岩間誠治一級建築士事務所

インタビュー風景

誰が見ても驚くような個性的なお家にするには、高額な設計料が必要なのでしょうか?

いいえ、一級建築士の岩間さんは、限られた予算の中でも、誰もがびっくりするような設計をしてしまうアイデアマンです。
しかも、素人のアイディアや要望にも、親身になって相談にのってくれるお客さん想いの設計士さんでもあります。

この記事では、岩間さんがなぜ素人の意見に親身になって耳を傾けるのか、さらには、どのような想いで建築に携わっているのかなど、実際のインタビューをもとに紹介していきます。

建築士に頼む最大のメリットは独創性

スタッフ

岩間さんは住宅の依頼を多く手掛けているようですが、理由はありますか?

岩間さん

一番の理由はやりがいです。
住宅には家族みんなが集まれるリビングや、快適に生活するための水回り、安心して眠れる寝室も必要です。
正直、あらゆる要素を考えて設計しなければならないので面倒なところは多いです。でも、その分やり遂げた時の達成感もとびきりなんですよ。
お客様の喜びを身近に感じられるのが嬉しいですね。

スタッフ

設計士の方に住宅の設計を頼むメリットは何でしょうか?

岩間さん

要望にあわせてオリジナルの設計をしてもらえる点につきると思います。

スタッフ

建売りは既に設計されているお家ですし、ハウスメーカーさんだと、どうしても規格化されたお家になってしまいそうです。

岩間さん

設計士である以上、せっかく相談に来てもらったら可能な限り設計に反映してあげたいと思うのが普通です。
わたし自身、打ち合わせでは「責任を持ってお話を聞かなければならない」と常に自覚するようにしています。
とはいえ、設計士ならどこに頼んでも良いとは限りません。必ず複数の設計士に相談して決めてください。
設計士によっては提案できる内容も、設計できる幅も違いますから。

スタッフ

お仕事をされるにあたって強い信念をお持ちなのですね。
では、お家を設計される時にこだわっていることはありますか?

岩間さん

固定概念にとらわれないことです。

スタッフ

具体的にどのように設計をするのでしょうか。

岩間さん

例えば、雨風に強い屋根材を外壁に使ってみたり、逆に壁材を使って何層にも屋根を厚くしてみたり。
素材ひとつとっても、性能や機能面を本質的に考え、自由な発想で設計をするようにしています。概念にとらわれていては、それ以上のお家はできませんからね。

岩間さん

企業の事務所で設計の下積みをしていた頃は「なぜ似たような設計ばかりをするのだろう」といつも不思議でした。
大きい建物は決まってタイル張りの2階建てから3階建て、まるで平面図のような設計が主流でした。
確かに当時は、効率のためには仕方ないのかもしれないとあきらめていました。
でも、住宅だったら効率よりも住む人にあわせて設計してあげたいなって思うわけですよ。

スタッフ

しかし、実際のところお客様にはどの様に伝えて打ち合わせをするのですか?

岩間さん

わざわざ伝える必要はありませんよ。
お客様は建築のことを全然知らないので、急にとっぴょうしもないことを言ってくれます。
逆にそれを「おもしろい」と思って取り入れていくだけです。
他の設計士さんだったら「ダメだ!」といって断られてしまいそうな要望やアイディアも、まずは実現できないか積極的に考えます。

スタッフ

建築士さんのような設計のスペシャリストに変な要望をしたら怒られるかもしれない、と思っている方は多いと思います。
なのに、どんな要望を言ってもダメだと言われないのは安心ですね。
ちなみに、これまでどのような要望やアイディアを実現されましたか?

岩間さん

お客様のアイディアがきっかけで面白いキッチンが出来上がったことがあります
特徴的なデザインにしたいとのことだったので、水回りの部分をコンクリートでつくったんですよ。
コンクリート製のキッチン

水回りがコンクリートでできたキッチン

岩間さん

独特な質感とデザインが気に入ってもらえました。
さらに、建物の基礎と一緒につくったので建材費などのコストも抑えられました。設計した私としても納得の仕事ができましたよ。

スタッフ

お客様の斬新なアイディアが思いがけない成果に繋がることがあるのですね。
キッチンから見た風景

キッチンから見た室内

岩間さん

なので、打ち合わせでは遠慮なく意見をいってほしいですね。
それに「普通と一緒はイヤだ」とか「とにかくカッコイイお家がいい」と強く願っている方と一緒にお家をつくるのは楽しいですからね。

スタッフ

しかし、無謀な要望を取り入れすぎると問題が起きたりはしないのですか?

岩間さん

もちろん、基本的な機能が果たせるかどうか、設計に無理がないかといった問題は、プロの目線からくまなくチェックしますので安心してください。

スタッフ

でも、あまりに予算が限られていると斬新なデザインはあきらめた方がいいですか?

岩間さん

まずは相談してほしいですね。
たしかに、予算面が問題になるケースはあります。
以前、予算300万円でお家のフルリフォームをやりたいというご依頼がありました。
限られた予算ではありましたが、お客様は個性的なお家にしたいという強い要望がありました。そこで、思い切った間取りにするため、お家の真ん中にガラス張りのお風呂をつくったんですよ。
リフォーム後の風景

ガラス張りのお風呂が中央にある思い切った間取り

スタッフ

斬新な間取りですね。
どんなに突拍子がないことを要望しても本当に大丈夫な気がしてきました。
実際に設計をやっていてご自身のスタイルを感じたことはありますか?
リフォーム後の室内

限られた予算内でリフォームをされた室内

岩間さん

自分にスタイルがあるとは思っていません。
家造りはお客様が最優先です。相談に来てくれたお客様が住みたいと思ってもらえるお家をつくってあげたいです。
しかし、お客様には必ず予算があります。なので、設計をする自分たちがうまく調整してあげないといけません。
どうやったら理想のお家がつくれるのか、お客様と一緒になって考えていく感覚です。

予算が限られている人こそ建築士を頼って欲しい

スタッフ

これからおうちを建てようと考えている方にアドバイスをお願いします。

岩間さん

家を建てたいと思ったら、最初は色んなところに相談してみるのがおすすめです。
例えば工務店やハウスメーカーさんの中には展示場を持っているところがあります。完成後のイメージができるのは、それだけでも大きなメリットなので実際に足を運んでみるのも良いでしょう。

岩間さん

なにも設計士に家づくりを頼むのが一番だとは限りませんからね。
ただ、気になったことは必ず相談するように徹底してください。どこに依頼をするにしても、建てたあとに後悔はしてほしくないですね。

スタッフ

最初から最後までお客様の立場で考えているのが伝わります。
はじめから設計士を勧めないのも岩間さんらしいアドバイスですね。

スタッフ

でも、展示場のモデルルームを見ても納得できずに依頼してこられる方ですと、こだわりが強いお客様が多くなりそうですね。

岩間さん

もちろん、こだわりをもって依頼に来る方も多いですが、予算面が問題で相談に来られる方もいますよ。
建築士や設計士はアイディアひとつで費用を減らすことができますからね。
コンクリートのカウンターキッチンをつくったときも大幅に費用を抑えられましたよ。

スタッフ

概念にとらわれない、岩間さんの建築に対する想いがよく伝わりました。これからはどのようなお家を建てたいとお考えですか?

岩間さん

日本全国に自分の手掛けたお家を建てたいですね。
ありがたいことに、これまで大阪、鳥取、愛媛などいろんな地域でお仕事をさせてもらいました。
これからも幅を広げて全国各地で建築に携わっていきたいです。

まとめ

岩間さん

固定概念にとらわれず、自由な発想であなただけのお家を考えてくれる強い味方。
岩間さんはお客さんの難しい要望にも簡単には「できない」といいません。

なぜなら「建てたあとに後悔はしてほしくないから」だそうです。
確かな経験によって裏付けされた技術と知識で、これからもお客さんの夢を叶えていってほしいですね。
新築やリフォームをお考えの方は、ぜひ岩間誠治一級建築士事務所さんに相談してみてください。

会社名 岩間誠治一級建築士事務所
代表者名 岩間誠治
電話番号 047-427-5402
公式HP https://www.sia08.com/
営業時間 9:00~18:00
主な業務 建築物の調査・企画・設計・申請・施工監理業務
対応エリア 全国