福田建築設計事務所

家づくりは楽しいものです。これからの生活と夢を考え、実現させていくワクワク感は何物にも代えがたい。
とは言っても、現実と向き合えば苦しいこともあります。予算の兼ね合いなど、現実と夢の狭間で苦悩される瞬間もあることでしょう。

そんな時、まるで家族の一員のように寄り添ってくれる家づくりのパートナーがいたら、一緒に乗り越えられると思いませんか。

福田建築設計事務所の代表である福田さんは、「住まい手さんに寄り添うのが何より大切」と語る建築家さんです。
福田さんは、自分自身も家族の一員だと思って設計に臨み、住まい手さんの潜在的な希望までを引き出し、叶えてくれます。

本記事では、そんな福田さんのインタビューをもとに、家づくりに懸ける想いをご紹介していきます。
新築を建てたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

人に寄り添いたくて進んだ独立への道

仕事

スタッフ

福田さんが建築家を目指したきっかけは何ですか?

福田さん

中学生の時に実家の増改築をしたんですが、その時見た大工さんに影響を受けたかもしれません。
元々は何もない空間に部屋が出来ていくのを見て「建築って面白い」と思ったのを覚えています。それがきっかけと言えばきっかけですね。

福田さん

具体的に進路を決めたのは高校生の時です。増改築の件もそうですが、モノづくりが好きだったこともあって建築の専門学校へ進みました。
そして、いざ入学したら面白い先生が多くて、いい学校だったなと今でも思います。

スタッフ

専門学校では、どんな先生と出会われたのですか?

福田さん

個人で設計事務所をやっている先生が、非常勤で教えにきてくださっていたんです。
なので、その先生が手掛けた作品を実際に見せてもらえたり、設計事務所にお邪魔したり。時には飲み会なんかもしました。
ずっと設計やデザインに興味があったので、設計事務所の先生から直接学んで交流できたのは良い経験だったと思っています。

スタッフ

建築を学び始めた時に、実際の建築家さんと交流できたのは確かに良いですね。専門学校を卒業してからは、就職をされたのですか?

福田さん

そうですね。卒業後は大宮(埼玉)の工務店で働きました。
本当は設計がやりたかったのですが、バブル崩壊後で就職するのすら難しかったので、まずは現場監督として働き始めたんです。
ですが、運がいいことにその工務店は設計事務所とよく仕事をしていたので、設計に関する勉強もできました。貴重な経験をさせて頂いたと思っています。

スタッフ

なんだか、福田さんは良い環境に巡り合えている印象です。大宮の工務店ではどのくらい働かれたのですか?

福田さん

1~2年ですね。やっぱり設計がやりたいという気持ちが強かったので、長くは続きませんでした。
知人から「設計事務所に人員の空きがあるよ」と言われたタイミングで、浦和(埼玉)の設計事務所に入所しました。

福田さん

その設計事務所は、当時はまだ珍しかった「高気密高断熱の家」や「ソーラーパネルを使用した家」などを積極的に手掛けていました。
日本の自然素材にこだわったり、色々チャレンジをしていたので刺激的な日々でしたね。時代を考えると先進的なことをやっていたと思いますよ。

スタッフ

先見の明があったのですね。では、浦和の設計事務所を経て独立を?

福田さん

実はそうではなくて、設計事務所を退職してから、いくつもの会社を転々としてたんですよ。
ただ独立しても仕事がこないというのは分かっていたので、事前に人脈や見識を広げようと考えたんです。

福田さん

その期間、とあるハウスメーカーにも勤めたんですけど、その時は愕然(がくぜん)としましたね。
設計事務所や注文住宅とは全然違う造り方だったんです。どうしても流れ作業感があるというか。
その時は、「もうちょっと住まい手に寄り添って建てられるのになあ」って思いました。

スタッフ

利益を追求すると、どうしても建築家さんの考え方とはズレてしまいますよね。

福田さん

利益追求も一概に悪いわけではないんです。実際安定はしていますから。もし私がハウスメーカーを辞めずにそのまま勤めていたら、今よりも良い暮らしが出来ていると思います。
でも、私にとっての建築はそれではなかったんです。もっと住まう方に寄り添った設計が、自分の目標です。

スタッフ

そうやって建築界の良い面も良くない面も経験して、自分のスタイルを確立してから独立されたのですね。

住まい手さんの想いが何より大切

スタッフ

福田さんが手掛ける住宅の、特徴やこだわりは何ですか?

福田さん

強いて言うのなら「無い」のかもしれません。
当然、現時点で私がベストだと思う家の造り方って、あるにはあるんですよ。
でも、それを公言して押し付けるのは違うと思っています。

実際に住まわれる方にどれだけ寄り添えるかが大事だと思っているので。

スタッフ

やはり、住まい手さんのことを大切にされているのですか?

福田さん

そうですね。特に住まい手さんの「想い」を大切にしています。
表面的に持っている想いではなく、もっと潜在的に眠っている想いですね。
住まい手さんにとって、本当に何が良いのかを探していく意識が大切だと思います。

福田さん

あと、住まいづくりって「今」を強くイメージしがちなんですけど、現在だけに目を向けるのはオススメしませんね。
今だけを大事にすると、流行り廃りのあるデザインを選んでしまう傾向があるので、数年後に飽きちゃうことがあるんですよ。
なので、打ち合わせのプロセスは大事にしています。ゆっくり時間を掛けて、より良い設計を考えていきます。

スタッフ

お客さんには、どのような意識でお話をされるのですか?

福田さん

私も家族の一員だと思ってお話合いをします。
家づくりの過程はもちろん楽しいんですけど、苦しいこともあるんですよ。なので、私も一緒になって乗り越えていくという意識を大切にしています。
そうすると距離感が近くなるので、建ててからも気軽に顔を見せに行ったりもします。

スタッフ

「建てたら終わり」という関係性ではないのですね。

福田さん

つい先日も、建てた家を見たいというお客さんがいたので、以前のお客さんに連絡したんですよ。そしたら「いつでもいいよ」と快諾してくれて、嬉しかったですね。
家づくりを通して人と人との垣根が無くなったような、そんな感覚があります。

スタッフ

住まい手さんたちと良い関係性が築けているのですね。素晴らしいです。

福田さん

そうですね。もはや、「お客さん」という他人行儀な感覚はあんまりありません。
でも、建築家は歳を取ってくると若い人が遠慮してしまうことがあるので、住まい手さんがちゃんと打ち解けてくれるように気を付けたいです。

スタッフ

でも福田さん、話しやすいって言われませんか?私はとてもそう思うのですが。

福田さん

今はありがたいことに、話しやすいと言って頂けますね。
でも実は、昔は人と喋るのが苦手だったんですよ。あがり症で、特に大勢の人の前で話すのは苦手でした。
今でも得意ではないのですが、話すのが苦手だからこそ、人の話をしっかり聞こうと心がけています。

スタッフ

とても話すのが苦手とは思えませんね。意外でした。

福田さん

本当ですか?シャイな感じには見えません?(笑)

スタッフ

社交的な方なんだなと感じました。福田さんは謙遜されていますが、とても話しやすい方なので、新築を建てたい方はぜひ相談にきてほしいと思います。

値段感と坪単価

坪単価:70~100万円

総工費を基準にした算出
福田建築設計事務所さんでは、工事費用の総額を基準にした坪単価を掲載しています。
会社によっては、建物本体の価格だけを「坪単価」としている場合があるのでご注意ください。

まとめ

福田社長

福田さんは、住まい手さんに寄り添って家づくりを進めることで、建てた後もお客さんと良好な関係が築けているそうです。

家が完成したときに、お互いに「この人と家づくりをしてよかった」と思えたら素敵ですよね。

家づくりのよきパートナーをお探しの方は、ぜひ福田建築設計事務所さんへご相談ください。

会社名 福田建築設計事務所
代表者名 福田 隆一
住所 〒120-0014
東京都足立区西綾瀬2-5-8
電話番号 03-6225-0121
公式HP http://fukuda-arch.o.oo7.jp/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 住宅設計・監理
戸建改修設計・監理
店舗設計・監理
住まいに関連する事業系の建物の企画・調査
戸建木造住宅の耐震診断改修
戸建木造住宅の温熱環境評価
対応エリア 全国