ICA建築設計事務所

矢口さん

住宅をつくるにあたって、建築家は社会的なテーマを持つべきだ
そう語ってくれたのは、茨城県を中心に全国で活躍されているICA建築設計事務所の矢口さん。その信念のもと、みんなが楽しく暮らせるような、広がりのある家づくり・街づくりに尽力されています

この記事では、そんな矢口さんの建築に対する想いについてご紹介します。
新築を建てたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

影響を受けた、2人の建築家

つながる家

スタッフ

矢口さんは、どうして建築の道を志そうと思われたのですか?

矢口さん

親が工務店をやっていたこともあって、最初は何となく建築学科に進みました
ですが、大学に入ってからは建築が面白いと感じるようになり、真面目に勉強に取り組むようになりました

スタッフ

何か建築が面白いと感じるようになったきっかけがあったのですか?

矢口さん

当時、僕の通っていた東京理科大学で非常勤講師をしていた難波和彦さんの影響が大きいです。現在は無印良品の「木の家」を設計監修されたことでも有名な方ですね。

スタッフ

すごいですね。
難波さんはどんな人だったんですか?

矢口さん

ものすごく理論派でした。「何となく」でデザインしたものは絶対に評価してくれなくて、常に「何故こうしたのか?」という意味づけを考えなさいと言われていました。

スタッフ

「何となく格好いいから曲線にした」とかは、NGなんですね。

矢口さん

その通りです。難波さんには、建築というものの考え方について、いろいろと影響を受けました
ですが、就職する際にはもっと違う視点からも建築を学んでみたいという思いがあったので、北川原温(きたがわらあつし)さんの事務所に入りました
北川原さんは、難波さんとは真逆の人でしたね。

スタッフ

具体的には、北川原さんはどんな人だったんですか?

矢口さん

北川原さんは、理由もなくお化けみたいに変な建物をつくるんですよ。でもそれは、自己顕示欲を満たすためではなく「この建物をつくったら、みんなが見て幸せになる」と確信してつくっているんです。それを聞いたとき、自分を信じる北川原さんのポリシーにすごく感動しました
それに北川原さんは、お施主様をとても大切にされる方だったので、社会人として働く上でもとても勉強になりました

スタッフ

なるほど。
難波さんも北川原さんもタイプは違えど、2人からいろいろと影響を受けられて、現在の矢口さんがいらっしゃるんですね。

みんなが楽しく暮らせるような、広がりのある街づくりをしたい

矢口さん

スタッフ

矢口さんが建築をされる上での信念を教えてください。

矢口さん

みんなが幸せになれるような家や街をつくることに興味があります
自分のこだわりを主張しただけの建物は、人の不幸せを生んでしまいます。そうではなく、みんなが楽しく暮らせるような、広がりのある街づくりをしていきたいと思っています。

スタッフ

広がりのある街づくりとは、具体的にどういったものでしょう?

矢口さん

例えば、中庭のある家はプライベートな空間を確保できるとして人気がありますが、難波さんは「社会性がない」と言っています。
なぜなら、周囲から閉じこもって自分だけが幸せになることは、街のために何も貢献していないからです。つまり、自分たちの生活をある程度さらけ出すことが街のためになるというんです。その考えに、僕はとても共感しました。

スタッフ

なるほど。
ある程度オープンに暮らすことが、みんなが楽しく暮らせる街づくりにつながるという信念をお持ちなんですね。

矢口さん

その通りです。
あとは強烈に印象に残っている言葉があって、お施主様から「完成した家や、家での暮らしぶりを見て、みんなが幸せになれるような家をつくってほしい」と依頼されたことがあるんです。北川原さんと同じですね。

スタッフ

素敵な考え方ですね。

矢口さん

そのときに、みんなが「楽しそう、微笑ましい」と感じるような家が増えて、そこに住まう人も自分たちの幸せな生活をオープンにして、みんなでその想いを共有すれば、その場所はどんどんいい街になっていくと思いました。
それを目指すことが僕の信念なのかもしれません。

家づくりの可能性をいろいろと探ってみてほしい

つながる家

スタッフ

最後に、これから新築を建てたいと考えている方に向けて、メッセージやアドバイスをいただいてもよろしいでしょうか?

矢口さん

予算に余裕がなくても諦めないで、家づくりの可能性をいろいろと探ってみてほしいです。
例えば、予算が少ないと言っている人の中には「建て替えは無理だろうからリフォームにしよう」「注文住宅は高いだろうから建売住宅にしよう」と考えて、自分で勝手に家づくりのハードルを上げている人が多くいらっしゃいます

スタッフ

でも、注文住宅は高いのではありませんか?

矢口さん

仮に予算が少ないとしても、僕だったら代わりに家のサイズを小さくして費用を抑えられます。もしかすると、お施主様にとってはその小ささがベストかもしれません。
だから、諦める前に一度相談だけでもしてみてほしいです。

スタッフ

矢口さんはそうやって融通を利かせてくれるんですね。
設計事務所にお願いするのは潤沢な予算がある人だけだと思っていました。

矢口さん

設計事務所もハウスメーカーも、トータルでかかる金額はあまり変わらないんです。
むしろ同じ金額をかけるなら、設計事務所のほうが格段に洒落た家をつくれるんですよ。

スタッフ

最初から設計事務所は無理だろうと諦めてはもったいないですね。

矢口さん

もちろんハウスメーカーにもいいところはたくさんありますし、人によって設計事務所が合わない方もいらっしゃると思います。
だからこそ、ハウスメーカー・工務店・設計事務所、いろいろなところに相談して、見て聞いて、自分にぴったりの場所を見つけて家づくりをしてほしいと思います。

値段感と坪単価

坪単価:55万円~80万円

設計料は別となります
木造に対応しています。また、設計料は別にいただきます。

まとめ

矢口さん

矢口さんには軽快なトークを披露していただき、和気あいあいとした雰囲気の中でのインタビューとなりました。
みんなが幸せに暮らせる家づくり・街づくりを信念にしている矢口さんですが、今後の展望としては、地元の商店街に事務所を移転することで街づくりに貢献したいともおっしゃっていました。

自分の幸せだけでなく、プラスαで街全体が幸せになれるような家づくりをされたい方は、ぜひ矢口さんに相談してみてくださいね。

会社名 ICA建築設計事務所
代表者名 矢口 博幸
住所 〒300-0815
茨城県土浦市中高津1-12-18
電話番号 029-822-1286
公式HP https://hyica.exblog.jp/
営業時間 9:00〜17:00
※定休日:月曜日
主な業務 住宅の設計
対応エリア 茨城県を中心とした全国エリア