿や時には工具を持って現場作業する姿は忘れられません。

様々なアイディアや資料を提示してもらいました

今思うと予算や土地の規制が厳しく、できることに限りがあったと思うのですが、それでも様々なアイディアや資料を提示してもらいました。またこちらからのアイディアも「それ面白いかも!」とすぐに取り入れて、ラフを描いてくれたり、図面にしてくれたりとまさしく僕らと小林君、三人で一緒に家作りを進めていくという感じが新鮮でとても楽しい時間でした。

引用:Houzz|ことこと設計室

値段感と坪単価

坪単価:70万円~

コスパが良い
ことこと設計室さんでの家づくりは、坪単価70万円から叶います。
ひとりひとりのお客様と時間をかけて丁寧に向き合ってくださることを考えると、コスパが良いと言えるでしょう。

まとめ

小林さんはひとりひとりのお客様に寄り添い、丁寧に時間をかけて家づくりをされている建築家さんです。

しかし、家づくりに時間がかかることはお客様にとって決していいことではありません。
だからこそ、できるだけポジティブに考えて頂くために「ことこと設計室」という事務所の名前にしたというお話はとても印象的でした。

小林さんに家づくりをお願いしたい方は、ことこと設計室さんにお問い合わせください。

会社名 ことこと設計室
代表者名 小林 敏也
住所 〒177-0053
東京都練馬区関町南4
公式HP https://www.atelier-cotocoto.com/
営業時間 9:00~19:00
主な業務 住宅、店舗等の設計・監理
対応エリア 関東一円