フクダアーキテクツ

福田さんひき

家を建てる際、大切にしたいこだわりはありますか?

「お客様の気づかないところ、気にしないところの細部までしっかりと手掛けていきたい」

そう語るのはフクダアーキテクツの経営者、福田創さん。

福田さんはお客様の要望をしっかり取り入れるため、説明の際に難しい言葉や専門的な言葉は使わないそうです。こうして生まれた家々は、お客様のこだわりがぎっしり詰まった世界に一つだけの家と言えるでしょう。

こちらの記事では、フクダアーキテクツさんの家づくりに対する想いや、自身のこだわりなどを実際のインタビューをもとに会話形式でご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

過程よりも結果。結果が想像以上だとより感動が生まれる

福田さんと雑誌

スタッフ

はじめに、建築家、設計士さんになられた経緯をお伺いしてもよろしいですか?

福田さん

もともと母方の祖父が大工をしていた関係で家をつくることに興味を持ちました。親に高校は行かずに大工になるって話をしたことがあって、そしたら祖父から「年齢的にもう遅いからやめておけ」って言われまして。

スタッフ

反対されたんですね。
それはまたなぜ?

福田さん

現実的な話なのか?「おまえはこの道に来るな」ということだったのか?今ではわかりませんが。結局、高校へ行って大学で建築学科に入って、建築の道を選びました。

スタッフ

なるほど。ではそこから独立に至ったきっかけが何かあったんですか?

福田さん

そうですね。住宅をいちから自分でしっかりやりたいなと思ったんです。大きい会社だと分業が多くて一部しかできないって話を聞いていたので、少人数の事務所で一通りの経験をつんで、そろそろ自分でやれるかなと思い独立しました。

スタッフ

たしかに。大きな会社に入ると分業が多いイメージがありますね。
ちなみに家をつくるうえで大切に思っていることって何かありますか?

福田さん

建築は過程よりも出来上がったときの形や状態のほうが重要なのかなと思っています。

スタッフ

珍しいですね。やはり過程を大事にされてる方ってたくさんいると思うのですが、あくまで結果の方が重要だと。

福田さん

はい。建てる前に何度も図面や模型を造って検証するじゃないですか。その通りにできてしまうと感動というより「想像通りにできた」っていう感覚の方が大きいです。
出来上がったものが想像以上のものになると、やはり私自身はもちろんですが、お客さんも感動は大きいと思います。

打ち合わせは綿密に。細部にまでこだわった家づくり

調べ中の福田さん

スタッフ

では、家づくりをするうえで気をつけていることやこだわっていることはありますか?

福田さん

やはり家をつくるうえでお客様の要望は1番大切にしています。ですので打ち合わせの時は自分の考えを押し付けず、なるべくお客様の要望をしっかり聞くように気をつけていますね。

スタッフ

それは嬉しいですね。すごくいいこと聞きました。
福田さんの施工例

福田さんが手掛けた新築戸建てのお家。
天井の斜交格子梁によって柱のないワンルーム空間を構成し、一段下がった部分がラウンジ形状のリビングになっています。

福田さん

建築士さん、設計士さんで、中には専門的な用語とか難しい説明をされる方がいらっしゃいます。でもお話しする相手は詳しい知識のない方々ですから、逆に混乱してしまう方も多いと思います。それに、設計士が専門的な話をすると、その考えに押されちゃいますよね。

何でも任せられて頼りになる方もいるかもしれないですが、自分の要望が言いずらいという方もいらっしゃると思います。

スタッフ

たしかに専門的な用語で説明されると、分からないけど無理に納得してしまうことってあります。
お客様の立場になると、伝えたいことがあるけど我慢しちゃいそうですね。

福田さん

ですので私は基本的にあまり専門的なことばは使わないようにしています。
説明してほしいというお客様がいればもちろんお話ししますけどね。

スタッフ

素晴らしいですね。
ではその分、打ち合わせもだいぶ長くなったりとか?

福田さん

そうですね。長くなるときもあります。
照明、ドアの形状、ドアノブ、面材、他にもたくさんありますけど、そういったものを細部まで全部決めて行きますから。私の場合は家をつくり始めたときに「こうなるはずじゃなかった」ということがないレベルまで、しっかり打ち合わせしたいなと思っています。

ですので図面なんかも毎回ものすごい量になってしまって。

スタッフ

やはり細部までお客様のこだわりを詰めていくと、図面の量もすごいことになるんですね。

福田さん

そうですね。
私が細かいだけかもしれないのですが、なるべく細部に至るまで手は抜きたくなくてですね。
お客様の気にしていないところにも目を向けるようにしてるんです。

それにこの考え方は、結果的にお客様の満足いく家につながると私は思っています。

要望は全て伝えてほしい。快適な家づくりに必要なのはお客様のほしいもの。

模型をみる福田さん

スタッフ

では信念といいますか。
こんな家にしたいっていうような目標はありますか?

福田さん

何よりも「快適でずっといたくなるような空間」を提供したいですね。
例えば外のカフェでコーヒーを飲むより、うちで飲んでいるほうがくつろげるみたいな。
そういう感覚に近いですかね。

スタッフ

例えがわかりやすいです。
無意識というか、自然とずっといたくなるような、そんな空間ですね。

福田さん

そうですね。あとは個人的に白い箱みたいな空間はあまり好みじゃなくて、素材感があるような家づくりを大事にしています。そして住宅ですから、しっかり風の動くような建物であることも意識しています。

スタッフ

たしかに家づくりにはどれも大切なことですね。

福田さん

ですがこれはあくまで私の考えです。押しつけるといった形はとらずに、お話しして「あ、これいいかも」と共感できることから手掛けるようにしています。

スタッフ

なるほど。あくまで押しつけはせずにお客様の意見を尊重してといった感じですね。
では最後の質問になるのですが、これから新築を建てるお客様に対して何かアドバイスはありますか?

福田さん

自分の本当にほしいと思うもの、やりたいこと、全部伝えてほしいです。
言っても無駄かもしれない、そう思うものも含めて全部をですね。

福田さん

無駄かもしれないと思うものも、伝えてくだされば別の方法で再現できるかもしれないですから。
なので家を建てる際は、何でもお伝え下さい。

それはのちのちお客様が満足できる、快適な空間に必ずつながると思います。

値段感と坪単価

坪単価:85万円~

坪単価85万円~
坪単価85万円からであれば全体的にグレードが高く、こだわりたい箇所にとことんこだわることができ、家づくりの計画の幅がぐんと広がります。
フクダアーキテクツさんは全面的にお客様のこだわりを大切にしている点や、細部までリクエストできる点からみても妥当な価格であるといえるでしょう。

まとめ

福田さんの施工例

福田さんがリフォームを手掛けた戸建住宅。天井は放射状の化粧梁になっており、ダイニングテーブル前の壁には水槽が埋め込まれています。

お客様の要望を何よりも重要視し、細部にまでこだわり決して手を抜かない。

福田さんに依頼をすれば、自分が見過ごしてしまいそうなところもしっかりキャッチしてくれる。
そして自分の思い描く家を一生懸命かたちにしてくれる、そんな意気込みを感じました。

家づくりにこだわりたい方、最後まで手を抜きたくない方
そんな方々はぜひ一度、フクダアーキテクツさんを訪ねてみてはいかがでしょうか。

会社名 フクダアーキテクツ
代表者名 福田 創
住所 〒221-0802
神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-5-2
電話番号 045-488-3366
公式HP http://fukuda-archi.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 住宅の設計から共同住宅、
福祉施設など建築全般
対応エリア 関東圏内 ※要相談