伊波一哉建築設計室

伊波代表

家づくりをするうえで、自由な時間を増やすために「家事を効率よくできる間取りにしたい」と思っている方は多いと思います。
でも、効率のいい家を実現することが本当に求めている暮らし方でしょうか?

伊波一哉建築設計室の伊波代表は、効率を求めて作業しやすくするよりも、本当にしたかった暮らしを気づかせてくれる建築家さんです。

この記事では、伊波代表の建築へのこだわりと家に対する想いをお伺いしました。

多様なライフスタイルに合わせて設計をする

住宅事例

よくある三角の屋根裏収納を、水平の屋根にして高さを確保した広々としたスペース

スタッフ

一級建築士として設計をされていると思いますが、設計をするうえで、お客様と家づくりをするためにどんな打ち合わせをしていますか?

伊波代表

予算や敷地に限りがあり、すべての要望を組み込むことはなかなか難しいので、実現したいことを順位にして決めてもらうようにしています。

スタッフ

人生で何度も無い買い物ですから、要望はたくさん出てきそうですね。

伊波代表

とくに「洗濯と家事を効率良くこなしたい」とおっしゃる方が多いのですが、効率はあくまでも居心地をよくするための手段であることを知っていてほしいと思います。
手段が目的になると手段が中心の日常になってしまい、「居心地がいい空間」というよりも「作業がしやすい空間」になってしまうからです。

スタッフ

作業がしやすいからといって、居心地が良くなるわけではないのですか。

伊波代表

例えば、家事を効率よくするための間取りにすると、リビングが何畳分か狭くなることもあります。もちろん効率よく生活できるように設計しますが、広いリビングで過ごす時間を大事にしたいのなら、その想いを優先してあげたいのです。
理想や効率ばかり重視してしまうと本質を見失ってしまうので、「何を実現したら居心地のよい家になるのか」を意識すると、自然と理想の家に近づけられると思っています。

スタッフ

取捨選択することで、本当にしたかった暮らしが実現できる家になっていくのですね。

伊波代表

とくに、後から変えられないものはしっかり提案して「住みやすさのベース」をつくってあげられたら嬉しいです。

スタッフ

設計をするうえでのこだわりを教えて下さい。

伊波代表

いろんな人が住む可能性があることを念頭に設計しています。

スタッフ

マイホームとして建てる家なのに、ですか?

伊波代表

そうです。ライフスタイルの変化を考慮するのはもちろんですが、最近の例では、いずれ他の人に貸すことを前提で建てる人もいました。建てた家にいずれ住まなくなったとしても、誰でも活用できるような間取りにしています。

スタッフ

いろんな生活の仕方がそれぞれあると思うので、誰もが住みやすい家を考えるのは大変そうですね…。

伊波代表

一つの手段で、できるだけ複数の要素や要望を解決するように心がけています。そうすることで簡素なつくりになり、多様性への対応がしやすい家になると考えているからです。たとえば、小さい部屋がたくさんあるよりも、広い空間を好きなように使えるほうが、それぞれの暮らしに対応できると思うんですよ。

スタッフ

大きい部屋なら、住む人次第で棚やソファを移動することでいくらでも間取りを変えられますからね。便利そうです。

伊波代表

昔の日本は、家で冠婚葬祭をしていました。それに似たように、家族構成や生活スタイルが変わっても、それぞれの暮らし方に難なく合わせられる間取りにしてあげたいです。

ひらけた空間でのびのび生活してほしい

住宅事例

スタッフ

伊波代表の考える「家」とは、どうあるべきだと思いますか?

伊波代表

広い部屋で家族との関わりを増やしていく場だと思っています。なので、あまり壁で仕切ってない、狭い部屋のない家が増えていってほしいですね。

スタッフ

個人の部屋が欲しい方は多いと思います。とくに、子どもが大きくなったときに「自分の部屋が欲しい」と言うことがありますよね。

伊波代表

私は、子どもが3人いるから3つの部屋をつくるよりも、日中過ごす勉強部屋は一緒にして寝る部屋だけ分けて、子どもたち同士が話す機会を増やしたり、外に出て遊びたいと思える環境にしてあげたいです。
なぜなら、高層階に住む人が、地上に降りて出歩くことが減ってしまうことがあるように、暗く狭い部屋に閉じこもるのに慣れてしまうことも起こり得るからです。

スタッフ

部屋の広さが人の心理に影響するのですか。初めて知りました。
たしかに個人の部屋は、自分の世界に閉じこもれる場所ではありますよね。

伊波代表

狭い空間が落ち着くなら無理にとは言いませんが、狭い部屋はよくないと思っているのであれば、なるべく開けた空間でのびのび暮らしていただきたいです。
住宅事例

壁の仕切りを減らすことで、好きなように家具を配置できます

住宅事例

勾配屋根の途中にあったバルコニーにガラスの屋根を掛けて、子供部屋の一部にしたものです

スタッフ

これから新築を建てる方へアドバイスをお願いします。

伊波代表

信用できる設計士を見つけて、その方に身を委ねてみてください。
建築のプロなので、お施主さんが考えられる以上の提案ができますし、周りの環境も考えてデザインしてくれると思いますよ。まずは間取りをこうしたいというよりも「どんな暮らしをしたいか」を伝えて、任せてみてはいかがでしょうか。

スタッフ

理想以上の家が建てられるかもしれませんね。

値段感と坪単価

坪単価:70万円~

多様性のある設計をしていただけます
一般的に建築家の先生に設計を依頼すると工事費の15~20%かかります。それに比べて、伊波一哉建築設計室さんの設計料は工事費の10%とコスパ良しです。

まとめ

伊波一哉建築設計室さんのホームページでは住宅事例のほかに、伊波代表が出会った印象的な風景を撮影したものも掲載されています。自然に馴染んでいるのにどこか印象的な写真がずらりと並んでおり、見ているだけで落ち着く風景ばかりです。ぜひこちらからご覧になってみてください。

また、伊波代表は全国どこでも対応しています。遠方の方でもお気軽にお問い合わせしてみてください。

会社名 伊波一哉建築設計室
代表者名 伊波 一哉
住所 〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-20-5-9-501
電話番号 045-567-1520
公式HP http://www.arch-room.com/
営業時間 10:00~19:00
主な業務 住宅の設計
対応エリア 全国どこでも