一級建築士事務所 伊澤計画

伊澤計画 伊澤様正面

東京スカイツリーが建つ東京都墨田区。建売住宅の新築が増える一方で、街中には長屋が現存するなど、今もなお古き良き下町情緒が残っています。
一級建築士事務所伊澤計画の伊澤淳子代表も、情緒あるこの街に暮らすひとりです。設計のお仕事の傍ら、空き家対策や地域のためのイベントに関わるなど、地域のためにさまざまな取り組みをされているそう。
今回は伊澤様に、建築家を目指した経緯や設計のこだわり、想いなどを伺ってきました。

オーダーメイドが可能な住宅設計に惹かれる

伊澤計画 施工事例1

スタッフ

伊澤様が建築家というお仕事を意識したのはいつ頃なのでしょうか?

伊澤様

中学生くらいの時ですね。もともと小さいころから図工の時間が好きでしたし、何か将来的に楽しく仕事ができたら良いなと漠然と思っていました。

スタッフ

そうなんですね。中学生の時に建築家になろうと思ったきっかけがあったのでしょうか?

伊澤様

当時は長谷川逸子さんや妹島和世さんが第一線で活躍し始めた時期でもあって。「建築という世界でバリバリ活躍されている女性もいるんだ!」と感動して、建築家という職業にすごく興味が湧いてきたことを覚えています。

スタッフ

なるほど!その後は進路も建築の方に進まれたんですか?

伊澤様

はい。大学で建築を学んで、大学卒業後は高齢者施設や病院などを手掛けている設計事務所に10年くらい勤務しました。その後は住宅の仕事をやりたいという気持ちが強くなったので、退職して資格の勉強をしながらアトリエ事務所にアルバイトに行ったり、知り合いの事務所を手伝わせてもらったりしていました。

スタッフ

そうなんですね。住宅の設計に興味を持ったきっかけは何かあったのでしょうか?

伊澤様

もともと高齢者施設や病院のデイルームを設計する時に、いつも参考にしていたのが住宅だったんです。例えばデイルームは高齢者にとって施設での癒しの空間ですよね。そういうくつろげる場所とか、癒される空間ということを考える時にいつも参考にしていたのが住宅でした。やっぱり多くの人にとって自分の家は一番くつろげる場所ですし、穏やかに過ごせる場所でもあると思うので。

スタッフ

確かに大半の人にとって自宅は一番ほっとするというか、癒しの場所なのかもしれませんね。
ちなみに住宅と病院とで、設計する上で違うところは何かありますか?

伊澤様

「どこまで設計できるのか」ということが決定的に違いますね。もちろん掃除がしやすいようにとか、耐久性や更新性、安全な材料を用いるとかこだわるべき部分は多いのですが、使う人の個性を出すことはできないんですよね。万人受けするデザインと言いますか…。多くの人にとって嫌ではないデザイン、多くの人にとって使いやすいものを目指すことになります。

スタッフ

確かに病院の方が、個性みたいなものはあまり感じられませんね。

伊澤様

はい。私はそういう風に細かい部分にこだわることができないのが悔しくて。でも住宅なら、施設のように不特定多数に適した建物ではないけれど、住む人には確実に喜んでもらえる建物を造ることができるなと思いました。あとはそれまで住宅を手掛けたことが無かったこともあって、住宅の設計に興味を持つようになりました。

スタッフ

なるほど。具体的に住宅設計の魅力ってどんなところにあると思いますか?

伊澤様

例えば掃除のしやすさを例に挙げれば、クライアントが掃除が好きなのかそうじゃないのか、あるいは掃除に時間をかけられるのか、共働きだから毎日は難しいのかとか…。暮らす人のライフスタイルや個性に合わせていろいろなところを変えることができる。まさにオーダーメイドの一品製作になるんですよね。そういう良い意味でわがままが利くところが大きな魅力だと思います。

“やりすぎない設計”を心がける

伊澤計画 伊澤様と資料

スタッフ

伊澤様が普段のお仕事でこだわっていることを教えてください。

伊澤様

住宅設計に関してはこだわり過ぎないように心がけています。デザインをやりすぎないと言いますか…誰が設計したか分からないようにデザインすることが一番格好良いと思っているので。

スタッフ

なるほど。なるべくシンプルにデザインするということでしょうか?

伊澤様

分かりやすく言えば、「この人が設計するといつもこういうデザインだよね」と言われないようにするということです。もちろんこだわりはするんですが、派手にせず、なるべく地味に設計すると言うか、私の個性をなるべく出さないようにしています。

スタッフ

でも個性を出さない、ということの方が個性を出すよりも断然難しそうですね。

伊澤様

そうですね。自分の個性を出さずに格好良くデザインするのは難しいと思います。でも住宅の場合は、あくまでもその家に住む人の生活が一番大事ですよね。だからこそ、私の趣味嗜好よりも、実際に暮らす人たちが、彼らの好きなものやデザインに囲まれている方が幸せなんじゃないかな、と考えています。

スタッフ

素敵な考えだと思います。ほかに設計のお仕事でこだわっていることや大切にしていることはありますか?

伊澤様

あとは材料で言えば自然素材など、なるべく土に還る素材を使うようにしています。

スタッフ

自然素材にこだわっているんですね。それは何故でしょう?

伊澤様

一番は人間も地球の1住民だということですかね。できれば地球に優しい材料を使いたいと思うのは、ごく普通のことだと思います。
自然素材は「静電気が起きない」「簡単なものなら修復できる」などのメリットも多いのですし、あとはやっぱり昔から日本で使われてきたような古いものの方が良いなと思っていまして。古いものって大体は工業製品化されていないような自然素材なんですよね。例えば今のメーカーが製造しているような建具なら誰が選んでもそう違いはありませんし、寸法やおさまりだけ確認すれば簡単に設置して使うことができます。でもそれはもはや建築家が設計したものではないですよね。少なくとも私はそう思います。

スタッフ

なるほど。確かに建築家の方に建てていただく醍醐味の一つである「オーダーメイド」とは異なるかもしれませんね。

伊澤様

そうですね。逆に建具屋さんがひとつひとつ造ったような建具なら、建築家として空間のことを考えながらデザインすることもできます。

スタッフ

あとなんとなくですが、建具屋さんが造ってくれたものの方が長く使えそうな気がします。

伊澤様

実際長く使えると思いますよ。壊れたら修理してもらうこともできますし、使えば使うだけ味が出るので、使い続ける楽しみもあります。私自身、その人が使えなくなっても誰かほかの人が大事に使ってくれるような、そういう長く使えるものにとても魅力を感じますね。

現場は一番怖くて難しくて、でも面白い

伊澤計画 施工事例2

スタッフ

ずばり設計のお仕事は楽しいですか?

伊澤様

楽しいですよ。現場で打ち合わせしているときが一番楽しいです。

スタッフ

そうなんですね。それは何故でしょう?

伊澤様

図面を書いてるときは基本的にひとりなので、孤独な戦いみたいなところがあるんですよね。でも現場ではいろいろな職種の人が作業していて、同じ目的のために力を結集して、それは全て自分一人ではできないことで…。そういうモノづくりの光景を見るのは楽しいです。まあ一番難しい場面でもあるんですが…。

スタッフ

難しくもあるんですか?

伊澤様

はい。一度造り上げたら、壊して造りなおすことができないので、やっぱり緊張しますね。現場で意図していなかった修正をしなければいけない時もありますし。一番難しくて、怖くて、でも面白くて楽しい。それが現場ですね。

スタッフ

ワクワクとドキドキが入り交じっている感じですね。

伊澤様

そうですね。あとは最初に「こうしたいな」と思っていたところが、実現しているところを見ると嬉しいです。逆に意図していたのとは違うけれど、綺麗にできていたり、素敵になっていたりとか。そういう時も面白いですね。

スタッフ

なるほど。いろいろな職種の人がかかわる建築のお仕事ならではの面白さですね。

伊澤様

大工さんや照明デザイナーさんといったプロの方と一緒にお仕事する時もそうですが、クライアントから教わったり、こうしたいと課題をいただいたりすることで素敵な空間ができることもあるんですよ。特に家事動線や収納に関しては、私自身知らなかったことを教わる機会も多いです。

スタッフ

そうなんですか?意外です!

伊澤様

私も家事動線に関してはなるべくいろいろな提案をするようにしていますが、最近はいろいろ勉強されているクライアントも多いですし、ご自身で工夫されてアイデアを出す方もいます。例えばこれは収納に関することではあるのですが、以前ウォーキングクローゼットに穴あきのボードを設置して、そこにフックを付けたいというクライアントがいらっしゃいました。今はフックと言ってもいろいろな種類があるんですね。使い分けることで自由に収納場所をレイアウトできるんですよ。使い方もフックをかけるだけなので簡単ですし。

スタッフ

なるほど。穴あきボードにフックを描ければ壁に穴をあける必要もないですし、確かに有能ですね。

伊澤様

そうなんです。すごく勉強になりました。こうしていろんな方のアイデアをもらいながら生きています(笑)。

スタッフ

最後に、これから新築を建てようという方に何かアドバイスをお願いします。

伊澤様

「こんな家にしたい」という理想や、暮らしのイメージをなるべく伝えて、共有しておくと良いと思います。家づくりに正解はなくて、どんな家になるかは暮らしていく人次第なんですよね。最近は建売の住宅も多いですが、できるなら家を建てることも楽しんでほしいです。

値段感と坪単価

坪単価:75万円~

基本的には予算により異なります
新築の場合、坪単価は75万円位から相談できます。規模により値段は変動します。

まとめ

伊澤計画 外観と伊澤様

墨田区で昔ながらの長屋を利用したイベントなどにも参加し、空き家対策など地域のための活動も積極的に行っている伊澤様。お話を伺っていると、地域の方とのつながりも大事にされていることがヒシヒシと伝わってきました。
「家族みんなが暮らしやすい家にしたい」「細かな部分にもこだわりたい」という方は、ぜひ伊澤計画さんに相談してみてはいかがでしょうか。

会社名 一級建築士事務所 伊澤計画
代表者名 伊澤淳子
住所 〒131-0041
東京都墨田区八広2-25-7
電話番号 090-4207-2176
公式HP https://izawa-keikaku.com/wp/
営業時間 9:00~19:00
主な業務 建築の設計全般、リノベーション、リフォーム改修、耐震診断
対応エリア 全国