伊藤明良一級建築士事務所

伊藤さんの正面写真

新しい家が欲しいと思ったとき、相談できるところは数多くあります。

独特のデザインで人気を集める、有名な建築家さん。
効率性を追い求めてコストを極力抑える、ハウスメーカーさん。

しかし、どこに相談しても、納得のいくプランは出てこないかもしれません。
それはきっと、あなたのなかに何かしら絶対譲れない思いがあるからです。

そんなときは、あなたの要望を一番に考える建築士さんを頼ってみるとよいでしょう。

東京都世田谷区の伊藤明良(いとうあきら)一級建築士事務所さんは、住宅などの新築・リフォームを手掛けています。
お客様との打ち合わせを大事にし、要望に沿った建物を設計している事務所さんです。

今回は、インタビューを行うために、伊藤明良一級建築士事務所さんを訪ねました。
この記事では、代表の伊藤さんがどのような思いをもって家づくりに取り組んでいるのか、過去の事例も交えながら紹介いたします。

お客様に多くの選択肢を示す

3Dモデルを手にする伊藤さん

スタッフ

最初に、お客様からどのようなご依頼を受けているのか教えていただけますか?

伊藤さん

主に住宅の新築やリフォームです。注文住宅から中高層のマンション・ビルまで、幅広い建物の設計に対応できますよ。
以前に所属していた設計事務所では、工務店さんやハウスメーカーさんのお手伝いで設計することもありました。

スタッフ

工務店さんやハウスメーカーさんのお手伝いですか?
いろいろな制約があって、設計するときに大変なのではないでしょうか?

伊藤さん

外観や施工会社が建築条件として指定されているほかは、住宅の設計とほぼ同じ流れ・要領ですよ。
一部の仕様を事前に決めて建築コストを抑えつつ、それ以外のところで、どうやってお客様の要望を実現するのか考えました。

岡本の家

階段とキッチン2

伊藤さんが手掛けた「岡本の家」。
窓の位置や間取り、内装などにお客様の要望が反映されています。
建物の完成後も、お客様との交流が続いているそうです。

伊藤さん

以前に所属していた設計事務所では、建売住宅も手掛けていました。なので、建売住宅の良い部分も悪い部分も、僕はよく理解しています。
ちなみに、まだ未熟な当時の僕による設計でも、現場では職人さんがテキパキと手を動かしていました。さらに、ちょっとした図面をもとにして、見積書も建材の検討も行っていましたね。

スタッフ

図面だけで、そこまで可能なのですね。

伊藤さん

そうなんです。だから、作り手がすごいだけに「じゃあ建築士には何ができるのか?」と考えさせられたこともありました。
それで僕が出した答えは、できるだけ多くの選択肢をお客様に示すことです。
たとえば、建築条件のなかに窓の位置が入っていないのなら、僕は窓で何ができるのかを伝えます。小さな窓が一つでもあれば、風景を取り込むことだってできますからね。

スタッフ

制約されている部分ではなく、自由に決められる部分に着目するのですね。
伊藤さんが、お客様に多くの選択肢を示したいと考えるのは、どうしてでしょうか?

伊藤さん

お客様自身の感覚を大切にしてつくった家にこそ、お客様の愛着は湧くものだと思っているからです。
もしかすると打ち合わせでは、あれこれ提案してお客様を悩ませてしまうかもしれません。それでも僕は、お客様にとって愛着ある家をつくりたいんです。

家づくりで大切なのは立地条件を知ること

階段とキッチン3

スタッフ

プランを作るときに、何か参考にしているものはありますか?

伊藤さん

お客様の声です。
お客様は、不動産屋さんが作った間取り図を参考にしています。ほとんどのお客様は、先に不動産屋さんと相談して土地を決めてから「3LDKの家が建てられる広さの土地を買ったけど、建築士に頼んだらどういった建物ができるのだろう?」と考えますからね。
ですが、僕は間取り図よりも、まずお客様の声を聞きます。

スタッフ

注文住宅を建てたいと考えたら、まずは土地を決めなければなりませんからね。
先に不動産屋さんに相談してから、伊藤さんのところへいらっしゃる方が多いのですね。

伊藤さん

本当は、土地探しのタイミングから建築士にご相談いただくのが理想なんですけどね。立地条件は家のカタチに大きく影響しますから。

スタッフ

立地条件は、やはり大切なのですね。

伊藤さん

もちろんです。プランを練るときは、立地条件を念頭に置かなければなりません。
特に、周囲の環境がどのように変化しそうか、将来の見通しを立てるのは最も大切です。

伊藤さん

それだけに、打ち合わせが始まって最初のころは、僕は敷地の周りに関することばかり話します。
その時点では、お客様は「なんで、この建築士さんは周りばかり気にするんだろう?」と疑問に思うでしょうけれど。

スタッフ

伊藤さんに相談したばかりのころは、お客様の関心は家そのものにしかないでしょうからね。

伊藤さん

そうですね。ただ、立地条件をちゃんと意識しておかないと、後々いろいろな障害が生じかねません。
実際に、「買った分譲地にハウスメーカーの考えたプランで建てられそうにない」と、お客様が困り顔で相談しにいらっしゃったことがありましたよ。

スタッフ

何が問題だったのでしょうか?

伊藤さん

問題は大きく分けて2つありました。
1つめの問題は、分譲地なので将来的に隣家によって囲まれる可能性があることです。ハウスメーカーのプランだと、日当たりや風通しの問題が将来生じるおそれがありました。

スタッフ

敷地の周辺が、いつまでも更地のまま残るわけではないでしょうからね。

伊藤さん

はい。2つの問題は、建築条例に引っかかるおそれがあることでした。予定していたプランだと、3階部分が建築条例に引っかかってしまうことが判明したんです。

スタッフ

建築条例(中高層条例)は、近隣住民の間で日当たりや風通しの問題を起こさない目的で設けられる規制ですよね?
その建築条例が、お客様の新築にも影響してしまうのですか。

伊藤さん

そうなんです。ですが、2つの問題は無事に解決できました。
日当たりと風通しの問題は窓やバルコニーの位置を工夫することで、3階部分の問題は建物全体を少しだけ地下に沈めることでクリアしたんです。
特に、日当たりと風通しの問題については、将来の予測を立てながら慎重に検討しましたね。
桜丘の家の3Dモデル

建物の立地が問題となった「桜丘の家」の模型。
伊藤さんの設計により、無事に家が完成しました。

スタッフ

ハウスメーカーさんだとプランの変更が難しいでしょうから、伊藤さんの柔軟な発想がなければ解決できない問題だったのですね。

伊藤さん

それこそが、設計士の存在意義でもありますからね。
問題が判明したときに、お客様は土地を買って失敗したかもしれないと思っていたみたいです。でも、僕との最初の面談でお話ししているうちに、徐々にお客様の顔は明るくなりました。その顔色が切り替わったときが、本当に嬉しかったですね。

スタッフ

お客様は土地に大金をつぎ込んだだけに、不安で仕方なかったのでしょうね。
下手をすると、何千万円ものお金がムダになってしまうところだったのですから。

伊藤さん

そうですね。本当に良かったと思います。
ほかのお客様も、その多くは住まいについての悩みを抱えて僕のところにいらっしゃいます。そんなお客様を笑顔するのが、僕は嬉しいんです。

お客様の要望を丁寧に整理していく

資料をめくる伊藤さん

スタッフ

伊藤さんが建築士として心掛けていることは何ですか?

伊藤さん

打ち合わせにおいて、なるべくお客様にたくさんお話ししていただくように心掛けています。
お客様の要望を整理するのが建築士の仕事だと僕は思っているので、まずはお客様のお話を聴く必要があるんです。

スタッフ

建築士さんといえばデザインに注目されがちだと思いますが、伊藤さんは違うのでしょうか?

伊藤さん

もちろんデザインは大切ですし、僕自身も有名な建築家さんの斬新なデザインに刺激を受けることもあります。
ただ、デザインで人の目を引くのは、僕のやり方ではないですね。僕の手掛ける建物は「作品」ではありませんから。
シンプルにお客様の要望を整理して、お客様の要望を外さない建物を設計するのが僕のやり方なんです。

スタッフ

伊藤さん自身ではなく、お客様の考えをもとに設計を考えるのですね。

伊藤さん

その通りです。設計はお客様あっての仕事ですからね。
ですから、ひたすらお客様のお話に耳を傾け、要望を整理し、設計に落とし込んでいきます。

伊藤さん

ちなみに、僕の「作品」ではないといっても、一棟一棟に対する思い入れはとても強いですよ。お客様と話し合いながら設計を練るのが、楽しい思い出になるんです。
お客様と一緒になって考えたり、スケッチを見せながらイメージを共有したりする過程は、とても楽しいです。

お家の外観と内装

スタッフ

もしお客様からの要望が何も無いとしたら、伊藤さんご自身はどのような家をつくりたいと考えていますか?

伊藤さん

用途を決めずに自由に使える家をつくりたいですね。その日の気分で本を読む場所を自由に選べる、というような。
都会の小規模な住宅では、1つのものを複数の用途に使えるようにしておくことが大切だと思っていますから。

スタッフ

使わないスペースが増えるほど、家が狭くなってしまいますからね。

伊藤さん

はい。デッドスペースが生じなければ、いつまでも使える家になります。
まあ、そのように考えるきっかけは、僕の実家なんですけどね。

スタッフ

ご実家がきっかけなのですか?

伊藤さん

そうなんです。僕の実家は自営する町工場に隣接していて、兄姉も多くて工場の人達と家族ぐるみの付き合いをしていました。朝起きると、家族以外の人が家にいるのが当たり前なんです。
そんな僕の実家には扉がほとんどなく、明確に区切られた部屋がありません。ゆるくつながった部屋やスペースを、時に区切り、時につなげて使う家でした。
ご近所と比べても変わった家だと思います。でも、それこそが僕にとっての原風景なんです。

スタッフ

伊藤さんにとっての原風景、ですか。

伊藤さん

はい。僕にとっては「用途を決めずに自由に使える家のカタチ」が原風景なんですよ。
つまり、これから家をつくりたい人が基準にするのは、お施主様自身が体験してきた家なんです。その方にとっての原風景が、家のカタチを決めるわけですね。

伊藤さん

そのように考えると、どのお客様にも必ず何かこだわりがあるはずです。どのお客様にも原風景は存在するわけですから。

スタッフ

なるほど、その方にとっての原風景が、こだわりとなって表れるのですね。
広い意味では、こだわりも要望と捉えられますからね。

伊藤さん

そうなんです。なので、僕は打ち合わせのときに、お客様に「どういうところに住んでいらっしゃったのですか?」と必ずうかがいます。
すると、似た要望であっても、お客様ごとに重要度が異なることも分かります。

スタッフ

どうしても実現したい要望と、そうでもない要望とに分かれるのですか?

伊藤さん

はい。単にイメージで「良さそうだから」という理由と、「体験してきた家が同じ仕様になっていたから」という理由とでは、重要度がまったく異なります。
体験してきた家を参考にしている方にとっては、その仕様が当たり前であり、必要なわけですからね。

スタッフ

原風景が生んだこだわりなら、絶対に欠かせない要望だと判断するべきなのですね。

伊藤さん

そうです。だからこそ、僕はお客様の要望を整理するときに、その方の原風景を大切にしたいと考えています。
お客様が心から望んでいる理想の家をつくりたいですからね。

手振りを交えて説明する伊藤さん

スタッフ

これからお家を建てようとしているお客様に対して、メッセージをお願いします。

伊藤さん

家づくりをスタートしたときは、思い切りワガママを言っていただきたいですね。
日本人の美徳なのか、ためらう方が多いですけど、ワガママを言うほどトラブルや後悔は減らせるので遠慮は要りません。間取りなどの調整は、多少の制約を除けば何とかなるものです。
お客様がこれからの人生を自由に思い描くお手伝いができれば、僕も嬉しいです。

スタッフ

まずは言ってみること、それが大事なのですね。
本日はお忙しいところ、誠にありがとうございました。

値段感と坪単価

坪単価:85万円~

住宅なら坪単価は85万円~
30坪の木造3階建ての目安は、坪単価85万円~です。
坪単価には、給排水・電気・ガス・空調・キッチン・お風呂・トイレ・洗面が含まれています。
一方で、外構工事・カーテン・テレビ・電話・インターネットは別途費用がかかります。

まとめ

「お客様にとって良い方向に向かえば、それでいい」
「家のカタチは、そのあとで」

そんな風に考える伊藤さんは、家のことなら何でも相談に乗ってくださいます。
家づくりを通して、お客様の人生に貢献したいという思いがあるのかもしれません。

家はモノでありながら、モノを超える存在です。
人の思いによって、家のカタチは変わってしまうからです。

だからこそ、家をつくるときは、あなた自身の思いを大事にしなければなりません。
そのためにも、まずはお客様の思いを大切にする建築士さんを頼るべきです。

伊藤さんは、あなたの思いを大切にしながら家づくりを行います。
伊藤さんと一緒に家を完成させたとき、「これから楽しい人生が始まる」と思うことでしょう。

会社名 伊藤明良一級建築士事務所
代表者名 伊藤 明良
住所 〒157-0065
東京都世田谷区上祖師谷4-37-12-B501
連絡先 itoakira@itoakira-as.com
公式HP https://itoakira-as.com/
営業時間 10:00~18:00
主な業務 新築・リフォーム(用途変更)の設計及び監理
※中高層規模の建物の設計も可
対応エリア 全国