一級建築士事務所ハヤシラボラトリーズ

一級建築士事務所ハヤシラボラトリーズさんは、住まう人の本質的な欲求を見極め、心地の良い住まいづくりを手掛けられている設計事務所。

恥ずかしいと思えるような要望でも、包み隠さずに言ってほしい」と語る代表の林寛行さんは、お客様の希望を第一に考えながらも、日々の暮らしが楽しくなるような遊び心に富んだお家を設計されています。

本記事では、そんな林さんの家づくりに対する想いや、住み手のことを考えた設計の魅力についてご紹介します。

新築を建てようとお考えの方は、ぜひご覧ください。

どんな建物でも、人が求めるものは変わらない

模型

スタッフ

林さんが建築家を目指されたきっかけは何ですか?

林さん

小学生のときに父が実家を建てたのがきっかけですね。
実家を設計してくれた建築家の方から、設計図や模型を見せてもらったり、自分で建設の現場を見に行ったりしたんです。
実際に建築に触れて「この仕事は面白いな」と感じ、建築関係の仕事がしたいと思うようになりました。

スタッフ

小学生の頃から既に志を立てられていたのですね!
それでは現在、実際に設計のお仕事をされる中で、どのような部分にやりがいを感じますか?

林さん

シンプルなことですが、やはりクライアント様から喜ばれるのは嬉しいですし、やりがいを感じます。
若い頃は「自分の作品を造りたい!」という強い気持ちもありましたけどね(笑)。
でも、今では「自分の色は自然と表れていくものだ」と思っていますので、クライアント様のイメージや要望を大切にしていますよ。

スタッフ

お客様と直接お話ができて喜んでもらえるのは嬉しいですよね。林さんは住宅をメインに設計されているのですか?

林さん

住宅だけでなく、オフィスや保育園など様々な建物を設計しています。
建築環境であれば何でも設計してみたい、という気持ちで仕事をしていますね。

スタッフ

幅広くご対応されているのですね。でも、建物の種類によって意識する部分が違うと思うので、設計が大変そうです。

林さん

私は、どんな建物を造る時も、人が本質的に必要としているものは大きく変わらないと思っています。
もちろん細かいバランスは異なりますが、「くつろぎ」や「学び」など、建物を使う人が必要としている根幹の部分は変わらないのかなと。

林さん

たとえば「くつろぐ場所」を造る場合、オフィスなら「休憩スペース」、住宅なら「リビング」を設計します。2つとも「くつろげる場所がほしい」という欲求は同じなんですよ。
「学ぶ場所」なら「勉強部屋」や「書斎」、「ご飯を食べる場所」なら「ラウンジ」や「食卓」など、名称が違うだけで本質は共通する部分があるんです。だから私は一つのタイプの建物にこだわらず、色んなタイプの建物を設計したいと考えています。

スタッフ

住まわれる方の本質的な要望や願いに向き合っているからこそ、様々な建物に応用が効くのですね。

シンプルな外観に、多様な暮らし方が詰まっている内装

住宅事例

スタッフ

林さんが設計する際に意識されていることは何ですか?

林さん

なるべく主張しすぎない外観でありながら、多様な暮らし方が存在する内部空間にしようと意識しています。
例えるなら、見た目はシンプルなのに見る角度によって異なる内面を垣間見させる「能面」のようなお家ですね。
一見すると「味気ない」「そっけない」外観だと思われるかもしれませんが、なるべく内部を想像させないようなデザインにしているんです。

林さん

例えばこのお家は、赤城に広大な土地を購入されて建てられたものです。
外観はコンクリート打放しでシンプルな造りですが、家の中には風景がパノラマ写真のように広がって見える横長のリビングを設計しています。赤城山を背に建てられたお家なので、山が見える風景を活かしました。

広大な畑の真ん中に建てられたという赤城の別荘。
外観は非常にシンプルです。

林さん

また、クラシックがとても好きな方なので、大音量で音楽が聴けるオーディオルームも設計しています。
周囲に住宅なども少なく広大な土地だからこそ叶えられたご要望ですね。

スタッフ

確かに、外観からは「そっけなさ」すら感じますし、内装がそんなに作り込まれているとは想像できません。
林さんはどうして「主張しすぎない外観」にこだわられているのですか?

林さん

まずは、クライアント様のプライベートを守りたいという意図があります。
また、内部空間が想像できないことで生まれる面白さも意識しています。「実は中でこんな生活ができるんだ」という遊び心を加えながら、住んでいて楽しくなる視線の流れや人の動きを考えて設計をしていますね。

スタッフ

確かに、そのギャップには惹かれるものがありますね。実際に入ってみないと分からないワクワク感もあります。

林さん

あとは、自身の経験も影響していると思います。
学生の頃、バックパッカーとして東南アジアを旅行していたのですが、その時にたくさんの「無名の建築」に出会ったんです。
建築家が造った家ではなく、名もない集落の人々が工夫を凝らして造っている家にとても感動しました。その時の出会いが、私のデザインの元になっているかもしれません。

要望は包み隠さず、全て伝えてほしい

林さん

スタッフ

これからお家を建てようとお考えの方に、何かアドバイスを頂きたいです。

林さん

新しく土地を買われる場合は、「土地をちゃんと選びましょう」というのがひとつ言えますね。
予算の関係で安い土地を買ってしまうと後悔するケースが多いので、慎重に選んでほしいです。場合によっては、土地選びからご相談に乗れますので、お声がけいただければと思います。

スタッフ

やはり、土地によって建てられる建物も変わるのですか?

林さん

全く変わりますね。
広さや地形によって建物の大きさは変わりますし、周囲の環境や雰囲気も設計に影響します。なので「どんな家を建てたいか」をイメージしてから土地を探したほうが良いと思います。

林さん

また、設計事務所に依頼をする場合は、要望を包み隠さずに全部話してほしいです。
「本当はこうしてほしかったなあ……」と後悔されてしまうと、私も非常に残念なんです。
「こんなこと言ったら笑われるかもしれない」と思うような要望でも、とにかく話してみてほしいですね。

林さん

たとえば、ご主人の前で奥さんが言いにくい要望や、奥さんの前でご主人が言いにくい要望もあると思います。
でも、家づくりという場においては本音を包み隠さず、全部伝えてくれたほうが良い家が出来ると思いますよ。
全部は叶わないかもしれませんが、そこはプロとして意図を汲み取りながら様々な提案をさせていただきます。

スタッフ

本当に心強いですね。遊び心に富んだ設計だけでなく、しっかりとお客様と向き合って意見を引き出していただけるのですね。新築を建てようとお考えの方は、ぜひ相談してほしいと思います。

値段感と坪単価

坪単価:80万円~

まとめ

林さん

林さんの手掛けられたお家は、シンプルかつミステリアスな外観から、住まう人の暮らしが楽しくなる工夫が凝らされている空間が広がっており、そのギャップが素敵なものばかりです。

住まう人のプライバシーを守りつつ、遊び心も施されたお家を設計してほしい方は、ぜひハヤシラボラトリーズさんへご相談ください。

会社名 一級建築士事務所ハヤシラボラトリーズ
代表者名 林 寛行
住所 〒171-0051
東京都豊島区長崎2-33-10-102
電話番号 03-5926-7124
公式HP http://hayashi-labs.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 住宅の設計・リフォーム
対応エリア 全国