株式会社DIG DESIGN

家を建てたいと思った時、「いきなり建築家に頼むのはハードルが高いな」「まずはショールームへ行って様子見しようかな」と考える方がほとんどです。

しかし、その認識は少しズレているかもしれません。

株式会社DIG DESIGNの代表、嶌(しま)陽一郎さんによれば、「家を建てたいならまずは建築家に相談するのがベスト」とのこと。
建築家は自身の営業をしないため、あくまで客観的な視点から、土地や建築費用のプランニング契約前に行ってくれるところがほとんどだそうです。

さらに嶌さんは、お客さん個人の要望や夢を最優先されており、住まう人にとって本当に満足度の高いお家を設計してくれます。
スムーズな家づくりと、自分の夢を詰め込んだ設計を希望される方は、ぜひ本記事のインタビューをご覧ください。

小学生の頃から描いていた、建築家への夢

模型

スタッフ

嶌(しま)さんが、「建築家になりたい」と思ったきっかけは何ですか?

嶌さん

僕が小学校高学年の頃、風邪を引いて病院に連れられたのがきっかけですね。
その病院には、建築家の宮脇檀(みやわきまゆみ)さんが描かれたスケッチ集が置いてあったんです。
そのスケッチ集を読んだ時に建築の世界に惹き込まれ、将来は建築家になりたいと思うようになりました。

スタッフ

小学生の時に建築家を志されたのですか!それはずいぶん早いですね。

嶌さん

そうですね。今振り返ると、少し変わった子どもだったと思います(笑)。
友達の家に遊びに行った時は、造りや内装が気になって家の中をじろじろ見ていました。
間取りを考えることも好きで、自分の部屋を月に一度は模様替えしていましたよ。

嶌さん

あと、自分のお小遣いで輸入品のドアノブを買ったり、壁の塗料を買ったりもしていました。
もちろん、当時は建築の知識も技術もありませんでしたけど、内装をカスタマイズするのが楽しかったので。

嶌さん

スタッフ

お小遣いで自室をプチリフォームする子どもはなかなかいませんよ!本当に建築が大好きなのですね。

嶌さん

好きですよ。でも、好き過ぎて少し困ったこともありました。
というのも、「あれもこれもやってみたい」という気持ちが強くて、社会に出てからはいろんな会社を転々としていたんです。

嶌さん

工務店設計事務所はもちろん、マンション店舗専門の設計会社にも勤めました。
住宅を設計している時は「都市計画もカッコイイなあ」「華やかな店舗設計も気になるなあ」って羨ましがるんです。
でも店舗を設計している時は、「店舗はすぐに壊されちゃって儚いな」「やっぱり住宅も良いな」なんて考えたりしていました。

スタッフ

隣の芝生は青い、なんて言いますもんね(笑)。
でも嶌さんは現在、住宅をメインに手掛けられていますよね。最終的に住宅へ落ち着いたのはなぜですか?

嶌さん

やっぱり、クライアントさんによって要望が全然違って面白いからですね。
例えば、ある人は「とにかく大きなベッドルームが欲しい!」と言い、またある人は「ソファで寝るのが好きだからベッドルームは必要ない」って言うんです。
少し極端な例ですが、このくらい多種多様な要望にじっくり向き合って設計できるのは非常に楽しいですね。

スタッフ

それぞれの要望やニーズに対して、納得いくまで設計していただけるのですね!

植物をもっと、人と暮らしの近くに

植物

スタッフ

事務所内に沢山の木や草花が見えるのですが、嶌さんは植物がお好きなのですか?

嶌さん

好きですね。子どもの頃、親に連れられて雑木林をよく散歩していたので、植物がとても身近だったんですよ。
散歩の時に木や草花のことを色々教わった影響で、子どもながらに「もっと植物が人の生活に近ければいいのに」と思っていました。

嶌さん

例えば、「紅葉が庭で見られたら良いな」「カブトムシが付く木が家にあったら良いな」ってよく考えていましたね。
先ほどもお話ししましたが、当時から建築に興味があったので、「住宅にどんな植物を取り入れたら面白いか」という考えも持っていました。

スタッフ

もしかして、現在の家づくりには植物を取り入れているのですか?

嶌さん

そのとおりです。住宅に植物を取り入れると、目や精神の保養になるので、普段からのんびりと過ごすことが出来るんですよ。
内装をジャングルのようにする人もいれば、庭をロックガーデンのように仕上げる人もいます。

嶌さん

ただ、植物を取り入れることを強制はしません
もちろんオススメはしますけど、お客さんの好みに合わせて採用していますよ。
植物

住宅にオススメの植物について、色々とお話を伺いました。

安全な生活を保障し、お客様のニーズを最大限叶える設計スタイル

事務所

スタッフ

設計をする上で、嶌さんが大切にしていることは何ですか?

嶌さん

お客さんの満足度を高めることを、一番大切にしています。
「なるべく早く建ててほしい」という人もいれば、「納得いくまで設計してほしい」という人もいますので、お客さんそれぞれの要望を見極めるのが大切だと思います。

嶌さん

僕が昔修行していた設計事務所は、そういうスタンスでは無かったんですよ。「設計6ヶ月」「確認と見積り2ヶ月」「施工6ヶ月」と期間が決まっていて、「うちの事務所はこれが得意です!」という明確な強みもありました。
それはそれで良いんですけど、僕はなるべくお客さん個人の要望や夢に合わせて、満足度を高めていきたいと考えています。

嶌さん

スタッフ

先ほど、「植物をオススメはするけど強制はしない」と仰っていましたが、まさにその通りですね。
ご自身の好みは押し付けず、お客様のご要望を尊重されているのですね。

嶌さん

ただ、どんな要望をいただいても「断熱性能と耐震性能」は譲れないポイントです。
たとえローコストを希望されても、断熱性と耐震性を下げてコストカットをすることはありません。

嶌さん

正直な話、断熱材を薄くして施工すれば何十万円とコストカット出来るんですよ。
でも僕は、お客さんに寒い思いをしてほしくないんです。なので、お客さんには必ず断熱とコストの関係についてしっかりとご説明しています。

嶌さん

耐震に関しても同じです。家を建てて間もなく地震が起きて、ヒビが入ったり倒壊したりしたら最悪ですよね。
お客さんが安心して過ごせるための性能については、妥協したくありません

スタッフ

あくまで住まう人の安心安全を保障した上で、お客様の要望を叶えているのですね。素晴らしいです。

「まずはショールーム」ではなく「まずは建築家」へ相談

嶌さん

スタッフ

これから家を建てる方へ向けて、家づくりのアドバイスを頂きたいです。

嶌さん

「家を建てたい」と考えた時に、最初から不動産屋さんやショールームに行かない方が良いと思います。
なぜかというと、自分の意思とは関係なく契約の話が進んでしまう可能性があるからです。

不動産屋さんに行けば、高く売れる土地や会社的に売りたい土地を勧められることも多いですし、ショールームも営業さんがトントン拍子で話を進めてしまうこともありますから。

スタッフ

軽い気持ちで「とりあえずショールームに行ってみよう」と思って行ってしまうと、その場で決まってしまうこともあるのですね。では、まずは建築家さんに相談するほうが良いのですか?

嶌さん

そう思いますよ。手前味噌にはなってしまいますけどね(笑)。
最初に建築家に相談してくれれば、土地や建築費用のプランニングができます。ローンを組むなら金利の安い銀行を紹介することもできますし、お客さんにとってベストな土地を探すこともできます。

嶌さん

スタッフ

でも、建築家さんに相談するのは、私たちからすると結構ハードルが高くて……
私たちとしては、どのような心持ちでご連絡するのが良いのでしょうか?

嶌さん

家づくりを考えているんですけど、あなたが造ったお家を見せてください」というスタンスが良いと思います。
そうすれば、今までに建てたお家へ訪問することが出来ますので、家づくりの参考になると思いますよ。

嶌さん

あくまで、「まだどこに頼むか決めてないよ」「選定中だよ」というスタンスで大丈夫です。
どの設計事務所に連絡しても、すぐに契約にこじつけようとは絶対にしませんから。

スタッフ

意外と緩いというか、気軽に連絡しても良いんですね。
ただ、「こういうお家が良いなあ」という漠然としたイメージはあるのですが、何しろ素人なので上手く伝えられる自信がありません。そんな曖昧な状態で相談しても良いのですか?

嶌さん

むしろ、皆さんその段階で相談に来られますよ。雑誌を持ってきたり、SNS上で集めてきた写真を見せてくれたりします。
「こんな雰囲気が良いんですけど」みたいなご相談でも全く問題ありません

スタッフ

少し安心しました。実際には、どのようにお客様のご要望を引き出していくのですか?

嶌さん

うちは、ノートを一冊作ってもらうんですよ。
「これからやりたいこと」「今の家で気にいっているところ」「今の家で不便なところ」などをご家族全員に、思うがまま書いていただきます。

嶌さん

すると、無理難題や矛盾を孕んだ要望も当然あるのですが、それを上手く取捨選択したり、折衷案を考えたりするのが僕の仕事です。なので、自由気ままにどんどん要望を書いていただければと思います。

スタッフ

心強いですね。家づくりでお悩みの方には、まず初めにご相談してほしいと思います。

値段感と坪単価

坪単価:60万円~300万円

平均的には坪80万円~85万円程度
嶌さんのお話によれば、ローコストで建てると坪60万円くらいとのことですが、上は際限がなく、坪300万円くらいのお家もあるそうです。平均的には、坪80万円~85万円くらいのお家が多いとのこと。

まとめ

自身の並々ならぬ建築愛や植物への知識を持ちながらも、それを決してお客様には押し付けない嶌さん。

建築に真摯に向き合いながらも、お客様への配慮を怠らない嶌さんは、家づくりにおける理想のパートナーと言えるのではないでしょうか。

家づくりに関するお悩みを抱えている方はぜひ、株式会社DIG DESIGNさんへご相談ください。

会社名 株式会社DIG DESIGN
代表者名 嶌 陽一郎
住所 〒157-0066
東京都世田谷区成城1-1-5TN成城ビル4F
電話番号 03-5727-8747
公式HP http://www.digdesign.jp/
営業時間 8:00~18:00
日曜・祝日定休日
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 関東・東北