株式会社イザットハウス

笑顔の澤畑社長

A4サイズといえば、よく使われるノートの大きさです。一般的な新築では、室内のすき間をすべて集めると、なんとA4サイズほどの大きさになります。
ですから、冬でも暖かいお家にするためには、できるだけすき間を小さくすることが大事なのです。

東京都港区に本社がある株式会社イザットハウスさんは、気密性の高いお家をつくっていらっしゃる会社です。
室内のすき間を名刺サイズくらいにまで小さくするノウハウをもち、一年を通して快適なお家を実現しています。

今回は、イザットハウスさんの本社に伺い、澤畑社長にインタビューしました。イザットハウスさんの高気密の家にかける想いについて、詳しくご紹介いたします。

全国に高気密高断熱のお家を広める

スタッフ

イザットハウス様は、どのようなお客様からのご相談が多いですか?

澤畑社長

ある程度ご自身で下調べされた方が多いですね。
長持ちする家、健康によい家、家族にとって住み心地のよい家にできる会社を下調べされた結果、弊社をピックアップしていただけるケースが多いのです。ありがたいことですよね。

スタッフ

どのようなところが、お客様から高い評価を受けているのでしょうか?

澤畑社長

高性能の家をつくるために考え出された、弊社独自の工法ですね。そのため、弊社は加盟店様とフランチャイズ契約を結んで、弊社の工法を取り入れていただいています。

スタッフ

御社のフランチャイズ加盟店は、日本全国にありますよね。
ただ、フランチャイズといえば、本部のやり方に加盟店が従うといったイメージもあります。画一的なお家になる心配はないのでしょうか?

澤畑社長

まったく心配ありませんよ。お客様へのご提案は、加盟店様が行っています。お客様や立地に合わせた最適な提案は、加盟店様でなければできませんからね。
弊社の加盟店様は、昔ながらの工務店さんや、もともとハウスメーカーの下請けだった会社さんなど、実績が豊富なところばかりですからお任せできるんです。

スタッフ

加盟店様を尊重していらっしゃるのですね。フランチャイズとしては、ちょっと珍しい感じがします。

澤畑社長

そうかもしれませんね。加盟店様がイザットハウスの工法を使いつつお客様に合った家が建てられるように、本部は気を配っています。
ですから、単なる商品ではない、お客様の思い入れが詰まった家をつくれるのです。

スタッフ

加盟店様の個性を活かせるのも、イザットハウス様の強みなのですね。
ところで、イザットハウス様のこだわりは何でしょうか?

澤畑社長

高気密高断熱の家にこだわっています。
日本の家は、夏は涼しく冬は寒いといった住宅が多いんです。ですから、冬も暖かい住宅をつくることが課題でした。

スタッフ

たしかに、日本には冬になると寒くて困る家が多いですよね。

澤畑社長

はい。そこで考えられたのが高気密高断熱の家なんです。高気密高断熱の家なら、1階と2階だけでなくトイレやお風呂の室温も一定になり、一年を通して快適に過ごせます。
エアコンの効果が家全体に素早く行き届きますし、外気の影響を受けにくいので電気代も抑えられます。

スタッフ

家全体を包み込んで、外気から守るようなイメージですね。

澤畑社長

その通りです。弊社は、独自の工法で高気密高断熱を実現しています。
さらに、お風呂が暖かくなればヒートショック対策にもなるんです。
ヒートショックとは?
激しい温度差によって、急激な血圧の変化が引き起こされることです。心筋梗塞(こうそく)や脳卒中などの危険があります。
特に冬のお風呂でヒートショックを起こして失神し、湯船でおぼれてしまう方が少なくないので要注意です。
参考 健康トピックス公益社団法人 鹿児島県医師会

澤畑社長

弊社は健康住宅、つまり体に優しい家をつくりたいと考えています。ですから、ヒートショックによる不幸があってはなりません。
なかでも、ご年配の方がいらっしゃるご家庭には、安心して暮らしていただけるように気を配りたいと考えています。

スタッフ

お客様の健康を考えるからこそ、高気密高断熱の家にこだわるのですね。

澤畑社長

そうです。
ちなみに、弊社は間取りに吹き抜けを取り入れることが多いんですよ。家全体の温度調整や換気効率を考えると、吹き抜けがあった方がよいですからね。

スタッフ

高気密高断熱の家だからこそ、吹き抜けを取り入れて開放的なお家にするのがオススメなのですね。

高気密で外断熱を採用したお家は100年もつ

スタッフ

最近は、御社と同じく高気密をウリにしている会社が増えています。御社はどんなところが他社と違いますか?

澤畑社長

気密性の数値がまったく違いますね。室内のすき間を合計すると、多くのハウスメーカーではA4の紙くらいになりますが、弊社は名刺サイズ程度にしかなりません。弊社のすき間は、他社の14分の1程度なんですよ。

スタッフ

同じ高気密なのに、そんなに数字に差があるのですか?

澤畑社長

そうです。実は「高気密」には基準がないんですよ。どんな家であっても、高気密とうたってよいのです。
昔の家と比べれば気密性は上がっているのでウソではありませんが、お客様に対しては誠実ではないですよね。

スタッフ

建て終わったあとに知ったら、ちょっとショックな事実ですね。

澤畑社長

一見すると密閉されていても、実はいたるところから空気が漏れているといった家は多いんですよ。
一方で弊社の建てた家は、台所の換気扇を回している状態で玄関のドアを開けると、ボコッと音がするくらい気密性が高いです。

スタッフ

密閉されたビンを開けたときに起こる音と同じですね。

澤畑社長

はい。弊社は1棟ごとに気密測定を行っています。第三者機関である気密測定の専門業者にお願いして測っていただき、気密値の証明書をお客様にお渡ししているんです。

スタッフ

徹底していますね。そこまで高気密を突き詰めるのはなぜですか?

澤畑社長

効率的な換気ができることで、体に優しい家になるからです。家の中は知らないうちにホコリや花粉がたまりますし、意外なほど空気がよどみます。
そこで換気をするわけですが、高気密の家でないと効率的に換気ができないんですよ。

スタッフ

普通の家だと、十分な換気ができないのですか?

澤畑社長

そうなんです。穴だらけのストローでは、コップの水は吸えませんよね?それと同じ原理です。
どこかで空気が漏れていれば、いくら窓を開けても風の流れる勢いは弱くなります。つまり、吸気口から排気口まで効率よく空気が流れるようにするためには、家を高気密にする必要があるんです。

スタッフ

なるほど。家が高気密だと、換気まで効率的になるんですね。

澤畑社長

はい。人が気持ちよく健康的に暮らすためには、家の中がいつも新鮮な空気で満たされていなければなりません。
弊社はお客様にずっと健やかな生活を送ってただきたいのです。ですから、どこまでも高気密を追い求めたいですね。

澤畑社長

ただし、ただ単に家を高気密にすると、かえって家が長持ちしなくなる危険があるのも事実です。ですから、高気密の家ならではの工夫が欠かせません。

スタッフ

高気密だからといって、よいとは限らないのですか?

澤畑社長

その通りです。家を高気密にしただけだと湿気がこもって結露し、土台や柱などに使われている木が弱ってしまうのです。
湿気や結露があると、壁の中にある断熱材が水浸しになってカビが生じます。すると、木材が腐ってしまうんです。

スタッフ

なるほど、高気密にも欠点はあるのですね。

澤畑社長

はい。たとえ建てた当時は頑丈だったとしても、建物の内部が腐ったら耐震性などがどんどん落ちていきます。それでは、家は長持ちしません。

スタッフ

では、どのような工夫をすればよいのですか?

澤畑社長

家全体を外断熱にするんです。
外断熱とピュアな空気の家
高断熱の家の構造

イザットハウスは家を丸ごと断熱材ですっぽりと包んでしまう外断熱工法が自慢です。
とにかく【冬は暖かい、夏は涼しい、空気がきれい】この三拍子が揃った凄い家なんです。
私たちの建てる家は、工業化された家ではなく、お施主様の「夢」や「希望」に合わせた 世界で唯一無二の一邸一邸心を込めたオーダーメイドの家です。イザットハウスの匠の技で注文住宅にしか出来ない住み心地を実現します。

参考 イザットハウスの外断熱工法イザットハウス

澤畑社長

他社の建てた家が湿気や結露の問題に悩まされるのは、内断熱にしているケースが多いからです。内断熱にすれば費用が抑えられますからね。
一方で弊社は、建物全体を発泡スチロール系の断熱材で包み込む、外断熱を採用しています。ですから、結露が生じにくく湿気で木材が腐る心配はないのです。

スタッフ

住んでみないと分からない違いがあるのですね。
ちなみに、外断熱にするデメリットはないんでしょうか?

澤畑社長

内断熱と比べて気密性が高いので、気を付けないと室内に空気がこもりやすくなるのが欠点ですね。
しかし、弊社は24時間自動的に換気ができるシステムを標準装備し、常に新鮮な空気を取り込るので心配ありません。

スタッフ

外断熱が抱える問題点も、御社はクリアしているのですね。

澤畑社長

はい。外断熱を含めて、どうすれば高気密の家を実現できるのかを弊社はずっと研究してきました。気候を考えると、日本の家は高気密であるべきですからね。
弊社は、何年経っても新築当時の頑丈さを保てる家をつくりたいのです。100年もつ家を建てて、お客様に喜んでいただけたら嬉しいですね。

高気密のお家の素晴らしさを多くの方に知っていただきたい

スタッフ

澤畑様が高気密のお家に興味をもったきっかけは何ですか?

澤畑社長

あるとき、イザットハウスの創業者である大宮健司が書いた「住んでわかった外断熱の家」という本を読んだのがきっかけです。
私は長く不動産業界にいたので多くの家を見てきましたが、本を読んで「高気密にすれば、こんなに良い家ができるんだ」と驚きました。

スタッフ

イザットハウス様がつくる高気密の家を知って、衝撃を受けたのですね。

澤畑社長

そうなんです。この本を知ったら、イザットハウス以外の会社で建てることはないんじゃないか、とまで思いましたね。

澤畑社長

ちなみに、家を選ぶ方の6割は家のデザインや間取り、値段を優先します。ハウスメーカーや安い工務店は、この6割の方をターゲットにしています。
弊社の主なお客様である性能にこだわって家を選ぶ方は、たった1割しかいらっしゃいません。

スタッフ

残りの3割の方は、どういったお客様ですか?

澤畑社長

何を基準にしようか迷っていらっしゃる方です。ですから、その3割の方に高気密の素晴らしさを伝えたいですね。ぜひ性能にこだわっていただきたいと思います。

スタッフ

なぜ、性能にこだわりをもつべきだと考えるのでしょうか?

澤畑社長

長い目で見たら、性能の優れた家をつくることこそが、お客様にとって一番得になるからです。
世の中には、売れればよいと考える会社が多過ぎます。ある外国人のお客様は、日本の家は寒いとおっしゃいました。北方にある故郷の家よりも、ですよ。

スタッフ

それはちょっと恥ずかしいですね……。

澤畑社長

はい。お客様に選んでいただけるからといって、安価な住宅をつくってはダメだと私は思っています。
弊社はお客様に対して誠実でありたいのです。本当にお客様のためになる家をつくりたいんです。

澤畑社長

ですから、もっとたくさんの方に高気密の素晴らしさを知っていただき、世の中に快適で長持ちする家を増やしたいと思います。
100年間ずっと快適に暮らせる家をつくって、お客様やお客様のご家族に心から喜んでいただきたいのです。

お家の完成予想図

スタッフ

最後に、お客様にメッセージをお願いします。

澤畑社長

弊社の加盟店様は大工さんなので、売り込みなどはしません。安心してご相談ください。
家は建て比べができないからこそ、弊社はお客様が絶対に後悔しない家をつくりたいと思っています。

スタッフ

本日はお忙しいところ、ありがとうございました。
イザットハウス様の「お客様に誠実でありたい」という思いが、よく伝わってまいりました。

口コミ、評判

イザットハウスさんの口コミを見ると、一年を通して快適に過ごせているといった内容の口コミが多く見られます。住んでみると、高気密・外断熱の効果をはっきり実感できるようです。
なお、お客様対応は店舗によってバラツキがあるようです。加盟店の提案力を尊重しているために起こる問題もありますが、保証などは本部が行っているので安心です。

イザットの工法は、知れば納得、住めばさらに納得と言った感じです。

まず私は構造見学会なるものに行きました。実際に建築中のお宅を見る事ができ、気密測定というものを実際に見せていただきました。測定士の方が実際に測定を行います。イザットの平均気密値は約0.2と伺っていましたが、そのお宅は、なんと0.14という数字でした。測定士の方いわく0.2が名詞大の隙間で0.14はその半分くらいとおっしゃっていてビックリでした。(そんだけ隙間なくしたら息苦しそうw)さらに、お宅訪問会では、まず玄関を開けるときにビックリ。そのお宅は、第3種換気というものを使っていてドアを開けた瞬間「ブファー」という音がするのですw また、各居室に外気を取り込む給気口があるのですがそこにスズランテープをかざすと、テープがなびきます。近くの窓を開けるとテープはなびかなくなります。この2点を体感しイザットの気密性の高さを身をもって知りました。これが、名刺代の隙間の力か!とw この気密のおかげで給気口から外気をしっかり取り込む事ができ、居室内は、常に新鮮な空気で満たされるのです。

魔法瓶の構造って凄いなと思っています。

イザットハウスで建て13年経つ者です。冬は結露が殆どありません。家中どこでもなんとなく暖かいです。今年の夏は猛暑ですが、エアコンの効きがよいのでかければすぐ快適になります。魔法瓶の構造って凄いなと思っています。残念なことに我が家を施工してくれた工務店は倒産してしまいましたが、イザットハウスの本部に連絡しましたところ、きちんと対応してくれました。これはとても心強かったです。住んでみてこれといった不都合は感じていません。わりと快適です。

夏・冬共に快適に過ごしております。

入居して、2年半になりました。夏・冬共に快適に過ごしております。以前にも書きましたが、イザットは工法と、断熱材等の提供はしていますが 実際に工事をするのは地元の工務店です。安心出来る・信用出来る工務店かが大切な点です。その工務店さんに ユーザーを紹介してもらって下さい。そのお客さんに聞くのが一番だと思います。定期点検は有りませんが、不都合を伝えるとスグ飛んで来てくれます。私は、そんな工務店さんとイザット工法 お薦めします。

築17年も過ぎて無償とは…正直驚いてます。

築17年になります。最近、外壁の点検をさせてくれと業者から連絡があり、立ち会いのもと点検しました。全国で施工された住宅で、外壁が剥がれるというトラブルが発生しているとのこと。点検の結果、我が家もレンガが浮いてる箇所が有りました。只今レンガの張り替え中ですが、全て無償ということです。他所のハウスメーカーは分かりませんが、築17年も過ぎて無償とは…正直驚いてます。長きに渡って生活した感想ですが、特に不満もなく大変満足しています。

イザットは特別なんですね。

50~100年後を考えると立て直しの必要性がないのでイザットでしょうね。外観センスのある三井ホームやミサワホームと名前で行くか中身で行くかですよ。何度も言いますが外観は真似れば良いだけ。イザットの中身は他のハウスメーカーでは真似できません。高気密と言われてもイザットには遠く及びません。他の外断熱もありますがネットなどで調べればボロがあります。イザットは特別なんですね。

引用:イザットハウスってどう?|マンションコミュニティ

まとめ

日本の魅力は、妥協しない「ものづくり」です。

長く続いた不景気のせいか、安価なお家に関心をもつ方は少なくありません。
ですが、しっかりつくられたお家が少しずつ見直されてきています。快適で長持ちするお家を選んだ方が、結局はお得だからです。

イザットハウスさんは、高気密・外断熱で100年もつお家をつくりたいと考えていらっしゃいます。
妥協せずに良いお家をつくり続けてきたからこそ、お客様から注目されるようになってきたのです。

ずっと住み続けられるお家こそ、ご家族の愛着に応えられるお家になります。
ご家族みんなの想いを受け止めてくれるお家をつくりたい方は、ぜひイザットハウスさんにご相談ください。

会社名 株式会社 イザットハウス
代表者名 澤畑 輝彦
住所 〒105-0004
東京都港区新橋3-9-10天翔新橋ビル8F
電話番号 03-6430-3462
公式HP https://www.izzat.co.jp/
営業時間 9:00~18:00
※土日祝休み
主な業務 建物設計・施工及び加盟店展開
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・仙台・宮城・富山・名古屋・刈谷・知多・大阪・甲賀・大分・鹿児島