株式会社スミカ

遠い旅先で、息を呑むほどきれいな街並みに出会ったことはありませんか。
その瞬間に、「絶対にまた来たい!」と感じられた方も多いと思います。

住まいは個人の物ですが、同時に街全体を彩る景色の一つでもあります。
良い住まいとは、街並みと調和して地域の方々から親しまれているものです。

株式会社スミカ様は、街全体の資産価値を上げたいという想いのもと、素敵な住まいづくりを手掛けられています。
「こちらにもあちらにも、株式会社スミカさんが造った住まいがあるね」と言ってもらえることが、何よりも嬉しいそうです。

本記事では、そんな株式会社スミカの専務取締役である高野宏様の、街並みの価値さえ上げる住まいづくりへのこだわりをお伝えしています。

お客様みんなからの「ありがとう」の言葉に支えられてきた

内観

スタッフ

株式会社スミカ様では、今年で30周年を迎えられると伺いました。長く続けられている秘訣などはあるのでしょうか。

高野様

不動産業が母体となる当社では、当時は業界では珍しかった新卒採用にいち早く踏み切り、この取組は今でも続いています。味戸社長の先見性に尽きる判断だと思います。
会社の中で人材を大事に育てることで、会社を一緒に創っていける仲間を増やしていきたいのです。
私はその新卒採用の“1期生”になるのですよ。

スタッフ

さまざまな人材が集まる株式会社スミカ様の強みはどこにあるのでしょうか。

高野様

一緒に仕事をする中で、一番大切なのは“人”です。
初めはちょっとだけ頼りない新人も、やがて信頼できる仲間に変わっていきます。
少数で一人ひとりが専門性の高い仕事をしている中で、お客様が安心して住まいづくりに取り組めるように、社員一丸となって頑張っていきたいと思っています。

スタッフ

住まいづくりのやりがいはどこにあるのでしょうか。

高野様

お客様から日々感謝のお言葉をいただく瞬間が、一番やりがいを感じますね。

スタッフ

お客様からはどのようなお言葉をいただくことが多いのでしょうか。

高野様

当社では不動産だけでなく、自社で設計から建築施工、そしてアフターサービスも手掛けて、多くのスタッフが携わった住まいづくりをしています。
ゆえに「素敵な住まいと出会えてよかった」「スミカさんの家に住んでよかった」そんな喜びのお言葉をいただく度に、毎回非常に嬉しい気持ちになります。

スタッフ

お客様に住心地を喜んでもらえた時ほど、造り手にとって嬉しい瞬間はありませんね。

高野様

不動産のお取り扱いだけでは味わえない、建築を取り扱っているからこそ味わえる。
そんなお客様の喜びを知れるといった魅力が、住まいづくりにはありますね。

スタッフ

お客様には出来上がった住まいに、どのように過ごしてもらいたいですか。

高野様

住まいづくりは、これから暮らしをスタートさせる場所を造っていくものです。
ですから、お客様には10年後、20年後も快適に、そして安心して過ごしてもらいたいですね。当社では暮らしづくりだと考えています。
何の不具合もなく株式会社スミカに連絡する必要がないほど、日々の生活に満足していただけるのが一番良いと思っています。

城南地区の街並みの一つになる住まいづくり

白い家

スタッフ

株式会社スミカ様はどの地域でお仕事をされているのでしょうか。

高野様

東京の城南地区(目黒区、世田谷区、品川区、大田区)、都心地区(渋谷区、港区)を中心に住まいづくりをお任せいただいています。

スタッフ

東京ですと地域によっては、どうしてもご予算が掛かってしまうといったお悩みをお持ちのお客様もいらっしゃると思います。
そんなお客様に向けて、“どのように住まい選びをすれば良いのか”、アドバイスをいただけますか。

高野様

言い方が難しいですが、安くて悪い住まいを買ってしまうくらいなら、多少高くても価値がある住まいを建てたほうが、幸せに暮らせるのではないでしょうか。
その住まいの価値を決めるのは、他の誰でもないお客様ご自身です。
ですから、私は金額に見合った住まいの価値を、お客様にしっかりとお伝えするようにしています。ただ家を建てるのではなく「暮らしをつくっている」という感覚を共有できればと思います。

スタッフ

ご予算も重要ですが、出来上がった住まいでの生活が一番重要ですよね。
住まいづくりにおいて、株式会社スミカ様が大切にされていることはありますか。

高野様

“その土地ならではの魅力をどのように活かしたら良いのか”。そんな視点を持ちながら、その土地に合った住まいの形を考えるようにしています。
住まいは街並みの一つですから、街並みに調和する住まいづくりも目指しています。

スタッフ

街並みに調和する住まいづくりとはどのようなものでしょうか。

高野様

当社の建物はシンプルモダンな清潔感ある白い外観が特徴ですが、ある地域では住まいの外壁を白色に統一することで、街全体の印象が品性のある街並みに仕上がりました。
株式会社スミカでは城南地区を中心に住まいづくりを手掛けていますから、一つの街の中で、いくつもの住まいづくりをお任せいただくことが珍しくありません。
「こちらにもあちらにも、株式会社スミカさんが造った住まいがあるね」と言ってもらえるほど、出来上がった住まいが街に馴染むと非常に嬉しいですね。
味戸社長とは、「単に住まいを建てるだけではなく、街づくりをしたいね」と普段から話しているのですよ。

スタッフ

街並みを良くするために、他にもされていることはあるのでしょうか。

高野様

20年以上に亘って毎朝、中目黒駅周辺の清掃活動をしています。
始めた当初は空き缶や吸いがらなどがたくさん転がっていましたが、続けることで街がどんどんきれいに変わっていきました。

スタッフ

そんなに長年に亘って清掃活動を続けてこられたのは、非常に大変なことだと思います。
どうして街の清掃活動をしようと思われたのでしょうか。

高野様

お世話になっている地域の方々のために、“何かお返しできることはないだろうか”という思いから、清掃活動を始めました。また、活動を続けるうちに目黒区役所や周辺企業も参加してくださるようになり、地域貢献の一環としてやっていて良かったと思います。

スタッフ

株式会社スミカ様がずっと城南地区で住まいづくりを手掛けられてきたのは、地域の方々から親しまれてきたからだったのですね。
そんな株式会社スミカ様のこれからの意気込みをお聞かせいただけますでしょうか。

高野様

株式会社スミカ地域社会から必要とされる会社であり続けたいと思っています。
お客様から喜んでいただき、それは同時に私達社員の誇りにもなっています。

まとめ

高野様

株式会社スミカ様では、街並みと調和した住まいづくりへのこだわりがありました。
出来上がった住まいが地域の方々からも親しまれると、非常に嬉しいですよね。
城南地区で長く住まわれるご予定の方は、ぜひ株式会社スミカ様にお問い合わせされてみてくださいね。

会社名 株式会社スミカ
代表者名 味戸吉春
住所 〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-26-9 中目黒オークラビル
電話番号 03-5768-0599
公式HP https://www.smica.net/
営業時間 10:00~18:00
※定休日は、火・水曜日になります。
主な業務 不動産分譲事業、建設事業
対応エリア 東京(城南エリア)