細江英俊建築設計事務所

細江 英俊さん

細江英俊建築設計事務所さんは、東京都中央区を拠点に、関東エリアで住宅設計を手掛けられています。

そんな細江英俊建築設計事務所の代表である細江さんは、時間を掛けて丁寧につくり込むことを第一に住宅設計を手掛けられています。
その一方で、お客様の思考や価値観に合わせることも大切にされています。

細江さんが家づくりに時間を掛ける理由や、お客様によって柔軟に対応される想いを、ぜひご覧ください。

建築の魅力は「人とモノ、両方の繋がりを持てること」

家の内観

家の内観

「内房の家 N邸」
窓からは内房の海を眺められます

スタッフ

細江さんが、建築設計をお仕事にしようと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

細江 英俊さん

子どもの頃から建物の絵を描くことが好きだったのがきっかけです。
大学の進路を決める頃には他の職業にも興味を持っていましたが、とある設計事務所に憧れを持っていたこともあったため、まずは建築の道で頑張ってみようと心に決めました。

スタッフ

実際に建築を学んでみて、面白さを感じることはできましたか?

細江 英俊さん

そうですね、諸先輩方から「建築の面白さは、人とモノ、両方と会話できること」だと教えてもらっていましたが、それを身をもって感じることが出来ました。
私が最初に認識していた建築のイメージは、モノだけと対話をして建物をつくりあげていくものでした。
しかし私は、モノだけと接するのが好きなわけではなく、人とコミュニケーションを取ることも好きなのです。
そのため、建築を学び始めた当初は、建築の仕事が自分に合っているのかな、と不安に感じていました。

細江 英俊さん

しかし実際に建築を経験していくうちに、建築とは「人とモノ、両方の繋がりがあるからこそ、1つのものをつくりあげられる」ということに気が付き、どんどん面白くなっていったことを覚えています。

細江 英俊さん

スタッフ

人とモノ、両方と関わりを持てる建築は、細江さんにとってぴったりなお仕事だったのですね。

スタッフ

大学を卒業された後は、アトリエ事務所にお勤めされたそうですね。実務ではどんなことを学ばれたのですか?

細江 英俊さん

勤めていたアトリエでは、毎回新鮮なアイディアを出すために、様々な建物の設計に挑戦していました。
その経験のおかげで、建物を利用する人に親しみを感じてもらえるようなデザインを盛り込んだり、地域との関わりを考慮したセンスを盛り込むことが自然と出来るようになったかと思います。

細江 英俊さん

また、それらのアイディアは、クライアントが持つ建物への夢やこだわりを実現するためにあるものだと気づくことが出来ました。
そのため、クライアントへしっかりヒアリングすることを大切にするようにもなりましたね。

スタッフ

アトリエ事務所で学ばれたことが、いま手掛けられている住宅設計に生かされているのですね。

家は「つくり手」と「住まい手」が一緒に育むもの

家の内観

家の内観

「都心の家 A邸」
朝の光が、リビングにまで綺麗に差し込みます

スタッフ

細江さんが住宅設計を手掛けるうえで、大切にされている想いは何でしょうか。

細江 英俊さん

住宅の購入方法が様々ある中で、建築家に設計を委ねるのは「自分の夢を叶えたい、自分たちのための家をつくりあげたい」という想いがあるからだと私は思います。
けれども、予算や敷地、法や時間、周辺の環境などの制限がいくつか出てしまうことがほとんどです。
そのため、お施主さんにとって満足度の高い家にするために優先すべきことを、プロの目線で提案していきたいと思っています。

スタッフ

理想と制限が様々ある中で、優先するポイントを決めるのは難しそうですね……。

細江 英俊さん

実は、優先順位を付けるポイントは、お施主さんとの会話の中で発見できるのです。
なぜなら、会話を重ねることで、当初持っていなかった新たな理想に気づけるうえに、色々な理想の比較が上手に出来るからです。
そのため、なるべく会話のやり取りには時間を掛けたいと思っています。

スタッフ

打ち合わせに時間を掛けるのは、優先すべきポイントをお客様自身に気づいてもらうためだったのですね。
自分自身で優先するポイントに気づくことができれば、後悔のない家づくりができそうな気がします。

細江 英俊さん

また、その家に合うオーダーの家具をきめ細やかに作ったりもするので、その分時間がかかってしまうのだと思います。
細かいところまで作り込むことは私自身が好きなことでもありますが、それでお施主さんに喜んでもらうことが何よりも嬉しいのです。

スタッフ

家具などもデザインされているのですか!
丁寧に手掛けることにやりがいを感じている細江さんになら、家づくりを安心して任せられそうです。

住まい手に合わせて重視するポイントを変える

家の内観

住宅事例

「都心の家 N邸」
ライフスタイルやライフステージに可変可能な住まいを実現しています

細江 英俊さん

ですが最近、違う家づくりのスタイルもあっていいのかな、とも思っています。
例えば、インテリアや家具の中には、価格が低くても良質なものはたくさんありますよね。
そういうものを上手に取り入れれば、満足度の高い家になる場合もあると私は思うのです。

細江 英俊さん

スタッフ

家を一からすべて作り込むのではなく、既製品を要所要所で利用することも視野に入れられているのですか。

細江 英俊さん

はい、「住んでいく中で自分たちで工夫したい」、「環境に負荷を掛けないために建物をライトにしたい」という要望があるのであれば、コストを抑えた家づくりがあってもいいのかなと思っています。
要望されたことをそのまま実現するのではなく、家づくり全体において、どう工夫することがお施主さんにとって良い家になるのか。
そんなことを意識しながら、もっと視野を広げたり勉強したりして、新たなお施主さんと新鮮な繋がりを持てていけたら嬉しいです。

細江 英俊さん

スタッフ

人によって重視するポイントを変えることも必要なのですね。
細江さんは、様々な技術や思考がある今の世の中に、しっかりと柔軟に対応されているのですね。

スタッフ

最後に、これから新築を建てる方へ、家づくりのアドバイスをお願いいたします。

細江 英俊さん

家は生活のベースをつくる大事な場所ですから、なるべく時間を掛けて家づくりをしてみてはいかがでしょうか。
もちろん時間を掛けるからといって、必ずその方にとっていい家になるとは限りません。しかし、これから建てる家に対して真剣に考える時間がきちんとあれば、住む人自身が納得できる家に仕上げることはできる、と私は思います。

細江 英俊さん

また、基本の気持ちが前向きであるからこそ、良い家づくりができるとも思っています。
前向きな気持ちとは、家づくりのパートナーである設計者と打ち合わせをした際に、「楽しいな」と思える状態のことです。
そのため、自分と相性の良い設計者と一緒に、素敵な家づくりを叶えてみてはいかがでしょうか。

口コミ、評判

家の内観

「ご夫婦のための家 S邸」
ご夫婦それぞれ趣味を楽しめるように空間を区切りながらも、窓越しの内窓でお互いの様子が確認できる工夫をされています

細江英俊建築設計事務所さんの口コミを見てみると、細江さんがいかにお客様に寄り添った対応で満足度の高い家を実現されてきたかがよく分かります。

一貫して「寄り添って」仕事をして頂きました。

都心の家A邸にて。
建築家というと、独りよがりに「この扉は赤じゃないと、僕のイメージとかけ離れる!絶対に赤だ!(机をドン!)」みたいなイメージを持つと思いますが、
全然違って「寄り添う」建築家が細江さんです。

随所に建築家の拘りは発揮されましたが、それは住む家族にとってのちに自慢になる、「我が家のこだわり」であり、「快適さ」でした。
家づくりにおいて家族の希望、要望を深層まで聞き出したうえで、発注者の作品として仕上げて頂きました。

現場が始まってからも、コンクリート打ちの立ち合いや定例会議など、
発注者には見えにくい所での気遣いもして頂きました。
一貫して「寄り添って」仕事をして頂きました。

細江先生の丁寧なヒヤリングでお客様にもご満足いただけました。

「都心の家」を施工させていただきました、株式会社辰です。耐震性を重視されるお客様の要望にお応えするコンクリート造を選択されたサスティナブル住宅です。上下をつなぐ階段室を中心に、伸びやかなリビング、ご家族のそれぞれの個室も工夫が凝らされ、屋上には太陽光発電も入れられた、機能性を重視したお住まいです。細江先生の丁寧なヒヤリングでお客様にもご満足いただけました。
他にも、お台場の素敵なカフェ・バーのリニューアル、アートも組み込んだオフィスのリニューアル・デザインなど、安定したプランニングで好評いただきました。

自由がきく間取りにしていただきました。

家は家族構成などの変化と共に、使いかたが少しづつ変わってきます。築10年以上の我が家ですが、この点を考慮していただき、自由がきく間取りにしていただきました。またコンクリート住宅の静かな空間が確保され、楽器演奏などで近隣に配慮しなくても良いところが気に入ってます。外観も威圧的な感じがなく、すっきりとした単純な構成で周りに溶け込んでいます。地震にもあまり問題がなく、安心ですが屋内は木を使った部分も多いため無機質な感じはしません。

何よりも「対話」「人と人の繋がり」「信頼関係を築くこと」を大切になさっている方ですので、徐々にカタチになっていく我が家での定例会も楽しみのひとつでした。

両親が暮らしていたマンションのリフォームをしていただきました。築25年の古い間取りでしたので、①可能な限り収納を増やしたい②水回りを広くしたい③和室を無くしリビングを広くしたいとお願いしました。全て希望通りにしていただき、居心地の良い素敵な空間が出来上がりました。
何よりも「対話」「人と人の繋がり」「信頼関係を築くこと」を大切になさっている方ですので、
徐々にカタチになっていく我が家での定例会も楽しみのひとつでした。

とてもくつろげる上に飽きることがありません。

いい空間を作っていただきました。3次元的に広がっているため、とてもくつろげる上に飽きることがありません。また、大きな窓から幅木のデザインまで随所に建築家のこだわりを感じます。

引用:細江英俊建築設計事務所|Houzz

値段感と坪単価

坪単価:80万円~

おおよその坪単価は構造によって異なる
坪単価は木造80万~、RC造100万~になります。

まとめ

細江 英俊さん

お客様の要望を叶えるために、時間を掛けて丁寧に作り込むことは大事。
けれど、時代や社会が多様化している今、家づくりの価値観は人それぞれ。

それを重きに置いている細江さんだからこそ、固定観念や時代の流行どちらかに偏ることなく、お客様の想いを最優先できるのだと感じました。

「一生住む家をつくるのだから、焦らずに細部までこだわりたい」
「コストバランスを重視したうえで、こだわりのある家をつくりたい」
そんな風に考えている方はぜひ、細江英俊建築設計事務所さんへお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

会社名 細江英俊建築設計事務所
代表者名 細江 英俊
住所 〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町15-3-201
電話番号 03-5847-7098
公式HP http://www2.odn.ne.jp/~ceq32780/
営業時間 10:00~17:00
主な業務 住宅の設計、監理、デザイン
オフィスのリノベーション、店舗設計
対応エリア 関東エリア(他エリアは応相談)