株式会社中村弥工務店

住宅

家づくりでは建築家や工務店など、さまざまな専門家が関わっています。
ですから、数多くの専門家が同じ家の形を思い描かけなければ、一つの家を作り上げられません。
単に設計図通りに材木を組み立てれば良い家が建つわけではないところに、家づくりの難しさがあると言えるでしょう。

株式会社中村弥工務店では建築家の先生やお客様と新居のイメージを共有していくことを大切にしています。
本記事では株式会社中村弥工務店の代表取締役、中村敏康様が手掛ける、お客様の想いを詰め込んだ家づくりをご紹介しています。

父の代から続く工務店の二代目

住宅

スタッフ

株式会社中村弥工務店さんではどのようなお仕事をされているのですか。

中村様

工務店ですから、建築現場の施工管理が仕事です。

スタッフ

株式会社中村弥工務店さんを開かれてから長らくお仕事をされているのでしょうか。

中村様

父が昭和40年前半頃に開いた前身の工務店から始まりましたから、かれこれ“50年以上”になるでしょうか。
わたしはその二代目になります。

スタッフ

開業された当初から板橋区でお仕事をされていたのですか。

中村様

父は元々は出身地である新潟で大工をしていましたが、上京後に独立してからは板橋区でお仕事をさせてもらっています。

スタッフ

お父様のご出身は新潟県だったのですね。

中村様

株式会社中村弥工務店の名前には“弥”といった文字が入っていますが、これは新潟県にある弥彦神社に由来しているのですよ。

工務店は専門家を結ぶ家づくりのパイプ役

住宅

スタッフ

工務店さん以外にはどのような業者さんが家づくりに関わっているのでしょうか。

中村様

一棟の家を作り上げるまでにはさまざまな専門家が関わっているのですよ。
建築家の先生や工務店の他にも、壁塗りをする左官屋さん、鉄筋を扱う鉄筋屋さん、それから生活動線を配置する電気やガス業者さんまで含めると“30種類”に近くに上ります。

スタッフ

本当に数多くの業者さんが関わっているのですね。

中村様

そうですよ。
家はじっくりと時間を掛け、さまざまな専門家が協力し合ってやっと作り上げられるのです。

スタッフ

それだけ数多くの業者さんが関わるとなると、現場のまとめ役である工務店さんは大変ですね。

中村様

良い家を作るためには、それに関わる全員が同じ方向を向いて家づくりに取り組まなければなりません。
ですから、わたしは一人一人の業者さんとじっくりとお話させてもらい、全員が同じ景色を見られるように心掛けています。

お客様の想いを詰め込んだ家を作り上げたい

住宅

スタッフ

株式会社中村弥工務店さんではどのような家づくりを手掛けられているのですか。

中村様

家も人と同じで一棟一棟に個性がありますから、これまでさまざまな家づくりに携わせてもらいました。
種類ということでしたら、住宅が多いですが、商業施設やチャペルの建築に関わったこともあるのですよ。

スタッフ

構造でしたらどうでしょうか。

中村様

木造はもちろん、鉄骨造から鉄筋コンクリート造まで対応しています。
ですから、地下室と1階は鉄筋コンクリート造に、2階と屋上は木造にしたいといったご要望を受けることもありますね。

スタッフ

お客様からすると、ご要望できる家のバリエーションが増えるのは嬉しいですね。

中村様

ハウスメーカーさんでは既製品を組み合わせながら作業を進めていきます。
一方で建築家の先生やわたしたち工務店では設計から建材まで一から家の形を考えていきます。
ですから、ある程度時間は掛かってしまうかもしれませんが、ご自身の想いを詰め込んだ家を作り上げたいといったお客様が多くお見えになりますね。

中村様

建築家の先生はお客様の想いを形にするために設計図を書きます。
そして、わたしたち工務店はその設計図から建築家の先生やお客様のイメージを理解して家を作っていくのです。

スタッフ

オーダーメイドということですから、建築家の先生からもさまざまな設計図を任せられるのではないですか。

中村様

材木一つとってみても、白っぽく見せたいのか赤っぽく見せたいのか、生地を残したいのか塗装で映えさせたいのかで、材木の種類や材質が違ってきます。
イメージ通りの家を作り上げるのは実はとても難しいのですよ。
ですから、建築家の先生が見ているその家の狙いを見据えて、お客様と建築家の先生とわたしたち工務店がしっかりと新居のイメージを共有していくことが大切になります。

住宅

スタッフ

単に設計図通りに作れば良いというわけではないのですね。

中村様

建築家の先生が設計される家には、おのずと個性や作風が反映されています。
ですから、建築家の先生その人を理解していないと、色合いや空間づくりにどうしても微妙な違和感が残ってしまうのです。

スタッフ

中村様からは細部にまでこだわる職人としての信念を感じました。

中村様

家は“技術”だけでは建ちません。
そこにお客様や建築家の先生の想いをしっかりと汲み取り、まるで自分の財産を扱うように丁寧に家づくりに取り組む“思考力”が必要になります。

スタッフ

最後にお客様に向けてメッセージをいただけますか。

中村様

建築家の先生やわたしたち工務店に、まずはお客様が家に詰め込みたい想いをお話しください。

まとめ

住宅

家づくりでは数多くの専門家が関わりますから、まとめ役である工務店の技術と情熱が欠かせません。
工務店に技術があればお客様の想いをより多く形にできますし、情熱があれば細やかな造形にまで気遣いが込められます。
ご新居にさまざまなご要望をお持ちの方は、ぜひ株式会社中村弥工務店にお問い合わせされてみてくださいね。

会社名 株式会社中村弥工務店
代表者名 中村敏康
住所 〒173-0035
東京都板橋区大谷口2-50-11
電話番号 03-3972-7158
公式HP http://www.kk-nakamuraya.co.jp/
営業時間 8:00~18:00
主な業務 建築工事一式請負(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の新築工事)、
増改築工事、内外装リフォーム工事、店舗工事、
土木工事(宅地造成工事、擁壁工事、整地、舗装工事)、
エクステリア工事、建築設計監理、インテリア設計監理
対応エリア 東京都