平井直樹建築設計事務所

一生に一度の自分の家を建てるなら理想の家にしたいですよね。そのために沢山自分のお話を聞いてくれたり、どんな相談にも乗ってくれる人とお家を作り上げたいと思います。

平井直樹建築設計事務所の代表の平井さんはお客さんと一緒に家の設計を作り上げていくことを大切にしています。

お客さんとともに作り上げる設計


スタッフ

平井さんは建築家を目指したきっかけはなにかありますか?

平井さん

高校生で大学進学について考え始めた時、私は理系の方が得意でしたから理系にはどの様な学部や学科があるのかを調べ始めました。そこで色々な学科がある中で建築学科が一番イメージしやすく、また設計や図面を描くというのが面白そうに思えたのがきっかけだと思います。

また身内や親戚で土木設計の仕事をしている人が居たのも影響しているのだと思います。

スタッフ

身内の方に土木設計の方がいらっしゃったのはとても良いきっかけでしたね。
図面などを見て面白いと感じたということは、工作なども好きでしたか?

平井さん

そうですね。小さい頃から紙を切ったり貼ったりするような工作は好きで、プラモデルやブロックなどでもよく遊んでいました。あと料理も好きですし、色々と物を創ることが好きだったことが建築を選んだきっかけなのかもしれません。

スタッフ

実際に大学で建築を学び始めてから、建築に対する考え方に変化はありましたか?

平井さん

大学に入るまでは設計というのは間取や構造を考えながら図面を描くことだと思っていたのですが、大学で様々なこと学び、また様々な建物を見ることで、設計というのはもっと幅広く、建物に係る様々なものをデザインをする仕事なのだということを知りました。

スタッフ

学生時代に設計やデザインなど様々なことを学んだ後、設計事務所さんへ就職されたんですよね。初めての勤め先ではどの様なお仕事をされていましたか?

平井さん

最初に入った設計事務所は比較的規模の大きな建物の設計をするところで、最初は設計の補助といったカタチでしたが、福祉施設とホールのある複合施設の設計が初めての仕事でした。その後はいくつかの設計事務所で様々な建物の設計を経験してきています。

スタッフ

実際お仕事を経験していく中で刺激的な出来事はありましたか?

平井さん

最初はそれぞれのプロジェクトが全て初めてなので毎日刺激がありました。そんな中でも刺激が大きかったのは自分がプロジェクトの担当となった時で、お客さんとの打合せを任された時だったように思います。
担当したのは住宅でしたが、その時は住宅の設計が初めてだったのでとても楽しかったです。

平井さん

あの頃はワタワタしていましたね。今思えばなんてことないちょっとしたことに毎回悩んでいました。つたなかった自分なりに頑張ってお客さんに喜んでもらえたので、とても良い経験でした。

スタッフ

それはとても良い思い出ですね。お客さんが喜んでくれるのが一番ですよね。
独立について考え始めたのもこの頃ですか?

平井さん

独立についてはずっと考えていたと思います。ただ具体的にどうやって独立するのか、その方法がわからなかったですね。
きっかけとなったのは友達から実家のことで相談を受けたときです。当時の所長に相談したところ、「いいタイミングだし、自分で全部担当してみたら?」と言われました。確かにこれは丁度いいタイミングだと思い、独立をすることに決めました。

スタッフ

お友達からの相談が独立のタイミングになったんですね。お友達から受けたのはどの様なご依頼でしたか?

平井さん

ご実家の建て替えの依頼でした。その敷地が少し変わっており敷地形状が六角形だったんです。友達はハウスメーカーに勤務していましたが、そこでは対応が難しかったので、私に相談してくれました。

スタッフ

そうなんですね。お友達のご両親とは実際にお話しされましたか?

平井さん

いえ、ご両親とはほとんどお話ししませんでした。ご両親は息子である友人に全て任せていたので、友達を介して要望を聞いて設計を進めていきました。設計後半の細かなところではお話をしましたが、お施主様とはあまり会わないかなり珍しいカタチでの設計作業となりました。

スタッフ

設計をする上でなにかこだわったことなどはありますか?

平井さん

ご両親はお二人共とてもお元気でいらっしゃいますが、この先もずっとお元気でいてほしいので、健康のためにも意図的に階段を多く作りました。キッチンからリビングに行くにしても動いてもらうことで運動になるよう、段差を設けてあります。

お友達のご実家のあえて取り付けた階段

スタッフ

健康面を考えているのはとても素敵ですね。完成した後のご両親の反応はいかがでしたか?

平井さん

お父様は言葉は少ないものの、ずっと窓の外を眺めていたので大きな窓をたくさん設けたのを気に入って頂けたのだと思います。お母さまは周りの方からの評判が良かったことを喜んでくださっていたので、地域に馴染むようなデザインにしたのが良かったのかなと思いました。

お父様に気に入って頂けた大きい窓

地域に馴染む外観 写真中央にあるダークグレーの建物

スタッフ

ご両親にも喜んで頂けたようで本当に良かったですね。
このお友達からのご依頼がきっかけで独立したとのことですが、独立で気持ちの変化などはありましたか?

平井さん

全く違いました。それまでは事務所内で色々と相談をしながら設計を進めていましたが、独立当初は全て1人で決めて行かねばならず、かなりプレッシャーがありました。また背負っている責任感も桁違いでした。私が風邪を引いて倒れたりしたら何も進まなくしまうので、今でも体調管理には気をつけていますね。

スタッフ

そうなんですね。1人になると建築に対する気持ちも背負うものも変わりますよね。独立されてからはどの様な建築をメインにしましたか?

平井さん

独立してからは主に住宅をメインにしています。共同住宅やリノベーションなども行いますが、一番好きなのが住宅ですし設計をしていて楽しいですね。

スタッフ

好きなものに打ち込めるのはとても良いですよね。設計を行う上で大切にしているコンセプトなどはありますか?

平井さん

お客さんと一緒に設計をすることです。住宅の設計は建築士だけでやるものではなく、お客さんが使いやすい様に設計するのが一番大切ですからね。しっかりお客さんと話し合いをしながら設計しています。

平井さん

また、施工者や職人さんとの関わり方も大切にしています。実際に作業して家を建てるのは施工者と職人さんですから、より良い家づくりのためにも、職人さんが施工しやすい設計、働きやすい環境にするよう心がけています。施工しにくい設計だとやはり仕上がりが粗くなってしまいがちなので、これは結構大事なことだと思います。

スタッフ

お客さんと一緒に設計をするというのはとても魅力的ですね。
一方的に提案するのではなく、寄り添っていく姿勢が本当に素敵です。職人さんの働く環境まで監理するのも重要ですよね。
お客さんと共に設計するということはかなり時間がかかると思いますが、実際どのくらい設計に時間を掛けていますか?

平井さん

設計にかかる時間や打合せの回数はプロジェクトによってまちまちですが、基本的な方針を決める基本設計で4・5回、図面やサンプルなどを確認しながら具体的な検討をする実施設計で7・8回くらいの打合せでしょうか。1回の打ち合わせで長くて8時間かかったことがありますよ。

スタッフ

とても長く感じますが、そこまで熱がこもっているとお客さんからしたら嬉しいと思います。

平井さん

そうですね。具体的な期間でいうと基本設計に2ヶ月半、実施設計に3ヶ月半程度、それに建物の工事が住宅だと6ヶ月程度はかかるので、建築の確認申請や見積期間も含めると合計では1年以上かかります。とても長いかもしれませんが、話を重ねるごとにお客さんの方も熱がこもってくるので打ち合わせは楽しいです。

平井さん

打ち合わせの中で面白いなと思うのは、最初は奥様のほうが積極的にこだわりを話してくれる事が多いのですが、後半になってくると旦那さんの方も少しずつご自身のこだわりをお話ししてくださるんです。

話を引き出すまでがまた大変ですがこれもまた楽しいです。
仕事では一切手を抜かないことを大切にしているので、全ての打ち合わせに全力で取り組んでいます。

励みになるお客さんからの感謝の言葉

スタッフ

平井さんの設計におけるこだわリなどはありますか?

平井さん

お客さんの生活の動線を大切にしています。設計は動きで繋がっていくので、動線はとても重要です。
今の生活だけでなく、時が経った場合のことを考えてライフスタイルが変わることまで考えています。

平井さん

お客さんがご夫婦だったら、将来子供が出来て家族が増えるかもしれませんから可変性が必要です。なのでなるべくシンプルな構造や設備計画にするようにしています。
また、普段のなんでも無い目線の動きや風や光の入り方も計算しています。
細かいことですが、お客さんが過ごしやすい家を建てるためにはとても重要なことです。

スタッフ

こだわりがたくさんある設計ですが、実際お客さんが住むときにはどのような生活を送ってほしいですか?

平井さん

好きなようにカスタマイズしてほしいです。最初に提案した家具配置がそのままの位置だったりする事もありますが、私としてはせっかくの自分のお家なので、様々なものを置いたりして遊んで欲しいですし、使いこなしてほしいと思っています。

スタッフ

お客さんと一緒に設計して、さらにお客さんが自分で住みやすい様にカスタマイズできると本当に自分だけのお家ですから、お客さんも嬉しいですよね。
お家が完成した後、お客さんからどのようなお言葉を掛けてもらうことが多いですか?

平井さん

そうですね、「平井さんに頼んでよかったよ」、「一緒に家を建てられて楽しかった」というお言葉をよく頂きます。
やはり、お客さんと一緒に家を造り上げていくことを大切にしているので、一緒に設計をする過程や自分のやり方を肯定してもらえるのは嬉しいです。「自分がやってきたことは間違っていなかったんだな」と思えて、とても励みになります。

スタッフ

確かに自分のやり方を褒められたり肯定してもらえると嬉しいですよね。
そんなお客さんと寄り添って設計をされている平井さんから、これから家を建てようとしている方へのアドバイスなどはありますか?

平井さん

みなさん最初は知らないことだらけだと思うので、話しやすくて何でも相談できる方がいいと思います。せっかく自分の家を建てるなら皆さん妥協はしたくないですよね、ですから、とにかく遠慮なく話せるような建築家さんに依頼することが大切です。

スタッフ

遠慮なく話せるのはとても重要ですよね。
またこれから先平井さんはどういった家の設計をやってみたいですか?

平井さん

設計の提案ではベーシックな設計やユニークで少し変わった設計などの複数の案からどれが良いかを選んでもらいますが、ほとんどのお客さんはベーシックなデザインを選ばれます。
もちろんお客さんの自由ですが、私としてはユニークなデザインを依頼されるとより一層ワクワクするので、普通ではない家の設計をやってみたいです。あとはこれまで手掛けたことがない、豪邸なども設計してみたいですね。

スタッフ

やはり設計でも色々と遊べるほうが楽しいと感じますよね。
平井さんはお客さんとの話し合いにとても力が入っていて、お客さんと仲良くなられることも多いと思いますが、お家が完成した後は少し寂しく感じたりはされませんか?

平井さん

そうですね。もちろんお家が無事完成することを目標にしていますが、出来上がった後は楽しかった分寂しさもあります。
そうはいってもお客さんからの感謝の言葉を貰えるので達成感のほうが大きいです。

まとめ

お客さんと一緒に理想のおうちをつくり上げていきたいという平井さんの熱意が十分伝わったかと思います。
また、平井さんは設計にもとてもこだわっているので自分の要望も聞いてもらいながら快適な家づくりが出来ます。
気になった方は一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

会社名 平井直樹建築設計事務所
代表者名 平井直樹
住所 〒112-0015
東京都文京区目白台2-12-13 目白台濱野BLD 5F
電話番号 03-5981-8924
公式HP https://hrinok.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 建物企画・設計・監理
対応エリア 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県