株式会社GEN INOUE

井上さん

新築を建てるなら、理想の生活スタイルを妥協したくないですよね。
しかし、「現実的にあんな暮らしは自分にできないだろう」と、頭の中でブレーキを掛けてしまって、本当にやりたい暮らしを諦めてしまっている人もいると思います。

そこで、ご紹介したいのが湘南エリアへの移住やセカンドハウスを中心に設計監理をされている株式会社GEN INOUEさんです。代表の井上さんは家づくりで本当に大切なのは「どんな暮らしがしたいか」という住む人の暮らし方だと言います。

この記事では井上さんの住宅建築に対する想いや暮らし方の大切さについてインタビュー形式で詳しく紹介していきます。

幼い頃に建築の魅力に目覚め、建築家を志す

施工例

スタッフ

さっそくですが、井上さんはなぜ建築家の道を志されたのでしょうか?

井上さん

もともと高校では理系を専攻していたのですが、進路を考えた時に建築家という仕事が漠然とカッコイイと思ったのがきっかけです。

井上さん

当時は大人になるに連れて、中学生や高校生の時に持っていたファッションやオシャレに対する感覚は薄れていくような気がしていたんですよ。でも、色々な職業と比べた時に建築家はクリエイティブというか、少し違うなと思ったんです。

スタッフ

高校生の時から既に建築に興味を持たれていたのですか?

井上さん

いま思うと建築にはもっと前から興味を持っていたかもしれないです。
そういえば、うちの父親がネットでログハウスセットを買って建てていた時も、子供ながらに「なかなか楽しそうだな」と思いながら横でみていましたね。

井上さん

後は、中学生の時から自分の部屋の間取りを変えるのがとにかく好きだったのも関係しているかもしれないです。
小学校の頃はだいたい子供部屋に学習机があるのが普通だと思いますが、僕の場合は「机を部屋の外に出してしまって二段ベットの下にカウンターを作った方が面白いな」と考えてしまうような子供でしたから。
実際に、自分で板を買ってきてラックと組み合わせてカウンターを作ったり、日曜大工のような事をやったりしていましたよ。

スタッフ

幼少期から既に建築の素質があったのかもしれないですね。
ちなみに、いつ頃から本気で建築に取り組むようになったのですか?
井上さん

井上さん

本格的に建築にのめり込んでいったのは大学1年の後期になってからです。
ちょうどその頃に恩師との出会いがあって、建築の面白さを心の底から体感させてもらいました。教授の考え方や作品は本当に素晴らしかったですし、実際の設計事務所に遊びに行ったり、海外の建築を巡るツアーに参加したり、教授が建てた作品の撮影を手伝わせてもらったりするうちに「建築は楽しい」とはっきり感じるようになりました。
僕にとっての大学4年間は、建築に対するモチベーションを最大限に高めていった期間でしたね。
それから、卒業後は教授の事務所で修行をさせてもらうことになったんですよ。

スタッフ

念願の建築のお仕事をされてみていかがでしたか?

井上さん

それが、最初はまるで思うように行かなかったですね。
大学では技術的な部分よりも「とにかく建築は楽しい」という想いで建築と接していましたから。でも、実務ではクライアントの要望やお金の問題、その他にも色々な制限が絡んでくるので想像以上に難しいものでした。

井上さん

それでも、大学生の間に建築に対する意識的な積み上げが出来ていたおかげで、難しさを感じながらも沢山の事を吸収しながら「それでもやっぱり建築は楽しい」という気持ちを忘れずにやってこれましたよ。
その後も、お世話になった教授のもとで9年間修行をして今の事務所を立ち上げました。

スタッフ

環境は変われど、建築の魅力は衰えなかったのですね。
ちなみに、井上さんは建築家だけでなく、写真家としても活動されているそうですね?

井上さん

はい。建築物を専門にカメラマンもやっています
特に、竣工写真を撮らせてもらう機会が多いのですが、この頃は建て主をはじめ、建築家や施工会社も一番盛り上がっているタイミングなので写真を撮っていても楽しいですよ。

実際に井上さんがカメラマンとして撮影をされている様子

スタッフ

これから住む建て主さんも、建築家さんも施工会社さんもみんながほっとする嬉しい瞬間ですもんね。
やっぱり、建物を撮りながらも建築家として考えるところはありますか?

井上さん

もちろん、僕が使ったことがない材料が使われていると「なるほど」と思う事もありますし、「細かいところまで作り込まれているな」と感心する事もたくさんあります。
逆に、建築家である自分だから撮れる写真もあると思うんです。写真を撮る時は「なぜこんな造りにしたのか」と、作り手の意図を汲み取りますし、作り手の意図が正しく伝わるように意識して撮るようにしています。

スタッフ

建築家としても、写真家としても相互に活かされている部分があるのですね。

要望どおりではなく新しい暮らしを提案する

施工例

スタッフ

では続いて、建築に対する想いについてお話を聞いていきたいと思います。井上さんが住宅の建築をされる中で大切にされている事を教えてください。

井上さん

建て主さんの要望を鵜呑みにして、言われた通りのものを形にするだけでは足りないと思っています。
ちなみに、建て主さんにはよく「申し訳ありませんが、要望はだいたい半分くらいしか聞いておりません」と初めにお伝えするんですよ。

スタッフ

なぜ要望を半分しか聞かないのですか?

井上さん

言い方は悪いですが、建て主さんは建築についてあまり詳しくありません。なので、イメージしてもらうのが難しい部分はたくさんあるんですよ。
色々と要望を考えて打ち合わせに臨んでくださるのですが、どうしても「リビングは何畳ほしい」とか「水廻りはホテルみたいにしたい」といった間取りやインテリアに関する要望に偏ってしまうわけです。

井上さん

確かに、設備やデザインもお家を建てるうえでは重要な要素です。
でも僕は、それよりも建築の専門家として建て主さんが「どうやって暮らして行きたいか」というビジョンも形にしてあげたいんですよ。

スタッフ

でも、どんな暮らしがしたいかはっきりとしたイメージを持っていない人も多い思います。
具体的にどういった切り口で暮らし方について考えていくのが良いでしょうか?
井上さん

井上さん

例えば、マンションに住んでいる方でこれから新築を検討している方は多いと思います。
そういう方でしたら「マンションでは出来なかったけど、一戸建てに住む事によって何が出来るだろう?」と考えてみてはどうでしょうか

スタッフ

一戸建てでならテラスや庭があるでしょうから、休日にバーベキューなどをして贅沢な時間が過ごせたら素敵ですね。

井上さん

そうですね。僕も外部との繋がりは大事だと思っているので、よく庇(ひさし)があって風が通り抜けやすいアウターリビングなどを提案させていただく事もあります。
※アウタービング…室内のリビングとは別にベランダやバルコニーをリビング感覚で使えるようにしたもの

井上さん

でも、実際に提案してみると「テラスは欲しいけど、蚊に刺されるのがイヤだ」とおっしゃる方もいます。そうすると、「蚊に刺されないような外部空間を作るにはどうしたらよいだろうか?」と考えてまた提案をさせてもらうわけです。

スタッフ

凝り固まって考えるのではなく、まずは自由にどんな暮らしがしたいかをイメージして、それから具体的な話にシフトしていくわけですね。
これなら建て主さんも当初の要望以上に、ご自身が本当にやりたかったライフスタイルに気がつけそうです。

井上さん

さらに、お家を建てる条件はご家庭やその土地ごとでも違います。
人がよく集るご家庭なのか、お子さんが居るのか、またそれが男の子なのか女の子なのかによっても提案は変えさせてもらいますよ。
他にも、「眺めの良い土地を買ったから、景色を活かした家を建ててほしい」といった相談をされる事もあります。

スタッフ

そう考えるとご家庭ごとに住まいの形は違っていて当然ですね。
偏った考えでは本当にその人にピッタリのお家は提案できないですね。

井上さん

やっぱり、「建て主さんの暮らしに何か新しいことを提案できないだろうか」と常に意識をするようにしています。せっかくお家を建てるのですから今より生活が豊かになってほしいですね。

スタッフ

表面的な要望の先にある、その人が豊かになる暮らしを引き出しているからこそ、良い意味で建て主さんの要望を鵜呑みにしないのが大事なんですね。

自由な発想で暮らし方を考えてほしい

施工例

スタッフ

ここまでお話を聞かせていただいて、井上さんが住宅の設計において住む人の暮らしが豊かになることを大切にされているのが伝わってきました。

井上さん

暮らし方に焦点をあてて自由な発想で建てるお家は建て主さんにも喜んでもらえますし、僕も設計をしていて本当に楽しいんですよ。
やっぱり、暮らし方は自由であるべきだと思うんです。

スタッフ

ちなみに、井上さんが考える自由な暮らし方として、あげるとするなら具体的にどのような事にこだわるのが良いでしょうか?

井上さん

ご自身が暮らしたいと思った地域に家を構えるのが一番だと思います。
実は僕も4年前に子供が小学校に入学するタイミングで、横浜から逗子に引っ越してきたんですよ。当時、「逗子には海があって山もあって子供を育てる環境にはすごく良いな」と思って移住を決めました。

スタッフ

でも、横浜に比べるとずいぶん交通は不便ではないですか?

井上さん

車で移動していますが不便に感じたことはないですよ。バスで移動する時は仕事のメールを返したりして時間を有効に使う事もできるので全くストレスはないですね。
むしろ、実際に田舎に住んでみて「駅チカにお金を払う意味はないのかもしれない」と本気で思うくらい過ごしやすいですよ。

スタッフ

確かに、「暮らし方が変わると不便になる」というのは単なる先入観なのかもしれないですね。
それよりも、やりたい事や将来のビジョンに合わせて住む環境を変えた方が生活は充実しそうです。

井上さん

ちなみに、同じ逗子に住むサーファーの友人は海のすぐ近くにお家を建てていますよ。

スタッフ

家から見えるところに海がある暮らしなんて憧れますね。
やりたい暮らしに合わせて住む場所を考えると、土地を選ぶ基準も人によって全く異なるわけですね。

井上さん

ただ、サーファーの友人の暮らしぶりを見ていると、普段の生活ではほとんど玄関を使わず他のところから出入りをしているんですよね。そういうのを見ると、一般的な家の間取りが窮屈そうに見えて、彼らの暮らしに合っていないなと思ってしまいます。

スタッフ

サーフボードを持って家から飛び出すなら無理に玄関を通る必要はないですからね。
そう考えると、暮らしに合ったお家で生活できている人は少ないように感じます。

井上さん

建築の最初の方は、建築家が奇抜な提案をして、そのアイディアに共感を持った人がこれまでにない家を建てるというのが普通でした。
しかし、今では暮らしが多様化しすぎて、社会の多様性に住宅の設計がついてきていません。だからこそ、僕はこれからも住む人の暮らしに合わせて、常に新しい住宅の形を提案し続けていきたいと思います。

スタッフ

せっかく建てるのだから、自分だけの個性的な家を建てたいと考える方はこれからも増えていきそうです。
では、最後にこれから新築をお考えの方にメッセージをお願いします
井上さん

井上さん

ご自身のこれからの暮らしをクリエイティブに考えていってほしいですね。
「どんな暮らしがしたいか」「どうなっていきたいか」を考えると色んな選択肢が出てくるので、それを少しずつ選んで自分なりの暮らし方を見つけていってほしいです。

井上さん

そうはいっても、「これからどんな暮らしがしたいかなんて分からない」と言う方もいるでしょう。そういう方はまず、考える時間を設けてみてください。時間を取って考えてみると、ささいなイメージが出てきて、そこからぼんやりとでも理想の暮らしが見えてくるはずです。

スタッフ

家づくりではまず、どんな暮らしがしたいかについて考えてみるのがポイントなんですね。

井上さん

理想の暮らしがあれば、必ずその暮らしに合うお家はあります
あとは、建築家の方とコミュニケーションをとって、より理想のイメージを具体的に引き出していきながら表現していってもらえたら良いと思います。
暮らし方に決まりはありませんから、自由な発想で将来のビジョンを考えてほしいですね。

スタッフ

貴重なコメントありがとうございます。
井上さん、今日はインタビューにご協力いただきありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:100万円

理想の暮らしを実現する家
坪単価については手掛けるお家の大きさやこだわるポイントによって変わります。なお、株式会社GEN INOUEさんでは主に湘南エリアへの移住の方やセカンドハウスをお考えの方を中心に活動されていらっしゃいます。詳しい坪単価、エリアについてはお問い合わせください。

まとめ

井上さん

インタビューの最後までユーモアを交えながら笑顔で答えてくれた井上さん。
「住む人に自由な発想でこれからの暮らしについて考えてほしい」と話してくれた井上さんのコメントからは、これから新築を建てようとしている方に幸せになってほしいという熱い想いを感じました。
「これからの暮らしを自由な物にしたい」「自分にあった暮らしを実現したい」とお考えの方は、ぜひ株式会社GEN INOUEさんに問い合わせてみてください。

会社名 株式会社 GEN INOUE
代表者名 井上 玄
住所 〒231-0003
神奈川県横浜市中区北仲通4-45 松島ビル4F
電話番号 045-298-1930
公式HP https://architect.bz
営業時間 9:30~18:30
定休日:土・日・祝
主な業務 設計監理・建築写真撮影
対応エリア 湘南エリア(他エリアは要相談)