HAN環境・建築設計事務所

HAN環境建築設計事務所1

「広いキッチンが欲しい」「子供部屋は3つほしい」など、家づくりにおいて譲れないものは誰にでもあると思います。

でもすべての要望が叶う家にするためには、莫大な予算が必要なことがほとんど。どれかはどうしてもあきらめなければいけない場合もあるでしょう。

世田谷区豪徳寺にあるHAN環境・建築設計事務所さんは、建て主さんに「ちょうど良い」家づくりを心掛けている建築設計事務所です。

今回は、HAN環境・建築設計事務所さんの代表・松田毅紀様と、一級建築士の南澤圭祐様に、建築家を目指したきっかけや家づくりのこだわりなどを伺ってきました。

パッシブデザインの家づくりを手掛ける

HAN環境建築設計事務所施工事例2

スタッフ

まずはお二人が建築家を目指されたきっかけを教えてください。

南澤様

僕は中学生くらいの時に、テレビで内藤廣さんが設計した家を見たのが最初のきっかけですね。今まで見てきた家とは違い、建築に興味が湧いて、建築家を目指そうと思い始めました。
もともと小さいころからもの作りは好きで、将来的に家具を作る仕事とかに就きたいなと思っていたんです。

スタッフ

中学生のときから建築家を目指されていたんですね。その頃から住宅を手掛けたいという思いがあったのでしょうか?

南澤様

そうですね。美術館などの大きな建物を設計したいというよりも、暮らしに根付いた建築、住まいづくりがしたいと思いました。設計した住宅で暮らす人に喜んでもらえるような仕事ができたら良いなと思って建築設計士を目指していました。

スタッフ

なるほど。たしかにお客さま一人一人を喜ばせることができるのは、住宅設計ならではの魅力かもしれませんね。
松田様はいかがですか?

松田様

僕はもともと動物というか生物系が好きで、そういう生物的な要素と繋がるモノづくりがしたいなと思い建築家を目指しました。

スタッフ

ホームページで松田様が獣医学部出身ということを知ってびっくりしました。大学で獣医学部を卒業してから建築家を目指される方は珍しいですよね。

松田様

僕の中ではそんなに驚くようなことではないですよ(笑)最初はプロダクトデザインも良いなと思ったのですが、もう少し大きなものを造りたいと思って方向転換したんです。

スタッフ

なるほど。家は確かにモノづくりの中でもとても大きい対象ですね。

松田様

はい。そうして建築家の資格を取得して設計の仕事を始めました。アルバイトの時に先代の花田社長とエコロジカルなことを取り入れた建築をやりたいねと話していたこともありまして。今はエコロジカルな視点を取り入れたパッシブデザインを意識して家づくりをしています。

スタッフ

不勉強で申し訳ないのですが、パッシブデザインとはどのようなものなのでしょうか。

松田様

パッシブデザインというのは、太陽光や風など建物を取り巻く自然エネルギーを上手に活用できるように建物を設計することを指します。そういう風に自然を活かすことができる建物は、今でいうサスティナビリティーに通じていると思います。

スタッフ

なるほど。パッシブデザインは自然エネルギーを活かした家づくりなんですね。

松田様

はい。僕はもともと生物系の勉強をしていたこともあり、生物的な要素を活かした建築について最初から興味がありました。パウロ・ソレリとか当時のニューエイジ的な思想の話に関心があって、いろいろ調べて勉強もしましたね。

スタッフ

自然を生かした家にすることで、どんなメリットがあるとお考えですか?

松田様

素材でいえば、昔からある木材や土などの素材を使用した方がストレスが少なくて、住む人もリラックスできるんじゃないかなと思います。人間ももともとは自然の中で生きる生き物の一種ですからね。
自然素材の方が調湿性や蓄熱性も高いので体にも良いですし、視覚的にも優しいだけでなく、力強さも感じますよね。

南澤様

僕も同感です。少し緑が見えるだけで、リラックスできると思います。それと同じで、もちろん個人差はありますけど、自然のものが少しでも身近にあると理屈では説明できないような安心感が生まれるんじゃないかと思います。

総合的に「ちょうど良い」家づくりを心掛ける

HAN環境建築設計事務所2

スタッフ

普段のお仕事で大切にしていることを教えてください。

南澤様

最近特に注意しているのは「自分の真似をしないこと」ですね。あるアーティストの言葉なんですけど、初めて聞いたときに「確かに!」と妙に腑に落ちました。

スタッフ

自分の真似をしない……深い言葉ですね。

南澤様

そうですね。人の真似はまだ良いけど、自分の真似はしちゃいけない、っていうのがね……
というのも、自分でたくさん設計していると、手癖のようなものが出てきて、同じデザインのものになってしまうことがあるんです。良くも悪くも同じデザイン、考え方だけで、建築と設計を進めてしまうと、自分の真似をした建物になってしまうと言いますか……

スタッフ

なるほど。経験があるからこその悩みですね。

南澤様

そうかもしれないですね。なので、良いところは真似するけど、毎回少しずつ新しいことを取り入れるようにしています。今まで使ったことがない素材を調べて使ってみたりとか。
新しいものに挑戦するのは怖いですけど(笑)でも自分の真似をしてばかりでは進化も成長もないですから。

スタッフ

ご立派だと思います。巡り巡って建て主さんのためにもなりそうな心がけですね。

南澤様

そうなると嬉しいですね。

HAN環境建築設計事務所施工事例3

スタッフ

松田様はいかがでしょうか?

松田様

しいて言えば、僕は建て主さんに寄り添いすぎないようにしています。

スタッフ

寄り添いすぎないとは具体的にどのようなことでしょうか?

松田様

建て主さんの要望などを、そのまま形にしないと言いますか……僕は結構、建て主さんに寄り添いすぎちゃうんです。でも建て主さんはその時々の家族形態や状況をもとに要望を出してくる方が多くて。そういう方はたいてい、将来的なビジョンが描けていないんですよね。

スタッフ

なるほど。確かに今現在の住み良さだけを考えてしまう建て主さんも多いかもしれませんね。

松田様

そうですね。でもライフスタイルは変遷していくものですから、近い未来のことも遠い未来のこともきちんと考慮してあげるべきだと思うんです。それなりに様々な経験もしてきましたし、そういうことも配慮できるようになってきたと思います。

スタッフ

長年の実績の成果ですね。ちなみに仮に建て主さんに寄り添いすぎてしまうと、どんなデメリットが生まれるのでしょう?

松田様

例えば子育て世代なら、子供部屋が必要だと考えますよね。でも子供が子供部屋を使うのって長い年月で考えると意外と短い期間なんです。子供が独立したらその部屋は誰も使わなくなりますからね。

スタッフ

確かにそうですね。

松田様

建て主さんは今の暮らしにフォーカスしがちなので、設計者としてはライフスタイルの変遷を視野に入れて提案することが大切だと思っています。
例えばいずれは子供が独立するとか、二世帯住宅になることもあり得るとか、今の段階では仮定の話だとしても、そうなる可能性も視野に入れて設計しないといけないかなと考えています。

スタッフ

なるほど。建て主さんにとっては、自分たちの将来のことまで考えて家づくりをしてくれることはすごくありがたいことだと思います。

南澤様

もちろん建て主さんとよく話はしますけどね。建て主さんは全員年齢も違うし考え方も生き方ももちろん違うので、それを上手にくみ取って、ひとりひとりにちょうど良い家づくりを提案したいと思っています。

スタッフ

ちょうど良いってすごく良い言葉ですね。ちょうど良い家づくりって具体的にはどんなものなのでしょう?

南澤様

例えば予算や全体の家のバランス、部屋の大きさとか。いろいろな要素が建て主さんの暮らしに合っている家を造ることです。
実は前に「快適な終の棲家を造ってほしい」という依頼がありまして。建て主さんは多趣味な一人暮らしの男性だったのですが。

スタッフ

終の棲家ですか!珍しいご要望ですね。

南澤様

定年後に家づくりをする人も実は多いんですよ。その建て主さんもそうで、小さなころから自分から自分が育ってきた地域で最期を迎えたいということで、迷った末に建て替えを決められたんです。

スタッフ

そうなんですね。どんなお家に仕上がったんですか?

南澤様

近所の友達も自然と集まってくるような開けた家が良いということでしたので、もともとあった塀などは取り払って、道路に開きながらプライバシーに配慮した中庭テラスのある家としました。また、多趣味の方なので趣味が思いっきり楽しめる造りになるよう設計しました。

スタッフ

「自分だけの城」という感じで素敵ですね。

南澤様

そうですね。高齢化社会でもありますし、今後はこういった最期を迎えるための家づくりもテーマになってくるかもしれませんね。

家づくりを楽しんでほしい

HAN環境・建築設計事務所施工事例1

スタッフ

お二人にとって建築設計士とはどんな職業でしょう?

松田様

クリエイティブというよりは、調整役に近いですね。建て主さんの意見や工事を担当する業者さんの意見はもちろん、予算などのバランスをとって、ちょうど良いところに着地させることが求められる仕事だと思います。

スタッフ

ちょうど良いところに着地させるというのは大変そうですね……

松田様

大変ですね(笑)それぞれの意見を聞いて、そのどれも大事にしなければいけませんし。でもやりがいはすごく感じます。建て主さんと話をして、形作っていくのは面白い過程だと思いますし。

スタッフ

なるほど。南澤様はいかがでしょうか?

南澤様

そもそも建築家ってものを作っているイメージがあると思うんですけど、形をデザインするんじゃなくて、住宅設計の場合、暮らしをデザインする仕事だと思うんです。家という器が先ではなくて、暮らしをイメージして住まいをデザインすることが大切だと思っています。

スタッフ

暮らす人ありきの家ということですね。

南澤様

そうですね。そして建て主さんはひとりひとり家に求める要素が異なるので、一軒一軒比べていくと統一性がないんですよ。特徴がないと言いますか……

スタッフ

特徴がないのが特徴の家、という感じでしょうか。

南澤様

そうかもしれません。それが悩みどころではあるんですが、でも建て主さんが快適に暮らせているのなら良いかなって今は思っています。

スタッフ

素敵な考えだと思います。
最後に、これから家を建てようと考えている方に何かアドバイスをお願いします。

松田様

今の生活スタイルではなくて、もう少し客観的に家づくりに向き合ってみるとよいと思います。例えば年を取ったらどんな家が住みやすくなるのか、とか。家族の未来のことも含めて、短期のビジョンではなく遠い未来のことまで想像力を膨らましてみると良いと思いますよ。

南澤様

家づくりを楽しんでほしいですね。実は家づくりがプレッシャーになって、苦痛に感じてしまう方も多いんです。今はネットでいろいろな情報があふれていることもあって、そういうのをいろいろ調べちゃって情報過多になって、何が正解かわからなくなっちゃうみたいですね。そうではなくて、もっと気楽に設計者に相談してほしいなと思います。

口コミ、評判

HAN環境・建築設計事務所さんの口コミ・評価を調べてみると、たくさんの人が満足なさっていることがわかりました。今回はその一部を紹介します。

中庭つきの家になってから毎日快適です

春頃に家を建てて、すぐに夏が来ましたがとても快適に過ごせました。以前の家は室内が蒸すので24時間エアコンが必須でしたが、今は寝苦しくて目覚めることがありません。ゆっくり過ごせています。間取りにもこだわったのでプライベートな空間も確保されており、家族5人がそれぞれの時間を自由に過ごせています。我が家の自慢は風通しの良いリビングと中庭です。家の真ん中に庭を造ったことで知人たちには驚かれますが、風や光を採り入れられるので暮らしやすさに直結しています。最初、HANさんと話し合って中庭つきの構想をいただいたときは自宅の中に庭があるなんてと驚きましたが、いざ暮らしてみると風の通りがあって非常に快適です。

明るくて開放的!暮らしやすい家になりました

HAN環境建築設計事務所は知人に紹介していただきました。エアコンや暖房を使わない家づくりをしていることは知っていましたが、「自然エネルギー」と聞いてもあまりピンときませんでした。具体的に話を聞くと、風の通り道を作れば涼しく感じるので、エアコンをガンガンかけなくてもいいということで、そっちのほうが健康に良さそうだなと思い採用しました。間取りにもかなりのこだわりがあり、風が通るところに壁を作らない、大きめの窓を設置するといった工夫があったのが◎です。家が出来上がったときは予想以上に開放的で驚きました。一年以上住んでみて電気代がかかっていないことに気付いたときは、省エネにして本当によかったと思いました。

引用:Custom Built Magazine 世田谷区で、注文住宅を建てる。

まとめ

HAN環境・建築設計事務所さんはパッシブデザインを取り入れ、サスティナビリティを重視した家づくりを心掛けている建築事務所です。いろいろな縁が重なって2011年から一緒に仕事を始めたという松田様、南澤様はお二人ともはとても話しやすく、きさくなお人柄でした。
「自然を生かした家にしたい」「一生住める家にしたい」という方は、ぜひHAN環境・建築設計事務所さんに相談してみてはいかがでしょうか。
きっとあなたにとってちょうど良い提案をくださると思いますよ。
ぜひ参考にしてください。

会社名 HAN環境・建築設計事務所
代表者名 松田毅紀
住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘 1-59-28 梅ラウンジ 1F
電話番号 03-5799-4285
公式HP https://www.han-arc.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 戸建住宅・集合住宅・施設など環境共生型建築の提案及び設計監理、リノベーション
対応エリア 全国