株式会社アイコーホーム

ikohome-main

新築を建てる際間取りはこだわりたいものですよね。
・部屋数はいくつにするか。
・リビングの大きさはどうするか。
・日当たりよく、暮らし易い家にしたけど、どんな間取りにするか。

でも、それらのこだわりも土地の広さによって制限されることがあります。思い描いた沢山の夢やこだわりを土地の広さや環境という理由だけで、色々と諦めなくてはならないのは避けたいですよね。

そんなとき解決のための知恵を貸してくれるのが、株式会社アイコーホームの小池明夫さんです。小池さんは土地の条件的に、お客様の要望を叶えることが難しいときでも、注文住宅ならではの知恵を出して要望を叶えていくことを心がけていると語られていました。

本記事では、小池さんの住宅建築で大切にされていることや信念についてご紹介します。

お客様の心を動かす空間をつくっていきたい

インタビュー中の小池さんー真剣に語ってくださいました。

スタッフ

小池さんが住宅建築の道に進もうとされたきっかけを教えてください。

小池さん

父が工務店を経営していたので、小さいころから現場に連れて行ってもらいました。そこで職人さんが家をつくっている姿を見ていたことが大きかったと思います。何もないところから家が出来上がっていく様子を見て、子供ながらにいいなと思っていました。親の仕事を継ぎたいとまでは思っていませんでしたが、建築、設計をするところで働きたいなとは考えるようになったんです。

スタッフ

それで進路を選ぶ際も建築系の学校を選んだんですね。

小池さん

はい。実際に建築学科で設計を学び、入社してから初めて担当させていただいたお宅では、自分の引いた線で家が建ち上がる姿がダイナミックで、今でも喜びと共に心に残っています。自分の描いた図面上の家が現実になるということに益々強く魅力を感じるようになりました。

スタッフ

自分で描いた図面上の家を、実際現実に見ることができるというのは素敵ですね。

小池さん

はい。又、学生時代から勉強をしていくうちに色々な建物を見て、建築の素晴らしさや奥深さを知り、自分でもこんな質の高い設計ができたらいいなと思うようになってきたんです。

スタッフ

小池さんが特に感じた、住宅建築の素晴らしさとは具体的にはどんなところですか?

小池さん

とても一言では言い表すことができませんが、例えばインテリア空間についていえば、一律に高い天井よりも、低い天井から変化をつけて高くする方が、印象も強くなって広がりを感じる魅力的な空間になりますし、又、部屋の窓の形や取付け位置を工夫するだけで空間の印象は変わり、光の入り方や居心地の良し悪しにも影響します。

小池さん

公共建築とは違い、住宅建築でできることにも限りがありますが、ご家族が「ココ良いな」と感じられるような建物になるよう、手を抜かず、丁寧に設計することを心がけています。本当に感動するような空間でも作れるということが設計の醍醐味かと思います。そんな心を動かすような空間を作っていけるよう常に学んでいきます。

限られたスペースを最大限有効に活用していく

広がりを感じるお家

スタッフ

設計のお仕事のやりがいを教えてください。

小池さん

なんと言ってもお客様に喜んでもらえることがやりがいです。お引渡しのときに、「本当に良い家になってよかった。小池さんに任せてよかったよ」と言われることは何事にも変えがたい喜びですね。

スタッフ

お客様からのお褒めの言葉をいただけるのはとても嬉しいですよね。喜んでいただくまでにご苦労もあるのではないですか?

小池さん

お客様からは難しい要望をいただくこともあり、実現する為に苦労することもあります。それでも知恵を出してお客様の要望を出来る限り叶えるようにしています。

スタッフ

お客様の要望を叶えるために、具体的にどのようなことをされているのですか?

小池さん

代表的な例としては、たとえば出来るだけ無駄なスペースを作らないようにしています。土地に余裕があれば設計にも自由度がありますが、東京都心だとお客様の要望に対して十分な土地の広さを確保出来ないことが多いんです。でも、限られたスペースの中でも、お客様の要望を取り入れる為には、スペースの使い方も含め発想を変えるなど、思い切った工夫も必要になってきます。

スタッフ

限られた条件の中でお客様の要望をすべて叶えるのは大変そうですね。具体的にはどのような工夫をされましたか?

小池さん

例えばこちらの家は玄関スペースがないんです。玄関からホール・廊下を通って部屋に行くのが一般的ですけど、玄関ドアを開けたらすぐ土間付きのリビングがあるんです。

家に入るとすぐリビングが広がるお家

小池さん

一階全体の壁を少なくしてリビングの広さを優先したプランになっています。お子様がまだ小さくてリビングを遊び場のようにしたいということだったので、このような間取りを考えました。

小池さん

他のお家でも、例えば普段は廊下だけれども、扉を閉めたら洗面脱衣室になるような、一つの場所を多機能、複合的に使える工夫もあります。このようにご要望に応じて、様々な解決策が検討されていきます。

スタッフ

土地の広さには限界がありますが、最大限有効活用してもらえることはとても頼もしく感じますね。

小池さん

限られた土地の中でも、お客様の個性を活かした満足の出来る家づくりをすることが、設計している者としての知恵の見せ所ですね。

無駄なコストを省いた家づくり

無駄を省いたコンパクトなお家

スタッフ

その他にもお仕事をするうえで心がけていることはありますか?

小池さん

お客様には、無駄なコストを省いた家づくりをしてほしいと思っています。単に高価な仕様や設備を付けることではなく、「お客様が新しい家でご家族とどういう生活をしたいか」というのが一番大事だと思っています。折角お家を建てても、予算的に無理をしていたら、その後が我慢の生活になってしまいますよね。

スタッフ

確かにお客様としては、家は一生に一度しかない買い物かもしれないので、「少し無理をしてでも良い仕様、設備を整えたい」という気持ちになって無理をしてしまうかもしれませんね。

小池さん

もちろんこだわる部分にお金を使うことは良いと思うんです。ただ何を優先するのかというところを考えながら家づくりを進めていくことが、最終的にその後の生活も含めて満足した家につながると思うんですよね。例えばすべての設備にフルオーダーのものを使ったらお金がかかってしまいますが、こだわりに合わせて部分オーダーや、複数メーカーの組み合わせでもオリジナル感を出せることがあります。お金を使わなくても知恵で出来ることがたくさんあると思うんです。

スタッフ

無駄を省いて、本当に必要なところにお金を使えることはお客様にとって大切なことなんですね。

小池さん

そうなんです。そのためにはお客様としっかりコミュニケーションをとり、お客様が本当に望んでいるものは何かを知りたい。お客様の深層心理も含めて何を思ってるのかをお聞きしたいので、時間を掛けて何回も打ち合わせをするんですよ。

スタッフ

お客様の気持ちを理解していくことが大事なんですね。

とてもフレンドリーに語ってくださいました。

スタッフ

最後に新築を考えている方へメッセージをいただけますか?

小池さん

とにかく一番大事なのは、お客様が自分達にあった会社選び、ベストパートナーを探す努力をすることだと思います。可能であれば工事現場も見せてもらった方がよいと思います。建築現場が汚い会社さんだと、材料の扱いも悪かったりするので、良い会社さんでないことが多いと思います。そのうえでお話をして、担当者との相性も含めて自分たちのベストパートナーを見つけてほしいと思います。

スタッフ

材料まで丁寧に扱ってくれる会社さんの方が、自分達の家も大事にしてくれそうな気がしますね。本日は貴重なお話をありがとうございました。

口コミ、評判

株式会社アイコーホームさんの口コミを調べてみると、利用者された方の満足度の高さが伝わってきます。お家の仕上がりだけではなく、どんなお客様の要望に対しても親身になってくれることに高い評価を得ています。

子供が小さかったので自然素材の家を建てたいと思っていました

展示場で見学してかなり気に行ったので、アイコーホームに依頼することに。

初回からたくさんのプランを出してくれて感動。

資金に関しての相談にも乗ってくれて不安解消できました。

最後まで安心して任せられる工務店だと思います。

自然素材の家は高いと聞いていたのですが

アイコーホームは予想以上に安価なのが気に入りました。

ナチュラルだけどスタイリッシュ、持っている家具にも合わせられるのも嬉しいですね。

木の香りに癒され、部屋の明るさが保てるので毎日快適に過ごしています。

「おしゃれでビンテージ感のあるカフェ見たいな住まい」

とざっくりした希望にも応えてくれました。

とにかく親身になってくれるので、リクエストを多く出しても問題なし。

しかも断熱性の高い家で、一年を通して適温で過ごせます。

省エネ性もあり光熱費を抑えられるのもメリット。

動線を考えた間取りになっているので、時短家事ができるようになったのもいいですね。

外観のデザイン性が高く、内装はくつろぎを一番に考えた間取り

大容量の収納スペースが設置され、片付けが楽なのも気に入っています。

家の中で温度差を感じることなく、体調を整えられるのも気に入りました。

予算を立てと土地探しも手伝ってもらえたので、時間も短縮でき本当に助かりました。

ちょっと変わった形で、他のハウスメーカーから断られることが多く

最終的に出会ったのがアイコーホーム。

雑貨屋さんのような家が理想で、雑誌の切り抜きなどを渡しました。

漆喰塗りの外観は落ち着いた雰囲気、白い壁に濃い色のフローリングでくつろぎを表現するアイディアに感動。

ロフトを作ることで開放感が生まれて、素敵なマイホームが完成しました。

引用:アイコーホームのリアルな良い評判・口コミ|LIFULL HOME’S

値段感と坪単価

坪単価:65万円~

見学レポート

アイコーホームさんは事務所の隣にショールームがあり、ご相談の際には見学することが可能です。自然素材の家づくりに対応しているお部屋もあり、お客様の悩みに対応した部屋も見学できます。また環状八号線から近く、駐車場もあるため、お車で行く場合も安心です。

【展示場住所】 東京都杉並区高井戸東3-6-3
【お問い合わせ】TEL 03-3334-0334
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】毎週水曜日


ショールームには入り口が二つあり、コンセプトが違うものだとのことでした。

右のドアから入ってみると、温かな雰囲気の広い玄関が迎えてくれました。実際のお客様との打ち合わせもここでするとのことです。
中は素敵な空間が広がっており、ここで打ち合わせが出来ればイメージも膨らんできそうでした。実際のお家の材料なども見て話が出来るので、なお安心だと思います。
やはり和室があるのを見ると落ち着きます。畳や襖があるだけで心穏やかな気持ちになります。最近では和室を作らないという方もいますが、ここを見ているとやっぱり和室がほしいと感じます。
もう一つのお家は、漆喰と無垢フローリングなど自然素材のみで造られた無添加住宅の家とのことでした。実際に家に入ると空気感が違います。田舎の祖父母の家に行ったときのような安心感がありました。
小池さんは「少しオーバーですが…この家は食べても安全」という表現をされていました。食べるというのは大げさな表現かと思っていましたが、ここに住んだとしたら、そう思えるぐらいの快適性を感じます。


この空気感は、ショールームへ行って実際に感じてほしいものです。特にシックハウス症候群に悩む人は一見の価値ありです。

まとめ

アイコーホームさんの名前の由来は「アイ=私(お客様)」と「コー=小池さん」とのことでした。家づくりの主役はいつでもお客様で、そのお手伝いをしていきたいという気持ちで付けられたそうです。お客様の喜びを第一に考えられている小池さんの気持ちが感じられます。

また近年では新築住宅で培ってきた経験を最大限に生かし、リフォーム事業にも力を入れているそうです。小池さんの安心できる人柄と確かな知識は頼もしいかぎりです。

家づくりには色々な悩みもあると思いますが、アイコーホームさんは解決の知恵を貸してくれる存在です。興味を持たれた方は是非株式会社アイコーホームさんにご相談ください。

会社名 株式会社アイコーホーム
代表者名 小池 明夫
住所 〒168-0072
東京都杉並区高井戸東3-6-3
電話番号 03-3334-0334
公式HP https://www.iko-home.co.jp/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 住宅の設計、施工、アフターメンテナンス
対応エリア 東京都23区西部(杉並区を中心としたエリアより応相談)