株式会社ホームメンテアドバンス

太田さん

家づくり」と聞いてCMや広告で目にする大手の住宅メーカーさんを連想する方は多いと思います。しかし一方では、口コミや紹介でしか知ることができない造り手さんがいるのをご存知でしょうか。
「ホームメンテアドバンス」さんはまさにそのひとつ。業界では知る人ぞ知る、依頼の絶えない人気の工務店さんです。
代表の太田さんに家づくりに対する想いやこだわりをお聞きしてきたので、新築やリフォームを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

家づくりこそが「究極のモノづくり」

ホームメンテアドバンスさんが実際に手がけられたお家。

ホームメンテアドバンスさんが実際に手がけられたお家。

スタッフ

それでは早速ですが、太田さんが家づくりをお仕事として選んだ理由を教えていただけますか。

太田さん

ずっとモノづくりに興味はあったのですが、すぐ建築の仕事に就けたわけではありません。以前、私は学校を出てすぐホームセンターで家を建てるための建材を売る仕事をしていました。そのお店は品揃えが豊富で、家をまるごと一軒建てられるくらい本当に色々な建材を扱っていました。

スタッフ

もともとはホームセンターの販売員だったのですね。しかし、豊富な建材に囲まれていたというのも、建築の仕事を志す環境に恵まれていたのかもしれないですね。

太田さん

そうなんです。中には年に1回しか売れないような商品もありましたが、最初は「一体何に使うんだろう」と思いながらも、日々勉強していくうちに建材の魅力に惹かれていきましたね。そしてある時、「家づくりこそ究極のモノづくりなんじゃないか」と目が覚めて建築の道を志しました

スタッフ

「家づくり」は他のモノづくりと比べて何が違ったのでしょうか。

太田さん

モノづくりの中には、設計図を作って大量に作る製品などもありますよね。もちろん、そういった製品も開発には大変な苦労があるでしょうし、利益を出すために様々な工夫が必要だと思います。

太田さん

一方、家は同じ家族構成であっても決して同じにはなりません。施主さんによって好みが変われば、間取りや使う素材、水回りの位置や壁紙の色、断熱の仕様などはそれぞれ違います。つまり、「世の中に1つとして同じものがない」そういう点から見ると、家づくりはモノづくりにおいて究極の形なんじゃないかと思ったんです。

スタッフ

ただでさえ家を建てるのは大掛かりですからね。さらに、「施主さんの好みも形にする」というのは本当に大変だと思います。もしかすると、家以上に難しいモノづくりはないのかもしれないですね。実際にご自身で家づくりを手掛けるようになってからはどうでしょうか。

太田さん

もちろん家を建てるのは大変ですよ。でもやっぱり、1つひとつのお家を建てさせてもらえるのは光栄なことだと感じています。
何もない更地に土が運ばれて、基礎ができて、そして木材が張られて壁や床になる。そういったモノがわんさか積み重なってひとつの家が出来上がっているわけです。一日一日、目に見える達成感を噛みしめながら家づくりに携われるのは本当にありがたいですね。

無限の可能性を生む「WinWinWin」の精神


スタッフ

家づくりをされる中で普段から心がけていることはありますか?

太田さん

何にしろ「WinWinWin」という精神をいつも大切にしています。お施主さんにとって、関連する業者さんたちにとって、そして我々にとっても、家づくりに関わる全ての人が「WinWinWin」になるような仕事をしたいですね。

スタッフ

素敵なお心がけですね。家づくりのような難易度の高いお仕事ですと育まれる喜びも大きいかと思います。ちなみに、どんな時に「WinWinWin」な関係になっていると感じますか。

太田さん

そうですね。やっぱり、良い意味で期待を裏切れた時は嬉しいですよ。
例えば、お施主さんから難しいご注文を頂いた時も、「どうすれば実現できるか」というのをチームの皆で知恵を出し合って考えるわけです。
そして実際に出来上がった物を見てもらった時に、「期待以上です!」と笑顔で喜んでもらえると私達も嬉しいですからね。

スタッフ

まさに「WinWinWin」の関係ですね。「良いモノができると良い循環が生まれる」というのが伝わってきます。

太田さん

それにうちの大工さんは、もともとお施主さんの目線で細かいところまで考えて仕事をしてくれる方たちばかりなんですよ。
例えば、ちょっとした棚板(たないた)などは厚みを持たせると色々な物が置けるようになります。うちの大工さんは、キッチンの棚板の図面を見て「18ミリになっているけど24ミリに変えた方が鍋なんかも置けるようになりますよ」といって、使い勝手に配慮したアイディアを自然と出してくれるんです。

スタッフ

現場の大工さんでなければ分からない部分というのはたくさんありそうですね。熟練の技で、より使い勝手の良いお家にしてもらえるのは心強いです。

太田さん

小さな事だと思われるかもしれませんが、少しでも良い家を建てようと思ったら、そういう細かい部分も1つひとつ拾い上げて形にしていくのが大事だと思っています。少しずつですが地道に積み重ねてきた甲斐あって、お客様には涙を流して喜んで頂けたこともります。

スタッフ

いつも依頼が絶えない、ホームメンテアドバンスさんの人気の秘密が少し分かったような気がします。

太田さん

ありがたいことに、うちのチームにたくさんのお仕事を依頼してもらえるのは、1人ひとりがお施主さんの笑顔のために、真剣に家づくりに取り組んできたからに他なりません。
もちろん、もらった図面をそのままきちんと再現できるのも大事なことですが、そこに留まるのではなく、お施主さんの意見も聞き自分たちでも考えながら良い家をつくっていく。そうやって「WinWinWin」な関係が広がっていけば、おのずと仕事にも繋がっていくように感じますね。

徹底してお客様本位を貫く姿勢


スタッフ

これまでに手がけられた中には、施工が難しかったお家もあるのでしょうか。

太田さん

そうですね、壁には珪藻土(けいそうど)のクロス、そして床と天井には無垢材を使った素敵なお家を建てさせてもらったことがあります。そのお家は床暖房も入っていて施工が難しかったのを覚えていますよ。当時はどうやってやり切るか皆で知恵を絞りましたね。

スタッフ

大変こだわりの強いお家だったのですね。
そういえば「自然素材は取り扱いが難しい」と聞いた事があります。
お話しされているお家も施工が大変だったのでしょうか。

太田さん

たしかに自然素材は反りやすい性質があり、扱いが難しいのが特徴です。しかも、そのお家は床暖房を敷くため素材が傷まないように気を配ったり、配管の処理が必要だったりクリアすべき問題がたくさんありました。

太田さん

特に、床の施工は1mm以下での調整が必要だったので、細心の注意をはらって施工させていただきましたよ。普通なら2日ほどで終わるところを、1週間以上掛けて作業しました。

スタッフ

お家によっては施工の方法が驚くほど変わる場合もあるんですね。ここまでのお話を聞くと、究極のモノづくりが「家づくり」だというのも納得ができます。

太田さん

部分的に見ると、1つひとつの要素は家の中のパーツに過ぎないのかもしれません。でも、実際はお客様が悩み抜かれて選んだ素材を使うわけですから、安易に「これで張りますね」というのではなく、手間ひまをかけて想いやこだわりもしっかりと詰めこんで差し上げたいと思っています。

スタッフ

「手間ひまを惜しまない」という心意気が気持ち良いですね。家を建ててもらう方からしても安心できると思います。

太田さん

そこを惜しんでしまうと私たちも満足のいく仕事をしたことにはなりませんから。いつも、その時その瞬間で「最善の方法を探す」というのは大事にしていますよ。

スタッフ

そこでも「WinWinWin」の精神が土台にあるわけですね。
では最後に、これから新築やリフォームを検討している方にアドバイスをお願いします。

太田さん

私たち造り手は、どうしても効率の上で「配慮できる」「できない」という見方で考えてしまう場合があります。なので、お客様の方からも遊びゴコロと利便性を持って「こうしたい」という想いをお話いただけると、より良い物ができると思います。

スタッフ

施主さんの方からも固定概念にとらわれず、どんどんアイディアを出した方が良いという事ですね。

太田さん

はい、イメージをどんどんお聞かせ願いたいですね。リビング1つをとっても「こんなイメージで使いたい」といった意見を多角的に聞かせてもらえると、「それなら備え付けの机を仕込んでみよう」とか、「将来的に部屋を分けられるようにしよう」といった具体的なアイディアが見えてきますから。

太田さん

もちろん、色々なメーカーさんが取り組んでいると思いますが、私たちはもう一歩そこに踏み込んだ、何か楽しみを持てるような提案をしていきたいですね。ぜひ、よいご縁ができれば良いなと思います。

スタッフ

お客様目線の貴重なアドバイスとても参考になりました。
太田さん、今日はインタビューにご協力いただき本当にありがとうございます。

値段感と坪単価

坪単価:65万円~

まとめ

作業風景

インタビューを通して、太田さんが強い信念を持って建築に取り組まれている事、それから周りのスタッフさんを心から大切にされている事などが伝わってきました。
この記事では紹介しきれませんでしたが、一緒に働くスタッフさんたちの人柄が分かるエピソードもたくさんあって、皆さん本当に楽しくお仕事をされているなと感じました。いつもチームが一丸となって全力で取り組む、ホームメンテアドバンスさんが気になった方はぜひ問い合わせてみてください。

会社名 株式会社ホームメンテアドバンス
代表者名 太田 毅宏
住所 〒212-0052
神奈川県川崎市幸区古市場1-33-2
電話番号 04-4201-6628
営業時間 8:00~18:00
定休日:日祝日
主な業務 新築、増改築の施工
対応エリア 川崎市、横浜市、東京都23区